メガ ドライブ ミニ。 ヨドバシ.com

メガドライブミニがついに発売! 42タイトルを収録した、こだわり満載の新ハードのプレイガイド

メガ ドライブ ミニ

最後には粋なサプライズもあって、収録ソフトを大いに評価する声が大きいですが、 それでも、 「なぜこれが入っていないんだ!」 「これを入れて欲しかった」 と声を大にして言いたい方も中にはいるでしょう。 さすがに100%全ての人が満足できるというわけにはいきませんよね。 収録ソフトに関しては、個人的には満足している方ですが、それでも 「できればこれを入れて欲しかった・・・」 というソフトがいくつかあります。 やはり40本ではメガドライブは語り尽くせませんよね~^^; ここでは、 できればこれもメガドライブミニに入れて欲しかった! これが入らなかったのは残念 こっちもおすすめ というゲームについていくつか紹介しております。 メガドライブ好きの方は是非見ていって下さい。 Contents• 版権の関係上難しいと言われていましたが、幽遊白書が収録されたことで、もしかしたら入るかも・・・と期待されましたが、残念ながら未収録。 メガドライブの中でも有名な作品で、マイコーの往年のダンスや楽曲なども使用されており、マイコーファンにとっては欠かせない作品。 しかし、ゲーム内容に関しては好みは分かれるところで、ファン以外にとっては、名作!という声はあまり聞かれません。 版権だけでなく、その辺りも収録漏れの原因かもしれませんね。 メガドライブミニの収録で、恐らく 当初から最も入るかどうか注目されたゲームではないでしょうか。 アーケード版の完全移植というわけではありませんが、メガドライブ版は作品の雰囲気を壊さないように上手く移植されています。 BGMや演出、軽快操作、スタイリッシュなアクションなどで難易度は高いですが、この後もシリーズが続く人気作品。 但し、先に発表されたスーパー忍と被っている様な気もしないでもありません。 「忍者ゲームは1個でいいんじゃない?」 となったのかもしれませんね。 エアバイクや飛行機で敵を倒す疑似3Dシューティングで、他にはないスピード感が魅力です。 改めてみると、メガドライブには名作3Dシューティングゲームが多いですよね。 元はX68000用ゲームで、後にメガドライブに移植。 連射できる副砲と、反動は大きいが強力な主砲を使い分けて敵の基地を破壊します。 見た目はちょっと地味かもしれませんが、やるとハマる良作品。 今やっても十分楽しめるのですが、残念ながらリメイクなどはされていないようですね。 アニメーションが多く、イキイキと動くキャラクターには当時は驚きました。 しかし、3Dダンジョンゲーム自体、好き嫌いがハッキリり分かれる作品でもあります。 一部では絶大な人気をほこりますが、決して万人受けするソフトとは言い難く、収録されなかったのも少しわかります。 戦闘で獲得した経験値で兵器を進化、改良できるのも面白かったですね。 CPUの思考時間が長いことでも有名で、数十分待たされプレイ時間が長時間になることもしばしば。 メガドライブミニに収録されていないことが残念だった! なんでこれが入ってないんだ! という声を最もよく聞くのが本作品。 それだけファンも多かったという事ですね。 アーケード版と比べて省略されているステージもありますが、雰囲気はそのまま味わえます。 動物を助けるために人間を虐殺するというのはちょっとどうかとも思いますが、ストーリーはともかくゲームとしてはかなり楽しいです。 アクションや武器も豊富で、ベルトアクション好きにはお薦めですが、極めて高難易度な作品で、ゲームバランスが良いとは言い難いですね。 希少価値がとても高く、中古ショップでもまずお目にかかれません。 Amazonでたまに見かけますが、数万円と中古市場もとても高額。 そう言った意味でも、できればメガドライブミニに入れて欲しかった作品。 主人公も北斗の拳の悪役みたいで、初めて見たときは「こいつが主人公かよ!」とツッコんだものですw ま、見た目はともかく、物を色々引っこ抜いてぶん投げるアクションがかなり楽しく、豪快かつ爽快です。 また、自販機を殴って出てきたコーラで体力を回復という演出も面白いですね。 