通信 技術 5 g の g と は 何 の こと。 【5Gとは?】次世代のモバイル通信・5Gをわかりやすく解説!

5Gとは? 第5世代移動通信システムで実用化でできることを簡単に解説

通信 技術 5 g の g と は 何 の こと

「 1G」:1980年~1990年代に開発されたアナログ携帯電話。 「 2G」:1990年代に開発。 無線技術のデジタル化によってデータ通信が開始。 「 3G」:世界で利用できる世界標準として開発。 データ送信の高速化。 「 4G」:スマホに対応する通信。 大容量データに対応・データ通信の高速化。 「5G」では、4Gのときの 100倍の速さでデータを送信することが可能になり、また、容量も4Gの 1000倍の送信が可能となります。 例えば、遠隔手術を行っていて通信環境の影響でタイムラグが大きいと思ったように手術を進めることができませんよね。 また、自動運転でも通信にタイムラグが発生することで思わぬ事故を引き起こす危険もあります。 このように、 低遅速が実現できれば今まで以上にできることが増えるということです! これからさらに5G向けのサービスが発表されると予想されているので、私もどんなサービスが生まれるのか注目していきたいと思います。 これによって、大規模なスポーツイベント(オリンピックやW杯など)の試合会場や音楽イベントなどの会場などで大勢の人がネットを使っても快適な通信が可能となるんです。 そのため、スマートフォンやタブレットを使った映画鑑賞も増えていくことが予想できます。 私もスマホでよく動画を見るので、通信速度が速くなるのはとてもありがたいです。 5Gが普及したらどんどん動画を見ていきたいと思います! 5Gによって通信環境が向上!IoT商品の増加 「5G」技術の普及で、 IoT商品が増加すると予想できます!IoTとは、「モノのインターネット化」といわれており、あわゆるモノをインターネットと接続できるもののことをいいます! 今でも、冷蔵庫やクーラーなどで、IoT商品は存在しています。 しかし、このIoT商品を増加すると、同時に膨大な数の端末がインターネットに接続することになります! 今までの4Gでは、膨大な接続に耐えられず、接続が切れたり、重くなったりしていました。 しかし、「 5G」によって、同時に多くの端末をインターネットへ接続することが可能となり、I oT商品の需要が高まり、開発も増加すると考えられています。

次の

【5Gとは?】次世代のモバイル通信・5Gをわかりやすく解説!

