グーグル プレイ 課金。 Google Play(グーグルプレイ)の基本的な使用方法や課金・支払いの注意点

グーグルプレイカード 無料入手方法

グーグル プレイ 課金

Google Play Pointsって何? 2018年9月18日、Googleが「 」というサービスを開始しました。 広告なども見ないので、まだ知らない人も多いのではないでしょうか? Googleで何か買うとポイントがつく 基本的には、他のポイントプログラムと同じです。 Google Play Storeで買い物をすれば、Google Play Pointsのポイントがつきます。 Google Play Storeでの買い物とは、有料アプリの購入や、音楽、映画、電子書籍などのデジタルコンテンツを購入、ゲームへの課金などです。 特定のアプリをインストールするとポイントがつくキャンペーンも行われています。 ポイントは何に使える? 溜まったポイントは、100ポイントごとに100円のGoogle Playクレジットに交換できます。 Google Playクレジットは、アプリやコンテンツの購入、ゲームへの課金に使うことができます。 ポイントで交換したGoogle Playクレジットの有効期限は1年です。 Google Playクレジットに変換しなくても、直接、特定のゲームへの課金に使うこともできます。 ただし、使えるゲームの種類は限られています。 また、ポイントは他のアカウントに移行することはできません。 ポイントを貯めるとランクが上がる 最初はブロンズランクで、100円分の買い物をすると、1ポイント貯まります。 ポイントを貯めていくと、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドとランクが上がってポイント付与率も上がり、特典も付いてきます。 ちなみに、ダイヤモンドランクになると100円分の買い物で2ポイントになり、付与率がとても高いです。 Google Play Pointsを利用するには登録が必要 Google Play Pointsなんて見たことない、という人もいるかもしれません。 実は、Google Play Pointsは利用登録しないと使えないのです。 ただし、キッズユーザーとして保護者に管理されていたり、学校などの団体で登録されていたりするアカウントでは使えません。 Google Play Pointsの登録 Google Play Pointsの利用登録には、AndroidスマホとGoogle Playアプリ、Googleアカウントが必要です。 PCやWebからでは登録はできません。 登録するには、AndroidスマホのGoogle Playストアアプリのメニューから「Play Points」を選択し、「登録」をタップして可能です。 同じメニューからGoogle Play Pointsの登録解除もできますが、解除するとポイントや特典はなくなってしまうので、注意してください。 日本のみのサービス Google Play Pointsは、なんとアメリカにもない日本だけのプログラムです。 Google本社では、日本人がポイントプログラムを好むことからこのプログラムを導入し、Google Play Storeの利用を増やそうということのようです。 海外在住でも、日本で発行されたクレジットカードや契約時の住所など、日本人ユーザーとしての基準を満たしていれば使うことができます。 有料コンテンツを購入したり、ゲームに課金することの多い方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

次の

Google Playの課金を制限する方法!履歴の確認と削除方法は?