ゲームバランス、難易度も丁度良く、知名度はあまり高くないかもしれませんが、個人的には当時から大好きだった一品。 前作の3年後・・・ではなく、3日後からスタート。 今回から主人公の攻撃方法が3種類から選択できるようになります。 スクロール方向も縦や横など、面によって変化するのも楽しいですね。 バトルマニアは、1か大吟醸かどちらかは入るかなと思っていましたが、どちらも落選だったのが残念です。 攻撃方法もこれまでと同じように、ショットと溜め撃ちで、その他にも、今作は色々演出にも凝っています。 ジェットコースターの様に急降下する迫力シーンなどもあり、これまでの3Dシューティングとは一味違います。 相変わらずギャグありでゆる~く進みますが、中身は硬派な内容で、難易度も高め、3Dシューティングファンも満足できるはず。 こちらも希少価値が高く、中古市場価格も暴騰しているので、できればメガドライブミニに入れて欲しかった作品。 ステージギミックが実に多彩で、横スクロールから、下に降りていくステージ、乗り物ステージなど、難易度はかなり高いですが飽きずに何度でも楽しめます。 キャラクターのアクション、リアクションも豊富で、見ているだけでも面白いですね。 ファミコンなど他のハードにも移植されていますが、個人的にはメガドライブ版が一番好きでした。 テンポもよく、同じステージでも色々目まぐるしく変化します。 ボタンでショットやスピードの調節も自由に切り替えることが可能。 派手な演出と重厚なサウンド、硬派な設定など、 シューティング好きの為の一品。 スーファミ版のゼルダのようなオーソドックスなシステムでとても分かりやすく、またテンポも良いのでサクサク進めます。 可愛らしいキャラクター、意外な展開など、今やっても十分楽しい良作品。 パソコン版からメガドライブに移植された作品。 ドラゴンスレイヤーと聞くと難易度が高く、初心者には難しい玄人好みのゲームと言うイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、メガドライブ版は遊びやすく進化しており、万人受けしやすい作品となっています。 ロボットにのって敵基地を爆走するなど爽快感も抜群で、何度でも繰り返し遊んでしまいます。 操作にはちょっと特徴がありますが、慣れるとサクサク快適に進めます。 マップギミックや新しいアクションも増え、前作よりも更に魅力あふれる作品へと進化。 新しいステージギミックなども増え、アクションゲームとしてももちろん面白いのですが、今回の最大の特徴はゲーム内容よりROMカートリッジにあります。 ROMカセットに他のカセットを差すことができる ロックオンカートリッジが付いており、ここに他のカートリッジを差すことで様々なゲームを遊ぶことができます。 ソニック3を差すと完全版が遊べるなど、ROMカートリッジが最大の特徴となるので、メガドライブミニに入ってもその特徴を活かすことは難しく、収録されなかった理由もよく分かります。 ストーリー的にはよくある設定ですが、戦闘方法が従来のRPGとはちょっと異なる呪文詠唱システムが特徴的。 テンポもよく非常に良くできたRPGですが、メガドライブ後期の作品だけに知名度が低いのが残念。 おどろおどろしいオープニングですが、ホラーゲームではありませんのでご安心ください。 緑色の液体にされた主人公が元の体に戻るために、研究所にあるDNAを回収していきます。 他には無い斬新な設定、仕掛け、パズルなどで、国産ゲームとは一味違った面白さがあります。 希少価値が高く、中古市場でも中々お目にかかることができない珍しいソフトなので、できればメガドライブミニに入れて欲しかったですね。 しかし、パッケージデザインが斬新すぎて凡人には中々理解できません。 何も知らない人がこのパッケージを手に取って、果たしてこれを買おうと思うかどうか。。。 ネットがまだ普及していなく、限られた情報しかない時代に、パッケージデザインをこれに決めた人は、本当に本作品を売りたかったのか甚だ疑問に感じます。 他にもいっぱいありますが この他にも、 ボナンザブラザーズ ローリングサンダー2 エイリアンストーム TMNT リターン オブ ザ シュレッダー カメレオンキッド ライトクルセイダー などなど、上げればきりが無いくらいメガドライブには良作品が多いです。 機会があれば是非ともリメイクしてもらいたいですね。 ちなみに、 バーチャレーシング ゲイングランド アウトラン なども人気でしたが、これらは最近switchなどでもダウンロード配信されているので、今回は入れませんでした。

