税理士 転職 方法。 銀行員から税理士への転職が最強である理由とメリット5選

税理士の年収はどれくらい?20代・30代・40代の年齢別の収入について

税理士 転職 方法

Contents• 税理士全体の平均的な年収 税理士の平均年収は、過去には800万円代だった時代もありますが、現在では700万程度です。 これは税理士の資格を有する人が多い割に、景気の悪化によって、税理士のお客さまとなる会社の数が減少しているため、税理士法人や独立開業した税理士同士による競争が激しくなり、値上げができなくなっていることが原因といわれています。 また、この700万円という数字は開業している税理士の年収も含まれています。 独立した税理士の中には、多い人で平均年収を大きく上回る3,000万円を超える人もいます。 そのため、平均年収を大きく底上げしている可能性もあります。 しかし、税理士の多くは税理士法人や、一般企業の経理部などで働いていますので、年齢やキャリアによって年収にも差が生じてきます。 しかし、大企業に勤務しているサラリーマンの平均年収が約600万円位だと考えれば、税理士の平均年収は高いレベルだといえます。 難しい資格試験に合格して、ようやくたどり着いた税理士の資格ですが、あなたの今の年収はいかがですか?税理士は一般企業に比べて年収面でも恵まれた職業だといえますが、今の年収が平均よりも低いなら、まだまだ伸びしろがあります。 事務所の規模の大小や、経験・スキルによって、年収が今よりも大きく変わる可能性があります。 20代税理士の平均的な年収 国税局が実施した民間給与実態統計調査(平成27年度)によると、20代の平均年収は300万円前後といわれています。 20代の前半と後半に分けると、前半(20歳~24歳)平均年収は248万円で、後半(25歳~29歳)になると344万円にアップしています。 一般企業に勤める20代全体の平均年収が300万円前後ですので、年収にも恵まれている環境だといえますが、これには理由があります。 税理士の資格試験は難関で、20代で合格するのは至難の業です。 そのため、20代の税理士の数は全体の1%未満にすぎません。 需要に対して供給が極端に少ないため、年収も恵まれているというわけです。 しかし、20代すべての税理士に好条件の年収が約束されているわけではありません。 税理士の試験は複数科目に分かれており、1科目ごとに合格と不合格が判定されます。 そして、合格した科目は次回以降免除され、全科目合格した時点で初めて税理士としての資格が取得となります。 したがって、多くの人は何科目か合格してから税理士事務所などに就職し、残りの科目は働きながら合格を目指すことになります。 そういう人たちは当然、正式な税理士と比べると年収はかなり低くなってしまいます。 つまり、下積みの期間も税理士のキャリアに含めるのであれば、収入面においては必ずしもスタートから恵まれているとはいえないのです。 30代税理士の平均的な年収 30代税理士の平均的な年収は400万円から500万円程度になります。 勤務税理士のスタートである300万円代からはアップしますが、人によってはそれほど高いとは感じないかもしれません。 これは先ほど述べたように、税理士の資格試験が難関で、勉強を始めてから資格を得るまで平均8年以上もかかるといわれているので、30代あたりがようやく正式な税理士として活躍しはじめる時期になります。 早くから税理士として働いている人の中には、30代中頃で独立するケースもありますが少数です。 30代のほとんどは、税理士としてのキャリアを積んで少しずつ年収を上げながら、独立後も顧客として付き合ってもらえる関係づくりが中心になります。 そのため20代と比べてもそれほど平均年収はアップしておらず、キャリアを積んで自信をつけはじめた40代になってから独立開業を果たして一気に年収を上げていくケースもあります。 40代税理士の平均的な年収 40代の税理士の平均年収はおよそ700~800万円といわれています。 40代になると税理士としてひと通り実務経験をこなし、組織をまとめるマネージャーや役職者になっているケースも少なくありません。 