アンドロイド ワン s6。 「Libero S10」と「Android One S6」と「Android One S7」の違い

ワイモバイルのAndroid One S6とS7を徹底比較!特長とスペックから選ぶならどっち?

アンドロイド ワン s6

新規契約:21,600円• 乗り換え:21,600円• 店舗では割引されませんので、必ずオンラインで購入しましょう。 なお、以前は音声SIMとセット契約なら月額割引が適用されていましたが、2019年9月で廃止されました。 上記端末価格に、月額料金が加算されます。 月々支払額・維持費 ワイモバイルでAndroid One S6を 24回分割払いで購入した場合の月々の端末代金支払額は900円です。 (機種変更時は1,200円) よって、月額料金と合わせた維持費は以下の通りです。 上にあるワイモバイルストアでは、 「どこでももらえる特典」を実施しています。 このキャンペーンは、した後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、 3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。 オンラインだけでなく、 店舗で契約しても貰えるのが特徴です。 端末セット購入の場合は、から「どこでももらえる特典」にエントリーした上でオンラインサイトから申し込むのが一番お得です。 特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、でエントリーが必要です。 必ず契約前にエントリーしておいてください。 で端末を購入すれば、 最大15,840円の割引が適用されます。 新規・MNP:最大15,840円割引• 機種変更:最大7,200円割引 この割引が適用されるのはオンラインサイトのみです。 店舗では割引が適用されませんので注意してください。 端末セットの場合も「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、からエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。 通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、 オンラインストアでの契約のみ無料です。 店舗で契約・機種変更すると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。 9 重さ 約151g 画面サイズ 約5. 12月13日から予約が開始しました。 本体カラー・色 Android One S6の本体カラーは「ラベンダーブルー」「ホワイト」「ブラック」の3色です。 DSDSやDSDVには対応していません。 CPUはHelio P35 Android One S6に搭載されているチップセットは Mediatek Helio P35です。 Snapdragon630などと同レベルの性能でしょうか。 普段使いには十分ですが、ゲームをする方や性能にこだわる方は少々物足りないかもしれません。 どちらも最低限と言ったレベルですね。 ただしストレージはSDカードで増設可能です。 microSDカード挿入可 Android One S6は最大512GBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。 ストレージ容量は32GBと少ないので、マイクロSDカードの使用も視野に入れておいたほうが良いかもしれません。 800万画素のカメラは135度の撮影が可能な超広角カメラです。 もちろんポートレートモードでの撮影も可能で、Googleレンズにも対応しています。 イヤホンジャック搭載 Android One S6には本体上部に 3. 5mmイヤホンジャックが搭載されています。 有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。 USB端子はUSB Type-C Android One S6の USB端子はUSB Type-Cです。 5GhzのWiFiに対応 Android One S6が対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。 指紋認証センサーは本体背面に搭載されています。 防水・防塵対応 Android One S6は 防水・防塵に対応しています。 防水はIPX5・IPX8、 防塵はIP6Xというレベルで、水濡れ等による故障のリスクは低いでしょう。 おサイフケータイ対応 Android One S6は おサイフケータイに対応しています。 最近はキャッシュレスが推進されていますので、京セラ製スマホでもおサイフケータイが搭載されているのは嬉しいですね。 ワンセグ・フルセグ非対応 Android One S6は ワンセグ・フルセグには対応していません。 FDD-LTE:B1・2・3・4・8・28• TD-LTE:B41• W-CDMA:B1・2・4・8• Android One S6は1・3に対応していますが、プラチナバンド19には対応していません。 SIMロック解除してドコモ回線のSIMを入れて使った場合、都市部では問題なく使用できますが、郊外に行くと電波をつかみにくくなる可能性があります。 よくわからない方はドコモ回線での使用はやめておきましょう。 また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。 よって、ワイモバイルはもちろんですが、SIMロック解除すれば ソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます。 au回線・au VoLTE不可 Android One S6はau回線のLTEバンド(1・18・26)のうち、バンド1にしか対応していません。 au VoLTEにも対応していないと思われますので、 au回線での使用はやめておきましょう。 Android One S6購入はオンラインがお得! 以上、 ワイモバイルで発売のAndroid One S6の詳細でした。 本文中でも解説しましたが、Android One S6の購入・機種変更はが断然お得です。 最大14,400円の割引が自動適用されます。