次の

メガドライブミニはコレも入れて欲しかった特集

メガ ドライブ ミニ

概要 [ ] からにかけてセガゲームスの前身「セガ・エンタープライゼス」時代に販売していた家庭用ゲーム機「」を、現代のアーキテクチャで復刻した。 2001年のの生産停止以来18年ぶり、セガゲームスとしては初となる家庭用コンピュータゲーム機である。 なお、セガグループ全体としては、からにかけてから、本機と同様にメガドライブ用ゲーム数作がプリインストールされたゲーム機・が計3バージョン発売されている。 また、「メガドライブ ミニ」は公開されたゲームプラットフォームではないため、本機が出てもドリームキャストは最後のゲームプラットフォームである。 2018年4月14日に開催されたセガフェス2018にて、第一報がなされた。 当時「メガドライブ ミニ」という名称は仮称で、2019年の続報発表時にそのまま正式な名称となった。 当初は同年内のリリースを予定していたが、反響がセガの予想を越えて大きく、海外からの要望にも適切に応える必要が生じてきたため、2018年9月、2019年に販売時期を延期すると発表 して、当初の仕様も白紙に戻して一から再設計した。 日本では発売時期が、からへのの時期にあたっていたため、「令和最初の新(ゲーム)ハード」というセールスコピーが使われた。 基本的には各地域でしか買えないものだが、日本のセガも特別に数量限定で発売している。 下記は日本のセガが直接発売に関与したバージョンに限定して記載。 SEGA Genesis Mini 北米市場向けバージョン。 日本では2019年9月27日にAmazonで数量限定発売された。 メガドライブ ミニ・アジアエディション 日本以外のアジア(中国を中心とした地域・東南アジアなど)市場向けバージョン。 2020年、このアジア版にしか収録されていない『』が発売25周年を迎えたことを記念し、同年3月25日にセガストアとAmazonで数量限定発売予定。 (『エイリアンソルジャー』の要素が多々登場するコミック『』の作者「殆ど死んでいる」が書き下ろしたスペシャルポストカード付き) メガドライブミニ 3ボタンコントロールパッド オリジナルメガドライブの初期に同梱されていた、ボタンが3つだけ付いたパッドは後述するように海外版では現地向けの3ボタンパッドが同梱されているが、日本でも3ボタンパッドが欲しいという声があがり、これに応える形で日本版の3ボタンパッドがセガストアにて少量限定発売された。 このスケーリングサイズはなどの先だってリリースされた他メーカーの復刻系ゲーム機に近く、並べて置いた際に「納まり」が良くなることを意識したものである。 なお、他の復刻系ゲーム機では電源スイッチ・リセットボタンをのぞいて省略されていた本体の各部品可動が、ダミーパーツであり実際の機能が付加されていないものの、オリジナルと同様に動かせるようになっている。 なお、全地域共通で収録される作品と、それぞれの地域限定で収録されるタイトルの2種類に大別できるため、総タイトル数は若干多くなっている。 他メーカーの復刻系ゲーム機同様、オリジナルのロムカセットをスロットに装着して遊ぶことは出来ない。 また、公開された仕様ではソフトのは出来ない。 対応言語は「日本語」のほか、「英語」「フランス語」「イタリア語」「ドイツ語」「スペイン語」「繁体字」「韓国語」の計8言語。 設定を変更することでメニューのタイトル名、ゲーム紹介テキストのほか、一部ゲームを除き、メニューに表示されているパッケージデザインやゲームのバージョンも該当地域向けに変更され、海外版を遊ぶことが出来るようになる。 例えば『バンパイアキラー』の場合、言語設定を「英語」に変更した場合は北米版『Castlevania: Bloodlines』が、「フランス語」に変更した場合は欧州版『Castlevania: The New Generation』が遊べるようになる。 