グーグル プレイ 課金

アカウントAでゲームアプリ『ポケモンGO』を管理しており、Google Play カードで課金をしたい。 しかしアカウントBにギフトカードで残高を追加してしまった。 ポケモンGOで課金(アイテムの購入)をしようとしても、アカウントAの残高が表示されてアカウントBから購入できない。 「残高を追加したはずなのに残高が0になったままだ!」と焦る方も多いようです。 残念ながら現時点では、ユーザーが 別のアカウントに残高を移行させる機能はありません。 ではせっかく Google Play カードを購入して残高を追加したのに無駄になってしまうのでしょうか? いいえ、間違えて別のアカウントに残高を追加してしまっても、残高を使う方法は存在します。 アプリによっては簡単な[対処方法1]で残高を使用できますが、できないアプリの場合は[対処方法2~3]を試してみてください。 対処方法1「アカウントを切り替える」 アプリ『Playストア』を開き、左上の三本線アイコンからメニュー表示させてください。 切り替えたら課金ができるか確かめてください。 この方法でできない場合は下記の方法へ。 対処方法2「管理アカウントを変える」 私もアカウントAで管理している『テラバトル』というゲームアプリで課金しようと Google Play カードを使用しましたが、間違えてアカウントBに残高を追加して課金ができない状況になりました。 このような場合はアカウントAで管理していたアプリをアカウントBで管理し直すことよにって課金ができます。 アプリのバックアップを取る まず初めにアプリのデータのバックアップを取りましょう。 アプリによっては「機種変更の方法」などからバックアップ方法が記載されていると思います。 必ずデータが引き継げるようにしておいてください。 アプリを削除する スマホからそのアプリを削除(アンインストール)してください。 この状態でアカウントを切り替えて再度インストールしたいところですが、次の作業を行ってからでないと切り替え前のアカウントでインストールしてしまうので注意してください。 マイアプリのリストから削除する 今までアプリをインストールしていたアカウント内の マイアプリ&ゲームのリストから削除する必要があります。 アプリ『Playストア』を開き、左上の三本線アイコンからメニュー表示させて マイアプリ&ゲームをタップします。 [ライブラリ]のタブを選択して削除したアプリを探してください。 アカウントを切り替えてインストールする 『Playストア』を開き、残高を追加したアカウントBに切り替えてください。 切り替えたことが確認できたら再度アプリをインストールします。 これで残高があるアカウントにアプリが紐付けられ、課金もできるはずです。 スポンサーリンク 対処方法3「アカウントの削除」 上記の方法でも上手くできないアプリがあります。 ゲーム等のデータが、特定の Google アカウントに紐付けられ管理されているアプリだと成功しないようなのです。 このページをご覧頂いた方から下記の方法で「パズドラ」でも成功するという情報を頂きましたので追記します。 まずは[対処方法2]でも記載しましたが、必ずバックアップを取り、もし上手くできなかった場合でもゲームデータが消えてしまったということがないようにしてください。 削除手順は端末の[設定]>[アカウント]>[Google]>対象アカウントをタップ>右上のメニューから[アカウントを削除]です。 Google Play の残高が残っているアカウントでアプリをインストールしてから、先ほど削除したアカウントAを再度端末に設定してください。 場合によってはアカウントAを設定し直す前に、アプリで課金ができないかをお確かめください。 この方法は少しリスクがありそうなので、自己責任でお願いします。 対処方法4「サポートへ直接問い合わせる」 Google Play ではサポートが用意されています。 絶対にできるわけではありませんが、直接 Google Play サポートへお問い合わせることで残高の移動をしてもらえる可能性がゼロではないようです。 サポートチームへ電話やメール、チャットでの問い合わせが可能です。 へアクセスして、電話やメール等で状況をお伝えください。 追加した残高を無駄にしない 上記の方法で Google アカウントとアプリの関連付けを変更できなかった場合、せっかく購入した Google Play カードの残高は無駄になってしまうのでしょうか? いいえ、追加した残高を特定のアプリに使えなかったとしても、他のコンテンツの購入に使用することができます。 例えば残高を追加した Google アカウントで使用しているアプリへの課金、Google Play ムービーのレンタルや購入、Google Play ミュージックの購入などです。 残高を無駄にしないよう、必要に応じて使用してみてください!使用する際は、残高が残っている Google アカウントに切り替わっていることを確認してくださいね。