次の

Android One S6 ケース 商品一覧 京セラ アンドロイドワンS6 カバーや強化ガラスも販売中

アンドロイド ワン s6

「Android One S6」の製品概要 京セラ製の『Android One S6』は、2019年12月19日からMVNO(ワイモバイル)から発売。 当製品は前機種に比べてディスプレイやカメラなどの性能が向上。 画面サイズは5インチから5. 84インチに大型化、ノッチ(切り欠け)ディスプレイを採用することで高い画面占有率も実現しています。 カメラは今迄のシングルカメラからデュアルカメラに進化。 また、バッテリが3,050mAhに増量されています。 『Android One S6』の基本的な仕様は、Android 10、Helio P35 Soc、5. カラーバリエーションは「ラベンダーブルー」「ホワイト」「ブラック」の3色展開となっています。 詳細なスペックや特徴および製品評価のレビューは下記にまとめた通りです。 製品名 Android One S6 メーカー名 京セラ 発売時期 2019年12月19日発売 製品取扱 国内正規取扱、MVNO(ワイモバイル) OS Android 10 CPU Helio P35 GPU PowerVR GE8320 RAM 3GB ROM 32GB CARDスロット microSDXC(Max 512GB) 画面サイズ 5. 0 外部端子 USB Type-C、3. 9mm 重量 約151g 「Android One S6」のカラーバリエーション 本製品のカラーバリエーションは3色展開となっています。 プロセッサは、Helio P35(2. 3GHz+1. 8GHz)Octa-coreを搭載しており、前機種の「Android One S4」ではQualcomm社のSnapdragon 430を搭載していましたが、今回新たにMediaTek社のHelio P35の搭載となっています。 また最大512GBの外部ストレージ(microSDXCカード)にも対応しているので必要に応じてSDカードを格納することで容量不足を心配することなく安心て使える仕様となっています。 ディスプレイ性能 ディスプレイは、前機種の5. 0インチから5. 84インチTFT液晶ディスプレイに大型化しています。 また、ノッチ(切り欠け)ディスプレイの採用によるベゼルレス化で高い画面占有率を実現しています。 カメラ性能 本体背面に配置されたカメラは前機種「Android One S4」ではシングルカメラでしたが、京セラ製の「Android One S」シリーズで今回初となるデュアルカメラを搭載しています。 なお、前面には800万画素カメラを搭載しています。 バッテリ性能 バッテリは3,050mAhの大容量のバッテリを搭載しており、連続待受時間が約630時間、連続通話時間が約1560分となっています。 なお、バッテリ駆動時間は本体の設定や温度環境などにより大きく異なる場合があることを含みおき下さい。 なお、ソフトバンク(ワイモバイル)のプラチナバンドに完全対応しています。 セキュリティ セキュリティ機能は、生体認証として本体背面に指紋認証センサーを搭載しています。 その他 「Android One S6」は、おサイフケータイ機能に対応しています。 更に耐衝撃性(MIL-STD-810G準拠)にも対応しているので様々なロケーションとシチュエーションで安心してスマートフォンを利用できます。 なお、使用の際は本体のカードスロットを確実に閉めてるように気を付けましょう。 「Android One」シリーズのスマートフォンは、Googleの最新OS(Android 10)に対応しています。 更にOSがアップグレードされるたびに最新版が提供されます。 また、毎月のセキュリティアップデートにも対応しているので安心して長く使えます。 「Android One S6」と「Android One S4」のスペック比較 製品名 Android One S6 Android One S4 OS Android 10 Android 8. 0 Oreo CPU Helio P35 Snapdragon 430 RAM 3GB 3GB ROM 32GB 32GB CARDスロット microSDXC(Max 512GB) microSDXC(Max 256GB) 画面サイズ 5. 84インチ 5. 0 Ver 4. 4mm 重量 約151g 約130g.

