面接 自己紹介 例。 面接の自己紹介で外さない模範解答例

新卒面接における自己紹介の例文は?

面接 自己紹介 例

面接の自己紹介は第一印象に影響を及ぼす 面接の自己紹介は、第一印象に影響を及ぼします。 なぜなら、面接は入室した瞬間からいろいろな点を見られているからです。 そのため、身だしなみのマナーや話し方のマナーは大切です。 身だしなみのマナーは、髪型や服装などになります。 話し方のマナーは、話すときの表情や話し方、声の大きさになります。 また自己紹介は、自分の経歴を紹介することです。 1分程度の長さで、早口にならないように注意して話します。 また、ポイントを抑えて面接官がもっと話を聞きたくなるような自己紹介をしましょう。 面接で自己紹介をする意図 面接での自己紹介について詳しく見ていく前に、そもそも自己紹介の意図を知っておくことが大切です。 面接は採用活動の一環であり、企業は多くの人件費・時間をかけて面接をおこないます。 限られた貴重な時間ですので、そこで求められる内容には必ず深い意図があります。 それを知り、企業側の意図を踏まえた回答を用意することが面接成功の鍵です。 逆に、企業側の意図を踏まえない回答をしてしまった場合、どれだけ入念に準備していたとしても、良い印象を与えることは難しいでしょう。 それでは面接で自己紹介する意味について見ていきましょう。 自己紹介で人柄を見極めるため 面接の対策をするためには自己紹介では何が求められているのかを知りましょう。 面接は履歴書を見ながら行いますので、本人確認の意味でも自己紹介は行われますが、当然それだけの意味ではありません。 自己紹介は自分を紹介する場ですから、その人を知りたいのはもちろんですが、マナー、声の大きさ、言葉づかいなどで人柄を見極めていると言えます。 自己紹介だけでも読み取れる情報は多いです。 声が小さければ気弱な性格、緊張しやすい性格であることが分かります。 また言葉づかいが綺麗であれば育ちが良いと判断できます。 自己紹介についてもマナーがあり、それができているかどうかで企業への志望度なども分かります。 就活生が考えている以上に企業は自己紹介から多くのことを読み取っていますので一つ一つ意識しておこなうことが大切です。 アイスブレーキングをするため あまり知られていないかも知れませんが、面接で自己紹介する目的の1つは「アイスブレーキング」です。 アイスブレーキングとは、初対面の人たちが会った際、緊張をほぐすためにおこなうものです。 面接は個人面接にしろ集団面接にしろ、初対面で緊張した状態からスタートします。 そのため、最初に自己紹介でアイスブレーキングすることで、少しでも緊張が解けた状態を作ろうとしているのです。 ではなぜ、緊張が解けた状態を作らなければならないのでしょうか。 それは、面接官が学生のありのままを知りたいからです。 面接で緊張した状態では、つい頭の中で考えすぎてしまい、型どおりの回答や、当たり障りのない回答しかできないケースもあります。 また、緊張して話せなくなったり、普段の明るい表情が出せず、固い表情のまま面接が進んでしまうことも考えられるでしょう。 このようなことは、面接を受ける学生だけでなく、面接官にもデメリットとなります。 面接官は学生の素の状態を見極めたいのであり、そのためには自己紹介というアイスブレーキングが必要なのです。 自己紹介に必要な項目 自己紹介では、伝えるべき内容を面接官が指定してくる場合もあります。 しかし、中には「それでは自己紹介をお願いします」とだけ言われ、学生側が自分で判断して話さなければならないケースもあるでしょう。 そんな時に戸惑ってしまい、スムーズに答えられなければ、準備不足が丸わかりとなり、最初から悪印象を与えてしまうことになります。 そうならないためには、自己紹介に必要な項目をあらかじめ押さえて準備しておき、伝える内容を指定されてもされなくても、自信を持って伝えられるようにしておかなければなりません。 そこでここからは、自己紹介で伝えるべき必須内容を紹介していきます。 氏名・大学名・学科名 まず最初に、基本情報として自分の氏名・大学名・学科名を伝えていきましょう。 最初の印象はとても大事なので、表情と声に気をつけ、明るい印象で伝えられるようにしましょう。 ここで声が小さいと、後までずっと小声で面接を続けてしまう可能性もあります。 最初は意識して少し大きめに元気よく話し始めると良いでしょう。 自分の氏名・大学名・学科名ですので、間違えてしまう心配は基本的にないと思います。 