仏壇 の 引っ越し。 仏壇の引っ越しは準備が大切!すべきことや注意点などご紹介

仏壇の引っ越し|自分でする?費用は?魂抜きしないはバチ当たり?

仏壇 の 引っ越し

仏壇の引っ越しは特別? まずは引っ越しで仏壇を運ぶときに必要な手順を知っておきましょう。 仏壇の中には、先祖様の魂が入っています。 分かりやすく言えば、仏壇自体がご先祖様の家と考えるといいでしょう。 その家の場所を移動させるわけですから、中にご先祖様がいたままでは動かせません。 まずはご先祖様に、一度仏壇から出ていただくことが必要となります。 抜魂と入魂 仏壇からご先祖様の魂を抜くことを「抜魂」、「魂抜き」、「閉眼供養」などと言います。 そのためにお寺からお坊さんに来ていただき、お経を上げていただきます。 このお経で仏壇からご先祖様の魂が抜け、仏壇を移動させる準備ができることになります。 引っ越しが終わったら、再びお坊さんに来ていただき、今度は魂を入れてもらうためにお経を上げていただきます。 これを「入魂」、「魂入れ」、「開眼供養」などと言います。 新居に仏壇を設置し、この入魂が終われば、ようやくご先祖様の引っ越しは完了と言うことになります。 アート引越センターで仏壇は運んでもらえる? 結論から言うと運ぶことは可能です。 ただし、アート引越センターが行うのは、「仏壇を運ぶ」ことだけですので、抜魂や入魂の儀式は別途必要ということになります。 つまり、抜魂の供養が済んだ仏壇に関して、アート引越センターでも運送可能ということになります。 仏壇の引っ越しの注意点 仏壇の引っ越しにはいくつかの注意点があります。 まず、「仏壇は横に寝かせて運ばない」というルールがあります。 仏壇はご先祖様の住む家ですから、家である以上向きを変えてはいけません。 どんなに大きな仏壇でも立てた状態で運ぶようにしましょう。 続いて「仏壇の上に荷物を載せてはいけない」というルールも。 こちらも上のルール同様です。 ご先祖様の住む大切な家ですので、上に他の荷物を重ねないようにしましょう。 そして、仏壇は「最後に搬出して、最初に搬入する」のが基本です。 これは仏壇が「自宅」にある時間をできるだけ長くするため。 つまり家の外にある時間を一番短くするような順序で運ぶのが基本となっています。 そして最後にルールと言うよりオススメの項目があります。 それが「位牌は手荷物で運ぶ」ということ。 位牌と言うものは基本的に壊れたからと言って買い替えるようなものではありません。 厳重に梱包したとしても、荷物としてトラックに載せてしまうと、何らかの理由で壊れてしまう可能性があります。 壊れてしまったとしても、引っ越し業者としては弁償のしようがない物になりますし、弁償できるようなものでもありません。 そんなトラブルを防ぐためにも、できれば手荷物として自身で運ぶようにしましょう。 反対に仏壇に必要なろうそく台であったり「おりん」などは、万が一破損しても弁償可能ですので、こちらは壊れないように梱包して段ボールに詰めて運んでもらいましょう。 