次の

Google Play Pointsで廃課金化が進む4つの理由

グーグル プレイ 課金

App Store、Apple Music、iBooks、iTunes、iCloudでのご利用時は、Apple IDによる認証になります。 うれしい機能• 継続課金の決済を行うと自動的にマイメニュー登録がされます。 spモード対応機種からご利用明細を確認できます。 ご利用にあたって• スマートフォン向けアプリケーションや音楽・映像などのデジタルコンテンツをご購入いただけます。 spモード コンテンツ決済サービスを利用して有料のコンテンツを購入された場合には、コンテンツプロバイダーの代わりにドコモに対してコンテンツ購入代金をお支払いいただきます。 ご利用にあたっては、spモードAPN(spmode. jp)によるFOMA・「Xi」(クロッシィ)回線の接続が必要です。 「Google Play TM等」とは、Google Play TM以外に、App Store、Apple Music、iBooks、iTunes、iCloudでコンテンツ決済サービスをご利用する場合が含まれます。 法人名義でご契約のお客さまは、ご利用にあたって別途お申込みが必要となります。 ご利用代金には、都度課金、継続課金の2種類があります。 ご利用にはspモード対応機種に搭載される標準ブラウザが必要です。 標準ブラウザはSSL、JavaScript、Cookieのすべての機能を有効にしてください。 コンテンツのご利用およびコンテンツ購入時のお支払い手続きにはパケット通信料がかかります。 ご利用限度額• ご利用限度額は、設定可能ご利用限度額の範囲内にて1,000円単位でお客さまご自身で設定できます。 ただし、お客さまのご契約・お支払い状況によっては、設定可能ご利用限度額の範囲内であってもご利用限度額の増額(元の限度額に戻すことを含みます)が行えません。 ドコモ払い/d払いとspモード コンテンツ決済サービスのご利用限度額は共有であり、初期設定は1万円(税込)となります。 利用者情報の登録により、設定可能ご利用限度額が1万円/月に変更されるのは、翌月以降となります。 設定可能ご利用限度額の変更は、システム自動処理で翌月月初より順次行いますが、変更までに数日かかることがあります。 1万円以上のご利用を控えたいお客さまは、あらかじめ、ご自身でご利用限度額の設定を変更してください。 当社所定の条件を満たさなくなったと判断したときには、お客さまの設定可能ご利用限度額を減額する場合があります。 お客さまご自身でご利用限度額を初期設定から変更している場合でも、当社が設定可能ご利用限度額を減額し、お客さまご自身で設定されているご利用限度額を下回る場合、ご利用限度額は設定可能ご利用限度額と同額に自動的に変更されます。 お客さまの設定可能ご利用限度額や、ご利用限度額が自動的に変更される場合には、あらかじめドコモからメッセージRでお知らせいたします。 iモードとspモードの両方をご契約いただいているお客さまには、spモード宛にお送りします。 その他• 月々の携帯電話料金を一括請求でお支払いの場合でも、ご利用金額はそれぞれの回線単位に計算します。 (他の回線分を合算することはできません)• iモード情報料、メロディコール音源利用料などはご利用金額に含まれません。 設定可能ご利用限度額のご確認、およびご利用限度額の設定変更画面へのアクセス方法• spモードパスワードは十分注意して管理してください。 なお、spモードパスワードの入力にもとづいて行われた本サービスのご利用はすべてご契約者によって行われたものとみなします。 spモードパスワードが初期値「0000」のままや「1234」など他人から推測されやすいパスワードをご利用のお客さまは、spモードパスワード認証時においてspモードパスワードを変更する画面が表示されます。 マイメニュー引継ぎ対応コンテンツを引継ぎ完了する前に、お客さまご自身の手でマイメニュー登録した場合、新規登録として上書きされ、コンテンツのポイントなどが失効されてしまう場合があります。 重畳契約からのマイメニュー引継ぎにおきましては、iモードからの引継ぎ対応コンテンツがspモード側で登録済みの場合は、spモード側の登録が優先されます。 初月無料コンテンツやお試しマイメニューなどの引継ぎは、iモードにおける状態を引継ぎます。 マイメニューの登録件数は最大45件まで登録できます。 法人名義でご契約中の回線で、マイメニュー引継ぎをご希望される場合は、別途お申込が必要になります。 ご利用イメージ 「都度課金」を決済する場合 「継続課金」を決済する場合• お客さまがコンテンツを決済する都度、異なる番号が表示されます。 この番号は加盟店にも通知され、お客さまがご利用内容についてお問い合わせをする際に必要となります。 なお、発行された決済番号は「ご利用明細」から確認することができます。 継続課金のご利用にあたって• 解除手続きがされるまで、継続的にコンテンツプロバイダーのご利用代金が発生します。 継続課金を終了するには、各コンテンツプロバイダーサイトにて解除操作を行ってください。 なお、継続課金ご利用中のコンテンツプロバイダーは「ご利用明細」にてご確認いただけます。 マイメニュー登録したコンテンツが「アクセス制限サービス」により閲覧できなくなる場合においてもご利用代金が発生するため、マイメニュー解除をご希望するお客さまは、アクセス制限エラー画面からマイメニュー解除を行ってください。 