次の

ワイモバイル Android One S6を解説!限定1.44万円割引中!スペック・発売日や特徴を解説

アンドロイド ワン s6

アンドロイドワンS5に搭載されている大幅に熟成された高精細IGZOディスプレイがスゴい ここからは、アンドロイドワンS5の特徴についてお伝えしていきます。 シャープはこれまで、アンドロイドワンS1、S3、X4、そして今回のS5とワイモバイル商品の中でも多くの商品を提供し、 販売するたびに能力と品質を向上しアンドロイドワンシリーズの立役者となってきた背景があります。 今回のアンドロイドワンS5は、普段使いのスマホで、必要なところをしっかりと改善しています。 ・耐衝撃機能を搭載し安心感を向上 ・外装材をアルミニウムに変更し高質感を向上 ・濡れた手でも通常の使い方と変わらない操作性の向上 ・処理能力を20%アップし操作性を向上 ・消費電力を20%カットし長く使える安心感を向上 たとえば、重量増となってしまう耐衝撃機能は最後発となっていますが、シャープの凄いところは前モデルと同じ重量で耐衝撃機能をプラスチックではなく、アルミ外装で攻めています。 また防水機能を付けているいるだけではなく、実際に使ってみるとわかりますが、濡れた手でも通常の使い方と変わらない操作性の向上。 処理能力を20%上げながら20%もの消費電力をカットしているとこと。 また急速充電にも対応していること。 特徴だけかいつまんでみてもシャープの意気込みを感じるS5です。 見えにくいところですが、買わせる訴求ではなく、使った時に価値を感じてもらえる改善を行ってきており、「モノづくり」にコダワリがあります。 そんな日本人としてのおもてなしの心を表現したかのような上質感は、圧巻の作り込みです。 ぜひ、この感動をこのアンドロイドワンS5から感じてほしいと作者は思っています。 5インチの大画面を実現しています。 また、定評のあるIGZOパネルだから、映像や写真の美しさは申し分ありません。 S5はリッチカラーテクノロジーでデジタルシネマ規格に対応、表現出来る色彩が実物に近い鮮やかな色味で表現 シャープの液晶テレビ、アクオスの技術を引き継いだ、「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載しています。 ただ、美しいだけではなく、デジタルシネマの標準規格に準拠しているので、色彩の表現力が違います。 動画でも、写真でもより実際の色味に近い、鮮やかな色彩で表現が可能になっています。 S5は画面が縦に長いから、手になじみやすい、そして明るい画面だから外でもクッキリ見える 最近のスマホの最新の流れになる、縦長の画面構成だから、ニュースやSNSなどの長文や画像が一画面で見れるから、一度に多くの情報が得られます。 スクロールする手間が省けるので、とっても使いやすいです。 さらに、 前モデルと比較して、最大輝度が47%もアップしているので、外出先でもとっても見やすい画面表示になっています。 アンドロイドワンS5のカメラは大幅に熟成と改善、機能も凄い S5はカメラ周りが一新!大型イメージセンサー、f2. 0レンズ、新処理エンジン、一眼レフ並みのハイスピードフォーカス機能で美しい 前モデルと比較して、25%も大型化したイメージセンサーの採用により、取り込める光の量がアップ、さらにf2. 0の明るいレンズを採用しています。 一眼レフモデルでも、イメージセンサーの大きさの違いは決定的に明るさが違うため、よりイメージセンサーが大きなモデルは上位品として認知されています。 それに、 f2. 0と言えば、一眼レフの標準レンズのf値が4. 0~5. 6であることを考えると、単焦点レンズ並みの明るさだといえます。 つまり、 夜間に撮影してもちゃんと光を採り込むので明るく撮れるのです。 そして、撮影した映像を処理するエンジンも改良されています。 アンドロイドワンS5に搭載されているProPixと動き、室内の薄暗いシーンでも明るく、美しく映像を残せるようになります。 さらに、 被写体を像面位相差AFとコントラストAFでピンポイントでシャッターチャンスを「掴む」のでピンボケした映像とは無縁になります。 アンドロイドワンS5はボディが凄い、アルミボディに防塵、防水、米国防省のMIL規格準拠のタフボディ! シャープの新アンドロイドワンS5は重量を変えず、コダワリのアルミボディ!だから高級感が違います アンドロイドワン S5は安価なプラスティックボディではありません、美しいアルミボディだから質感が違います。 