最初の自己紹介は長くなりすぎるのは良くないですが、学科名を伝えた後、簡単に自分の専門分野などを紹介すると興味を持ってもらいやすいでしょう。 この場合、専門用語は使わずわかりやすい言葉を使うようにしてください。 頑張ってきたこと 「頑張ってきたこと」は、どの企業でもよく聞かれる質問のひとつです。 学生時代にアルバイトや部活、ボランティア活動などから頑張った話を自己紹介で軽く話しましょう。 自己紹介で頑張ってきたことの経験があることをアピールするだけで、自己PRでの話の内容も広がります。 面接官は頑張った経験から、就活生がどのようにして成長したのかを聞きたくなります。 なぜならその成長過程から、就活生の人材像や会社でどう貢献してくれるかを判断する材料のひとつとなるからです。 自己紹介で頑張ってきたことをただ話すのではなく、面接官を誘導するような内容にすると良いでしょう。 趣味・特技 続いて、趣味・特技を紹介しましょう。 面接官が興味を持ってくれた場合、自己紹介の後も掘り下げられる可能性があります。 履歴書やエントリーシートで趣味について書いていれば、その内容とブレないよう、端的に伝えていきましょう。 この時も、あまりにマニアックな内容・説明はするべきではありません。 何をどんなスタンスでやっているのかが伝われば十分です。 中には、面接官に対してあまり経験のないスポーツや読書などを趣味として挙げる学生もいます。 しかし、自己紹介の後で具体的に掘り下げられたとき、実際に経験がないものはすぐにばれてしまいます。 そうなれば印象は最悪ですので、実際に自分が好きで経験している趣味・特技を伝えるようにしてください。 特別な成果などは特に必要ありません。 自分という人間を知ってもらうためと思って、構えすぎずに伝えていきましょう。 性格・長所 続いて、自分の性格・長所を伝えます。 自分の性格・長所は履歴書やエントリーシートの自己PRなどで書いている内容と一致するようにしましょう。 書類を提出する際にはコピーを手元に残しておき、その内容と矛盾しないように準備する必要があります。 書類に書かれた内容と違ったことを伝えれば、信用を失いますので注意して下さい。 性格・長所も、自己紹介ですべてを語り尽くす必要は基本的にありません。 もちろん、後で掘り下げられた際にどう答えていくのかも事前に考えておきましょう。 ここで端的にわかりやすく伝えられないと、「自己分析をしていない」と見なされ、一気に評価を落とされますので注意してください。 面接を受けるにあたっての挨拶 自己紹介の最後は、面接を受けるにあたっての挨拶で締めます。 特別なことを言う必要はなく、「本日はよろしくお願いいたします」と誠意を持って元気に伝えましょう。 面接の冒頭で挨拶をするのは最低限のマナーですし、自分の真剣さや熱意・誠実さをアピールできる貴重なポイントでもあります。 ここでも改めて、表情や声のトーンに気を配りましょう。 挨拶は印象に残り易いので、自己紹介で万が一噛んでしまうようなことがあっても、ここで明るく元気に挨拶をすることで十分挽回できます。 逆に自己紹介最後の挨拶が暗かったり元気がないと、「何のために来たんだろう?」「やる気あるのかな?」と面接官が悪い印象を持ち易くなります。 先述の通り、面接は企業にとってとても大切な機会です。 面接の時間をいただけたことへの敬意・感謝の気持ちを持って、元気に挨拶していきましょう。 自己紹介を成功させるために、自己分析を万全にやっておこう 自己紹介を効果的に行うためには、 自己分析を通じて、自分自身をしっかり掘り下げておく必要があります。 ただ、自己分析をやる時間がとれない方も多いはず。 そんな時は、自己分析ツールを活用してみましょう。 My analyticsなら、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。 My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。 1分間の自己紹介の例文 面接の自己紹介にはマナーがあり、それが守られているか、また話し方などから人柄が判断されます。 そのため無難な自己紹介であっても一定の評価が下されることになります。 無難な自己紹介なら大きなマイナスとなることはありませんが、反対にプラスになることもありません。 自己紹介からプラスの評価を勝ち取るには、魅力的な自己紹介をする必要があるのです。 魅力的な自己紹介をするためにはコツがあるので、それらを踏まえた上で自己紹介を作成していきましょう。 