キョン くま。 キョンは食用の動物なの?外来生物だけど駆除が不可能な理由は?

福本清子

キョン くま

この には、 が 全くありません。 の提供に、ご協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくはに基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2018年3月) キョン・ミリ 各種表記 : 견미리 : 甄美里 発音: キョン・ミリ : Kyeon Mi-ri キョン・ミリ( 견미리、 - )は、の。 女優デビュー。 舞踊科中退。 身長159cm、体重45kg。 血液型はA型。 好きなは(本人談)。 でブームの先陣を切って放送された『』や、で放送された『』(原題:大長今)で悪役・チェ尚宮を演じる。 『宮廷女官チャングムの誓い』においては、当初は主人公チャングムの師であり正義感に溢れた心優しい女性・ハン尚宮を演じるはずであった。 しかし、チェ尚宮役のキャスティングが難航し、急遽チェ尚宮に役替えとなった。 悪役を演じるのはこれが初めてであった。 あまりにも当たり役であったため、CM出演が激減したとのことである。 その後制作された『』では王妃でありながら王からの愛情を受けられない役柄を演じている。 既婚で娘は女優のと 、そして息子が1人いる。 両親はに在住。 内に美容室「美里」を出店している。 また、自身が出演しているドラマが日本で放送される際の日本語吹き替えは全てをが担当している。 主な出演作品 [ ] KBS [ ]• 1997年『完璧な男に出会う方法』 KBS2 (ミヒ役)• 2001年『私たちが他人でしょうか』 KBS1• 2002年『私の愛誰であろうか』『ママと私と』 KBS2• 2004年『ひめにらの家』 KBS2• 2005年『悲しみよ、さようなら』 KBS2 (ハン・ソンミ役)• 2014年『家族なのにどうして?』 MBC [ ]• 2000年『おばさん』(チェ・ユミ役)、『』(の継母の役で出演)• 2003年『』(チェ・ソングム役)• 2006年『』(元氏王妃役)• 2007年『』(役)• 2013年『』(ハマン宅〈ク・イルソの妻〉役) SBS [ ]• 1995年『張禧嬪』(役)• 2000年『愛の伝説』、『恩師の時木』• 2001年『うわさが立った女』(ハン・ヨンソン役)• 2002年『大望』(ユ夫人役)• 2005年『愛・共感』(ユン・ジスク役)• 2007年『黄金の新婦』(ヤン・オッキョン役• 2012年『』(貞敬夫人〈プヨンとファヨンの母〉役)• 2016年『野獣の美女コンシム』(〈ソク・ジュンスの母〉テヒ役) 脚注 [ ] [].

次の

きょんくま メンバーのきょん、くま、えいじ、ぷんちゃんのwiki風プロフィール!!

キョン くま

鹿のような動物ですが、成獣でも体重が10kg程度しかありません。 シカの成獣は50kg前後なので、比べるとかなり小さいです。 日本では千葉県の房総半島や伊豆大島に多く分布しています。 群れを作らず単独で行動し、森林や低木林に住みつきます。 小さい身体に似合わず食欲は旺盛で、農作物はもちろん自然下ではシカが食べない植物であっても大量に食べてしまいます。 ときに家の軒先までやってきて、植木や花壇の植物を食い荒らします。 繁殖期は特になく、年間を通じて繁殖を行います。 生後半年程度で性成熟を迎えて妊娠し、生後1年程度で初めての出産を行います。 日本には大型の肉食獣が熊くらいしかおらず、その熊も容易に得られるエサがあれば敢えてキョンを捕食しないため、個体数は増加し続けています。 寿命に関しては、房総半島で見つかったキョンの場合、高齢でも5~7歳程度だったとされています。 一説によれば、野生では10~12年、飼育下では15年ほどの寿命を持っているとも言われています。 ・千葉県の被害 まず千葉県の被害ですが、2004年度から被害が続いており、イネ・イモ・大豆・イチゴや各種の野菜類が食害の対象になっています。 農家への聞き取り調査を行ったところ、581戸中102戸の農家から生息情報を得られ、22戸の農家からは農作物への被害報告がありました。 シカによる被害との区別が難しいため、キョンの被害として報告されていないケースもあると見られており、実際の被害は報告数以上であると推測されています。 前述の通り民家に侵入して植木や花壇の花を食べるほか、芝生も食害します。 特に別荘地では管理の目が行き届かないため、気付いたときには手遅れになるような被害が発生することもあります。 ・静岡県の被害 次に伊豆大島での被害ですが2014年度に個体数を調査したところ、島民数の1. 3倍以上のキョンが生息していると推計されました。 特産品であるアシタバへの食害が最も多く、他にも苗木や園芸植物への被害が報告されており、2014年度のキョンによる農業被害額は380万円を記録しました。 千葉県においては農作物への被害に加えて、キョンに付着した山ビルが別の場所に運ばれて人の血を吸うという被害も出ています。 このためキョンの生息数が多い、いすみ市、勝浦市、鴨川市、君津市、大多喜町、鋸南町、御宿町を集中防除区域として設定し、防除に力を入れています。 集中的な罠や網等による捕獲に加え銃による捕獲も行い、捕獲した個体は埋設・焼却処分を行っています。 それ以外の地域についてもキョンの情報収集に努めており、生息が確認され次第迅速な処理を行うことになっています。 伊豆大島では、2009年度から銃器による捕獲を本格的に行っています。 罠による捕獲も行っていますが、銃器での捕獲割合が高く、捕獲数は全体で毎年700-800頭に上ります。 また、防除を強化するために「モデル実施区」を設定する取り組みも行っています。 これは、ある地域をモデル実施区域と定めて柵で囲い、数年内に柵内のキョンの根絶を目指すものです。 その後、柵の外のキョンを10年以内に根絶することを目標として活動するよう定められています。 また、人間が昔のように山に入らなくなったことで山の管理が行き届かなくなったため、外来種が入り込んでも野放しにされやすい状態であることも、問題の1つです。 ハンターの減少や高齢化といった問題もあり、増えた外来種の駆除も難しい状態が続いています。 キョンによる問題はイギリスでも深刻で、キョンの生息地域では生態系が破壊されるような被害が出ている場所もあります。 日本でも同じような事態に陥らないよう、抜本的な対策が必要とされています。 キョンの肉や皮はあまり利用されていませんが、皮は高級品とされ、脂肪の少ない肉質は中華料理の食材としても使われています。 キョンを食材や加工品として利用する動きが広まれば、個体数を減らす一助になると期待されています。 数あるカクイチの製品の中から 農家の方へオススメな製品をピックアップしました。 関連する記事• 2018. 23 農作物を荒らす野生鳥獣の被害が問題となっています。 世間ではジビエ料理などが注目され、獣害対策としての狩猟への関心も高まったように思えますが... 2017. 14 鳥類による農作物被害は「空からやって来る」点にその特異性があります。 空から飛来しては農作物を荒らし、また空に戻っていくため捕獲することも監視... 2020. 01 人里におりてきて、農作物に被害をもたらす野生鳥獣。 農林水産省がまとめた「野生鳥獣による農作物被害状況」によると、獣類による平成29年度の農作... 2020. 03 農林水産省の調べによると、平成29年度の野生鳥獣による農作物被害金額は約164億円。 2017. 26 AIを駆使したスマート農業が話題になっていますが、AI技術は農作物の栽培以外にも役立つ面があります。 今回ご紹介したいのは、農業従事者を悩ませ...

