ゆうちょ 払込取扱票 時間。 ゆうちょ銀行の電信振替、電信払込、通常払込の違いと送金のやり方

払込取扱票でのお振り込み(ゆうちょATM)

ゆうちょ 払込取扱票 時間

ゆうちょPay ゆうちょペイ とは ゆうちょPay ゆうちょペイ はスマートフォンがお財布の代わりになる、スマホ決済サービスです。 これさえあれば将来的にはお札を持ち歩く必要はなくなるかもしれませんよ。 ゆうちょPayのメリット ゆうちょPayは買い物や飲食店での支払いに使用することができます。 さらに払込取扱票による公共料金等のお支払いにも対応しているとのことです。 一番のメリットはゆうちょ銀行は信頼できる会社、ということでしょうか。 他は下記の通りです。 ゆうちょ口座と直接リンクしている為、事前のチャージは一切不要です。 スマホで支払うことができるので、お財布いらず。 払込取扱票による公共料金等のお支払いにも対応しています。 ゆうちょPayのデメリット まだ始まったばかりということもあり、使えるお店が少ないことが一番大きなデメリットだと言えるでしょう。 また母体が「ゆうちょ銀行」であるため、還元率にはあまり期待できそうにありません。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の始め方 ゆうちょPayの初期設定は下記のような流れになります。 アカウント登録 メールアドレスとIDを作成• お客様情報を入力• 口座情報と暗証番号を入力 では画像付きで紹介いたします。 この画面が表示されたらメールアドレスとIDを入力して、「確認コード送信」ボタンをタップします。 お客様情報を入力 登録したメールアドレス宛に確認コードが届くので、アプリでその番号を入力します。 次にアカウント情報を入力していきます。 忘れない数字を設定しておきましょう。 口座情報と暗証番号を入力 次は「口座の設定に進む」をタップしてください。 そしてお持ちのゆうちょ口座の情報を入力します。 この後、ゆうちょ口座の番号を入力します。 最後にキャッシュカードの暗証番号を入力します。 「口座振替申込」ボタンを押したら完了です! ゆうちょPayの使い方 アプリの起動時に「取引暗証番号」の入力が求められます。 ここではキャッシュカードの暗証番号ではなく、お客様情報の登録時に入力した「取引暗証番号」を入力しましょう。 この後、ゆうちょPayで支払う方法は2つあります。 お店の人がコードを表示する• お客さん あなた がコードを表示する お店の人が指示をしてくれるので、それに従いましょう。 ではゆうちょPayで支払う方法を紹介します。 お店の人がコードを表示する お店の方がコードを表示したら、下記赤枠部分の「コード読取」をタップしてコードを読み取ってください。 すると支払い内容が表示されるので、それを承認することで支払いが完了します。 払込取扱票 請求書 の支払いも可能 コードの読み取り機能を使えば、払込取扱票の支払いも可能です。 ただし、ゆうちょPayのロゴが記載されている場合のみ支払いが可能です。 使える払込取扱票はで確認してください。 するとコードが表示されます。 お店の人にそのコードを見せましょう。 お店の人がそれを読み取って支払いは完了します。 キャッシュアウト 駅券売機でお金を引き落とす方法 ゆうちょPayを使えば駅券売機でお金を引き出すことが可能です。 2019年6月30日(日)までは手数料無料で、それ以降は1回あたり108円の手数料がかかります。 拡大予定なので、詳細はこちらでご確認ください。 サイドメニューで「キャッシュアウト」を選択します。 次は引き出したい金額を選択します。 そして「QRコード発行」をスワイプします。 するとQRコードが表示されます。 駅の券売機で「QRコードを使う」をタッチします。 そして券売機の下部にあるQR読み取り機に… 先ほど生成したQRコードをかざしてください。 するとお金を引き出すことができますよ。 ゆうちょPayが使えるお店について 現在ゆうちょPayが使えるお店は下記の通りです。 今後利用可能となるお店は下記の通りです。 使えるお店は今後拡大する予定なので、気になる方はコチラをチェックしてみてください。 もし、ファミリーマートをよく利用されるようでしたら「ファミペイ」を強くおすすめします。 アイスクリームやファミチキ、確実にお得なクーポンを毎日発行していますよ。

次の

郵便局で払込取扱票で支払った!あれっ、こんな金額だった?