ソフトの移植は「シリーズ」など、レトロゲームの移植で多数の実績を持つが担当した。 メガドラミニと同時期に展開されているレトロゲームシリーズ「SEGA AGES(Nintendo Switch版)」とは別ラインで制作されている。 なおSEGA AGESのようなゲームへの付加価値要素は基本的に無いが、プレイ途中のセーブ(ステートセーブ)機能は付けられている。 ゲームをセレクトする際のメニュー画面で流れるBGMは『』などメガドライブのゲーム音楽を多数手がけたによる新規書き下ろし楽曲が使われた。 ハード関係 [ ] 国内では、オリジナルハード後期モデル「メガドライブ2」 MD2 リリースの頃に製作・単品販売(MD2にも付属)したゲームコントローラ「ファイティング6Bパッド」を、同じサイズのまま接続端子を 仕様にしたコントローラ「メガドライブ ミニ コントローラー」が1個付属する基本モデルと、2個付いている「メガドライブ ミニW」モデルの2種類が発売された。 北米・欧州版では初期型の3ボタン仕様コントローラが付属する。 なお一部の収録作品は3人や4人のマルチプレイが可能だが、オリジナルのコントローラー接続端子拡張ユニット「セガタップ」に変わって、IT系周辺機器メーカー・とタイアップした特定の汎用USBハブを2Pコントローラー接続端子に接続することで、マルチプレイに対応する。 なお、「メガドライブ ミニ コントローラー」はセガ直営のECショップ「セガストア」でも単品販売するが入手性には限界があるため、前述したBUFFALO製のUSBゲームコントローラーのうち、セガが指定した特定の機器のみ、代替品として使用が可能となっている。 指定された機器以外は、基本的に動作しない仕様である。 映像、音声出力用に端子が用意されており、本機販売時には標準的に家庭用テレビやモニターにHDMI端子が備わっているので接続出来る。 電源入力端子はmicro-B USB端子である。 元のメガドライブの性能をフル稼働すると消費電流がUSB端子より供給される1アンペアを超えてしまうため考慮して移植する必要があり、その制限を超えてしまうメガCDやスーパー32X用ソフトは移植候補から外れたという。 なお、正規の利用法ではないが、ニンテンドークラシックミニ用のACアダプターの定格は近値なので流用できる。 公式サイトではテレビ・PC等のStandard-Aコネクタから電源を供給することによっても動作が可能としている。 その他の付属品はディスプレイ接続用のハイスピードHDMIケーブル、電源供給用のUSBケーブル、取扱説明書、保証書など。 各ゲームタイトルの説明書は添付しておらず、本体で電子説明書として閲覧する機能もない。 公式サイトにて、各タイトルの発売当時の説明書(新規移植の2作品は書き下ろされたもの)が、PDFファイル形式で公開されている。 収録タイトル [ ] 全タイトルは一挙発表するのではなく、ある程度まとめた数を時期を分けて発表されるというプロモーションが成されている(初発表の時期・状況は下記表に記載)。 前述のハード仕様の理由により用ソフト や用ソフトは含まれない。 下記表は基本50音順。 HDMIケーブル 本体に1つ同梱。 USBケーブル 規格。 本体に1つ同梱。 トピックス [ ]• 日本版においては、基本的に「1シリーズ1タイトルのみを収録する」という「縛り」が設定されている。 このため、下記3シリーズ作品については2019年2月セガ公式サイトにて、「(日本で発売するメガドライブミニに)どの作品を収録してほしいか」という意見をセガに届けられる機会(セガでは「国民投票」と称した)が1週間ほどあり、その結果を受けて下記*印のタイトルの収録が決定した。 YouTubeなどで公開されているプロモーション映像では、原典ハードのCMに起用されたがナレーションを担当した。 メガドライブミニのデコレーションキットとして、「メガドラタワーミニ」が数量限定で本体と同時発売された。 