私は実家が鹿児島にあり、家の近くには海が見えていました。 そのため小さな頃から素潜りで魚や貝を獲ることに親しんでいました。 そのため、今でも水中に2分間潜り続けることもできます。 素潜りだけではなく、日常的に泳ぐことが多かったので体力には自信があります。 素潜りや水泳で培った体力を生かして、御社でも粘り強い営業をしたいと考えています。 本日はよろしくお願い致します。 魅力的な自己紹介の場合でも基本的なマナーは同じです。 大学名と自身の名前を名乗ってから始めましょう。 例文では自身の生まれ育った環境を生かした自己紹介がされています。 鹿児島出身であるということ、素潜りが得意であることを伝えることで自己紹介にインパクトが生まれています。 また単にインパクトがあるだけではなく、体力があること、そしてそれを営業で生かすとつなげられているのもポイントです。 自己紹介で全てを語るのはよくありませんが、志望動機や自己PRに触れておくことは大切です。 自分ならではの情報を盛り込むことで面接官の興味をひくことができ、志望動機や自己PRにもつなげやすくなっていると言えます。 私は中学からサッカーを始め、大学でも4年間サッカー部に所属していました。 サッカー部ではミッドフィルダーというポジションを務めました。 ミッドフィルダーはチームのバランスを見てゲームメイクを行うポジションで、最も運動量の多いポジションでもあります。 私はサッカーを通じて培ったコミュニケーション能力や視野の広さを生かして御社でも活躍したいと考えています。 本日はよろしくお願いいたします。 自己紹介は1分が基本ですが、企業によっては30秒という短い時間であったり、逆に2分と長くなる場合もあります。 指定された時間に合わせて内容も変える必要がありますが、それらのベースとなるのは1分の自己紹介です。 1分の自己紹介を作成し、そこから削るか伸ばすかを考えましょう。 自己紹介で絶対に必要なのは最初と最後の挨拶、そして自分を最も象徴するものです。 例文ではサッカー部であったこと、それを長く続けていることがそれにあたります。 30秒の場合はその他の部分を削り、サッカー部で長く活動していたことを伝えましょう。 逆に2分などの長い場合はサッカー部でのエピソードを詳しく話します。 短くなっても長くなっても、絶対に必要な部分だけは削らないようにしましょう。 趣味はさまざまな人と関わり、自分の世界を広げていくことです。 学生時代はスペインに語学留学し、スペイン語のスキルを磨くとともに、現地に来ていたさまざまな国籍の人たちと上手に関わるためのコミュニケーションスキルを向上させてきました。 御社でもこの能力を接客に活かし、国内外のさまざまな人のニーズを満たせるよう、頑張っていきたいと思います。 本日はよろしくお願いいたします。 伝えたいことが絞り込めているので、とてもわかりやすい自己紹介です。 この自己紹介では、「さまざまな人と関わることが好き」「コミュニケーション能力が高い」といった好印象を与えることができます。 また、接客業での就職を志望しており、接客で活かせるスキルをアピールできているのも良いでしょう。 面接官の興味を引きやすい自己紹介と言えます。 大学では人間関係における心理学を主に勉強してきました。 いろいろな人と関わるのが好きで、学生時代は美術サークル、音楽サークルに所属し、文化祭では実行委員長というポストで文化系サークルのまとめ役も務めました。 御社の企画部の仕事でも、社内のチームや取引先、お客様に対して、自分が何をするのがベストか考え、最大限の貢献ができるよう、頑張っていきたいと思います。 本日は面接の機会をいただきありがとうございます。 何卒よろしくお願いいたします。 この例文は、「人と関わることが好き」「さまざまな人の中で自分の役割を自覚し、貢献していける」という好印象を与えることのできる内容になっています。 学生時代の心理学も、複数のサークルに所属したことも、「人と関わるのが好き」「人に興味がある」という点につながっています。 また、文化祭実行委員長を任されていることから、チームから信頼される人であることがうかがえるでしょう。 就職後の働き方もアピールできているので、とても好印象です。 自己紹介のNG例文 続いてここからは、NGとなる例文を見ていきます。 自己紹介は誰でもできる簡単なものだと思ってしまいがちですが、気を抜いてしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうリスクがあります。 