通信 技術 5 g の g と は 何 の こと

Contents• 5G(第5世代移動通信システム) 5G (ファイブジー : 第5世代移動通信システム)とは、2018年現在、規格化が進行中の次世代無線通信システムです。 2020年の実用化に向けて、通信事業者各社は5Gの研究開発に取り組んでいます。 5Gサービスが実用化されれば、 あらゆるモノがネットワークにつながると言われています。 一説には、過去にインターネットが普及したとき以上の変革が起きるという声も挙がっています。 では、具体的に私達の生活は、どのように変化するのでしょうか? このページでは、5Gについて現在までに分かっている事柄をまとめています。 2017-12-21 16:30 5Gは、4Gよりもさらに高速化・大容量化、低遅延化、同時多接続、高信頼性などを可能にすると言われており、様々な最新技術の集合体であると考えられています。 高速化 LTEの1000倍となる10Gbpsという高速通信が実現可能になるようです。 これまで移動通信において使われていなかった6GHz以上の高い周波数を利用することで、高速通信を可能にします。 無線通信においては、帯域幅が広くなればなるほど、高速大容量化を図れるようになります。 大容量化 大容量化は、高速化と併せて5Gの主点です。 データ量が大きいものでも、現在の約10倍の速度でやり取り出来るようになると言われています。 同時多接続 たくさんの「モノ」が同時に繋がることが出来ます。 IoTによって様々な「モノ」が通信を行うようになることが予想されているため、同時多接続は不可欠な要素になるはずです。 低遅延化 現在の4Gの遅延は、50ミリ秒未満ですが、自動運転や遠隔医療、遠隔操作での災害対策などに活用される5Gでは、さらなる低遅延化が求められます。 5Gでは、 1ms(ミリ秒)未満の低遅延が保証されるので、素早いレスポンスが期待できます。 高信頼性 自動運転などにおける5G技術の利用は、安全、確実であることが第一に求められます。 低遅延化と共に、信頼性は重要な要素となります。 省電力化、低コスト化 IoT化の推進やICT産業の発展に伴い、省電力化は非常に重要視されています。 また、通信事業者のシステム運用の低コスト化を図るためにも、省電力化は避けられないと言われています。 省電力化、低コスト化が実現すれば、より良質な通信サービスを低価格で受けることが可能になるかもしれません。 5G の登場で変わること 出典: フルハイビジョンの4倍の高画質を誇る「4K映像」から、さらに進化した「8K映像」の伝送についても5G通信網の活用が不可欠だと言われています。 昨年11月、NTTドコモとシャープは、5Gの特長の1つである高速・大容量の通信を活用することで、合計約1Gbpsを必要とする12チャンネルの8K映像伝送を安定して行う実験に成功しました。 この技術は、将来的に高精細スポーツ観戦映像や、高精細監視カメラ映像などへ応用することが期待されています。 8K映像伝送が実用化されれば、競技場やコンサート会場へ行かなくても臨場感のある迫力の映像をスマホで体験することが出来るようになるかもしれません。 今後もドコモとシャープは、5G通信網を活用した8K映像アプリケーション・サービスの実証実験を進めていくことが予想されます。 まとめ 「5G」は、自動運転やIoT化の普及に寄与するだけでなく、建設現場でのドローンの活用や手術ロボットを利用した遠隔手術など、様々なシーンで運用されることが予想されています。 この次世代通信システム「5G」が普及することで、音楽やスポーツなどといった大容量コンテンツを遅延することなく送ることが可能になります。 そのため、コンサート会場やスポーツ競技場に足を運ぶことなく、手持ちのスマートフォンなどで臨場感のあるライブ映像を楽しむことが出来るようになると言われています。 私達生活者の価値観は、時代とともに常に変化しますが、「5G」の実用化は社会システムの概念を大きく変容させ、新しい価値観の創出を実現してくれるはずです。

次の

次世代移動通信「5G」って何? 2020年の暮らしはどう変わる?

