離職 票 届か ない。 離職票がすぐに届かない理由を解説!なぜ退職後1週間以上かかるのか

退職後に離職票が届かない!郵送されるまでの期間と届かない時の対処法

離職 票 届か ない

会社を退職した人で社会保険(健康保険・厚生年金)から国民年金や国民健康保険に加入するときは、退職前の会社でいつまで社会保険に加入していたのか?を確認するため、社会保険の資格喪失日が確認できる証明書が必要です。 この 「社会保険資格喪失証明書」は、今まで勤めていた会社が退職した人に対し発行する書類です。 通常だと、「退職時に渡される」または「退職後、(1~2週間程度)郵送で自宅に届く」ことになりますが、 「いつまで経っても届かない!」 「会社に催促しても送ってくれない」 「会社に催促するのが気まずい・・」ということで、国民年金・国民健康保険の加入手続きができず、困っている人いると思います。 そこで、今回は 社会保険資格喪失証明書が届かない場合はどうすればいいのか?届かないときの対処法について、私の住んでいる市区町村で確認したことをまとめてみました。 「社会保険資格喪失証明書」が届かない場合は? まず、国民年金や国民健康保険の加入手続きには、なぜ「社会保険資格喪失証明書」が必要なのか?ということからご説明します。 国民年金や国民健康保険の加入日は、直近まで加入していた社会保険などの 資格喪失日(退職日の翌日)から加入することになっているため、 社会保険の資格喪失日を確認できる証明書が必要になります。 ということは、極端な話 「退職した日が、確認できればok!」ということになりますよね。 下の書類をお持ちではないですか? <離職票> 続いて、退職証明書です。 基本的に「退職証明書」は、会社へ依頼したときに発行される書類なので、お持ちの方は少ないですよね。 お急ぎの方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 ただ、会社によっては 「個人情報なので答えられない」というケースもあるそうですが、その場合は、職員の方から「社会保険資格喪失証明書」の発行を催促してもらうようにしてください。 お持ちの方は、お住まいの市区町村で確認してみください。 こちらでは、 退職後に行う手続き(国保の加入手続き、国民年金の加入手続きなど)をまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。 ただし、後日、保険証が発行されたときに7割を返金請求することができますので、領収証等は保管しておくようにしてください。 最後に 会社を退職後、「社会保険資格喪失証明書」が届かないことで、国民年金・国民健康保険の加入手続きをすることができないという人は、今回の記事を参考にしていただき、お住まいの市区町村でも手続きが可能かを確認してみてください。

次の

離職票は2週間以内に届く!届かない原因と3つの対処法を詳しく解説

離職 票 届か ない

離職票が届くまでの期間を確認 まず、 離職票は会社を退職する日(当日)にもらうことはできません。 なぜなら、会社は退職した日以降にハローワークへ「〇〇さんは、雇用保険の被保険者としての資格を喪失しました。 」という届出をすることになっているからです。 つまり、離職票は、会社がハローワークへ手続きをしてから発行される書類なので、発行まで数日間かかるということです。 では、離職票発行までの流れと期間を確認していきましょう。 私の勤務している会社の場合は、退職した日にハローワークへ資格喪失届を郵送して離職票が送られてくるのは、平日なら大体3日以内です。 その後、すぐに退職者へ郵送することになっていますので、退職した人の元に届くのは最短で退職後4~5日くらいです。 失業手当を一日でも早くもらいたいという人は、退職前に「離職票の手続き、お願いしますね!」と、一言伝えておきましょう。 「1週間~10日経っても郵送されてこないよ~」という場合は、次の対処法を確認してみましょう。 スポンサーリンク 離職票が届かないときの対処法 まず、始めに確認してもらいたいことがあります! それは、 退職後にまだもらっていない給与はありませんか? どういうことかと言うと、会社によっては、 「退職後、最後の給与を支払ったあとに雇用保険の資格喪失届を提出する」というケースがあります。 例えば、基本給は毎月月末に振り込まれるけど、残業代は翌月末に振り込まれるという会社があったとします。 この場合、退職しても残業代は翌月に入金されるため、その残業代の支払いが終わってから手続きを始めるという会社もあります。 心当たりのある人は、会社に確認してみてください。 では、 離職票が届かない場合はどうすればいいのか?確認していきましょう。 会社を辞めた後だと連絡しづらいという人もいると思いますが、失業手当は条件を満たせば平等にもらう権利がありますので、手続きをしてもらうよう催促してみてください。 相談をすることで、ハローワークの担当者が勤めていた会社に「〇〇さんの雇用保険資格喪失届はどうなっているの?」と連絡を入れてくれますので、手続きが進むと思います。 ただし、離職票の発行には退職前の6ヶ月分の給与を申告する必要があり、その期間の給与明細等が必要となりますので、ハローワークの指示に従って手続きをするようにしてください。 スポンサーリンク 会社が倒産して離職票が発行されない場合は? 突然会社が倒産して社長とも連絡が取れなくなってしまうと、離職票の発行自体が難しくなってしまいます。 この場合は、倒産した事実が確認できれば、ハローワークで離職票を発行してもらうことができますので、まず会社の所在地を管轄するハローワークで相談することをおススメします。 ただし、離職票の発行には退職前の6ヶ月分の給与を申告する必要があるため、その期間の給与明細等が必要となりますので、事前に準備しておいてください。 未払い賃金や未払い退職金がある場合は退職のタイミングに注意! 中には、未払い賃金や支払われていない退職金があり「少しでも取り戻そう!」と法的措置を検討している人もいると思います。 そのため、法的措置を検討している人は、退職手続きの前に一度、労働基準監督署や弁護士などに相談するようにしてください。 最後に 勤めていた会社に専属の社会保険労務士(社労士)がいる場合は、離職票が届かないというケースはないと思いますが、中小企業等で事務員が不足している会社では手続きを忘れている可能性もありますので、1週間~10日経っても郵送されてこない場合は、一度会社に確認するようにしてください。