そういった役職者の場合、年収1,000万円を超えることも珍しくありません。 また、税理士法人などでの勤務時代に培った経験や人脈を生かして独立する人が多いのもこの年代といえます。 独立開業を果たすと平均年収は約3,000万円前後といわれており、勤務時代と比べて大きく年収を上回ることも可能です。 しかしながら、近年では税理士の人数の増加と、会社数の減少の影響もあり、税理士同士の競争が激しくなっている実情もあります。 そのため、独立を視野に入れるならより入念な準備が必要になります。 顧客獲得の戦略を立てずにハイリターンを求めて独立するのはリスクが高く、独立にあたっての開業資金はいくらか、顧客はどのようにして獲得するのか、ライバルと差別化するための強みは何か、個人で経営していくのか、従業員を雇って規模を拡大するのかといった長期的な戦略プランを練ることが重要になります。 独立開業を目指す人もいますが、先行きを考えて安定した勤務税理士として働く人もいます。 キャリアと人脈もあるため、選択次第によっては年収でも大きく差が開きやすい40代の特徴といえます。 独立開業すると平均年収は約3,000万円前後といわれており、税理士事務所で働いていた頃よりも大きく年収を上回ることができます。 しかし、ゼロからの出発になるので、新しく顧客を獲得することからスタートします。 新規の顧客獲得の戦略を立てずにハイリターンを求めて独立するのはかえって高いリスクを負うことになります。 ところで、税理士事務所には「独立開業」を支援してくれるところがあること、ご存知ですか?将来的に独立を志す若手税理士のために、経営感覚を身に付けてもらうため、支社長を経験させてくれる事務所もあります。 独立開業したいなら、独立支援する体制が整った事務所で経験を積むことが有効です。 「簿記論」「財務諸表論」「法人税法」など全11科目のうち、5科目合格すると晴れて税理士の資格が得られます。 しかし、5科目合格するまでには数年かかることも多く、税理士を志す人のほとんどが、数科目合格したまま、税理士事務所で働きながら、残りの科目合格に向けて勉強を続けています。 ところで、この合格科目数によっても年収が変わってくること、ご存知でしたでしょうか。 現在、税理士の資格を目指している人にとっては、1科目でも早く合格したいと勉強への意欲も沸いてくることでしょう。 勤務税理士として稼げる年収も事務所によって異なる 独立することも夢ですが、安定した年収を得たいなら勤務税理士として働くのも良いでしょう。 しかし、同じ勤務税理士でも事務所の規模によって年収に差がでる可能性があります。 一般的に年収500万円くらいの税理士というと、従業員が数名から十数名程度で、実務経験5年以上なら実現可能です。 一般企業と比べても決して低い年収ではありませんが、税理士という資格の難易度から考えれば、最低条件であると思っておいた方が良いかもしれません。 年収500万円から1,000万円を稼ぐ税理士は、従業員数が十数名以上の管理職か、会計事務所に勤務する準管理職レベルです。 よほど経営が安定した優良顧客を多く抱えていない限り、中規模クラスの事務所で働きながら1,000万円弱の年収を稼げる可能性は低いでしょう。 しかし、一般企業のサラリーマンでは、なかなか難しい年収1,000万円も税理士であれば期待できます。 安定したまま年収アップを狙うなら転職を 勤務税理士として、税理士事務所などで働きながら年収を確実にアップさせるには転職という方法があります。 税理士資格を持っているからといって、勤務先が必ず税理士事務所というわけではありません。 一般企業の経理部などで働いているケースもたくさんあります。 税理士なら、どの企業でも即戦力として期待されますし、資格手当などでより高給を期待できます。 「独立して年収を格段にアップしたいけどリスクは避けたい…、でも今の年収よりもたくさん稼ぎたい!」と考える人は転職情報に目を通してみてはいかがでしょう。 自分に合った転職先を探すながら、会計に特化した求人・転職エージェントを利用するのが一番の近道です。