梱包については相談してみましょう 仏壇の梱包に関してですが、アート引越センターの営業マンに事前にどうするか相談しておきましょう。 マンションなどに設置している比較的小さめの仏壇であれば、自身で梱包してもさほど問題ありませんが、古くからある一戸建てに置いてある、高さが1mを超えるような大きな仏壇に関しては、素人が下手に梱包しようとしても上手くいかない可能性が高いといえるでしょう。 こういった大型の仏壇に関しては、できればアート引越センターの作業員に梱包してもらうのがベスト。 梱包に関してどうすればいいか、訪問見積もりの際に相談しておくようにしましょう。 引っ越し当日は最初に伝える 仏壇を含んだ引っ越しの場合、引っ越し作業の始まる前に、まず仏壇に関して作業員に伝えておきましょう。 特に段ボールなどで梱包してある場合、他の荷物と混同して積み込んでしまわないように注意が必要です。 仏壇の存在を伝えておけば、後は作業員に任せて問題ありません。 作業員も引っ越しのプロですから、仏壇と分かればきちんと扱ってくれます。 具体的には、「最後に運び出して、トラックの一番後ろの縦置きで積み、上に物は重ねない」という作業を自然としてくれるでしょう。 仏壇の引っ越しにかかる費用はいくら? まず大前提として、 仏壇を運ぶことに関してアート引越センターでは特別な費用はかかりません。 つまり引っ越し費用は無料ということになります。 ただし、これは「抜魂」と「入魂」の供養に関する費用は含みません。 供養に関するお布施に関しては、頼んだお寺やお坊さん次第ということになりますが、家まで出向いていただくわけですから、お布施に交通費なども考えると、10,000~30,000円程度が相場と言われています。 2度の供養で20,000~60,000円、これが仏壇の引っ越しにかかる費用と言っていいでしょう。 アート引越センターで仏壇の引っ越しをするには? アート引越センターでは、仏壇の引っ越しも承っています。 ただし、受けているのは「運ぶ」ことのみ。 運ぶことのみであれば、特別な費用は不要で、通常の引っ越し荷物と一緒に運んでもらえます。 ただし、仏壇を運ぶためには、「抜魂」や「入魂」の供養が必要となり、これには費用(お布施)が必要となります。 詳しくは菩提寺や、近所のお寺に問い合わせてみましょう。 仏壇自体はアート引越センターに任せて問題ありませんが、仏壇の中にある位牌や遺影に関しては、補償しきれない部分がありますので、できれば手荷物として自分で運びましょう。 引っ越し業者や、引っ越しプランによっては仏壇の運送ができなかったり、有料にあるケースもあります。 引っ越し荷物に仏壇が含まれるのであれば、「 」を利用して、各業者の対応を確認するといいでしょう。 一括見積もりサイトは引っ越し料金の比較だけではなく、こういったサービスの内容の比較やサービスの料金の比較などもできますので、上手に活用したいところです。 関連記事になります。 合わせてご覧ください。

