カビキラー アルコール。 カビキラーアルコール除菌の濃度は安全?不安や疑問を解消します!

カビキラーアルコール除菌の濃度は安全?不安や疑問を解消します!

カビキラー アルコール

掃除のときに使う、 カビキラーやキッチンハイター。 カビを落としたいときに有効ですが 違いはなんでしょうか。 成分はほとんど同じで、次亜塩素酸ナトリウム 水酸化ナトリウム、界面活性剤が使われています。 違いは、カビキラーには掃除の後に塩素臭が 残らないように、香料が入っています。 一方、キッチンハイターは食器などに使ったときに 余計な香りが残らないように、香料を使って いないものが多いです。 そして、濃度の違いがあります。 スプレータイプは薬剤が飛び散って、人が 吸い込んでも害が少ないように濃度が薄いです。 強さで言うと、強い順に、液体タイプの キッチンハイター、キッチン泡ハイター カビキラーの順番になります。 用途に合わせて使い分けましょう。 では、頑固なパッキンのカビにカビキラーを 使うのは大丈夫なのか、ゴムパッキン用カビキラーを 窓に使うのは大丈夫なのか、 まとめて みましたのでご参考にしてみてください。 実際はどうなの!?カビキラーでパッキンは溶けるのか!? パッキンのカビは奥まで入り込んで頑固なので ちょっと掃除したぐらいではなかなか取れません。 なんであんなに頑固なんでしょうかね… カビにはカビキラーと思って、ゴムパッキンに カビキラーを使おうとするのはちょっと待ってください! 実は、パッキンにカビキラーを使って カビを取ろうとすると、 パッキンが劣化して しまう場合があるので注意が必要なんです。 これは、カビキラーに含まれている 次亜塩素酸ナトリウムが強い酸化剤で ゴムを劣化させてしまうからです。 1回使ったぐらいでは大丈夫かもしれないですが 何度も使用したり、長時間置いておくとゴムが 駄目になってしまうことがあります。 ゴムパッキン用のカビキラーがありますので こちらを使うことを おすすめします。 スポンサードリンク そういえば…ゴムパッキン用カビキラーは窓に使っても大丈夫!? 梅雨の時期や冬場に窓の結露によって発生するカビ。 カビを見つけたら、浴室に使うスプレーの カビキラーを使うことを思いつく方もいると 思いますが、おすすめはゴムパッキン用のカビキラーです。 スプレータイプはどうしても周りに 飛び散ってしまいます。 一方、ゴムパッキン用カビキラーは ジェルタイプなので飛び散る心配がなく カビが発生しているところにダイレクトに届くのです。 使い方は簡単です。 カビが発生している部分にゴムパッキン用 カビキラーをなぞるように塗ります。 あとは 15~30分程度放置し、しっかりと水拭きしてください。 使うときは換気を十分にしながら使ってくださいね。 ジェルタイプといっても絶対飛び散らないとは 限らないので、窓の周りなどカビキラーが飛んだら 困る場所は、 養生テープやマスキングテープを 貼ってから使うといいですよ。 また、カビキラーは塩素系の洗剤なので木枠の 窓には使えないので注意が必要です。 木枠の窓には酸素系の洗剤を使用します。 木枠の窓専用のカビ取り剤がありますので そちらを使用するようにしてください。 窓は結露したらなるべく拭いてあげることで カビを発生しにくくさせます。 できればこまめに拭くようにしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 カビは本当に頑固で厄介ですよね。 放置すればするほどカビを落とすことは 難しくなりますので、見つけたらすぐに 掃除することを おすすめします。 液体タイプのハイターがいちばん漂白効果が ありますが、液体なので使いにくい場合があります。 壁などに液体タイプのハイターを使いたい場合は キッチンペーパーなどに含ませて貼り付け その上からラップをするといいですよ。 塩素系の洗剤は使えない場所などもありますので よく調べてから使うようにしてください。 カビキラーやキッチンハイターなどの漂白剤を 使うときは、換気をすること、ゴム手袋をすること ほかのものを混ぜないことを注意して使ってくださいね。