次の

銀行員から税理士への転職が最強である理由とメリット5選

税理士 転職 方法

この記事でわかること• 税理士事務所の採用担当者が知りたがっていることについて理解できる• 税理士事務所に応募する際の書類作成が自分でできる• 税理士事務所に職務経歴でアピールする方法がわかる 税理士事務所に就職したい時、職務経歴書の書き方にはひと工夫必要です。 どのような点で工夫が必要になるのでしょうか。 今回は、税理士事務所の採用担当者に響く、職務経歴書の書き方についてご紹介します。 職務経歴書に盛り込みたい項目とは 職務経歴書は、ただ自分がどこの会社に勤めていたのかを書けば良いというものではありません。 結局のところ、職務経歴書を採用担当者が見て、自分の事務所に欲しい人材であるかどうかを判断する材料になるのですから、採用担当者に 「ぜひともうちの事務所に来て欲しい」と思わせる人材であることをアピールする必要があります。 と言っても、採用担当者から「このような人材が欲しいです」と詳細に教えてもらえることはありません。 基本的に、求人の内容をまずよく読み込むことが重要です。 一般的に、職務経歴書に盛り込む内容は以下の通りです。 全体として、A4サイズの紙3枚程度に収まるようにします。 職務経歴概要• 職務経歴の詳細• 職務内容(一般業務と特殊業務)• 資格や免許、スキルなど• 自己PR• 特記事項(離職の理由など) それでは、具体的に書き方を見ていきましょう。 書き方のポイント 書き方のポイントを項目ごとに見ていきましょう。 よく考えて一回で完成させようとするのではなく、まずは一度書いてみてからじっくり推敲するほうが良いものができます。 採用担当者としては、応募してくる人にどのような得意分野があって、それは事務所にとってプラスなのか、必要な能力なのかということを知りたがっています。 即戦力として税務に詳しい人が欲しい場合もあれば、異分野への進出を考えているので税務のバックグラウンドがむしろないほうがいいと思っている場合など、欲しい人材像は様々です。 職務経歴概要は短く簡潔にまとめる 最初の職務経歴概要の部分です。 概要なので、全体の要約部分に当たります。 自分が今までに何をして来たのかを、ざっくりと 2、3行にまとめます。 できるだけ興味をもってもらえるように、ただ事実を書くのではなく、転職先の仕事内容と共通する部分が少しでもあれば強調して書くようにしましょう。 職務経歴の詳細 職務経歴の細かいところを書いていきます。 いつからいつまで、どこに勤務していたのか、勤務先のデータ(従業員数など)を記載してください。 この部分を読めば、どの程度の大きさの組織で働いていたのかがわかります。 職務内容(一般業務と特殊業務) 一般的な業務と、スポット的に発生する特殊業務について書いてください。 たとえば、顧問先を訪問したり、経営アドバイスをするのは一般業務に当たります。 一方で、相続税申告や事業承継など普段あまり起こらない業務を経験した場合は、特殊業務に記載します。 転職先がこの特殊業務を専門的に扱う事務所などであれば、より詳しく書くようにしましょう。 略歴 前職も含めて、簡単な略歴を記載します。 いつに入職して、昇格したかなど、簡単に記載します。 履歴書をセットで提出することが多いと思われるので、略歴は簡潔にわかるように書いてあれば大丈夫です。 実績 ここでいう実績は、基本的には「会社の収益にどう貢献できたか?」もしくは「業務経験をどれだけこなしたか?」という視点での実績を書くのが望ましいです。 資格や免許、スキルなど 税理士事務所の場合は、簿記会計に関する知識が重要ですので、簿記会計関連の資格があれば必ず書いてください。 税理士試験のうち、科目合格があれば記載しましょう。 簿記資格も税理士の科目合格も、仮に合格の結果がない場合でも空欄にするよりは受験経験として、記載しておくことをお薦めします。 また、会計ソフト・申告ソフトを使った経験がある場合は、ソフト名を書いておくと、採用担当者にアピールできます。 他には、外国語ができる場合は、外国語についてどの程度できるのか、資格試験に合格していればその内容も記載してください。 自己PR 自分の売りになる部分を書きます。 業務経験や知識を前面に出す必要はなく、人柄などを記載しても良いです。 この時も、まったく関係ない個性を書くよりも、どんな時に仕事のやりがいを感じるか、モチベーションが沸くのはどんな時かといったなるべく前向きな情報を記載しましょう。 特記事項(離職の理由など) なぜ前職を辞めてしまったのか、という部分については気になる採用担当者が多いです。 退職の本音としてネガティブな理由もあるとは思いますが、ここでは 前向きな理由だけを並べるようにしましょう。 大事なのは、ウソを書くのではなく、本当のことのうち前向きな理由だけを書くということです。 家族を世話するために辞めたような場合は、「育児との両立を図るため一旦退職」「介護をするため退職」という理由とともに、その状況が今は完全に改善されたという旨も記載しましょう。 