次の

魂抜きは絶対?仏壇の引越しはどうする

仏壇 の 引っ越し

引っ越しなどで仏壇を動かさなければならなくなったときに、どうすればいいか悩んだことはないでしょうか。 家の中で行う移動にはそのまま静かに移動させれば問題ないようですが、引っ越しなどで新しい住まいに移動させる際にはしかるべき儀式が必要です。 こちらでは、引っ越しなどで仏壇を移動させるための方法や注意点などについてお話します。 仏壇って移動させても大丈夫なの? 仏壇の移動する際、特に何も考慮することなくただの家具として動かしてしまえばいいと思われる方が多いかもしれません。 ですが、仏壇は基本的には移動させてはいけないとされています。 仏教界の宗派(浄土真宗を除く)の考え方では、仏壇を購入して安置する場合は開眼供養(魂入れ)を行い、また仏壇を移動したり買い替えたりするときは閉眼供養(魂抜き)を儀式として行います。 僧侶に開眼供養をしてもらい、本尊や位牌を安置して日々手を合わせてお参りしている仏壇には仏様や故人の魂が宿っているとされていますので、仏壇を単なる家具として扱ってはいけません。 移動しなければならない場合は、まずは菩提寺や宗派の寺に相談されて慣習通りに行うのがいちばんかと思いますが、僧侶に閉眼供養(魂抜き)をお願いし、移動先に安置したら開眼供養(魂入れ)を行って平常に戻すというのが一般的かと思われます。 浄土真宗の儀式ついて 浄土真宗には魂という概念がないので、魂抜きや魂入れという言い方はしません。 代わりに遷座法要や遷仏法要というという儀式を行います。 閉眼供養の依頼方法と費用について 閉眼供養(魂抜き)は基本的には菩提寺の僧侶に依頼をします。 すぐに対応してもらえるわけではありませんので、引っ越しの1か月くらい前には依頼し、引っ越しの1週間前~前々日くらいまでに行ってもらうのがベストです。 菩提寺がない、または近くにない場合は、お葬式やお墓などをお願いした寺院に問い合わせてみてください。 閉眼供養は法要の一種になりますので、お布施・お車代・お膳料を用意することが一般的ですが、最近ではお布施のみの寺が多いようです。 金額についてはそれぞれ地域差がありますが、数千円~10万円くらいです。 どうしても分からないときは、住職に直接相談するのが良いでしょう。 引っ越しで仏壇を移動する際に注意すること 仏壇を運ぶ際にも気をつけなければいけないことがいくつかあります。 まず気をつける点は、仏壇は横にしないこと。 必ず立てて運ぶようにし、トラックなどに積んだときにも、倒れないように業者の方に固定してもらいましょう。 そして、本尊や位牌はたとえ魂抜きをしていても、再び魂入れを行う大切なものです。 段ボールに入れて引っ越しトラックで運ぶのは汚れたり壊れたりする恐れがあるので、なるべく自分の手で持ち運ぶことをおすすめします。 開眼供養の方法と費用について 新しい住まいに仏壇を移動させたら、ご本尊をお迎えする開眼供養あるいは仏壇開き(魂入れ、お性根入れ、入仏式)が必要です。 当日は菩提寺の僧侶を招いて読経をしてもらいます。 引っ越し先が遠方で、閉眼供養をしてもらった寺にお願いできない場合は、引っ越し先の近くの寺院を紹介してもらうと良いでしょう。 お布施はあくまでも気持ちが大事ということで金額は決まっておりませんが、相場は2~5万円くらいです。 どうしても分からないときは、住職に直接相談するのが良いでしょう。 開眼供養の準備:例(地域や宗派によって異なります) 現在のご注文状況(最新30件)- 更新 ご注文日 ご注文いただいた商品 都道府県 合計金額 06月13日 埼玉県 12,280円 06月13日 滋賀県 16,770円 06月13日 秋田県 128,000円 06月13日 秋田県 19,630円 06月13日 秋田県 6,150円 06月13日 大阪府 25,800円 06月13日 東京都 14,590円 06月13日 神奈川県 4,700円 06月13日 東京都 2,580円 06月13日 大阪府 7,770円 06月13日 新潟県 13,880円 06月13日 東京都 58,320円 06月13日 宮城県 77,800円 06月13日 宮城県 18,460円 06月13日 宮城県 59,800円 06月13日 埼玉県 7,360円 06月13日 神奈川県 11,010円 06月13日 佐賀県 168,000円 06月13日 兵庫県 14,400円 06月13日 大阪府 1,240円 06月13日 兵庫県 11,480円 06月13日 徳島県 1,240円 06月13日 宮城県 13,480円 06月13日 宮城県 31,000円 06月13日 岐阜県 10,180円 06月13日 岐阜県 2,040円 06月13日 福井県 13,480円 06月13日 岐阜県 88,000円 06月13日 岐阜県 20,310円 06月13日 岐阜県 20,460円.