次の

アルコール除菌 【通販モノタロウ】

カビキラー アルコール

「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度は? 「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度を尋ねると、すぐに 「およそ45%です」と回答がありました。 こちらは ネットの情報でも45%であるとのことだったので、聞かれたら答えるスタイルなんですね。 ついでに「今流行のコロナウイルスにはさすがに効果ないですよね?」と聞いてみたところ、「試験できていないためはっきりとは言えないが、インフルエンザウイルスのようなアルコールに弱いものには効果があるため、ドアノブ等の手が触れる場所の除菌には効果があるものと考えられます。 手指の消毒には使用できませんが…」と教えてくださいました。 そこでは 「エタノール濃度49%」と表記されているので、45%程度と答えていても実際は少し多めに入っているのかもしれません。 以下、個人的感想 45%だとそんなに高い濃度というわけではないですが、きちんと開示してくれるんですね。 「ジャム瓶等に使う予定なら、熱湯消毒の方が殺菌できていいですよ」というアドバイスもくれて、正直だなという印象です。 こちらはネットで調べても濃度がわからなかったので、アバウトでも答えが聞けて良かったです。 以下、個人的感想 「高濃度アルコール(業務用製品等を除く)」とパッケージに書いてあるので、もっとビシッと濃度を答えてほしかったですが、やはり正確な濃度は答えてくれないものなんですね。 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度は? 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度を尋ねたのですが、「確認しますのでしばらくお待ちください」と言われ、少し待つことに。 その後すぐに「24%以上です、ということだけお答えできます」と回答がありました。 ついでに手指の除菌についても聞いてみましたが、「使用できなくはないが、肌保護成分が入っていないためオススメできない」と教えてくださいました。 以下、個人的感想 質問ごとに待ち時間が発生したうえ、返ってきた返事が慎重な感じだったので、どこか関連部署等に確認していたのかな?と感じました。 少し時間はかかるものの、確認体制がしっかりしていて安心感がありますね。 すばやく安全に除菌したい場合は、「ドーバー パストリーゼ77」のような エタノール濃度70~80%の除菌スプレーを用いる方が効果的ですが、食卓やキッチンの台をふいたりするのに使うには値段が高すぎますよね。 フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーについて、手の除菌にしても問題ないかを「フマキラー(株)お客様相談室」に問合わせたところ、「当該製品は法的に医薬品としての認可を受けておらずまた、手に使用した場合の効果等を確かめてはおりませんので、メーカーとしては確証をもって大丈夫だとは言いきれません。 」との返答でした。 主旨はわかりますが、客対応なのだからもう少し言い方があるのでは?と感じました。 これとは対照的だったのがアルタン(株)です。 同様の内容で問合わせたところ、「アルタン78-Rは手指の除菌目的でご使用頂いても成分上、安全性や効果に問題はございません。 汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します。 しかし、本品は製品分類を「食品添加物」として販売しておりますので、基本的には食品を扱う現場で、調理器具や物品にお使い頂く商品となっております。 食品工場・飲食店様などでは、食品に触れるという点を考慮し手指にも食品添加物である本品をご利用頂いている事例は多数ございます。 また、消毒用アルコールでも同様のことですが、使用頻度によっては皮脂がアルコールに溶けて脱落するのを繰り返すことによって手荒れを起こすことがあります。 異常が発生した場合にはすぐに使用を中止してください。 以上の点をご了承頂き、ご使用下さいます様お願い致します。 」と、ひじょぉ~・・・・・~に懇切丁寧な誠意ある回答を得られました。 「汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します」というのは、私がこのアルタン78-Rをティッシュに噴霧して机などを拭くと、何回拭いても黒くなって汚れが落ちていることが目に見えて明らかなので、この点にもふれたことによります。 アルタン78-Rのアルコール度数は78度とのことで、フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーは約45%ということなので、アルコール度数は45度でいいですね?こちらを同じようにティッシュに噴霧して机などを拭いても黒くはなりませんでした。 汚れの落ちはアルタン78-Rに比べたらアルコール度数で33度も少ない分、効果は低いようです。 問題は手の除菌効果で、こちらも低いようでは困ります。 この点はどの程度か素人にはよくわかりませんが……。 ま、きちんとした対応をしてくれた会社の製品の方が、品質も良く感じられるのは人情ってもんでしょう。 企業イメージの観点からも、「お客様相談室」との看板を掲げているならなおさら、回答の言い方にはもっと気をつかってほしいと思いました。 ところで、手の除菌用で使うアルコールスプレーですが、このサイトで扱われているフマキラー、カビキラー、イオントップバリューの3社以外でもいろいろあると思います。 もっとなんか手ごろで効果がそこそこある製品はありませんか?ご案内願います。 返答が遅くなってしまい大変申し訳ありません。 手の除菌には(気休め程度に)100円ショップの除菌ウエットティッシュしか使っていなかったため、少し調べてみました。 サクラ様が現在使用している「アルタン78-R」と同じくらいアルコール(エタノール)が入っている製品は、スプレータイプだとサラヤの「手指消毒 アルコールスプレー VH(76. 9~81. 4%)」、ジェルタイプだと健栄製薬の「手ピカジェル(76. 9~81. 4%)」などがあるようです。 私も素人なので確実に大丈夫とは言えないのですが、除菌効果はエタノール濃度70~80%程度が最も高いようなので、そのくらいの量が入っているものの方が今の時期はやはり安心感がありますよね。 手指用の消毒用アルコールは、エタノールだけでなく保湿剤が入っているため、キッチン用除菌アルコールよりかは手にやさしいものが多い印象です。 ちなみにサイトで紹介している3社ですが、我が家ではアルコール濃度が高すぎると机などのニスが溶けてしまうため、普段使いにはアルコール濃度が少し低いものを使用しているという事情があります。 しかし、食中毒が気になる時期はキッチンのみ「ドーバー パストリーゼ77(エタノール濃度77%)」を使用することもあります。 HPによると手指に使用しても問題ないと書かれていますし、専用の携帯用スプレー容器も売られているため、こちらを使用してみるのもよいかもしれません(手荒れ防止にハンドクリームは必要そうですが)。 あまり参考にならず申し訳ありません。 今後、ドラッグストアなどで入手しやすいものを使用してみたいと思います。

