コロナ禍 挨拶文。 定期総会の案内文にコロナウイルス対策の明記を

手紙の書き方について。この時期の時候の挨拶はどのようなものを選べば無...

コロナ禍 挨拶文

新型コロナウイルスの影響で、普段の生活がガラっと変わってしまいましたね。 人と会う機会がめっきり減ってしまい、ビジネスシーンやプライベート・親族や親戚などと顔を見て話す機会が激減しました。 年代やお付き合いの仕方によっては、メールやSNSなどで言葉をかけることもできますが、しばらく会っていない人へは連絡するきっかけがなかなか無いということも多いのではないでしょうか。 また、スマートフォンやパソコンを使用していない年代層だと、なおさらですよね。 この時期に、 このご時世ですから相手の安否確認や夏に向けた暑中見舞いをハガキで送ることをお考えの方も多いでしょう。 また、ビジネスシーンでは 「コロナが終息するまで会えない」と言われているお客様も多いのではないですか? どのような場合でも、コロナの影響で会えなくなってしまった人や、最近交流は無いけど夏の暑さ+コロナも気を付けてほしい。 というお相手に、 季節の挨拶ができるのは暑中見舞いだと思います。 今まで送ったことのない相手でも、暑中見舞いハガキを出すことできっと喜ばれると思います。 メールやSNSのメッセージと比べて面倒に感じるかもしれませんが、受け取った方は 「このご時世に気遣いの暑中見舞いをもらって嬉しい」と感じるでしょう。 そこで今回は、この コロナ禍の最中に送る暑中見舞いの例文を紹介していきます。 また、送る相手方に分けた文例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください! 目次• コロナ禍での暑中見舞いを送る注意点! このコロナ禍では、多くの人が様々な状況に陥っています。 あなたの 何気ない一言で傷つけてしまうことも考えられます。 家族や身近な方が新型コロナに感染してしまった人や、経済的な影響を受けて金銭的にも精神的にも辛い思いをしている方もいるかもしれません。 そういう人もいるかもしれない。 という 配慮を持って文面を考えていきましょう。 コロナ疲れやストレスなどを思いやる言葉を選ぶ コロナ感染のニュースが毎日のように報道されていますが、感染への不安や生活・経済面などでの不安を抱え、心身ともに疲れている人も多いです。 こういう場合「頑張りましょうね!」という言葉をかけがちですが、皆さんもうすでに頑張っている。 という方が多いです。 そういう場合は 「気疲れが溜まらないようにご自愛くださいね」や、 「私も気疲れしてしまいますが、疲れが溜まらないように気を付けています」など 相手を思いやる言葉や、 私もあなたと同じです。 という言葉を添えることで、 孤独感が軽減される場合もあります。 暑中見舞いハガキのデザインも、癒しを感じるような爽やかさのある物にして、気持ちが明るく晴れやかになるようなデザインがオススメです。 相手を選ばないシンプルな内容 送る相手ごとに文面を考え、違うことを書くのは大変だし負担になる。 という場合は、相手を選ばないシンブルな文面やデザインの暑中見舞いハガキがいいと思います。 この場合もお相手の状況が分からないので、安否を気遣う言葉や明るすぎるはじけたデザインよりも、 ハガキから涼しさや爽やかさを感じるデザインが良いでしょう。 送るお相手によっては、 シンプルな文面にプラスして一言書き添えるなども出来ます。 全文を変えるのに比べて、負担が少なくなりますよ。 コロナ禍に送る暑中見舞いの例文集 それでは、暑中見舞いの例文をご紹介していきます。 シーンによって内容は使い分けることになりますが、大きく分けて ビジネスシーンとそれ以外のプライベートの2つになると思います。 更にビジネスシーンとプライベートの中でも相手や状況によって内容が変わりますので、その辺りも分けてご紹介していきます。 暑中見舞い例文:ビジネスシーン ビジネスシーンにおいても、業種やお客様との関係により例文が異なりますので、いくつかの例文をご紹介します。 違いは「暑中見舞いを送る相手」です。 内容や選ぶ言葉にも違いがありますので、その点を注意してチェックしてみてくださいね。 正直、毎年 暑中見舞いを送っている人は、内容にあまり変化がなく 特に会社で送る暑中見舞いは定型文のような内容になりがちです。 今年はこんな時期だからこそ、 いつもとは違う内容で暑中見舞いを出してみてはどうでしょうか? 例年より暑さが厳しい中で、終息が見えない新型コロナウイルス感染の拡大。 また、新型コロナウイルスの影響で生活が変わってしまった家族や知人 会社やお店の経営に影響が出てしまったお客様やお取引先などもあるでしょう。 どなたに送る場合にも、 相手に思いが伝わるような暑中見舞いを送ってみませんか? 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナ禍って英語でなんて言うの?

