ひぐらしのなく頃に ネタバレ。 ひぐらしのなく頃に 「目明し編」あらすじ【※ネタバレあり】その1

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 其の弐「隠しごと」あらすじ②【※ネタバレ注意】

ひぐらしのなく頃に ネタバレ

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 其の弐「隠しごと」Bパート 「綿流しの日に殺された、、、前原さんにはどういう意味があるのか、 分かりますよね?」 「意味って、、、『 オヤシロ様の祟り』?」 大石刑事の話によると、富竹さんの死亡状況はこんな感じです。 富竹さんは、雛見沢村から街へ出る道路の路肩に倒れていた• 自分の爪で喉を掻き毟った後、動脈を損傷し、出血多量により、死亡• 薬物を疑い検査するも、 検出されず• 身体にいくつもの外傷が発見され、 何者かに暴行を受けた可能性がある• 暴行は 複数犯の可能性がある• 死亡推定時刻は21時~23時頃(圭一君と別れてすぐ)• 一緒にいた女性は行方不明 このままだと、富竹さんは「オヤシロ様の祟り」による死亡、 神聖な綿流しのお祭りで、無神経にバシャバシャと写真を撮って、 オヤシロ様のお怒りに触れた、ってことになってしまうらしいです。 もちろん警察はそれで終わらせるつもりはありません。 要は、 「オヤシロ様の祟りを信じない余所者」の協力が必要ということで、圭一君に接触してきたのです。 雛見沢にいながら、情報収集ができる者の協力が必要、ってことなんでしょう。 確かに田舎って、閉鎖的なところがありますからね。 ただし、この話は「 園崎さんたちには内緒」と釘を刺されます。 誰がどれだけこの事件に関わっているか分からないから、 祟りを信じる者に警察が嗅ぎまわっていることを知られたくない、とのこと。 さすがに大事な友達に内緒で、と言われると抵抗ある圭一君でしたが、 祟りを信じる村人を心配させたくないから内緒、という言い換えで、渋々納得する圭一君。 その日、大石刑事の話のせいで寝られなかった圭一君、翌日のお昼休みに机に突っ伏し、寝ようとしていると、傍からレナちゃんと魅音ちゃんの話声が聞こえてきます。 いつもの元気な感じでなく、ヒソヒソと話す感じで。 「綿流しの晩に、失踪したらしいよ」 「えっ。。。 他にもいるんでしょ」 「彼女が祟りに遭ったのか、鬼隠しに遭ったのかは、分からないけどね。 」 「もう一人いるんだよね。。。 」 「『オヤシロ様』なら。。。 ね」 「次は。。。 レナ、かな。。。 」 「レナはちゃんと帰ってきたよ。 」 「でも、悟史君は駄目だったんでしょ」 「昔の話だよ、もうやめよ、この話」 放課後、何事もなかったように部活に勤しんでいたメンバーですが、魅音ちゃんが用事を思い出し、お開きに。 沙都子ちゃん、梨花ちゃんも帰って、圭一君はレナちゃんと部活の後片付けをします。 そんな時、「悟史」と書かれたカードを目にする圭一君。 「やっぱりこのクラスからも、転校しちゃった生徒っているのか」 「うん、時々いるよ」 「『 悟史』ってやつも転校してったのか?」 レナちゃんの様子が変わります。 「ゴメン。。。 よく知らないの。 レナの転校と入れ替わりだったみたいで、、、 だからあんまりお話したことないの。 」 笑いながら答えるレナちゃんですが、やはり「 拒絶」を感じます。 帰り道、圭一君はレナちゃんを問い詰めます。 「みんなは俺に嘘や隠しごとなんかしてないよな?」 「してないよ~、ぜんぜん」 「嘘だろ」 「どういう意味だろ、、、圭一君、、、」 「してるよな、、、隠しごと」 レナちゃんの目が、爬虫類のように冷徹な目に変わります。 「圭一君こそ、レナ達に嘘や隠しごとをしてないかな。。。 かな」 どうやら、大石刑事と話しているところを誰かに見られていたようです。 「なんの話をしてたのかな。。。 」 明らかに、いつものレナちゃんとは様子が違います。 完全にその雰囲気に飲み込まれる圭一君。 レナちゃんはフッと表情を和らげ、 「行こう。 圭一君の心は、いつもの調子には戻りません。。。 夜、自室にいると 大石刑事から電話が来ます。 昭和58年なので、もちろん携帯ではなく、家電(固定電話)です。 相手の大石さんは、雀荘の公衆電話(所謂ピンク電話)からかけてきます。 圭一君は、昼間レナちゃんと魅音ちゃんが話していたことを伝えます。 「 鬼隠し」とか「 オヤシロ様ならもう一人」とか話していたと。 大石刑事から聞いたのは、• 鬼隠しが雛見沢独特の言い回しで、一般的な「 神隠し」であること• 雛見沢はその昔、「鬼の棲む里」と言われ、恐れられていたこと• 雛見沢に棲んでいた鬼は、人喰い鬼であったこと• オヤシロ様の祟りは毎年、 「祟り」によって一人が死に、一人が「鬼隠し」によって行方不明になっている• 昨年近所の主婦が撲殺された際は、「鬼隠し」によって「北条悟史」が行方不明になっていること 昼間、レナがよく知らないと答えた 「 悟史」は、昨年「鬼隠し」によって行方不明になっていたのでした。。。 電話中、圭一君の父親が部屋をノックします。 電話を切った圭一君がドア(正確には襖(ふすま)でした)を開けると、 紅茶を持った父親がいました。 「さっき レナちゃんが来てたじゃないか、せっかくだからお茶でもって思ったんだが。。。 入れ違いだったか?」 聞けば、圭一君の部屋は階段を上がってすぐだよ、と伝えた父親は、2階に上がるレナちゃんを見たそうです。 ただ、圭一君はずっと大石刑事と電話していました。 レナちゃんと魅音ちゃんが昼間こんな話をしていた、、、どういうことなのか。 過去のオヤシロ様の祟りがどういった内容なのか。 悟史は鬼隠しに遭っていた、とか。 おそらく、襖一枚隔てた廊下で、圭一君と大石刑事の話を聞いていたのでしょう。