自分では良かれと思っていたものの、実は大きな失敗を侵してしまっており、取り返しがつかなくなってしまうケースもあるでしょう。 そのような失敗をしないためには、失敗のパターンと、なぜ失敗なのかという理由を押さえておくことが有効です。 それでは自己紹介の失敗例を見ていきましょう。 私は大学時代にテニス部の副キャプテンを務めていた経験があり、チームの皆からとても信頼されていました。 テニス部の練習はとてもハードであり、副キャプテンという立場も時に大変でしたが、何とか勤め上げ、チームで県大会上位の成績を手に入れることができました。 また部活だけでなく、もちろん学業にも精一杯取り組み、文武両道に励みました。 ゼミでも成績はいつも上位であり、友達からは「なんで部活も勉強もそんなに頑張れるの?」と不思議がられたほどです。 本日は何卒よろしくお願いいたします。 この自己紹介の問題点は、ひたすら自分をアピールしてしまっていることです。 自己紹介の後、改めて自己PRを求められたり質問されることが多いため、自己紹介で自己PRを進めてしまうと、「自己紹介の目的がわかっていない」と見なされ悪印象です。 また、自己PRとして見たとしてしても、自分のアピールポイントが何なのか、全く具体的ではありません。 ただ過去の活躍や褒められたことを挙げているだけで、ただの自慢話になっています。 仕事でどう活かすのかも説明できておらず、面接の意味を理解できていないように見えます。 大学では明治以降の庶民の生活スタイルの変遷について、専門に勉強して参りました。 趣味は卓球で、中学時代に始め、高校、大学と続けております。 得意なことは料理で、大学に入って一人暮らしを始めたのをきっかけに料理にはまり、学生時代はたくさんの友人を招いて一緒に食事を楽しむこともありました。 長所はまじめなところです。 また、人からやれと言われたことは最後まで取り組む性格です。 今日はよろしくお願いいたします。 この自己紹介では、伝えるべきポイントを1つ1つ伝えることはできているのですが、それぞれに関連性がなく、印象に残りにくい点がマイナスです。 長所がまじめというのも漠然としていてイメージしにくいですし、「人からやれと言われたことは最後まで取り組む性格」は受動的な印象を相手に与えます。 特別悪い自己紹介というわけではありませんが、もう少し具体的に自分を伝える工夫が欲しいところです。 大学ではクオリアについて専門的に勉強した。 クオリアとは、私たちの意識にのぼってくるさまざまな質感のことを言います。 このクオリアを巡り、クオリアはどのようなメカニズムで私たちに認識されるのか、現実の世界とは何なのか、心とは何なのかという問題に、さまざまな方法でアプローチしてきました。 時には英語で書かれた文献を読むこともあり、英語力も鍛えられました。 このように、大学では深くものごとを考える力を養って参りました。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 自己紹介というよりも、「大学で何を学んだのか」の説明に終始してしまっています。 同じ内容を学んだ人であれば、ほとんど同じ自己紹介ができてしまうでしょう。 クオリアという専門用語を使い、さらにそれを説明しようとしており、とても冗長な印象を与えてしまっています。 また、自分自身が何を学んだのか、何を得たのかもいまいち語られておらず、この自己紹介から面接官は、本人のことをほとんど知ることができません。 自己紹介にせよ自己PRにせよ、伝える目的と伝えるべき内容を明確にし、それに合わせて伝える練習をするべきでしょう。 面接力診断で、苦手な分野を見つけよう 今年の就活は、 web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 面接力診断は、24の質問に答えるだけで、 自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。 web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。 面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。 大学生が知りたいよくある自己紹介の疑問 企業からしてみれば自己紹介は、その人の情報や人柄を知るために必要なものです。 しかし就活を行う大学生にとっては自己紹介がなぜ大切なのか、どんなことを伝えればいいのか、など分からないことも多いものです。 