前モデルも同じ149gになっており、非常に軽く扱いやすいシリーズ商品ですが、プラスチックではなくアルミで勝負してくるシャープの意気込みを強く感じます。 高品質でありながら、軽く扱いやすい、S5、開発者の意気込みを感じる高級感のあるボディになっています。 シャープの新アンドロイドワンS5は待ちに待った耐衝撃機能搭載!気兼ねなくバンバン使えます! それだけではありません、これまでのシャープ製品にはなかった機能が搭載されています。 このS5には待望の耐衝撃機能が搭載されています。 これで、あんしんして持ち出せる、タフで美しく、刷新されたカメラ機能があるから、IGZOパネルが生きてくるのです。 これまで、 シャープの画像は綺麗なことはわかっているけど、耐衝撃機能がないから破損が怖くて買えない。 と困っていた方には朗報ですね。 また、 シャープの凄いところは、耐衝撃機能を付けると重量がかさんで重いスマホになることが多いのですが、重量は149gで据え置きのまま。 この開発努力を想像すると、凄い挑戦だったんだろうなと思います。 是非、この意気込みを手に取って感じて欲しいと思います。 これまでの他社を含めた防水機能の表記に関しては、水にぬれても安心です。 程度の文言が添えられていることはありましたが、 上記の写真付きで「どうぞお風呂でも使ってください」と表記していることは、 相当商品に自信がある証拠です。 他社の防水機能について確認してみると、「お風呂でのご使用はお控えください」と書いてあることが多い中でシャープの本気が垣間見えます。 シャープの新アンドロイドワンS5は心臓部であるCPUも強化!普段使いに充分な性能をと快適な操作性を実現しています シャープのデザインは非常にシンプルでS1、S3、X4と貫いた販売姿勢を重ねてきていますが、CPU処理速度を抑え、「普段使い」に焦点を合わせ、 ものづくりを進めてきましたが、今回はちょっと違います。 以前のシャープの端末と比較して、SDM450を実装することでCPU性能を20%も向上してきました。 これまでの「普段使い」の性能に大きな余裕をもたらしています。 このCPUは1. 8GhzのCPUが8つもついているCPUなので、普段使いのスマホとしては充分な能力です。 それでいて、重量は前モデルである、アンドロイドワンS3と同じ149g 持った瞬間に「軽い」と思わず言ってしまうほどの携帯性ですので、どこへ行くにも重さを気にせずお使いいただけます。 またアンドロイドワンシリーズは、シリーズの特徴としてOSバージョンアップが早く、セキュリティ適用もとってもこまめです。 こうしたOSバージョンアップへの積極性やセキュリティ面での安心感は、最終的に信頼に繋がっているのです。 私はXperiaのハイスペックモデルからの乗り換えをしていますが、正直Xperiaを使っていた時よりも手になじむし、重量も149gと満足度が高く、自分の使い方ならもうハイスペックモデルは不要だなと感じています。 現在はiPhoneも型落ち機種が売れていて、Androidもエントリーモデルへの需要が高い状況は来年も続いていくと思います。 今後は可能な限り性能にこだわり、ハイスペックモデルのトレンドをいかに早くキャッチアップできるかが、鍵になってくるのではないでしょうか、 今回のアンドロイドワンS5は決して派手ではありませんが、永く使えるあんしんが詰まっています。 ご質問いただくことで、もっとより良いページにしたいと思っています。 ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得? メリット、デメリット全部お伝えします! スマホには、 大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクと 格安スマホの2種類だと思われている方が多いかもしれませんが、 実は、3パターンあります。 「大手キャリア」、「サブブランド」、「格安スマホ」の3種類になります。 ワイモバイルは格安ブランドの中でも、サービスレベルが上位となるサブブランドです。 サブブランドであるワイモバイルは料金が安い上に店舗を準備していることもあり、店舗とネットふたつの申し込み方法があります。 店舗で申し込みしたほうがいいのか、ネットで申し込みすべきか、迷うところですがやはりネット申し込み、店舗申し込み、 双方にメリット、デメリットがあります。 