次の

「ひぐらしのなく頃に」あらすじ・ネタバレ・名言まとめ

ひぐらしのなく頃に ネタバレ

アニメや漫画で有名となった本作品ですが、原作は同人サークル『07th Expansion』によるコンピューターゲーム。 ジャンルはサウンドノベルで、監督・脚本は竜騎士07となっています。 ゲーム、漫画、アニメはすべて出題編と解答編に分けられており、両方をプレイ・読破しないと作品の全容が掴めないように構成されています。 正式タイトルは『ひぐらしのなく頃に』の「な」の文字が赤文字となっており、英語表記でも『When They Cry』の「C」は赤文字となっています。 可愛らしいキャラからは想像も出来ない、残酷でスリリングな内容で、ホラー作品としても秀逸な作品となっています。 今回は、物語の始まりでもある『鬼隠し編』について考察していきたいと思います。 ネタバレも含みますので、これから見ようと思っている方は、気を付けてくださいね。 第一期:『ひぐらしのなく頃に』2006年4月~9月まで、第二期:『ひぐらしのなく頃に解』2007年7月~12月まで 基本的な構成は一期が出題編、二期が解答編という感じになっています。 本当におかしくなったのは? 謎の男たちに襲われた圭一は、自宅で目を覚まします。 レナが横にいてお医者さんを呼んでくれていました。 その後、魅音が部屋に到着。 二人を疑っている圭一からしたら、その二人に拘束されている状況なので恐怖でしかありません。 レナは「監督」という謎の人物に連絡し、魅音はおはぎの中身を当てれなかった罰ゲームを済ませようとします。 レナは後ろから圭一を羽交い絞めにし、魅音は注射器を圭一に刺そうとします。 魅音はこの際に「富竹さんと同じ目にあってもらう」と言っています。 「薬物のようなものを疑いましたが、そういった類のものは検出されませんでした」という大石さんの言葉が脳裏を過りますね。 死を直感した圭一は、金属バットで二人を撲殺してしまいます。 圭一を心配していたレナと魅音 レナが「監督」と呼んでいた人物は入江先生=お医者さんのことでした。 入江先生は雛見沢ファイターズという野球チームの監督をやっていますが、『鬼隠し編』ではまだ明らかになっていません。 圭一は突然出てきた「監督」というワードに戸惑い、ダムの現場「監督」を連想してしまいます。 アニメではカットされていましたが、綿流しの夜、射的ゲームの罰ゲームで富竹さんのシャツに落書きをしています。 魅音の「富竹さんと同じ目にあってもらう」という言葉はここに掛かっているのです。 真相が分かると、圭一を心配している健気な二人を、疑心暗鬼に駆られた圭一が撲殺しているという恐ろしい事実が見えてきます。 ずっと付いてくるオヤシロさま 家から逃げ出した圭一は公衆電話から警察に電話をします。 雛見沢症候群を発症していた圭一は疑心暗鬼と、二人を殺してしまったパニックからL5まで発症までに至ります。 喉とかゆみに耐えれず、喉を引っ掻きまわした圭一はまともに喋ることすら出来ない状態になってしまいます。 大石刑事との電話もろくに出来ない中、「オヤシロさまがずっとくっついてくる。 やはりオヤシロさまはいる」と言い残し息絶えます。 オヤシロさま=羽入であり、通常は古手梨花にしか存在が感知できませんが、L5まで発症した人間は何かしら羽入を感じることができるそうです。 ぴったりとくっついてくる存在は、何も助けてやれなくて「ごめんなさい」と言う羽入なのでした。 アニメ版『鬼隠し編』をネタバレ解説!!まとめ 『鬼隠し編』は出題編の最初のパートとなっており、これを見ただけで内容を理解するのは不可能になっています。 この時点では完全にホラー作品であり、謎ばかりが残っていますね。 この記事内ではかなりネタバレ要素を含んだ解説をしていますが、ちゃんとした解答は『罪滅し編』を見ることで明らかになると思います。 また、ひぐらしは全部の作品を読むことで全てが明らかになる大作となっている為、全編見ることをお勧めします。