就活で効果的なアピールをするためには、企業と認識のギャップを埋める必要があります。 企業が求めることを知り、どのような自己紹介がいいのかを考えていきましょう。 大学生が知りたいよくある自己紹介の疑問は大きく2つに分けれられます。 それらの順で行うことでスムーズに自己紹介を行うことができ、簡潔にまとめやすくなります。 自己紹介の理想の形は大学で学んだことを中心に話しますので、極端に言えば趣味や特技は自己紹介には必要ないと言えます。 しかし必要ないというのは無理に入れる必要がないというだけで入れたからといってマイナスの評価になることはありません。 他では語ることのできないものを自己紹介で話すのはいいことであり、面接官の興味をひけるなら趣味や特技を伝えてもいいでしょう。 ただ無理に入れる必要はありませんので、思いつかないのであれば大学時代に学んだことを中心に伝えましょう。 もちろん自己紹介はあくまで挨拶ですので、そこで自己PRや志望動機の全てを語ってしまうのはNGです。 しかしエントリーシートや履歴書に書いたことと矛盾がないように、話すようにすれば基本的には自由です。 エントリーシートや履歴書の内容と矛盾があると信用がなくなってしまいます。 また、場合によっては嘘をついていると思われてしまいます。 不信感を持たれたままでは伝わるものも伝わりません。 基本的には自由な発想で自分を伝えることを心がけ、矛盾が起きないように注意しましょう。 徹底的に準備して相手の興味をひこう! 就活では面接などの選考を受け、それに合格すれば採用が決定します。 しかし選考を受けているのは自分だけではありません。 ライバルとなる就活生はたくさんいるので、自分の情報を存分に伝えつつも、面接官の印象に残るということが大切です。 面接で印象に残るためには第一印象が重要になります。 第一印象は非常に重要なもので、一度決定した印象が大きく変わることはそうそうありません。 第一印象は自己紹介でほとんど決定するので、面接を攻略するには自己紹介を綿密に練り上げることが大切なのです。 魅力的な自己紹介をするのは難しいですが、それも事前の準備次第で変わります。 徹底的に準備をして相手の興味をひける自己紹介を作成しましょう。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の

【例文つき】自己紹介と自己PRは違う!面接官の心を掴む「自己紹介」の方法

面接 自己紹介 例

1.最初から面接官が質問を投げかけてくるパターン 2.自己紹介をお願いされるパターン 昨今は、後者のパターンが主流かもしれません。 「まずは簡単に自己紹介をお願いします!」 こんな感じで面接がスタートします。 ただ、面接での「自己紹介」って何を語れば良いのか分かりませんよね。 だって、誰もが知る自己紹介とは「名前、年齢、血液型、趣味などを語ることで自分を知ってもらうこと」だからです。 そう、初対面の人なんかにやる「あれ」です。 でも、ここは面接という選考の場…。 普通の自己紹介でいいの?• 何をどんな流れで語ればいいの?• どんな内容が適切なの?• どれくらいの時間で話すべきなの? こんな疑問が頭をよぎりますよね。 そこで、ここでは面接における「自己紹介」について詳しく解説していきます。 転職面接における自己紹介の流れ 基本的に、面接での自己紹介は以下の流れで話を進めれば問題ありません。 冒頭の挨拶• 簡単に経歴(職歴)を伝える• スキル・実績・PRポイントを伝える• 簡単な志望動機を伝える• 締めの挨拶 ここで注意すべきは、自己紹介で語る「項目2、3、4」はあなたが準備している内容の簡素版だということです。 面接に臨むなら誰もが準備している項目だと思いますが、それら全てを具体的に語る必要はありません。 自己紹介はあくまでも簡潔に纏めることが重要です!(理由は後述しています) 自己紹介に具体的な内容は必要なし! 転職面接の自己紹介は言わば「目次」のような役割を果たします! そのため、自己紹介に具体性は必要なく、事実だけを簡潔に伝えればOKです。 分かり易く「書籍」で例えると、書籍の目次には「具体的な内容」は書かれていませんよね。 その項を要約した「思わず読みたくなる主題」が書かれているかと思います。 立ち読みをしている時なんかは全部は読めないので、目次から興味のある項目を探して読みますよね。 要するに、面接の自己紹介でもこれと同じことをすれば良いわけです。 