これはメガドライブミニのサイズに合わせた・・「」のロックオンカートリッジ・「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のカートリッジのミニチュアモデル(いずれも装飾品のため動作しない)のセットで、これをメガドライブミニに全て装着すると俗に呼ばれる「」が再現できるという物である。 メガドライブミニの「セガストア」での予約販売においては、「メガドライブミニ DXパック セガタイトルコレクターズエディション」と題し、メガドライブミニに収録されるタイトルのうち22作品のカートリッジのミニチュアモデルが付属したバージョンも用意された。 このミニチュアカートリッジもメガドライブミニに装着できるが、動作はしない。 2019年9月12日から同15日まで開催の「2019」では、セガゲームスの物販ブースにて、「DXパック」に付属したミニチュアカートリッジのうちの15種を1回500円の「メガドライブカートリッジ ミニ」として販売し、いずれの日にも完売となる人気を博した。 重度のセガマニアであるユーチューバーが登場して頻繁にセガネタが扱われるウェブ連載漫画『』()で、メガドライブ ミニの発売日に合わせてセガと公式にコラボした、収録ソフトを熱く紹介する特別編を公開した。 が主催の、その年にユーザーから最も支持された製品を選出する「価格. comプロダクトアワード2019」では、ゲーム機本体部門にて、メガドライブミニが、を抑えて金賞を獲得。 また、ゲーム部門全体での大賞も獲得した。 2019年12月12日に、音楽CD『Mega Drive Mini -Celebration Album-』 が発売された。 発売元は。 メガドライブミニのメニューミュージックや、メガドライブミニ収録タイトルのうち8作品の楽曲のアレンジバージョンなどが収められている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし後述のセーブ機能では、セーブ時点の言語としてまるごとセーブされ、ロード時にはその言語仕様(ゲーム内容も含む)で実行される。 例えば、英語設定時に日本語設定時にセーブしたデータを読み出すと、本体側のメニューは英語だがゲームは日本仕様で実行される。 基本的には発売当時と同じ記載内容であるが、一部のタイトルには編集が加えられている。 特に『スノーブラザーズ』『スラップファイトMD』は、原典が「」と称される奇抜な内容のため、大幅に編集されている。 『ゲームのかんづめ』はケーブルネットを使って配信していた「ダウンロード」版。 詳細は項目先を参照。 同日のセガフェス内ステージイベント「メガドライブミニ こぼれ話」にて詳細な内容が発表された。 アジア版のみ第2弾にて収録が発表された。 デフォルトでは北米・欧州版が『Dr. エッグマンのミーンビーンマシーン』、アジア版が『ぷよぷよ』となっているが、言語設定を変更することで両作品とも遊ぶことが可能。 アジア版のみ『ぷよぷよ』として第3弾にて収録が発表された。 当日の配信では「メガドライブミニ ないしょ話」なる副題的なタイトルも併記された。 当日の配信では本機とは別のゲームを扱っていたコーナーもあったため、「メガドライブミニ うわさ話」と副題的なタイトルが冠されたコーナー内での発表となった。 版をベースに新規移植したものであり、発売の「」に収録された版とは異なる。 出典 [ ]• ,セガゲームス,2019年9月6日• 2019年5月7日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 週刊ファミ通2019年10月3日号 P124-125 インタビュー記事「どうしてメガドライブミニはこんなにも熱いのか? ,GAME Watch,2019年6月5日• ,ebten• 4gamer. net Aetas. 2019年9月14日. 2019年10月3日閲覧。 (、2019年9月19日)• (価格. com,2019年12月4日)• (ウェーブマスター) 関連項目 [ ]• コンセプトが類似する他社のゲーム機• 外部リンク [ ]• 北米版商品情報ページ• ユーロ版商品情報ページ• アジア版商品情報ページ• 韓国版商品情報ページ.

