マスク 手作り 簡単 手縫い。 簡単に作れる!「立体手作りマスク」手縫いでもOK!

蒸れない夏マスクは手作りできる?簡単な作り方は?おすすめ生地は?

マスク 手作り 簡単 手縫い

マスク作りはミシンより手縫いがオススメ!その理由 ミシンがあるのに手縫いをしてしまう理由は、 ミシンを用意するのがめんどくさいというのもあるのですが、それ以外にもあります。 ミシンは糸が切れるとすぐほどけてしまうこと です。 それに比べて、手縫いは丈夫です。 それに、家事の空いた時間に 少しずつ縫い進められるのも手縫いの良いところです。 私はこの縫う時間、テレビを見ながら進めたり、YouTubeで曲を聞きながら1日の色々なことを振り返っていたり、 あとは、このブログで書きたいことを考えたりします。 型紙はインターネットで入手! インターネットって、本当に便利ですよね。 私は作りたいものがあったら、いつも無料で型紙を仕入れます! 今回はで型紙をダウンロードしました。 それと、ユザワヤさんのマスクを作りました。 どちらのマスクもしっかり作り方が載っていて、ユザワヤさんに関してはYouTubeで作り方動画が見れますので、便利ですよ! 手作りコットンダブルガーゼマスクの作り方 まず最初にすることは• 型紙を印刷して油性マジックでクリアファイルに書き写します! クリアファイルは何度も使用してボロボロになったもので大丈夫です。 私はこの時に縫いしろの内側線(出来上がりライン)もクリアファイルに書いています。 左側は仕上がりラインで、右側が縫いしろのラインです。 マスクの左右を布に移し替えるにはこの【クリアファイルを使う方法】使えますよ。 コットン生地の上にクリアファイルを置いて、型が収まることを確認したら、クリアファイルを切り抜きます。 ちなみに今回用意した生地は、ネットでポチリしたこのガーゼマスクのキット• を購入しました。 ただし、 普通の四角いマスクを作るキットなので、立体マスクにするとそんなに枚数はとれません。 今回ダブルガーゼ3枚入り1セット(3枚分)の中身は こんな感じです。 私はこのセットを3セット購入しました。 9枚分の材料で立体マスクにすると、だいたい4枚位になります。 理由は分厚くするために重ねているからです。 もし薄手ので大丈夫だという方はもう少し枚数稼げるかもしれません。 マスクの型抜き 切り抜いたクリアファイルをダブルガーゼにチャコペンで写します。 もちろん出来上がり線も! 外側を2セット、内側を1セット用意します。 布マスクの縫い方 まずは、• マチ針で生地を重ねて止めます。 中表にして、外側の布を2セット重ねてカーブラインをチクチク この時、カーブの部分に切り込みを! そして縫い方は本返し縫いがオススメです。 外側の布と内側の布、どちらも同じ要領で縫っていきます。 中央部(とんがり部)が縫えたら、縫い代を押さえる為に開いた部分を縫っていきます。 この時内布に関しては、ユザワヤさんマスクは、とんがり部分を縫ったあと、片耳部分を三つ折りにして縫いますが、私は両耳を三つ折りにして縫いました。 理由は、フィルターを入れれるようにするためです。 表布と外布の上下を中表に合わせ、マチ針をとめます。 下側がおわったら、上側もずれないように、ゆっくり縫っていきましょう。 上と下の部分が縫い終わりました。 それではこの布をひっくり返します! すると、 このようになりました! 両端を三つ折りにして縫い ゴムを通したら完成です。 このマスクでは、うまくゴム紐が通りました。 OHARICOさんのサイトで紹介している布マスクの作り方は、表布と裏布の間にフィルターが入れられないのに対し、 ユザワヤさんのマスクの作り方の方法は、フィルターが入れられます。

次の

マスクを手作り手縫い 立体マスクは着け心地抜群で作り方も簡単!