思わず聞きたくなる内容を簡潔にまとめて散りばめておけば、面接官はその後の質疑応答で必ずその具体的内容を問うてきます。 自己紹介をしている最中、面接官はあなたの話を聞きながらペンを走らせます。 あれは、その後の質疑応答で聞きたいことをメモっているんですね。 例えば、自己紹介の中で「 私はある手法を使って売上150%を達成しました」と実績をアピールしたとしましょう。 あなたが面接官だとしたらどの部分が気になりますか? 恐らく「 ある手法」という部分が気になるかと思います。 「ある手法ってどんな方法なんだ?」と具体的に聞きたくなりますよね。 そういうことです。 つまり、 自己紹介というのは、その後の面接の流れを自ら作ることができるものなんですね。 それ故に、具体的な内容を語る必要はなく、聞かれるだろう質問を想定し、その答えを準備しておけばOKです。 自己紹介って結構嫌がる人が多いですが、実は、上手く使えば面接を簡単にしてくれます! 転職面接における自己紹介の適正時間 自己紹介は1~2分程度に簡潔に纏めるのが理想です。 要点をまとめて簡潔に話す能力(プレゼンテーション力)も見られています。 極端な長短や纏まりのない話はその能力を疑われる原因となるので注意しましょう。 私は新卒で入社して〇年間、株式会社〇〇にて販売サービスに携わってきました。 店長として2店舗に勤務し、店舗運営全般を担い、特に人材育成、売上拡大の2点に重きをおいて業務を遂行し、全社平均105%の予算達成率の中、各店舗にて売上予算比140%、150%を達成致しました。 また、2店舗目は新規出店店舗であったため、一から店舗作りも経験しております。 転職面接なので「学歴」を語る必要はなく、最終学歴後の経歴(職歴)を簡単に説明します。 前述した通り、具体的な職務内容やエピソートは必要ないので、経験してきた業界(職種)、役割、実績を簡潔に伝えればOKです。 再転職で複数の経験がある場合は、応募企業に通じる経験に重きを置いて伝えましょう。 例えば、関連性の薄い職歴は、「私は新卒で入社して〇年間、株式会社〇〇にて営業職に従事した後~」というように一言で片付けて構いません。 3.スキル・実績・PRポイント 以上、簡単ではございますが、自己紹介とさせていただきます。 本日は宜しくお願い致します。 締めに関しても、丁寧な形で終えることが大切です。 1~5の文章を全て合わせると約350字になります。 1分間に話せる文字数は約300字とされているので、この例文の場合は「1分10秒前後」の自己紹介となります。 この文字数を参考に、あなたなりの自己紹介を1~2分で纏めましょう。 自己紹介からその後の質問を想定しよう! あなたは上記の自己紹介のどの部分が気になったでしょうか? 恐らく、多くの方が気になったポイントは以下に集中しているかと思います。 人材育成に尽力し、お客様満足度調査で全国3位• 売上実績(達成率140、150%)• 新規出店経験あり• 人材育成のスペシャリストを目指したい 次に、このポイントから想定される質問を考えます。 <自己紹介の内容から導いた想定質問>• 具体的にどのような方法で人材を育成したのか?• 人材育成で注意したことは(失敗したことは)?• 人材育成であなたが特に大切だと思うことは?• 全国3位とのことだが、順位付けはどのように行われるのか?• 売上拡大の具体的な取り組みは?• なぜ、売上目標比140%、150%を達成できたのか?• 新規出店で最も重要なこと、成功・失敗した取り組みは?• 人材のスペシャリストとは具体的に? 自己紹介後は高い確率でこれらの質問がなされるはずです。 この一連の流れを理解しておけば、あなたは、自分が語る自己紹介の内容から「どんな質問がなされるのか」を想定し、その回答を準備しておけば良いわけです。 この回答例の場合は、人材育成・売上拡大の具体的な内容は必ず聞かれるでしょう。 面接官からすると、興味がある内容であり、その真偽を確かめたい内容でもあるからです。 そこで、ビシッとした回答を示す! どうなりますか? 間違いなくあなたの評価は上がるはずです! 面接の自己紹介って素晴らしくないですか? 自分の語る内容で、その後の質問を誘導できるんです! どんな質問が来るんだろう?と怯えなくて済みますよね。 面接冒頭の「自己紹介」は意外に軽視されがちですが、実はとてつもない力を秘めています。 ここに万全を期して臨むことができれば、あなたを有利に導いてくれることは間違いありません。 転職面接の最重要項目と認識し、万全な準備で臨みましょう!.