次の

仏壇の移動・引越し方法

仏壇 の 引っ越し

仏壇を引っ越しする際にはただ引っ越し業者に運んでもらうだけでOKということではありません。 まずは「抜魂」「入魂」をしなければならないのです。 「抜魂」は精抜きともいわれており、位牌とご本尊の魂を抜く作業になります。 仏壇を引っ越しする際には、今住んでいる家の荷物をすべて出し終わった後、 最後に運ぶ必要があり、新しい住居に移す時は、最初に家の中に入れるという習わしがあります。 新しい住居に設置した後は、再び位牌とご本尊に魂を入れる入魂を行わなければなりません。 入魂は精入れとも言われています。 抜魂は引っ越し1週間前から1日前までには行っておくようにしましょう。 またお寺に依頼をするのは引っ越しの1ヶ月前にはきちんと連絡しておく方が安心です。 仏壇を抜魂と入魂は同じお寺で行ってもらった方がよいと言われています。 引っ越し先は遠方の場合には、一度お寺に相談をしてみるとよいでしょう。 抜魂、入魂の費用は? 仏壇を引っ越しさせる際には必ず抜魂、入魂を行わなければなりませんが、 その作業は自分の宗派の僧侶にやってもらわなければなりません。 僧侶にお経をあげてもらうために、家に呼ばなくてはいけませんので、 交通費やお茶代なども別途でかかってくるでしょう。 僧侶にお経を読んでもらう費用は平均で1万円から3万円が相場と言われています。 僧侶に払うお金はお布施と呼ばれていますが、 仏壇を引っ越す場合にはお布施以外にも別途引っ越し業者に 追加の運送費を支払わなければなりません。 仏壇の引っ越しは大手の引っ越し業者や運送業者であれば行ってくれますが、 値段の相場としては10000〜20000円程度と言われています。 仏壇を運送する前にやっておくことは? 仏壇を運送する際振動で揺れて仏具などが壊れてしまうことがあります。 そのため照明器具、飾り物、仏具などは別で梱包しておいた方が壊れにくいでしょう。 また仏壇の取り外しができる部分は取り外しておいて、 後でわかりやすいようにひとまとめにしておくとよいでしょう。 また位牌、ご本尊など大切なものや高価なものは、 段ボールに入れて運送するよりも、直接自分でもって運んだ方が安心でしょう。 段ボールに入れて運送してしまうと、万が一壊れてしまっても保証がきかないケースがほとんどです。 【知らないと損する!】仏壇 引越し 費用をお得にする方法! オススメの無料引越し一括見積もりサービスはこちら 仏壇は横にせずに縦にしたまま運ぶ 仏壇の積荷などは引っ越し業者にお任せすることが多いのですが、 その場合でも仏壇を横にしていないかをきちんとチェックしておくとよいでしょう。 仏壇は横にせずに立てたままトラックに積んで、 転倒を防ぐために固定して運送するというのが一般的です。 仏壇はどのご家庭にとっても非常に大切なものなので、 ピアノと同様に細心の注意を払って運送する必要があります。 最近では引っ越し業者とは別に、仏壇専用の運搬業者が運送するケースも増えていますので、 安心して仏壇を運搬できるでしょう。 また仏壇の出し入れには宗派によって様々な作法がありますので、 引っ越し前に事前に担当者と打ち合わせしておく方がスムーズに搬出、搬入することができるでしょう。 仏壇引っ越しを安くするためには? 仏壇の引っ越し使用は、通常に引っ越し費用にプラスして5〜6万円前後はかかってしまいます。 そのためできるだけ他の引っ越し費用を安上がりする必要があるのです。 そこでおすすめなのが、引っ越し見積り無料サイトです。 引っ越し見積り無料サイトは引っ越しまでに時間がない場合でも最短1分で見積りを出してくれます。 24時間受け付けOKですし、簡単な入力を1回行えば気になる引っ越し業者の見積もりを 1回で最高10社も受け取ることができますのでとっても便利です。 いくつかの見積もりを比較して、一番安い価格の業者の間で値引き交渉を行えば、 見積り額よりもさらに安い価格で引っ越しを行えるでしょう。 引っ越し費用は引っ越し業者によってかなりばらつきがあり、 高い業者で引っ越しをしてしまうと数万円〜10万円前後も 損をしてしまうケースも少なくありませんので、 時間がない場合でもすぐに見積りを提示してくれる引っ越し見積り無料サイトは利用すべきでしょう。 即日引っ越しを希望の場合でも3〜4社の安い業者をセレクトしてから申し込みをした方が 即日に引っ越しをすることができるだけでなく、 引っ越し費用自体も安くなるのでおすすめです。 引っ越しするものの中に仏壇がある場合もオプションをクリックすることで見積りに追加してくれますよ。 お安く賢く引っ越しをしたい人は引っ越し見積り無料サイトがおすすめですよ。 仏壇 引越し 費用をお得にする方法! オススメの一括見積もりサービスランキング お勧め その1 まずはここから テレビCMなどでもお馴染みの 引越し侍は 絶対に外せない一括見積もりサイト 簡単に一括見積もりができて 全国160社もの提携企業の中から最安値を探せます。 お勧め その2 ここも抑えよう 見積もり比較で最大50%安くなることもある 引越し価格ガイド 引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば 驚くほど安い金額で引越しができることも。 お勧め その3 ここも忘れずに 独自の割引サービスのある LIFULL 引越し 3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも 全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。

次の