マスク 手作り 簡単 手縫い

出来上がりサイズに切った紙を顔にあてるなどして確認してください。 サイズ参考 子供用(小)8歳女児着用 材料2 ゴム 25cm~30cmのものを2本 マスクのためのゴムその名も マスクゴムというものをおすすめします。 100円ショップのもので十分です。 優しい伸びで、耳のうらが痛くなるのを防いでくれます。 マスクゴムに限らず、ヘアゴムや平ゴムでも大丈夫です。 自分の肌にしっくりくるものを選びましょう。 はじめにアイロンを温めておきましょう 生地を折るたびにアイロンで折り目を付けていきます。 とても簡単なので、アイロン台の上ですべての作業が終わってしまいますよ! step 1生地を裏返して横長におきます step 2上下の辺を内側にむけて折り、両辺が少しだけ重なるところで合わせる step 3左右の辺を内側にむけて折る(三つ折りにする) 出来上がりのサイズになりました。 step 4上にきた生地の端を少し折り返し、切れはしをかくす step 5両端から1cmのところを縫う この時、ステップ4で折り返した部分も一緒に縫い込みましょう。 これで作業の9割は完成です! step 6通し穴にゴムを通す 紐通しがあれば簡単ですが、なければヘアピンやクリップで十分! 今回はヘアピンを使いました。 step 7ゴムの長さを調節して結び、結び目を通し穴の中にかくす 完成です! 手作りマスクをさらにかわいくキレイに仕上げるには 出来上がったマスクをもう少しきれいに見せたい、かわいく仕上げたいのなら、デコレーションしてみましょう。 縫い目が少し気になりますね。 縫い目が見えて気になるなら、 リボンやテープで隠すのがおすすめです。 マスクのサイズに合わせてリボンをカットし、裁ほう上手などの布用接着剤で貼り付けるだけ。 今回はレースのリボンを使用しました。

次の

【型紙付】手縫いで簡単!身近な材料で手作り立体マスクをつくってみる。

マスク 手作り 簡単 手縫い

大人用立体マスク型紙 子供用立体マスク型紙 マスクを作る手順 1. 型紙に合わせて布を切る 型紙に合わせて各2枚ずつ布を切る。 表地のほうが布がやや大きい。 布を合わせて縫う 表地の表面を内側に2枚を合わせて扇状の広い方をミシンまたは手縫いで縫う。 縫い代型紙より1cm内側(裏地も同様) 3. 布の端に切れ込みを入れる 広げて、切れ込みを入れ中心にアイロンをかける。 表地・裏地の表面が内側に来るように重ねる。 上下を縫う ずれない様に合わせた箇所を仮止めし、ミシンまたは、手縫いで上下を縫う。 表面が表にくるようひっくり返す 横から手を入れ、表面が表にくるよう生地をひっくり返す。 ここにきてマスク感が出てきました!あとは、紐付け作業です。 端っこを三角に折る 表地の余っている部分の端っこを三角部分を折り込むように中心のほうへ折る。 マスクゴムを付ける マスクゴムが入るスペースを確認しながらもう一度おり、ミシンまたは手縫いで縫う。 この要領で左右マスクゴムを付け終える。 完成! マスクゴムを玉止めしてマスクの中に結び目を隠したら完成! 生地の色を変えてファッションの一部として気分も変わって楽しめるかもしれないですね。 こんな時こそ「布マスク」を手作りしてひとりひとりが予防し、コロナウイルスが収束していつもの日常が戻りますように。 しっかりとウイルスを予防し、いつも通りの日々が戻ることを切に願っております。 現在愛用中 マスクグッズの紹介 手作りマスクを作り始める前に、使い捨てマスクから布マスクに移行しました。 着け心地がよい。 マスクを外したら必ずマスクの表と裏に除菌スプレーをかけています。 アロマの香りでマスクの中のリフレッシュにも効果大! ペーパータオルに噴射して、ドアノブやスマホの除菌などにも幅広く使えます。

次の