ゆうちょ 払込取扱票 時間

電信振替、電信払込、通常払込の違い これらの3つの振込方法の違いは何でしょうか?その前に、まずはゆうちょ銀行の口座の種類を知る必要があります。 ゆうちょ銀行には銀行における普通の口座である「総合口座」と、お金の決済などに特化した銀行における当座預金のような「振替口座」という2種類の口座があります。 商売人等で無い場合は普通は「総合口座」という口座を作ります。 一方で会費や売上の入金などを管理したい人は「振替口座」という口座を作ることもできますが、普通の人にはあまり関係は無いでしょう。 その上で電信振替、電信払込、通常払込の3つのイメージをまとめた画像が下記になります。 電信振替とは 電信振替(でんしんふりかえ)というのは「ゆうちょ銀行の口座同士」でお金をやり取りする方法です。 ゆうちょ銀行の窓口、ゆうちょ銀行ATM、ゆうちょダイレクト(オンラインバンキング)でそれぞれ利用することができます。 決済は即時行われます。 電信振替を使った送金のやり方 やり方は簡単です。 ゆうちょ銀行のATMやオンラインバンキングだと、受取人(お金を送金したい先)の口座番号(総合口座番号・振替口座番号)の記号と番号を入力することで相手を特定でき、送金したい金額を指定して手続きをすれば完了となります。 電信振替のATM操作のやり方• 「ご送金」を選択• 「払込書での送金」「ゆうちょ口座へのご送金」「払込専用カード」「他行口座へのご送金」という選択肢がでますが、「ゆうちょ銀行口座へのご送金」を選択します。 キャッシュカード・通帳を挿入し、暗証番号を入力します。 振替先選択の画面になりますので、記号番号を入力し、送金金額を入力します。 送金内容を郵便で通知(手数料100円)がでますが、通常は「いいえ(通知しない)」を選びます。 最終確認画面が表示されるので、受取人名などを確認して「確定」ボタンを押して完了となります。 電信振替のゆうちょダイレクト操作のやり方• ゆうちょダイレクトのサイトにログインします。 振込・振替を選択• ゆうちょ銀行あて振替を選択• 記号番号や送金金額、送金日を指定 こちらで送金完了となります。 電信振替にかかる手数料 この 電信振替は窓口だと手数料がかかってしまいますが、ATMなら月1回まで無料で振込をすることができます。 また、 ゆうちょダイレクト(オンラインバンキング)の場合でも月5回まで無料となります。 窓口:144円• ATM:月1回まで無料(2回目以降は123円)• ゆうちょダイレクト:月5回まで無料(6回目以降は113円) 一番お得なのはやはりゆうちょダイレクト(オンラインバンキング)になります。 ゆうちょ銀行同士でお金を送金するならこの電信振替が最もお得です。 電信払込とは? 電信払込(でんしんはらいこみ)とは、相手のゆうちょ銀行の口座に、「現金」を使って送金するという方法になります。 相手の口座には「即時」入金がなされます。 電信払込は自分がゆうちょ銀行の口座を持っておらず、相手にすぐに送金したいときに利用する送金方法となります。 電信払込のやり方 やり方は簡単です。 ゆうちょ銀行の窓口で受取人(お金を送金したい先)の口座番号(総合口座番号・振替口座番号)の記号と番号を入力することで相手を特定でき、送金したい金額を指定して手続きをします。 手続きをすると、送金したお金は即時相手先の口座に入金されることになります 電信払込の手数料 電信払込は 手数料が高めです。 払込金額5万円未満=540円(税込)• 通常払込とは? あまり使われることはない方法だと思います。 一般人との取引というよりも商売上の取引で利用されることが多い送金方法です。 現金を使って相手に送金します。 電信払込と似ていますが、以下の点が異なります。 入金完了まで3日ほど時間がかかる• 相手が振替口座という決済専用口座を持っている必要がある• その代わり電信払込と比較して払込手数料が安い こんな感じになっています。 通常払込のやり方 窓口で行います。 払込み機能付きのゆうちょ銀行のATMであればATMからも送金できます。 送金には受取人(お金を送金したい先)の口座番号(総合口座番号・振替口座番号)の記号と番号が必要となります。 また、通販や会費の支払いなどで払込用紙が送られてきて、それをもって窓口やATMで送金することもできます。 「振込取扱票」と書かれたもので、青色と赤色の用紙です。 ちなみに、青色の振込取扱票は送金時の手数料は払込人負担で、赤色の振込取扱票の場合は手数料は受取人負担となります。 通常払込の手数料 窓口扱い ・払込金額5万円未満=130円(120円) ・払込金額5万円以上=340円(330円) ATM扱い ・払込金額5万円未満=80円(70円) ・払込金額5万円以上=290円(280円) ATMだとかなり低コストで送金ができるのでお得です。 ゆうちょ銀行に振込をするならゆうちょ銀行口座を持っておくのが一番お得 以上、3つの送金方法を紹介しましたが、一番お得なのは断トツで「電信振替」になります。 直接現金を送金すると言う場合でも、一旦自分のゆうちょ銀行の口座に入れてから、電信振替により送金すれば手数料も抑えられます。 電信振替、電信払込と名前が似ている送金方法がありますので注意してください。 手数料が全然違ってきます。 通常払込については、先方の着金確認には数日のタイムラグが発生することになるので、このずれには注意してくださいね。