目的に合わせて、ベストな方法での手配を行うようにしたいですね。 そこで、店舗とネットのメリット、デメリットについてご案内させていただきます。 ワイモバイル店舗受付のメリット 店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる 店舗ならでは、といったところになりますが、店舗には契約事務手数料、もしくは頭金の名目で5,000~10,000円の間で料金が発生します。 もちろん、この契約事務手数料や頭金を減らすという名目で様々なオプションの加入をうながしてきます。 これはワイモバイルに限ったことではありません。 大手キャリアでも全く同じ動きになっており、ドコモ、au、ソフトバンクでも全く同じ温度感でオプション加入を促してきます。 例えば、格安でのタブレット端末購入、アプリインストール、スマホに付随するオプションサービスへの加入、光回線変更など様々なオプション加入となります。 必要なものであれば喜んで加入すべきですが、そもそもスマホ料金を安くするためにサブブランドを選択しているのであれば、不要なオプション加入は本末転倒です。 個人的には、スマホの申し込みは店舗ではすべきでないと考えています。 何よりも、サービスが高質なワイモバイルを低価格で使うことに最大のメリットがあるので、オプションまみれの高額なワイモバイルになってしまっては本末転倒です。 最大限のメリットを引き出せるオンラインショップでの申し込みがおすすめです。 Mプラン以上の料金プラン必須 こちらも、オプション加入と同じ温度感で店員さんがけしかけてきます。 Sプランを選択したい方でも、店舗申し込みであればMプランに加入することを余儀なくされてしまいますので注意が必要です。 やはり、店舗の方も料金プランを少しでも高いものにすることがノルマとして求められていますので、店員さんが悪いということではありません。 背景として、店員さんの給与を支払うための手段としてオプション加入、料金プランはMプラン以上と言われていますのでしょうがない部分です。 もちろん、ハッキリと断れる方であれば店舗での契約でも問題はありませんが、微妙な空気になること間違いなしです。 待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い これも、店舗ならではのあるあるです。 やはり、上記に記載したオプションに加入させるためにいろんなアプローチを試みてきます。 アプローチの仕方が、どの店舗でもだいたい同じということを考えると、すでに店舗側でマニュアル化しているものと考えたほうが自然です。 やはり、そのアプローチと交渉がありますので、開通までの時間を含めると、一時間程度は受付に時間がかかってしまいます。 また、待ち時間がなくても一時間程度かかりますので、先客がいる場合の待ち時間は人数分の時間数がかかります。 つまり、 1時間~2時間待ちは普通にあり得ます。 特に、ワイモバイル店舗に関しては月額料金を極限まで安くしていることもあり、店舗にいる人員数は少なめです。 人数が少ないからと言って、くれぐれもクレームにはしないでください。 店舗で受け付けをするということはある程度の時間に余裕をもって受付するものなのです。 在庫切れで契約が出来ない可能性がある。 月間販売台数を考えると、1店舗あたり、朝10時~18時までの営業時間だとして、ずっとお客様がひっきりなしに来たとして、ひとりあたり8件の申し込み受付が最大です。 ただ、これはずっとお客様がお待ちという最大値での計算ですので、説明に時間がかかったり、結局成約に至らなかったりすることもありますし、アフター対応サービスを承っていることも考えると、一日の申し込み件数は半数の10件もあれば大繁盛なのではないでしょうか? やはり、売れ筋のスマホに関しては一定の在庫は確保していると思いますが、そうでないスマホは品薄になっている可能性が高いです。 店舗としても在庫を抱えることはリスクでしかありませんので、至極当然のことだと思います。 ワイモバイルオンライン受付のデメリット 店員さんから直接説明は聞けない オンラインの申し込みに関しては、当然ながら直接接客ということはできませんので、直接店員さんに聞くことはできません。 とはいえ、ワイモバイルに関してはチャットサービスなるものがあり、購入に関する様々な質問をリアルタイムで疑問を解消出来るようになっています。 