次の

外来シカ「キョン」千葉で5万頭! 元戦場ジャーナリストが有効活用へ

キョン くま

キョン(ヨツメジカ) 偶蹄目 シカ科 学 名 Muntiacus reevesi 英 名 Reeves' Muntjac 分布域 中国南東部や台湾など 生息環境 森林地帯など 体 長 70~100cm 前後 尾 長 10~15cm 程度 体 重 11~18kg 程度 キョンは中国南東部や台湾などに分布する小型ので、体高は40~50cm程度しかない。 体が小さいので、成獣でも、一見しての子どものようにも見える。 体はややずんぐりとした感じで、四肢は短い。 体色は黄褐色や赤褐色で、腹側は淡くて黄色味が強く、鼻から頭頂にかけては黒っぽい色をしている。 角は雄だけがもっているが、長さは15cm程で、枝角になっている。 眼下腺はよく発達していて、これによって目が四つに見えることから、別名をヨツメジカとも呼ばれている。 また、キョンの雄の犬歯は牙のように伸びるが、雌では小さい。 主に森林地帯や低木のある草原などに生息していて、普段は単独で生活している。 時折ペアや小さな家族群で見られるが、ニホンジカなどのように群れをつくることはない。 早朝や夕方、夜間に活動し、他のシカのように草や木の根、木の葉、果実などを主に食べるが、キョンは雑食性で、ネズミなどの小型の哺乳類や、地上に営巣する鳥類などを捕らえることも知られていて、ニホンジカなどよりも食性が広い。 詳しい行動範囲は分かっていないが、キョンはイギリスやオランダなどに導入されていて、イギリスのものは雄の行動範囲が0. 2~0. 28k㎡程度、雌のものはこれよりも狭くて、一部は他の雌と重なっていると観察されている。 また、キョンは縄張り意識が強く、眼下線からの分泌物を木の枝などにこすりつけ、においをつけて縄張りを主張する習性がある。 鳴き声はイヌに似た大きな声で、や、などの外敵に出会ったときや、驚いたりして走り出すときには、ひづめで特殊な音を立てて仲間に警告する。 動きは素早く、身軽に草原や叢林を駆けることができる。 一夫多妻で、特定の繁殖期は見られないが、4~6月にかけて多く見られ、イギリスのものは10月下旬頃から3月にかけて多く見られる。 妊娠期間は7ヵ月程で、1産1~2子、普通は1子を出産する。 生まれたばかりの子どもは体重1kg程で、2ヶ月程の授乳期間がある。 成長は早く、雌は6~7ヵ月、雄では9~12ヵ月程で成熟し、飼育下では15年以上のをもっているが、野生では10~12年程度と考えられている。 この他、キョンには中国本土に分布する Muntiacus reevesi reevesi と M. jiangkouensis のほか、台湾に分布している M. micrurus の3亜種が知られている。 台湾に分布しているキョンは生息数が減少傾向にあり特定保護動物とされているが、中国南東部などでは普通に見られ、食用などに利用されることもあるほか、加工用に毛皮なども利用されている。 また、ヨーロッパの一部にも移入されているが、フランスなどでは飼育されていたものが逃げ出して野生化していて、国内でも、千葉や伊豆大島などでは動物園などから逃げ出したキョンが野生化し定着している。 イギリスやフランスに持ち込まれたものは、現在は見られないとも言われているが、国内のものは依然として生息数が多く、環境省では生態系への影響などが懸念されることから、やなどと同様、外来生物法で特定外来生物に指定しているが、キョンによる農作物への被害も報告されている。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の