次の

払込み

ゆうちょ 払込取扱票 時間

払込取扱票を用いる通常払込みは、振替口座専用の送金方法で、総合口座あての送金としては使うことが出来ません。 総合口座あての送金方法は、現金を送金するの「電信払込み」か、自分も持っているゆうちょ総合口座から送金する「電信振替」か、または自分が持っている他行口座からの「銀行振込(他行あて)」のいずれかです。 自分も総合口座を持っていて、口座間送金(電信振替)をATM扱いで行えば、来年の9月末まで手数料は無料です。 総合口座を持っていない場合は、総合口座を作れば無料ですが、作らずに現金送金する(電信払込み)のは「電信払込請求書」という伝票を用いて、窓口扱いのみの受付となります。 (ATM不可) 手数料は割高になります。 (送金額3万円未満525円、以上735円) 電信払込み・電信振替はともに電信扱いなので、送金手続きが完了次第で相手口座に着金します。 受取側がゆうちょ通帳を記帳れば、あなたの送金を確認することが出来ます。 また受取側がゆうちょのネットバンキング「ゆうちょダイレクト」の利用者なら、ネット上で直ぐに入金確認を行えます。 ちなみに、自分もゆうちょ総合口座を開設すれば、その場で直ぐにATMにて相手口座に送金が可能です。 印鑑+本人確認書類を持って窓口で開設手続きをすると、即時で通帳発行され、キャッシュカードは後日の自宅宛郵送。 その場で登録した暗証番号と通帳が有れば、ゆうちょATMにて「電信振替」の操作が可能です。 他行口座からゆうちょ総合口座に銀行振込する場合は、「記号-番号」のままでは振り込めません。 銀行振込用に変換が必要ですが、ちょっと説明が長くなったので・・・ここで割愛します。 もし1から始まっていれば、それは「ゆうちょ総合口座」で、払込取扱票を用いた通常払込みの送金手続きは出来ません。 0から始まる振替口座ならば、既にアドバイスが付いているように「3日~4日後くらい」の「入金確認」となります。 振替口座は通帳が無いです。 そのため払込取扱票のコピーが受取人宛に郵送されて、それで入金確認をするのです。 そのための郵送期間で、おそらく普通郵便でしょうから土日を含まず1週間以内で受取人側に届くはずです。 0から始まる振替口座の場合です。 もし1から始まる総合口座の場合は補足してください。 A ベストアンサー ゆうちょの「振替口座(旧・一般振替口座)」の場合は、 払込取扱票や受払明細表のコピーが受取人に郵送されますので、 それが手元に届くまでは送金受取の詳細は確認出来ません。 ゆうちょの「総合口座(旧・ぱるる口座)」の場合は、 口座間送金(電信振替)でも、現金送金(電信払込)でも、 電信扱いで相手口座に即時に着金しますが、普通に手続きを した場合は相手には通知されることは無いです。 送金の手続きを終えたことの連絡を受けたら、受取人自身で ATMに出向いて記帳するか、ゆうちょのネットバンキングである 「ゆうちょダイレクト」にてWeb明細で確認するかです。 一般的な銀行振込で「ATM振込」や「ネット振込」などは、 「平日14時半~15時頃まで」が「当日扱い」の銀行が多いです。 普通銀行は、振込入金の通知を受取人に知らせているところは ほとんど無いでしょう。 ネット銀行だと振込入金が有った場合は通知が有りますが、 有ったことを通知しているだけで、『誰から、幾らを』との 詳細は載っていません。 Web明細で確認が必要となります。 質問の趣旨が、「相手に通知されるのか」なのか、早急なので 「直ぐに相手口座に振り込まれるのか」なのか、どちらですか? 通知云々なら上記に書いたとおりです。 後者の質問趣旨なら、同じネット銀行同士などで無い限り、 この連休中は相手口座に振込入金をすることは出来ません。 ゆうちょの「振替口座(旧・一般振替口座)」の場合は、 払込取扱票や受払明細表のコピーが受取人に郵送されますので、 それが手元に届くまでは送金受取の詳細は確認出来ません。 ゆうちょの「総合口座(旧・ぱるる口座)」の場合は、 口座間送金(電信振替)でも、現金送金(電信払込)でも、 電信扱いで相手口座に即時に着金しますが、普通に手続きを した場合は相手には通知されることは無いです。 送金の手続きを終えたことの連絡を受けたら、受取人自身で ATMに出向いて記帳するか、ゆうちょのネッ... A ベストアンサー 郵便為替はお客様が振り込んでから相手が確認するのに3~4日かかります。 なぜ相手先に郵便局から振込みがありました。 という通知が郵送でしか来ないからです。 