また、このチャットサービスについてはチャット対応完了後にアンケートに回答するようになっており、この内容が業務内容の評価として反映されるようになっていますので、オンライン窓口のチャットサービスを行っている方は、責任をもって、誠実に対応する必要があります。 そのため、店員さんから直接聞くことはできませんが、チャットサービスは高品質な対応を目指していますので、ぜひ活用いただければと考えます。 自己責任での申し込み これは、ワイモバイルに限らず全ての通販事業に言えることになります。 ネットでの申し込みは自己責任で進めることになります。 とはいえ、申し込み自体は非常にシンプルで明快、チャットサポートもあるため、そんなに難しい申し込み方法ではありません。 それに店舗申し込みでは出来ないことがあります。 それは、キャンセルです。 商品到着後、8日以内であれば一定の条件内ならキャンセルが可能なのです。 キャンセル方法については以下をご覧いただければと思いますが、あんしんして申し込みが出来ることもワイモバイルならではの良さだと考えます。 でも、ネット申し込みだからこそ、到着までのワクワクもあるのです。 商品が到着するまでのワクワクは店舗では味わえません。 通販やネット申し込みが人気なのは、そういったワクワク感があるからだと思います。 私は既にネットでのスマホ申し込みは何度もありますが、やはり商品が到着して、箱を開ける瞬間がやっぱり一番ドキドキします。 中に何が入っているのかなんて、わかっているクセにイメージと実物が融合する瞬間だからかもしれませんね。 待たされない24時間好きなタイミングで購入できる お子様の年齢が保育園とか、それ以下の年齢の場合、自宅から出るのは結構大変です。 お買い物だけでも大変なのに、ショップに行って子供に泣かれた日には、説明を聞くどころか周りのお客様のことを考えると落ち着いて話を聞くこともできません。 でも、オンラインなら待たされない、気遣う必要もない、自分自身のペースでゆっくり、自分のタイミングで申し込みが可能です。 ちょっと気になることはチャットで聞けばいいですし、不安もしっかり解消しながらストレスフリーで申し込み。 お化粧をする必要もありませんし、着替える必要もありません。 ライフスタイルに合わせた申し込みが出来るのもオンライン申し込みの良さですね。 ヤフープレミアム会員費無料 格安SIMで圧倒的な通信速度 ソフトバンクWi-Fiスポット無料 ヤフープレミアム会員費無料 キャリア決済が使える 全国に1,000店舗以上ある 料金プランがシンプル 基本料金プランが安い 2018年9月にデータ容量が増量 10分以内の国内通話無料 完全かけ放題プランもあるスーパー誰とでも定額 60歳以上の方はかけ放題 無料でプラン変更可能 ソフトバンクWi-Fiスポット無料 キャリアメールが使える 家族割で料金割引 光回線のおうち割で月1000円割引 Android Oneの新機種続々 SIMフリー端末も続々発売 iPhone7がついに発売! iPhone6S・iPhoneSEが買える LINEも使えてID検索もOK 機種変更で2年間データ増量延長 2019年7月 福岡県にて1996年からデジタルツーカーやセルラーホンの販売に携わり、個人販売のみならず、法人での携帯電話販売に携わる。 当時はデジタルツーカー、J-PHONE、ボーダフォン、ソフトバンクモバイルと次々に社名が変わってしまう携帯電話会社の黎明期で、通信事業の在り方が変わっていく様を肌で体感してきました。 2008年のiPhone登場からスマートフォンを軸とした販売で、皆さんの生活が劇的に変化したことは記憶に新しいです。 スマートフォンが一般化したことで、請求金額が一万円を超えることが当たり前の時代を経て、年間12万円以上の通信料を払い続けている状況に総務省からの指摘が入り、現在の大手キャリアと、サブブランド、格安スマホという3つの事業者体系へと変化を遂げ、現在に至ります。 多角化した現在のスマートフォン事業では格安SIMやMNPサービスなど本当に良いものは何なのかということが消費者目線ではわかりにくく、何が本当に安く、あんしんして使えるのかが不明瞭な時代になってきました。 そこで、これまでの経験を踏まえ当ホームページを作成するに至りました。 読者であるユーザーの方を最優先に、ためになる情報発信を心がけてまいります。 価値のある情報をより早く伝えたいという気持ちもあり、プッシュ通知も始めましたので、ぜひ登録をお願いします。

次の