通信 技術 5 g の g と は 何 の こと

次世代通信技術5G。 ごく近い未来にサービスインするこの新しい通信規格は、私たちに何をもたらそうとしているのでしょうか。 5Gで何が変わり、どんなメリットが得られ、またデメリットがあるのか、5Gについて今、知っておくべきことを解説します。 何が変わる? 次世代通信技術5Gとは 5G(第5世代移動通信システム)は、日本で現在主流となっている4Gに代わる新しい通信規格・通信技術です。 世界各国の標準化団体が参加する3GPP(Third Generation Partnership Project)を通じて国際標準仕様の策定が進み、商用サービス開始へのカウントダウンが始まっています。 1980年代に携帯電話が登場して以来、通信規格は約10年ごとに世代交代してきました。 スマートフォンの爆発的な普及を後押しした4G(3. 9Gとも呼ばれたLTEを含む)に対し、5Gはより多様なデバイスとアプリケーションをつなげる通信規格だと言われています。 5Gの実効速度は4Gの約100倍となる10Gbpsに達します。 しかし、優れているのは「超高速」であることだけではありません。 1平方kmあたり100万台という大量の端末と接続できる「多数同時接続」と、従来の約10分の1となる1ミリ秒(0. 001秒)程度の「超低遅延」という3つの特徴をあわせて実現することで、5Gはあらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」の基盤となることが期待されています。 また、これら3つの特徴に加えて「ネットワークスライシング」も5Gに関わる重要な技術としてさまざまな業界から注目されています。 これはネットワークの分割を意味する言葉で、サービスが要求する内容によって異なる(仮想的な)ネットワークを構築できることになります。 例えばあるサービスでは高速大容量なネットワークとして、別のあるサービスでは低遅延で高信頼性のあるネットワークとして利用するなど用途に応じた使い分けが可能です。 次世代通信技術5Gが必要とされる背景 なぜ5GがIoT時代のICT基盤となるのか、具体的な事例として自動運転のケースを見てみましょう。 自動運転システムでは通信の遅延は文字どおり命取りになります。 集中管理センターによる遠隔運転でブレーキをかけたとすると、例えば0. 1秒の遅延が起きると時速60kmで走行していた車は約1. 7メートル走ってから止まることになります。 これでは急ブレーキが必要な状況では間に合いません。 しかし5Gでは無線区間のデータ転送遅延を1ミリ秒以下に抑えつつ、さらに基地局間の通信や端末のデータ処理といったボトルネック要素の改善も加えることで、実際に車を運転しているのとそれほど変わらない感覚で遠隔操作できるようになると考えられています。 さらに走行中の車1台1台が備える車載センサーとのデータのやりとりや高精細な映像・地図情報の送受信では、超高速と多数同時接続という機能も必須とされます。 自動運転システムを実現させるには、従来の通信回線では明らかにスペックが足りません。 他にも、5Gが普及することでスマートフォンの機能も向上するでしょう。 東京オリンピックのような大規模スポーツイベントでは、スタジアムに来場する利用者の端末に向けてリアルタイムでマルチアングルやリプレイなどの高精細な映像情報を再生できるようなサービスの提供が想定されています。 一定エリア内の数万台もの端末を対象とする多数同時の大量のデータ通信を可能とするためにも、5Gによる新しい通信環境が必要不可欠とされています。 次世代通信技術5Gのメリット・デメリット 自動運転システムや大規模スポーツイベント以外に、5Gは私たちの生活にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。 一方でデメリットはないのかというのも気になるところです。 5Gのメリットとデメリットを挙げてみましょう。 メリット 高速化、大容量化、低遅延化、信頼性の向上によって、スマートフォンでのインターネット活用は今よりさらに快適になります。 大勢の人が同じ場所でスマートフォンを使い4K動画をストリーミング視聴しても問題ない状況が作られるでしょう。 IoTの世界でもまた、5Gのメリットを受けることになります。 自動運転システム以外では、離れた場所にいる名医がロボットアームを操作して行う「遠隔手術」などは社会に大きなインパクトを与えるでしょう。 また、工場内の機器や生産ラインをネットワークに接続することで生産性の向上を図り、消費者が欲しいと思うオプションなどを反映し、パーソナライズされた製品を製造できる「スマート工場」も、5Gの実現によって加速化されることが予想できます。 さらに高齢化が進行する農業や建設業では、すでに建機の遠隔操縦に成功した事例もあり、今後働き方が変わる可能性があるとされています。 5Gの普及は私たちの生活の利便性を劇的に向上させ、企業の生産性をアップさせるでしょう。 デメリット 5Gがもたらすデメリットはあるのでしょうか。 まず、今よりもっとインターネットとの接続機会が増えれば、それだけセキュリティリスクが高くなると予想されます。 IoTが社会の重要な役割を担うようになればなるほど、悪意のある攻撃を受けて、インフラの機能停止などの壊滅的な損害を被らないとも限りません。 また、消費者が5Gの恩恵を受けるには、5G対応の端末、IoT関連機器などを新たに購入しなければなりません。 スマートフォンも家電製品も自動車も、買い直さなければならないというのはデメリットの一つでしょう。 5Gが順調にスタートを切れるかどうかもまだ不確定です。 予想以上にサービスインの時期が遅れ、普及に時間がかかる可能性もゼロではありません。 次世代通信技術5Gが日本で実用化されるのはいつから? 当初、5Gは2020年をめどに商用サービス提供開始と目されていました。 しかしこのところ、その時期が前倒しされる動きが見られます。 国内では大手キャリアを中心に段階的にサービス開始に向けた実証実験などが進められています。 5G対応のスマートフォンが2019年に発売するとも言われています。 まだ普及には課題がある5Gですが、実用化されれば企業の生産性向上や生活の利便性向上が期待できます。 5Gが普及した社会では、スマートフォンはもはや不要になるかもしれないとも言われています。 個人が高度な情報端末を持たなくても、個人を認証できる端末がいたるところにあれば必要な情報の出し入れが簡単にできるようになるためです。 それらはAIともつながっていて、面倒な操作を肩代わりしてくれます。 5Gによるそんな未来が、少しずつ近づいてきています。

次の