具体的な職務経歴書サンプル 具体的な職務経歴書のサンプルをご紹介します。 税理士業界の中で転職をする場合と、別の業界から応募する場合の2通りに分けましたので、参考にしてください。 税理士業界の中で転職する場合• 職務経歴概要 大学に在学中に、税理士試験に3科目合格。 大手税理士事務所にて、税理士の補助業務を5年間経験し、クライアントの訪問、経営コンサルティングを行ったほか、企業合併の税務などを担当。 大手税理士事務所への勤務期間中に、税理士試験に合格。 業種程度で良いでしょう。 職務内容(一般業務と特殊業務) 一般業務 クライアントの訪問:クライアントを1ヶ月に1回程度訪問し、記帳に関する疑問や質問などに答えた。 経営コンサルティング業務:補助金や助成制度を使った経営コンサルティング業務を行った。 当時の勤務先である〇〇税理士法人が力を入れていた分野だったので、新しい補助金や助成金の情報が出ると、クライアントに随時共有し、定期訪問時に補助金や助成制度を活用した経営計画を提案した。 特殊業務 企業合併:クライアントが他の企業と〇〇年〇月に合併。 合併に必要な税務コンサルティングなどを行った。 略歴 XXXX年XX月 〇〇大学を卒業(在学中に税理士試験3科目合格) XXXX年XX月 〇〇税理士法人に税理士補助として入所 XXXX年XX月 税理士試験最終合格 XXXX年XX月 チームリーダーに昇格 XXXX年XX月 スキルアップのため退職• 実績 XXXX年XX月、1ヶ月に10社の新規顧問先を開拓。 社内で表彰されたことがある。 資格や免許、スキルなど 日商簿記検定1級、税理士試験(簿記論、財務諸表論、消費税法)合格• 自己PR 誰とでもすぐに打ち解ける性格です。 経営者の悩みや不安を引き出し、案件の成約へとつなげることが得意です。 特記事項(離職の理由など) 前職はスキルアップのため退職しました。 他の業界から転職してくる場合• 職務経歴概要 IT企業に、システムエンジニアとして6年間勤務。 プログラミング業務のほか、会計システムの開発などを経て、会計職に転職したいと考えるようになった。 IT分野での経験が長いため、システムに関することであれば、全般的に知識があり、小規模な会社のシステムの改修なども可能。 職務経歴の詳細 プログラミング:入社から3年間はプログラマーとして様々なソフトの部品に当たる部分を開発した。 会計システムの開発:とある会社で使用する会計システムの開発に携わった。 使いやすい会計システムを作ることを目標に、税理士の先生がたと協力してシステムを作り上げることができた。 職務内容(一般業務と特殊業務) 一般業務 日々の業務報告や、開発に関係するミーティングなど。 特殊業務 社内システムの改修、後輩の指導育成。 略歴 XXXX年XX月 〇〇大学を卒業 XXXX年XX月 株式会社〇〇〇〇〇に入社 XXXX年XX月 社内開発コンテストで優勝 XXXX年XX月 チームリーダーに昇格 XXXX年XX月 転職のため退職• 実績 社内開発コンテストで優勝• 資格や免許、スキルなど システム開発系の資格多数。 海外に駐在経験があるので、日常会話程度の英語と中国語ができる。 自己PR 細かいことでも集中してやり遂げることができます。 会計分野でも、今後ITとの融合が進んでいくと思われます。 私はもともとエンジニアとしてIT業界に長くいたので、ITに関する知識を会計分野でも生かしていきたいと思います。 特記事項(離職の理由など) 会計システムの開発にあたって、税理士という職業に触れ、お客様と会って役に立つ提案をして直接感謝してもらえる仕事に魅力を感じて転職を決意しました。 まとめ 今回は、税理士事務所に応募する際の職務経歴書について書き方をご紹介しました。 長く細かく書くよりも、 必要なことを簡潔に書いた方が採用担当者も読みやすいでしょう。 目立つ経歴がないように思えても、これまでに頑張ってきたことを書きましょう。 採用担当者は、応募者の熱意も見ています。 何を伝えたいのか、伝わるように書けているのか、よく考えて書いてください。 可能であれば、誰か他の人に一度読んでもらって、意味の通る文面になっているか確認してもらってください。 また、下記の記事では「就職・転職を避けるべき税理士事務所を見つける」という視点から税理士事務所の求人の見極め方をお伝えしています。 興味のある方は参考にしてみてください。 hiroakifuruoya• 銀座オーミオフィス 東京都中央区銀座3丁目7番3号 銀座オーミビル8階• 渋谷オフィス 東京都渋谷区渋谷1丁目15番21号 ポーラ渋谷ビル8階• 新宿オフィス 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル10階• 日本橋オフィス 東京都中央区日本橋3丁目13番5号 KDX日本橋313ビル2階• 池袋オフィス 東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル9階• 横浜スカイビルオフィス 神奈川県横浜市西区高島2丁目19番12号 スカイビル16階•