登録(購入)内容のお知らせ(レシートメール) Sony Tablet TM P、Sony Tablet TM S、ARROWS Tab LTE F-01D、GALAXY Tab 10. 1 LTE SC-01D、REGZA Phone T-01C、LYNX 3D SH-03Cはご購入時の状態では非対応ですが、製品アップデートによりご利用可能になります。 方法については「」にてご確認ください。 Google Play TM対応についてのご注意事項• Google Play TMで購入したコンテンツの利用については、ドコモは一切の責任を負いかねます。 コンテンツに関する問い合わせは各コンテンツプロバイダーにお問い合わせください。 ご利用いただけるコンテンツは、日本円で販売されているコンテンツのみが対象となります。 日本円で表示されていても購入できないコンテンツがある可能性があります。 FOMA・「Xi」(クロッシィ)・5G利用時のGoogle Play TMのご利用およびコンテンツのダウンロード時にはパケット通信料がかかります。 ご利用には、Google ペイメント TMへの登録が必要です。 初回ご利用時にご利用に関する規約に同意していただく必要があります。 初回ご利用時に海外に向けてSMSを送信する場合がありますが、このSMS送信には、料金はかかりません。 コンテンツの購入を申込むと、ダウンロードに失敗、あるいはダウンロードしなかった場合も料金をお支払いいただきます。 定期購入コンテンツの継続状況については、Google Play TMの「マイアプリ」をご確認ください。 Google Play TMの定期購入は、ひと月周期、または1年周期で初回登録日と同日(月の日数が少ない場合は繰り上げ)にGoogle社より課金が行われます。 そのため、Google社からの課金要求時点でspモード コンテンツ決済サービスの利用可能残高が不足する場合は、ご利用料金を支払えず、当該コンテンツの利用契約が終了となる場合があります。 請求書には「spモード決済(Google Play)」と表示されます。 (2014年2月以前ご利用分の請求書では「spモード決済(Google Play/都度課金)」または「spモード決済(Google Play/継続課金)」と表示されます)• 正確な請求金額については「決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ払い/d払い)」をご確認ください。 ご利用明細内のステータスが「処理中」の決済は、お客さまの請求対象となりません。 お客さまの請求対象となるのは、ステータスが「完了」となった決済のみとなります。 Google Play TMで購入したコンテンツのキャンセル(払戻し)をされた場合、翌月まで、ご利用明細内に反映されない場合があります。 定期購入コンテンツの決済は、ご利用明細内で、「都度課金」で表記されます。 (2014年3月24日以前の決済については、「継続課金」で表記されます。 月初めは午前0時台を中心にお客さまのご利用が集中するため、決済を受け付けできない場合があります。 ご利用になれない場合は、しばらく時間を空けてからご利用ください。 spモード コンテンツ決済サービス・ドコモ払い/d払いに共通のご注意事項があります。 キャリア決済は、iOS7以上であれば利用可能ですが、最新のiOSをご利用いただくことを推奨します。 ご利用方法 App Store、Apple Music、iBooks、iTunes、iCloudのアカウント設定画面で、支払方法を「キャリア決済」に設定することでご利用いただけます。 設定手順は、「キャリア決済」かんたん設定ページから、ご確認いただけます。 spモード コンテンツ決済サービスiTunesについてのご注意事項• 購入したコンテンツの利用については、ドコモは一切の責任を負いかねます。 コンテンツに関する問い合わせはiTunesにお問い合わせください。 コンテンツのダウンロード時にはパケット通信料がかかります。 ご利用には、Apple IDでキャリア決済登録の設定が必要です。 ご購入は、Apple IDによる認証になります。 初回ご利用時にご利用に関する規約に同意していただく必要があります。 初回ご利用時に海外に向けてSMSを送信する場合がありますが、このSMS送信には、料金はかかりません。 コンテンツの購入を申込むと、ダウンロードに失敗、あるいはダウンロードしなかった場合も料金をお支払いいただきます。 所定の期間で定期購読できる、自動更新コンテンツの継続状況については、ドコモでは管理いたしません。 請求書には「spモード決済(iTunes)」と表示されます。 正確な請求金額については「決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ払い/d払い)」をご確認ください。 ご利用明細内のステータスが「処理中」の決済は、お客さまの請求対象となりません。 お客さまの請求対象となるのは、ステータスが「完了」となった決済のみとなります。 購入したコンテンツの払戻しをされた場合、翌月まで、ご利用明細内に反映されない場合があります。 定期購読コンテンツの決済は、ご利用明細内で、「都度課金」と表記されます。 月初めは午前0時台を中心にお客さまのご利用が集中するため、決済を受け付けできない場合があります。 ご利用になれない場合は、しばらく時間を空けてからご利用ください。 spモード コンテンツ決済サービス・ドコモ払い/d払いに共通のご注意事項があります。 spモードでできること詳細情報• spモード コンテンツ決済サービス•

次の