コロナ 禍 なんて 読む。 『コロナ禍』ってなんて読むの?「禍」の読み方と意味・ことわざ

コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

コロナ 禍 なんて 読む

コロナ禍ってなんて読む? ネットで「コロナ禍」の読み方というのが話題になっていました。 コロナ鍋、と書いている人がいて、まぁ似てますけどちょっと違いますね。 コロナ禍の禍というのは「か」と読みます。 つまり「ころなか」が正解です。 禍、というのは辞書で調べると 「 よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 」 とあります。 ちなみに「まがまがしい」という言葉はみなさんもどこかで耳にするかと思いますが、漢字では「禍々しい」と書きます。 ことわざである「災い転じて福となす」とありますが、あれは実は 禍を転じて福と為す が正解のようです。 これは自分も知りませんでした。 例えば東日本大震災のような出来事は、禍より「災」のほうを使いますよね。 「禍」と「災」にはどういった使い分けをするのでしょうか? 少し調べてみると、こういった話がありました。 「災」 は自然発生的に生まれた災害のことを、その一方で 「禍」 は人為的な災害のことを指す言葉、という使い分けです。 地震などは「災」ですが、今回のコロナウイルスは人から人へ伝染するということで、人為的という意味です。 (人為的なウイルスという意味ではないです) うーん、なるほど。 「コロナ渦」は誤記か新語か その一方で、現在は「コロナ渦」と表記する人もいるそうです。 渦と禍は似ていますけど、これも「渦中」という言葉もありますので、「ころなか」と読むことができますね。 大手新聞社も使っている言葉で「コロナが渦巻いている世の中」ということで、これが誤記なのか、新語なのか、なんともよくわからないですが。 しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ 禍 なんて 読む

スポンサーリンク 『コロナ禍』の読み方は分かったけど、どういう意味? 「 禍」は「 わざわい」と読むので、災厄的な状況をさす言葉で 新型コロナが招いた危機的な状況を表現します。 いわゆる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が招いた危機的・災厄的な状況のこと。 社会的・政治的・経済的な、混乱・不安・損失などを総称した言い方です。 試しにスマホやパソコンで「 わざわい」と入れると「 禍」という変換候補が出てくるはずです。 実は、 『コロナ禍』の読み方を調べる際に スマートフォンの小さな画面でニュース記事を読んでいると 「コロナ過」「コロナ鍋」「コロナ渦」など 「過」(か)や「渦」(うず)や「鍋」(なべ)と間違えて見えたりして 読み方検索を間違って入力してしまったりで、一発で調べられなかったり テレビのニュースキャスターが報道していた言葉を、文字起こしすると『コロナ禍を考える』となり『コロナ化を考える』では無かった事にやっと気づきました。 コロナ禍の読み方。 笑 私「ねえ、今更だけどコロナ鍋みたいなやつ、なんて読むの?」 夫「あぁ…渦みたいなやつでしょ?」 から1週間経ちました。 コロナ禍の読み方が分からなくて調べた。 今回の騒動で初耳の単語が多い。 発出とか罹患とか〇〇禍も。 正しい意味と文字数を守るために新しい言葉が出てくるんだろうな。 『コロナ禍』の読み方…ころなか。 よく見るけど私読めてなかった…。 コロナによってもたらされるわざわいって意味だそうね。

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

コロナ 禍 なんて 読む

こんにちは。 精神医学と性格心理学に詳しい心理カウンセラー、竹内成彦です。 新聞で見かける「コロナ禍」は、「コロナか」と読みます。 「コロナの災い」という意味です。 ひょっとしたら、「コロナわざわい」と読むの かもしれません。 今日は、午前中、時間があったので、ルーム近くの金山公園まで桜を観に行きまし た。 今年ほど、多くの人から観られなかった桜もなかったかもしれません。 今年は、満開直前にたくさんの雨が降ったこともあり、例年に比べ、桜の花が少な く、煌びやかに欠けるような気がします。 これもコロナ禍のせいで、私がそう思う だけなのかもしれませんが…。 話し変わって、 以前に比べ、「私はアダルトチャイルドです」という訴えでルームを訪れるクライ アントさんが減りました。 代わりに「私の親は毒親です」という訴えでルームを訪 れるクライアントが増えました。

次の