次の

ひぐらしのなく頃に鬼隠し編の解説(考察)とネタバレ!凶変は何故?

ひぐらしのなく頃に ネタバレ

Contents• 今回、取り上げたのは 月刊少年ガンガンなどで連載されていた 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」 です。 この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて ネタバレありで話しています。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 それでは「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」の最終回(ネタバレ)について話していきます。 ひぐらしのなく頃にを無料で読むには? 「ひぐらしのなく頃に」は 無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガUP!は毎日10作品以上をアップ! 常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです! もちろん「ひぐらしのなく頃に」も無料で見られますよ。 1.最終回までの流れ 場面は古手梨花が何者かに殺されているところを 俯瞰で眺めるところから始まります。 梨花は死んだ後、姿形がほぼ一緒である フレデリカ ベルンカルテル という人物が現れます。 フレデリカは梨花に、この世を外側から眺める能力がある事を伝えます。 そして、様々なストーリーの中を生きている事を知り、 どのストーリーでも58年6月で殺されている事を知ります。 この繰り返しとも言えるストーリーには3つのルールがあります。 ルールX 誰が必ず惨劇に巻き込まれる ルールY 富竹ジロウと鷹野三四は必ず同じ死に方で死ぬ ルールZ 園崎家に疑いがかかるようになる。 梨花は時間を巻き戻す能力が弱まっている事を感じとり、 今回の世界では生き延びる事を誓います。 梨花のパートナーとも言える時間を戻せる妖精羽入と共に戻った現世界 たった2週間しか巻き戻せず、そろそろ限界が近づいている事を感じていました。 梨花は罪滅し編では、別世界の記憶があった圭一に、 レナと戦った記憶を問いますが、圭一の頭には記憶がありません。 梨花は今回も自分が殺される結末になるのか… という絶望感に打ちひしがれていました。 死を待つだけの梨花でしたが、圭一の行動がいつもと少しずつ違い、 梨花の知っている現実ではなくなってきます。 詩音や魅音が狂気に駆られる動機となる ポイントをクリアしているのを見て 今回は未来を変えていこうと進んで行きます。 レナも魅音も詩音も圭一もぼんやりと過去を記憶しており、 誰もが凶行に走らず、時間が進んでいきます。 梨花は自分の未来を変えるべく 、 鷹野三四と富竹ジロウに死が待っている事を伝えます。 そんな行動をする梨花のもとに梨花が信頼していた赤坂が訪問してきた事で 梨花は運命が少しずつ変わっている事を実感します。 マンガを無料で読めるアプリをまとめました。 「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から 白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで 紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。 梨花は思う通りに進んでいく事に望みを持ちますが、 沙都子の叔父である北条鉄平が戻ってきて事態は一変します。 沙都子が虐待を受けて、梨花や圭一達は沙都子を救うため悩み出した挙句に 圭一はクラスメイト全員を引き連れて児童相談所へ何度も足を運び、解決に尽力します。 そして3日ぶりに学校に来た沙都子を相手に 圭一達は自分からも虐待を主張するように説得します。 しかし、沙都子は兄の悟史を守る為、家を出ない事を告げます。 そんな沙都子を見ても、圭一や梨花達は何度も児童相談所へ足を運び説得を続けます。 児童相談所でも結果を得られない圭一達は 圧力をかけている村の重鎮達の説得に動きます。 必死の説得で村の重鎮を説得。 また村のボスである園崎お魎も説得した圭一達は児童相談所を動かします。 そして、頑なに助けを拒否していた沙都子の心も動かしSOSを自ら出します。 その結果、北条鉄平は逮捕。 沙都子は無事に仲間の元に戻ります。 次に梨花は運命を変えるべく、鷹野三四と富竹ジロウが殺されないよう画策します。 しかし、綿祭りの日。 鷹野三四は雛見沢症候群を継続するべき使者である事が判明、 富竹ジロウを殺害してしまいます。 鷹野は自らの偽装死体も用意して、 終末作戦(雛見沢全滅作戦)に向けて動き出します。 そんな動きを見て疑心暗鬼に陥る梨花は何を信じていいのか分からなくなります。 