次の

マイナビ税理士|税理士の転職・求人

税理士 転職 方法

30代になり、将来を考えてこれから税理士を目指したいと考えている。 会計関連の実務は未経験でも税理士事務所に正社員で採用してもらうことは可能?• 営業マンとしての実績など、別の業界でつちかった実務経験は評価してもらえる? 30代から未経験の業界に挑戦するのは勇気がいりますよね。 「20代の人と未経験枠の採用で競争して勝つのは難しいかも…」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。 しかし、結論からいうとあまり心配はありません。 この業界で仕事をした経験がまったくなくても、30代から税理士を目指して税理士事務所で働き始める人はたくさんいます。 この記事では、 30代未経験から税理士事務所への転職を目指す方向けに、転職活動の進め方や注意点を解説します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 大学を卒業してまったく別の業界に新卒入社• 数年間働いてみたけど、企業や業界に将来性を感じないので、専門職への転職を目指し始める• 税理士を目指して勉強スタート• でも「無職で勉強専念」は選択肢として難しいので、働きながら合格を目指す• 税理士事務所に転職して税理士実務を学びつつ、科目合格を重ねていく• 5年〜10年以内に税理士試験に合格し、独立開業や転職を目指す いったん無職になって税理士試験の勉強に専念するという人もいますが、その場合は実務経験を積み始めるのがもう少し遅くなることもありますね。 一般的な転職活動では「 34歳までが限界」といわれることもありますが、 税理士業界についてはこれはまったくあてはまらないと思っておいて良いでしょう。 30代未経験の人であっても税理士事務所に正社員として採用されるケースは普通にありますよ。 ただし、ブラック事務所に間違って応募しないように要注意• 繁忙期は毎日日付が変わるまで残業。 残業代はなし。 手取り 月収 はたったの16万円。 生活費と資格スクール受講費ですべて消えていく…。 激務すぎて勉強との両立なんて不可能。 事務所内に合格者なんて1人もいない。 人格破綻のパワハラ所長に毎日責められ、うつ状態の新人が続出する職場。 先輩は「どうせ新人はすぐ辞めていくし」と仕事を教えてくれない…。 結局、うつ病になる寸前のところまでいってしまい、この事務所は辞めて別の事務所に転職しました。 2社目の税理士事務所では残業が非常に少なく、勉強との両立を応援するスタンスの所長税理士だったので、 税理士試験の合格者も毎年ちらほら出るという恵まれた環境でした。 こうした経験から私が実感したことは、 同じ税理士事務所でも、雇用環境は事務所によってまったく違うということです。 特に、 働きながら税理士試験合格を目指す方は、絶対にブラック事務所に入らないようにしてください。 ブラック事務所の激務に耐えながら税理士試験に挑戦するのはあまりにも無謀です。 ブラック事務所は少数派にはなっているが、まだ存在しているのも事実• どうせ数年後には独立するつもり。 だから、職員時代の年収なんてあんまり関係ない。 お給料をもらいながら実務を勉強させてもらえるならそれだけで十分• 自分は年齢的にも若い方ではないし、この業界は未経験…。 採用してもらえるだけでも感謝すべきかも…。 (私自身もこういう考え方で転職活動していたので、ブラック事務所にまんまと入社してしまいました) 多くの人が将来は税理士として独立することを目指していると思いますが、 独立開業するためにも資金が必要ですから、お給料は高いに越したことはありません。 また、税理士試験の勉強を同時進行で進めていくなら、 繁忙期にも残業が少ない事務所や、終業後の資格スクール通いをこころよくOKしてくれる事務所環境の方が、 早期合格につながるに決まっています。 つまり、30代未経験から税理士としてのキャリアをスタートする人であっても、務める事務所の雇用環境にはしっかりとこだわって転職活動を進めていかなくてはいけないのです。 ブラック事務所を避けるなら、転職エージェント経由で求人応募するのがおすすめ ではどうしたらいいのか?ですが、 結論から言うとのががおすすめです。 (転職エージェントにお金を払っているのは採用を行う企業側ですから、私たち求職者は 無料で使えます) エージェントが紹介してくれる求人なら、 ブラック事務所はあらかじめ排除されていますので、安心して応募することができますよ。 転職エージェントというのは転職活動の支援を専門でやっている会社です。 もし、エージェントに紹介された求人がブラック事務所だった…なんてことになると、 そのエージェント会社の信用は失墜してしまいます。 なので、エージェント会社は企業側の求人掲載にあたってはきびしい条件を設定しているのです。 (つまり、ブラック事務所は求人を掲載することすらできません).

次の