次の

自己紹介で好印象を!面接対策と回答例【例文付き】| type転職エージェント

面接 自己紹介 例

面接官が最初に自己紹介を求める最大の狙いは、「今までの人生やキャリアを簡潔に要約して伝える能力があるか」を見極めるためです。 「わかりやすく話す」というのは、ビジネスシーンにおいて誰もが必要とされる能力ですから、自己紹介を聞けばその人の基礎的なスキルや資質がどれくらいのレベルかをすぐに把握できます。 よって自己紹介で大事なのは、短い時間で必要な要素をきちんと盛り込むこと。 「3分で自己紹介をお願いします」などと時間を指定されたら、必ずそれ以内で収めてください。 時間の指定がなければ、1分以内を目安としましょう。 それ以上長々と話し続けるのは絶対にNG。 指定の時間を10秒オーバーした人と10秒足りない人だったら、前者のほうが圧倒的に印象は悪くなります。 短いぶんには減点になりませんので、自己紹介については「とにかく短く簡潔に」を鉄則としてください。 そもそも自己紹介は、「自分は何者か」の概要を伝えることが目的です。 いわば「自分についてのサマリー」みたいなもので、「詳細はのちほど説明しますが、要約するとこういう人間です」と相手に伝われば十分。 よって、細かい情報をあれこれ詰め込む必要はありませんし、「自分の強みをアピールしなくては」と気負う必要もありません。 それらは自己紹介ではなく、「自己PR」で伝えればいいこと。 自己紹介と混同されがちですが、自己PRは面接官が「この応募者は自社で活躍できるか」を判断するためのもので、過去の実績や経験、強みや得意分野について具体的な回答が求められます。 これらの要素は面接官との質疑応答の中でも掘り下げていくことになるので、冒頭の自己紹介ではその前提になる概要をシンプルに伝えればOKと心得ましょう。 なお、面接の最初に自己紹介を求められないケースもあります。 スピーチ形式の自己紹介は求められませんが、 質疑応答の形で「自分は何者か」を伝えることになるので、やはり事前に必要な要素を整理しておくことが欠かせません。 3分バージョン• 1 挨拶• 「山田太郎と申します。 本日はよろしくお願い致します」• 2 経歴・職歴• 3 前職の入社動機• 4 職務経験• 5 退職理由と志望動機• 6 結び• 「改めまして、どうぞよろしくお願い致します」 1分バージョンを基本に、前職の入社動機と退職理由・志望動機を加えます。 ただし、 ここでもそれぞれの動機や理由はあくまで短く簡潔にまとめること。 これらも詳細は後の質疑応答で掘り下げるので、ダラダラと長く話す必要はありません。 自己紹介~1分バージョン~• 「山田太郎と申します。 本日はよろしくお願い致します。 主に小売・物流業界に対して業務効率化のためのIT支援ツールを提案営業し、全ての年度で目標達成率130%、3年目以降は全国の法人営業部で常に上位5%以内の成績を維持してきました。 改めまして、どうぞよろしくお願い致します」 【ポイント】 「2012年から5年間」のように、自分が経験したことについて 「時期と期間」を明確に伝えると、「事実関係を整理して丁寧に伝えられる真面目な人」という印象を面接官に与えられます。 自己紹介~3分バージョン~• 「鈴木一郎と申します。 本日はよろしくお願い致します。 そこで『経営の本質は現場にある』ということを実感し、卒業後は企業の現場を変革するために力を尽くしたいと考え、コンサルティング業界を中心に就職活動しました。 2012年に入社してから3年間は部品メーカー、2015年から2年半は物流会社の業務改革プロジェクトに参画し、部品メーカーについては工場の生産性を50%向上させ、物流会社については社員一人当たりの労働時間を25%削減することができました。 今後さらに日本企業の現場力を高めるには、デジタルの力を取り入れることが不可欠と考え、コンサルティング業界の中でもデジタル活用の先駆的な事例を多数実践している御社に応募致しました。 改めまして、どうぞよろしくお願い致します」 【ポイント】 1分バージョンと同様に、 時期や期間、数字などのポイントを押さえることに加え、3分バージョンでは「話に一貫性があるか」を重視してください。 3分バージョンに盛り込む前職への 入社動機や退職理由、志望動機などに一貫性がないと、「その時々で場当たり的にキャリアを選択してきた人」という印象を面接官に与えてしまいます。 