そしてとうとう梨花が死ぬ日を迎えます。 鷹野の手下である小此木から電話が入り、 入江所長が黒幕であると伝えられます。 しかし、その言葉を素直に信じられない梨花は 大石に連絡してボディーガードをつけてもらいます。 そこに駆けつける圭一達、梨花はずっと隠していた雛見沢の過去を圭一達に話し出します。 雛見沢には雛見沢症候群という病気があり、 雛見沢を離れてしまうと精神が錯乱してしまうという症状の病気でした。 それを防ぐ為には女王感染者である梨花が村に存在しなくてはいけない。 梨花が死んだら、村人皆が発症し、錯乱し、殺し合いを始める。 という話を圭一達にしたところ、圭一達は梨花を信用します。 一方、鷹野の死亡が偽装だと言う事を突き止めた大石は 梨花にその事を伝え、梨花の元に向かおうとしますが、山狗に殺されてしまいます。 鷹野は梨花を殺して、オヤシロさまの祟りを実行させようとします。 山狗に追われて窮地に追い込まれる梨花と沙都子を圭一達が救いに来ます。 山狗達を倒した圭一達ですが、鷹野が現れ圭一を射殺します。 そして、魅音、詩音、レナ、沙都子と次々に殺され、 梨花も腹を捌かれ殺されてしまいます。 死後、その様子を天から眺める梨花。 次回は運命を変えると誓いますが、そこに圭一達の霊体も現れます。 そして羽入に対して、次の世界では良い未来を作ろうと誓い合います。 一方、総理官邸では総理大臣が梨花の死亡報告を受けた事で、 雛見沢を全滅させる許可を得たシーンが描かれます。 そして、舞台は最終回へと移ります。 アニメ「ひぐらしのなく頃に 解」を無料で見るには アニメ「ひぐらしのなく頃に 解」を無料で見たい方は FOD(フジテレビオンデマンド)というサイトで見る事が出来ます。 FODはamazonアカウントを使って登録をすると 1ヶ月間無料でアニメを見放題見る事が出来ます。 (amazonアカウント以外で申込みをすると無料期間がなくなるのでご注意下さい) 「ひぐらしのなく頃に 解」の全話以外にも 「ひぐらしのなく頃に」も配信されています。 、 これらを1ヶ月以内に見て その後、解約をしてしまえば全てのアニメを無料で見られます。 2ヶ月目からは月額888円(税別)となるので ゆっくりと見たい方はこちらを利用して下さい。 2.最終回のストーリー 6月23日深夜 村の山中から火山性ガスが流れていると 防毒マスクを被った男達が村人を避難させていました。 鷹野(入江機関)は レベル2以上の感染者を全員始末する事 機関施設の完全なる証拠隠滅 このマニュアルの隠蔽 これらをもとに村人を始末する方向で動き出していました。 村の外へ出る事を禁じ、妨害電波を出してテレビ、 電話などの通信機器を全てシャットアウトします。 ガスによる死亡不自然な点を無くす為に 通帳などの貴重品だけ持たせて、避難所へと誘導させます。 鷹野の部下が黙祷をする中で、鷹野は自分が神になったと言い放ちます。 そして、毒ガスが避難所に放たれて、村人達は次々と死んでいきます。 避難所から脱走した村人は射殺され、村人は全滅します。 鷹野はその様子を見て 「私が雛見沢村に神を降臨させたのだ」と悦に入ります。 そしてこう言い放ちます。 「我はついに神の領域に至ったのだ」 「我を崇めよ、讃えよ、そして畏れよ!!」 「我こそはオヤシロさまなり!」 ここで場面はフレデリカ ベルンカルテルの方へ移ります。 フレデリカはこれでこのカケラのお話はおしまい。 梨花の知りたい事は全て揃った事を読者に伝えます。 これまでの話で世界の構造は分かったでしょ? と問いかけ、鷹野に負けない為の次のカケラに向かう 梨花の姿を描いて物語は終了となります。 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」最終回の感想 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」のラストは 今まで起こったことのすべての謎が解けた形で終了しますが これまでの編の中でも一番のバッドエンドでしたね。 今までは圭一や魅音など、主要人物が悲しい勘違いをしてしまい 感情が暴発して、事件に発展してしまう というパターンでしたが、 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」では 雛見沢に悲劇をもたらそうとする犯人鷹野三四が 縦横無尽に悪事を働くという展開になっています。 最後はとてもスリリングでしたが、北条鉄平のくだりが ちょっと長かったところは少し中だるみした感じがありますね。 何はともあれ、最終回がどうなるんだろう?? という気になる展開で終わっているので この話を読んだのであれば、祭囃子編も読んでおきたいですね。 「ひぐらしのなく頃に」はやっぱり全部読んでこそ その素晴らしさ、価値を感じられますね。 是非、読んでほしい漫画です。

次の