次の

カビをアルコール退治|消毒用エタノールで除菌する方法は?

カビキラー アルコール

特定の病原菌について効能・効果を謳うためには、薬機法上の承認が必要ですが、これらの製品は承認を受けた製品ではありません。 一般的な情報としてアルコールはウイルスに効果があると言われていますので、人が触る物や場所をアルコールで除菌することは、感染を予防する一つの手段として有効と思われます。 なお、新型コロナウイルスは新たに出現したウイルスのため、それに対する除菌効果は確認されておりません。 新型コロナウイルスに関する情報が刻一刻更新され、ご心配のことと思われます。 厚生労働省のホームページでも、感染を予防するために注意すべきこと、心配な場合の対応方法が紹介されていますので、ご参照ください。 カビキラー アルコール除菌 キッチン用/食卓用、スクラビングバブル アルコール除菌 あちこち用/トイレ用は、手にも使えるのでしょうか? 手肌に使用する製品は、薬機法上の承認・届け出等が必要ですが、これらの製品は、人が触る物や場所のお手入れ用として作られたものですので、手肌への使用を認可された製品ではありません。 また、直接肌に使うことを念頭に開発されておりませんので、保湿剤等の成分は含まれておりません。 新型コロナウイルスの予防対策として需要が増加し、手指消毒用アルコール製品の品薄状態が続いており、ご心配のことと思われますが、弊社からご使用をお勧めすることができません。 大変申し訳ございません。 カビキラー アルコール除菌 キッチン用/食卓用、スクラビングバブル アルコール除菌 あちこち用/トイレ用は、 アルコール濃度を教えてください。

次の