私もヤフーのオークションに出品してますのでよくわかります。 一番早い方法はジャパンネットバンクに口座を作って振り込むのが一番いいでしょう、振込み手数料が52円で一番安いですしオークションに出品している人はほとんど口座を持ってますから。 確認も一番早いです振り込んだらすぐに相手にメールでジャパンネットバンクから連絡があります。 そうすると相手からもすぐにお振込みの確認が取れましたので商品の出荷の手配をしますというメールがきます。 これがお進めです。 Q おはずかしい話ではありますが 郵便振替を一度も利用した事が無いので教えて下さい。 この度、オークションで落札した商品代の支払いに 郵便振替の指定がありました。 指定の口座に振り込む 手続きはどのような手段がありますか? 銀行の様に機械で振り込むの?それとも、手書きの 用紙にいろいろ記入するのでしょうか。 仕事の合間の30分の短い休憩時間を利用して行かな いといけないのでできるだけ手間のかからない方は どっちなのかも教えて頂けると嬉しいです 銀行での支払いは手数料が少しだけ高いので今回は 利用しない事にしています。 一般的に利用の多い取り扱いで説明いたします。 (1)送金先口座番号が「0」で始まる場合 一般振替口座あての送金になります。 「払込取扱票」という用紙が郵便局の窓口ロビーに備え付けてありますので、この用紙に「送金先口座番号、加入者名、送金する金額」を記入します。 また、通信欄もありますので、送金先へお伝えしたいことがございましたら、自由にお書き添えください。 「払い込む人の住所、氏名、電話番号」を用紙下部に記載し、郵便局の窓口へお持ちください。 この用紙が、複写式のものは「窓口専用」、2票式(ミシン目入り)のものは「窓口、ATM共用」です。 2票式の場合、ATMでも送金でき、手数料が若干安くなります。 (用紙に必要事項を記入し、送金ボタンを押して案内に従ってください) この用紙を使った場合は、銀行振込でいうところの「文書扱い」となりますので、送金を受けられる方へ入金の通知が入るのは、2~4日後となります。 電信扱いも出来ます(用紙が異なりますので、窓口へお申し出ください。 手数料は上がります)ので、必要に応じてご利用ください。 (2)送金先口座番号が「1」で始まる場合 ぱるる口座あての送金になります。 一般にATMから送金される方が多いようですが、窓口からでもご利用いただけます。 窓口の場合は、 「電信払込したい」と職員へお申し出いただければ、必要な用紙をお渡しします。 「送金先口座番号、口座名義、送金される金額」を記載してください。 「送金される方の住所、氏名、電話番号」を記入します。 必要に応じて通信文が入れられますが、有料です。 窓口へ用紙をお持ちください。 ATMからの場合は、「送金ボタン」を押し、郵便貯金キャッシュカード挿入、暗証番号入力、送金先記号(口座番号の先頭5桁)入力、確認ボタン、番号入力(口座番号の残りの部分)、確認ボタン、送金金額入力、確認ボタン、送金内容表示、確認ボタン、カード・明細受け取り、終了です。 元・郵便局員です。 一般的に利用の多い取り扱いで説明いたします。 (1)送金先口座番号が「0」で始まる場合 一般振替口座あての送金になります。 「払込取扱票」という用紙が郵便局の窓口ロビーに備え付けてありますので、この用紙に「送金先口座番号、加入者名、送金する金額」を記入します。 また、通信欄もありますので、送金先へお伝えしたいことがございましたら、自由にお書き添えください。 「払い込む人の住所、氏名、電話番号」を用紙下部に記載し、郵便局の窓口へお持ちください。 この用... A ベストアンサー ゆうちょ口座同士の送金(電信振替)は、ゆうちょシステム内で処理完結するので即時反映です。 ゆうちょと他行との相互振込の場合は、全銀システム経由で振込データをやり取りするので、この場合は即時反映とはなりません。 全銀システムへの接続時間は「平日9時前~15時まで」で、この時間帯なら「当日扱い」で処理されます。 平日時間外や土日祝は未接続なので、データは「振込予約扱い」として振込元の銀行に残ります。 翌営業日(次の平日)に再接続し、データのやり取りが再開され、そして相手口座に振り込まれます。 ネット銀行も自行口座同士なら即時反映です。 やはり、自社システム内で処理完結するからです。 (全銀システムは介さないため) ただし、ネット銀行も他行との相互振込は全銀システム経由なので、この場合は即時反映にはなりません。 