この例文であれば、「経営=現場」がキーワードであり、子どもの頃から父が経営する店の現場に出ていたこと、大学卒業後に1社目を選ぶ際も「現場を変革する仕事」にこだわったこと、この会社を志望する動機は「日本企業の現場をさらに強くするため」であることなど、ストーリーにしっかりとした一貫性があります。 また、その後の質疑応答で話を掘り下げていく際も、「自己紹介で話したストーリーと矛盾はないか」を面接官は重視します。 よって自己紹介文を準備する際は、質疑応答の内容も想定した上で、矛盾が生じない内容を考えることが必要です。 最近は、正式な選考過程である面接とは別に、「カジュアル面談」と呼ばれる場を設ける企業が増えています。 その転職者に自社の面接を受けてもらう前に、カジュアルな形で企業の担当者と顔を合わせて、ざっくばらんに情報交換することが目的です。 カジュアル面談の場合、一般面接のような自己紹介を求められることはありません。 選考が目的ではありませんし、 むしろ企業側が優秀な人材を獲得するために「うちの会社にはこんな良さや魅力があります」と自社をアピールすることが主な目的なので、転職者の資質や能力を見定めるようなやりとりは発生しないと考えていいでしょう。 よって、カジュアル面談で企業の担当者と会った時は、かしこまった自己紹介をする必要はなく、ごく常識的な挨拶と失礼のない振る舞いがができれば問題ありません。 趣味や余暇の過ごし方など、プライベートな要素も話したほうがいいの? A. 1分間や3分間で自己紹介を求められた場合は、キャリアと仕事のことに絞って話すのが原則です。 ただ、自己紹介を求められず、最初から質疑応答で経歴やプロフィールを追うタイプの面接官の場合、「趣味はありますか?」「好きなことは何ですか?」といった質問をされる場合があります。 この時、「趣味はありません」と答えるのはNG。 面接官はこの質問によって、応募者のバックグラウンドや思考・行動の傾向などを知りたいと考えています。 その人が何を好むかによって、「社交的なのか、内向的なのか」「チームでやることが好きなのか、一人でやることが好きなのか」「一つのことを長く続けるタイプなのか、流行にのって色々なことを一時的に楽しむタイプなのか」といったことがわかるからです。 つまり面接官は、自己PRや志望動機を聞くのと同じように、応募者を知るために趣味について質問しているのですから、「趣味がない」と答えるのは、「自己PRは特にありません」「志望動機はわかりません」と答えているようなもの。 趣味という自覚はなくても、好きなことや楽しんでいること、長く続けていることなどが何かしらあるはずですから、それを趣味として語れるように整理しておきましょう。 転職活動なのに、新卒時の就職活動についても聞かれるの? A. 転職の採用面接だからこそ、その人のキャリアの原点となる「就活」を重要な要素と位置づける面接官は少なくありません。 大学卒業後に働く1社目をどのような基準で選ぶかは、人生を左右する大きなポイントです。 その就職活動に真剣に取り組まず、「入れるところならどこでもいい」といった中途半端な決め方をした人は、転職活動においても「キャリアの軸を持たず、適当に仕事選びをする人」と判断されます。 よって、転職の面接でも新卒時の就職活動について聞かれることを想定し、 「自分の中で何を優先し、どんな思いを持って会社を選んだのか」を語れるようにしておくことが必要。 就職活動をあまり頑張らなかった人ほど、きちんと当時を振り返り、「なぜその仕事を選んだのか」というキャリアの軸について説得力を持って語れるように、1社目の志望動機をもう一度整理し直してください。 自己紹介の内容が完璧なら、第一印象は満点? A. 自己紹介で大事なのは、話す内容だけではありません。 表情や目線、姿勢や話すスピードなど、振る舞いや話し方も同時に見られています。 面接の冒頭はどうしても緊張するので、「何を話すか」だけで頭がいっぱいになりがちですが、それ以外のコミュニケーション要素にも気を配るようにしましょう。 また、第一印象は自己紹介だけで決まるのではなく、 面接官が部屋に入ってきた瞬間から勝負は始まっています。 面接官が入室した時、椅子に座ったまま迎えるのはNG。 本日はよろしくお願いします」とひと言挨拶してください。 どうぞおかけください」と言ったら、「ありがとうございます」と言って腰掛けるのがマナーです。 必要な要素に沿って1分で話すバージョンと3分で話すバージョン両方を用意しておくと良い。 何かしら話せるように準備しておくこと。

次の