コロナ禍 挨拶文

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。 文末は、自分の状況に相手への思いを添えて では、結びの一文はどうでしょうか。 コロナに一切触れないというのも方法です。 ここまで事態が混とんとし、数か月、言ってみれば「コロナに振り回されている」という気持ちになっている人も少なくありません。 さまざまなストレスから、ふつうに仕事をしたい、コロナの話はもうちょっと控えたい、という人もいます。 そのため、通常のビジネスメールの一般的な結びである「以上です。 どうぞよろしくお願いいたします」「以上です。 ご返信(ご検討)なにとぞよろしくお願いいたします」だけを用いても、特に問題ないといえます。 ただやはり、相手に寄り添い、ひとことでも思いやる言葉があれば、気持ちが伝わりますし、相手もほっとするのではないでしょうか。 たとえば、「どうぞ、ご安全にお過ごしください」という言葉。 これはもともと、メーカーの工場や、建築現場に関わる人同士では普通に使われているビジネスメールの締めの言葉ですが、コロナ禍では一般企業でも多用されています。 押しつけがましくなく、相手への思いやりが伝わると思います。 社内の場合など、立場が同等の相手であれば、「お互い元気に乗り越えましょう」という一文もよいと思います。 また、「お困りのことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください」というのもよいでしょう。 会議や打ち合わせがなくなり、メールでのやりとりに変更された場合には、「次回元気なお姿でお会いできるのを楽しみにしております」という将来に繋がる言葉もよいですね。 自分の働き方をお伝えするというのも、相手を安心させる締めの文章となります。 たとえば、「在宅勤務となっており、メールの対応は〇時から〇時とさせていただいております」「リモートワークのため、対応は〇曜日となりますがご了承くださいませ」などという説明も有効です。 つい、「いつでも対応できます」などと書いてしまいがちですが、ここで自分が負担になってしまうようなことを書く必要はありません。 正しく書くことが、結果的に現状でもっとも効率よく業務を進めることになります。 現在の非常がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、少しずつ、仕事の現場にも新しい日常を作り出していきたいですね。 相手の状況がわからないときのビジネスメールって難しい……。 相手の現状がわからないならわからないなりに、思いやる言葉を書き添えるとよいでしょう。 セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。 著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 vitaminm.

次の

コロナ禍の読み方と意味

コロナ禍 挨拶文

印象が変わる挨拶文の例文の流れ!• 日ごろの感謝を伝える• 心配している事を伝える• 助けになる事を伝える• 今後の発展や健康を願う 一つずつ見ていってみましょう! 日ごろの感謝を伝える まず日ごろの感謝を伝える事で、周囲に感謝して日々を過ごしている印象を与えます。 仮に自分が相手に感謝されることが多くても相手に感謝の出来ない人は嫌われやすいので気を付けましょう! 例えば私生活でデートに行って食事を奢ってもらっても感謝をしない人と関わりたいと思えませんよね。 例文1「 平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます」 意味:日ごろ特別にひいきにして頂いて本当にありがとうございます 人は感謝をされたい心理がありますので、感謝から書き出すのもよいでしょう。 例文2「 ご健勝をお祈り申し上げます」 「ご健勝お祈り申し上げます」の意味: 相手の健康を願う言葉 相手の健康を願う言葉から入るのも良いでしょう。 時候の使い方などは以前書いた記事の 「 」を参考にして見てください。 心配している事を伝える 心配している事を伝える事で、気遣いの出来る印象を与えられます。 コロナ禍の影響で社会が不安定になっている中で、自分を心配してくれる人がいると分かるだけでも勇気になります。 逆にイベント中止など自分たちの状況だけを一方的に伝えられたら「心配していないのか?自分の事だけか?」と思われる可能性も出てきてしまします。 助けになる事を伝える 助けになる事を伝える事で、安心感を与えられます。 コロナ禍の影響で経営に悩んでいても、助けになる事を伝える事で今後のをより強いものにしやすいです。 今後の発展や健康を願う 今後の発展や健康を願う事で、一体感を与えられます。 今後の発展や健康を願う事で他人事ではなくより近い存在である印象を与えられます。 より近い存在である印象を与えられれば、仲間意識が芽生えビジネスが円滑に進みます。 普通に考えても信頼できない人とビジネスをしたいと思わないものです。 例文「貴社の更なるご発展をお祈りしご挨拶とさせていただきます」 例文2「一日も早く通常営業にお戻りになる事を切にお祈りいたします」 コロナ禍の影響ビジネスメールで印象が変わる挨拶文の注意点 コロナ禍では、IT関係は景気が良いですが飲食店やイベント関係の職種では閉店や倒産をしていますので、気遣いを意識していきましょう。 注意したい例文「 ご健勝のこととお慶び申し上げます」と書き出す人もいるのではないでしょうか? 普段なら普通の例文ですが、明らかにコロナ禍の様な自粛強制で特定の や で自殺が出たり、多くの方々が間接的に影響を受けている中で、あなたなら「お慶び申し上げます」と言う言葉を使えますか?(お慶びの意味:喜び祝うこと) 相手方がコロナ禍で確実に売り上げが上がっている事が分かっているならわからなくもないですが、それでも世間知らずで気遣いのかけらもない様にも感じられます。 コロナ禍の影響は精神状態にまで影響が出ていますので、言葉に敏感に反応する可能性もあり今後のビジネス関係を悪くする可能性もあるかもしれませんので、気遣いに注意しましょう。 それではどんな言葉が良いのか?気遣いの書き出しの例文を見てみましょう!.

次の