A ベストアンサー 翌日ではなく、現実は翌営業日ですね。 土日祝日の銀行取り扱いはありませんので。 振込みの場合、相手先銀行の営業が開始されるまで、着金にはなりません。 処理状態によるとは思いますが、翌営業日の午前中くらいと言うことでしょう。 通常の窓口振込みで翌朝3時はまずありません。 朝3時に入金になるようなものは、予約振込みのもので、大体5営業日前位に振り込み日指定で電算登録(コンピューター登録)で登録されたものです。 ただ、この場合でも3時に入金になるというのも銀行によって変わります。 三井住友銀行だと結構早い時間に振込みになる事もありますが、銀行によっては朝8時半過ぎ、9時などに入金されたりします。 A ベストアンサー >2009年から他銀行からも振込ができるとありました。 はい、そうです。 出来るようになりました。 民営化後の1年数ヵ月後に、やっと全銀システム(他行間振込システム)に加入・接続が出来て、他行間との相互振込が出きるようになりました。 >信用金庫などのATMからでもゆうちょ銀行への振込みは可能ですか? 可能です。 前述したように、全銀システムに加入している金融機関同士の相互振込が可能です。 都市銀行・地方銀行・信用金庫・労働金庫・JAバンク・ゆうちょ銀行・ネット銀行など、振込をすることが出来る金融機関すべてが相互振込が出来ます。 >私がゆうちょ口座を持っていなくてもできますか? 前述したように、出来ます。 ただし、「ゆうちょ口座あて」の振込の場合は、注意点が一つあります。 ゆうちょ口座は「記号-番号」という独自の番号を用いています。 この「記号-番号」は、ゆうちょ内だけで通用する番号であり、前述した他行相互振込では使えません。 全銀システム用の口座情報に変換する必要があります。 jp-bank. japanpost. cgi 携帯電話の場合は、ゆうちょ銀行モバイルサイト>2. 商品・サービスのご案内>8. 振込 他の金融機関口座への送金 >1. 振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内>で変換します。 信用金庫の口座をお持ちなら、その口座から相手のゆうちょ口座あてに、前述した手順で振り込めます。 信用金庫の口座を持っていなくても、利用するATMが現金振込に対応していれば振り込めます。 >2009年から他銀行からも振込ができるとありました。 はい、そうです。 出来るようになりました。 民営化後の1年数ヵ月後に、やっと全銀システム(他行間振込システム)に加入・接続が出来て、他行間との相互振込が出きるようになりました。 >信用金庫などのATMからでもゆうちょ銀行への振込みは可能ですか? 可能です。 前述したように、全銀システムに加入している金融機関同士の相互振込が可能です。 都市銀行・地方銀行・信用金庫・労働金庫・JAバンク・ゆうちょ銀行・ネット銀行など、振込をするこ... Q yahooオークションで出品をしています。 この度商品を落札され、ゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらうことになりました。 本日の16時頃、落札者様から振込みをしたという連絡があったのでゆうちょダイレクトを利用して振込みの確認をしてみたのですが、確認がとれませんでした。 ゆうちょ銀行では振込みを行ったら即座に反映されると聞いたのですが、実際に遅れが発生することはあるのでしょうか? また落札者様が初心者のようなので、振込みをしたつもりで実際はできていなかったということも十分考えられる状況です。 もし相手が振り込みをしたつもりで実際になされていなかった場合、どのように催促をすれば相手にうまく伝わるでしょうか? A ベストアンサー ゆうちょ口座あての送金は下記の方法が有ります。 japannetbank. html 相手が嘘をついていなければ、2番か3番のいずれかでないでしょうか。 「伝えたのは記号-番号だけ」でも、ゆうちょのサイトで銀行振込用に 変換が可能。 相手がゆうちょ口座を持っていないとか、振込無料回数 を持っているとかの事情で、銀行振込にした可能性も有り得ます。 jp-bank. japanpost. cgi 1番ならば、明日の午前中までには質問者さんの口座に着金するはず。 3番ならば、明後日の午前中までには口座に着金するはずです。 明日、着金が無かったら、落札者に確認した方が良いでしょう。 ゆうちょ口座あての送金は下記の方法が有ります。

次の