神戸 山口組 京都。 【防犯カメラ映像あり】小銃所持の容疑者「京都の別の組も狙っていた」 神戸山口組幹部射殺事件

神戸山口組傘下の誠会、太田興業(太田会)、雄成会が解散。

神戸 山口組 京都

来歴 [ ] によると、2015年8月にのの直系組長13名が六代目山口組を離脱し、組長・を組長として結成された。 分裂の背景には、六代目山口組が(司忍)以下の出身者を中心としていることに対して、以前の主流派であった他の関西系組織の不満があったものとされている。 六代目側で毎月65万円とされる上納金が神戸側では10万円まで減額されていると言われ、一部の幹部に対しては1,000万円単位の支度金まで用意されるケースもあるとされる。 結成以後、六代目山口組との抗争状態が続き、発砲や車両突入などの関係が2016年まで20都道府県で49件発生した。 その後、同年に警察がと認定してから2019年末までに72件発生している。 、によりに指定された(指定番号6316-1)。 また、読売新聞は警察当局が六代目山口組と共にへの指定を検討していると報じられた。 、傘下の一部団体が組の運営方針に異議を唱え神戸山口組を離脱。 反旗を翻す形で新組織「任侠団体山口組」(現・)を結成した。 、が本部事務所の使用差し止めを求めるをに申し立てた。 これを受け、神戸山口組側は地裁が判断する前の同月25日、淡路市内にあった本部事務所を閉鎖した。 2019年12月に兵庫県公安委員会など6府県のにより、六代目山口組と共に特定抗争暴力団に指定され、の官報告示をもって発効した。 綱領 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年1月)• 内を固むるに和親合一を最も尊ぶ• 外に接するに愛念を持し信義を重んず• 長幼の序を弁え礼に依って終始す• 世に処するに己の節を守り譏を招かず• 先人の経験を聞き人格の向上を図る 指針 [ ]• 平成28年度 - 継往開来(先人の事業を受け継ぎ発展させながら未来を切り開くこと)• 平成29年度 - 風霜尽瘁(きびしくはげしい苦難の中でも一所懸命に力を尽くして労苦すること)• 平成30年度 - 一燈照隅(一人ひとりが一隅を照らすことになれば、人の和が成り立つこと) 構成 [ ] 役職 氏名 二次団体 本部 組長 兵庫県神戸市 副組長 二代目 大阪府大阪市 若頭 寺岡修 兵庫県淡路市 最高顧問 池田孝志(金孝志) 岡山県岡山市 総本部長 正木年男(朴年男) 福井県敦賀市 本部長 毛利善長 大阪府吹田市 舎弟頭補佐 藤原健治 三代目 岡山県玉野市 舎弟頭補佐 太田守正 大阪府大阪市 若頭補佐 剣 政和(笹 昭) 二代目 大阪府大阪市 若頭補佐 山本彰彦 二代目 愛媛県松山市 若頭補佐 中田広志 五代目 兵庫県神戸市 顧問 奥浦清司(金哲清) 大阪府東大阪市 舎弟 岡本久男 二代目 兵庫県神戸市 舎弟 宮下和美 二代目 兵庫県神戸市 舎弟 須ノ内祥吾 二代目 大阪府大阪市 舎弟 安岡俊蔵 大阪府大阪市 舎弟 竹森竜治 四代目 大阪府大阪市 舎弟 大澤忠興 三代目 茨城県石岡市 幹部 高橋久雄 京都府京都市 幹部 清崎達也 四代目 熊本県熊本市 幹部 古川恵一 三代目総裁 兵庫県尼崎市 若中 藤田恭道(藤田恭右) 二代目 大阪府大阪市 若中 小嶋恵介 二代目 大阪府堺市 若中 青木和重 北海道札幌市 若中 仲村石松 三代目古川組 兵庫県尼崎市 出典 [ ] []• Report. 1-40. 2020年4月4日閲覧。. 官報 平成30年12月7日 本紙 第7405号• 2015年8月27日• NHK. 2016年4月7日. の2020年4月30日時点におけるアーカイブ。 2016年4月11日閲覧。 本紙 p. 8)2016年4月15日、2016年4月16日閲覧• 読売新聞 2016年4月15日. 2016年4月16日閲覧。 - 、2017年5月1日配信・閲覧• 朝日新聞 2017年10月2日. 2018年3月31日閲覧。 産経新聞 2018年10月30日. 2018年3月31日閲覧。 2015年12月15日. 2016年4月3日閲覧。 2016年12月13日. 2018年1月10日閲覧。 2017年12月14日. 2018年1月10日閲覧。 2017年12月18日. 2018年1月10日閲覧。