次の

PCエンジンminiとメガドライブミニ 買って良かったのはどっち?購入者に聞いてみた。

メガ ドライブ ミニ

最後には粋なサプライズもあって、収録ソフトを大いに評価する声が大きいですが、 それでも、 「なぜこれが入っていないんだ!」 「これを入れて欲しかった」 と声を大にして言いたい方も中にはいるでしょう。 さすがに100%全ての人が満足できるというわけにはいきませんよね。 収録ソフトに関しては、個人的には満足している方ですが、それでも 「できればこれを入れて欲しかった・・・」 というソフトがいくつかあります。 やはり40本ではメガドライブは語り尽くせませんよね~^^; ここでは、 できればこれもメガドライブミニに入れて欲しかった! これが入らなかったのは残念 こっちもおすすめ というゲームについていくつか紹介しております。 メガドライブ好きの方は是非見ていって下さい。 Contents• 版権の関係上難しいと言われていましたが、幽遊白書が収録されたことで、もしかしたら入るかも・・・と期待されましたが、残念ながら未収録。 メガドライブの中でも有名な作品で、マイコーの往年のダンスや楽曲なども使用されており、マイコーファンにとっては欠かせない作品。 しかし、ゲーム内容に関しては好みは分かれるところで、ファン以外にとっては、名作!という声はあまり聞かれません。 版権だけでなく、その辺りも収録漏れの原因かもしれませんね。 メガドライブミニの収録で、恐らく 当初から最も入るかどうか注目されたゲームではないでしょうか。 アーケード版の完全移植というわけではありませんが、メガドライブ版は作品の雰囲気を壊さないように上手く移植されています。 BGMや演出、軽快操作、スタイリッシュなアクションなどで難易度は高いですが、この後もシリーズが続く人気作品。 但し、先に発表されたスーパー忍と被っている様な気もしないでもありません。 「忍者ゲームは1個でいいんじゃない?」 となったのかもしれませんね。 エアバイクや飛行機で敵を倒す疑似3Dシューティングで、他にはないスピード感が魅力です。 改めてみると、メガドライブには名作3Dシューティングゲームが多いですよね。 元はX68000用ゲームで、後にメガドライブに移植。 連射できる副砲と、反動は大きいが強力な主砲を使い分けて敵の基地を破壊します。 見た目はちょっと地味かもしれませんが、やるとハマる良作品。 今やっても十分楽しめるのですが、残念ながらリメイクなどはされていないようですね。 アニメーションが多く、イキイキと動くキャラクターには当時は驚きました。 しかし、3Dダンジョンゲーム自体、好き嫌いがハッキリり分かれる作品でもあります。 一部では絶大な人気をほこりますが、決して万人受けするソフトとは言い難く、収録されなかったのも少しわかります。 戦闘で獲得した経験値で兵器を進化、改良できるのも面白かったですね。 CPUの思考時間が長いことでも有名で、数十分待たされプレイ時間が長時間になることもしばしば。 メガドライブミニに収録されていないことが残念だった! なんでこれが入ってないんだ! という声を最もよく聞くのが本作品。 それだけファンも多かったという事ですね。 アーケード版と比べて省略されているステージもありますが、雰囲気はそのまま味わえます。 動物を助けるために人間を虐殺するというのはちょっとどうかとも思いますが、ストーリーはともかくゲームとしてはかなり楽しいです。 アクションや武器も豊富で、ベルトアクション好きにはお薦めですが、極めて高難易度な作品で、ゲームバランスが良いとは言い難いですね。 希少価値がとても高く、中古ショップでもまずお目にかかれません。 Amazonでたまに見かけますが、数万円と中古市場もとても高額。 そう言った意味でも、できればメガドライブミニに入れて欲しかった作品。 主人公も北斗の拳の悪役みたいで、初めて見たときは「こいつが主人公かよ!」とツッコんだものですw ま、見た目はともかく、物を色々引っこ抜いてぶん投げるアクションがかなり楽しく、豪快かつ爽快です。 また、自販機を殴って出てきたコーラで体力を回復という演出も面白いですね。 ゲームバランス、難易度も丁度良く、知名度はあまり高くないかもしれませんが、個人的には当時から大好きだった一品。 前作の3年後・・・ではなく、3日後からスタート。 