次の

京都 : 神戸山口組を研究する会

神戸 山口組 京都

出回った神戸山口組による破門状だが、偽造との見方が強い。 今年1月に特定抗争指定暴力団に指定されてから、 六代目山口組と 神戸山口組の対立は膠着状態に入ったかのように、両組織による派手な衝突は起きていない。 それに加えてのコロナ禍で、長期化するかと思われていた山口組分裂問題だが、ここに来て少しずつだが、異変とおぼしき動きが出てきている。 先日、当サイトでも書いたが、ゴールデンウィークが明けると、京都に本拠地を置いていた神戸山口組の幹部だった雄成会の高橋久雄会長(当時)が突如、京都府警を訪れて、自身の引退と雄成会の解散を届け出たのである【参考】。 それを受けて、六代目山口組サイドからは、雄成会や高橋元会長に今後手出しはしないようにとの通達が各傘下組織に回されたといわれている。 つまりそれは、高橋元会長たちはカタギになったので、もう六代目山口組の敵ではないということを宣言したようなものである。 ただ、そうした選択をした高橋元会長に、神戸山口組サイドが下した処分は「破門」であった。 「高橋元会長自身の引退や率いた組織の解散は、独断で突然行ったものではなく、京都府警に出向く前には、神戸山口組の上層部にその意向を伝えにいったといわれている。 ただ、のちの高橋元会長に対する破門処分を考えると、上層部とは、話し合いが円満に進んだわけではなかったのかもしれない」(捜査関係者) ちなみに、高橋元会長の破門情報が流れたのち、そのことを記した神戸山口組本部名義の破門状が出回ったのだが、これは偽造ではないかと業界関係者の間では話題となった。 これまで神戸山口組から発行された回状とは、字体などにやや異なる点があったからだ。 「今回の破門状は偽物という話だが、高橋元会長の破門自体は間違いないようだ。 しかし、神戸サイドで起きた、幹部の動きはこれだけではない。 高橋元会長の破門後まもなく、神戸山口組で舎弟を務めていた徳誠会・大澤忠興総裁も引退を表明したのだ」(地元関係者) つまり、神戸山口組の執行部に名を連ねる幹部が立て続けに同組織を去ったのである。 普通に考えるとこれはただごとではないが、ヤクザ事情に詳しい専門家はこう指摘する。 「神戸山口組の直参2人がほぼ同時期に破門と引退ですから、インパクトがあります。 ただ大澤総裁が率いていた徳誠会は、ナンバー2である会長も神戸山口組の直参を務めており、組織もそのまま継続されている。 ですから、大澤総裁の引退は、後進に道を譲るための既定路線だった可能性もあります。 それでも、高橋元会長の引退、雄成会の解散というタイミングと重なったことで、神戸山口組内部で何かが起きているという印象を与えたでしょう。 実際、ことの真相はわかりませんが、最近は六代目山口組サイドに、某独立組織の上層部がたびたび訪れているという噂もあります。 その独立組織は、神戸山口組との関係が深いと見られていましたから、水面下ではやはり何かが起こっているのではないでしょうか」 山口組分裂問題は、新たな局面を迎えつつあるのかもしれない。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中。

次の

神戸山口組

神戸 山口組 京都

人物 [ ] 1978年、で懲役17年の実刑判決を受ける。 2003年、三代目組長桑田兼吉の養子になる。 略歴 [ ]• 1975年、系理事長補佐に就任し、服役中にの若頭補佐に就任。 1999年、四代目健竜会会長を襲名。 2003年5月、三代目山健組若頭に就任した。 2005年8月、四代目山健組組長を襲名して、六代目幹部に就任した。 2005年12月4日、六代目山口組若頭補佐に就任した。 2015年8月、六代目山口組より離脱 のちに絶縁処分。 それに伴い二代目入江組長らと共に神戸山口組を結成。 現職 [ ]• 2015年9月5日、組長に就任した。 逮捕 [ ] 2017年6月6日、2013年11月に知人女性と共謀し、井上に譲渡する目的を隠して知人女性の名義で携帯電話の機種変更契約を申し込み、携帯電話1台を詐取したとして、容疑でに逮捕された。 兵庫県警は7日、井上をに送検した。 また、神戸山口組の本部などを詐欺容疑で家宅捜索した。 さらに、同年6月16日、組員に集団暴行をして軽傷を負わせたとして、他のヤクザ5人とともに傷害容疑でに逮捕された。 同年7月7日、傷害事件について井上は処分保留により釈放となった。 出典 [ ] [].

次の