今回から主人公の攻撃方法が3種類から選択できるようになります。 スクロール方向も縦や横など、面によって変化するのも楽しいですね。 バトルマニアは、1か大吟醸かどちらかは入るかなと思っていましたが、どちらも落選だったのが残念です。 攻撃方法もこれまでと同じように、ショットと溜め撃ちで、その他にも、今作は色々演出にも凝っています。 ジェットコースターの様に急降下する迫力シーンなどもあり、これまでの3Dシューティングとは一味違います。 相変わらずギャグありでゆる~く進みますが、中身は硬派な内容で、難易度も高め、3Dシューティングファンも満足できるはず。 こちらも希少価値が高く、中古市場価格も暴騰しているので、できればメガドライブミニに入れて欲しかった作品。 ステージギミックが実に多彩で、横スクロールから、下に降りていくステージ、乗り物ステージなど、難易度はかなり高いですが飽きずに何度でも楽しめます。 キャラクターのアクション、リアクションも豊富で、見ているだけでも面白いですね。 ファミコンなど他のハードにも移植されていますが、個人的にはメガドライブ版が一番好きでした。 テンポもよく、同じステージでも色々目まぐるしく変化します。 ボタンでショットやスピードの調節も自由に切り替えることが可能。 派手な演出と重厚なサウンド、硬派な設定など、 シューティング好きの為の一品。 スーファミ版のゼルダのようなオーソドックスなシステムでとても分かりやすく、またテンポも良いのでサクサク進めます。 可愛らしいキャラクター、意外な展開など、今やっても十分楽しい良作品。 パソコン版からメガドライブに移植された作品。 ドラゴンスレイヤーと聞くと難易度が高く、初心者には難しい玄人好みのゲームと言うイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、メガドライブ版は遊びやすく進化しており、万人受けしやすい作品となっています。 ロボットにのって敵基地を爆走するなど爽快感も抜群で、何度でも繰り返し遊んでしまいます。 操作にはちょっと特徴がありますが、慣れるとサクサク快適に進めます。 マップギミックや新しいアクションも増え、前作よりも更に魅力あふれる作品へと進化。 新しいステージギミックなども増え、アクションゲームとしてももちろん面白いのですが、今回の最大の特徴はゲーム内容よりROMカートリッジにあります。 ROMカセットに他のカセットを差すことができる ロックオンカートリッジが付いており、ここに他のカートリッジを差すことで様々なゲームを遊ぶことができます。 ソニック3を差すと完全版が遊べるなど、ROMカートリッジが最大の特徴となるので、メガドライブミニに入ってもその特徴を活かすことは難しく、収録されなかった理由もよく分かります。 ストーリー的にはよくある設定ですが、戦闘方法が従来のRPGとはちょっと異なる呪文詠唱システムが特徴的。 テンポもよく非常に良くできたRPGですが、メガドライブ後期の作品だけに知名度が低いのが残念。 おどろおどろしいオープニングですが、ホラーゲームではありませんのでご安心ください。 緑色の液体にされた主人公が元の体に戻るために、研究所にあるDNAを回収していきます。 他には無い斬新な設定、仕掛け、パズルなどで、国産ゲームとは一味違った面白さがあります。 希少価値が高く、中古市場でも中々お目にかかることができない珍しいソフトなので、できればメガドライブミニに入れて欲しかったですね。 しかし、パッケージデザインが斬新すぎて凡人には中々理解できません。 何も知らない人がこのパッケージを手に取って、果たしてこれを買おうと思うかどうか。。。 ネットがまだ普及していなく、限られた情報しかない時代に、パッケージデザインをこれに決めた人は、本当に本作品を売りたかったのか甚だ疑問に感じます。 他にもいっぱいありますが この他にも、 ボナンザブラザーズ ローリングサンダー2 エイリアンストーム TMNT リターン オブ ザ シュレッダー カメレオンキッド ライトクルセイダー などなど、上げればきりが無いくらいメガドライブには良作品が多いです。 機会があれば是非ともリメイクしてもらいたいですね。 ちなみに、 バーチャレーシング ゲイングランド アウトラン なども人気でしたが、これらは最近switchなどでもダウンロード配信されているので、今回は入れませんでした。

次の