次の

離職票がすぐに届かない理由を解説!なぜ退職後1週間以上かかるのか

離職 票 届か ない

離職票とは? 失業保険の受給に必要な書類 離職票とは、失業保険の手続きに必要な書類です。 離職票1と離職票2があり、退職後に会社からもらうことができます。 会社から郵送で送られてくることが一般的ですが、直接渡す場合もあります。 基本的には必ず発行しなければならない 離職票は、本人が必要ないと会社に伝えない限り、必ず発行しなければなりません。 会社が理由もなく離職票を発行しなかった場合、会社には罰則があります。 一度必要ないと言った場合でも、後から欲しいと伝えれば、会社は発行しなければなりません。 離職票を受け取るまでの流れ 離職票が届かないときには、どこで離職票が止まっているのかを予想できると対応がスムーズです。 ここでは離職票を受け取るまでの流れを紹介します。 会社が「離職証明書」を作成 退職することが決まったら、会社は「離職証明書」を作成します。 これは、「離職票2」と2枚セットの複写式になっている書類です。 退職前の6,7ヶ月分の賃金や、離職理由などが書かれています。 賃金の記入が必要なので、最後に働いた月の給料が確定するまでは作成できず、遅くなることがあります。 離職理由を確認して署名する 「離職票2」には、離職理由を本人が確認し、署名する欄があります。 失業手当の金額やもらえる時期は、離職理由によって大きく変わることもありますので、間違いがないかしっかりと確認して署名しましょう。 会社がハローワークに提出 会社は、本人から署名をもらった後に「離職証明書」と「離職票2」の2枚セットを、ハローワークに提出します。 「資格喪失届」などの必要書類も一緒に提出します。 ハローワークが離職票を発行 ハローワークは、会社が持参した「離職証明書」と「離職票2」のセットのうち、「離職証明書」を受け取り、「離職票2」には印鑑を押すなどします。 その後、「離職票1」、「離職票2」、その他の書類を会社に渡します。 会社の担当者が直接ハローワークの窓口に出向いていれば、その場で受け取ることができますが、郵送で手続きをしている場合は、数日かかります。 会社から離職票が送られてくる 会社は、ハローワークから受け取った離職票を本人の自宅へ郵送します。 本人に渡す方法に決まりはありませんので、郵送ではなく、手渡しになることもあります。 離職票が届かないときの対処法 提出期限の数日後まで待ってみる 会社は退職後10日以内にハローワークへ「離職証明書」を提出しなければなりません。 郵送で提出した場合、ハローワークから会社へ離職票を郵送する日数もかかりますし、さらに会社から本人の自宅への郵送日数もあります。 退職した日から2週間程度は待ちましょう。 会社に届かないことを伝える 待っても届かない場合は、会社がハローワークへ提出するのを忘れているか、本人に郵送するのを忘れている場合が多いです。 会社に届いていないことを伝えて、手続きをしてもらいましょう。 ハローワークから会社に伝えてもらう 会社がどうしても「離職証明書」をハローワークに提出してくれない場合は、ハローワークに相談しましょう。 ハローワークから会社に連絡をしてくれます。 会社には「離職証明書」を提出する義務がありますし、故意に守らない場合は会社に罰則もあります。 離職票を持たずに仮手続きができる 失業手当の手続きを早く行いたい場合は、ハローワークで仮手続きをしましょう。 「離職票」がなくても最初の申請手続きができます。 ただし、認定日までには「離職票」の提出が必要になります。 転職先が決まっている場合は必要ない 「離職票」は失業手当の受給に必要な書類です。 失業手当は失業している人が受け取れる手当です。 転職先で雇用保険に加入することが決まっているなど、失業していない人は受け取ることができません。 どうしても離職票が欲しい場合は、会社やハローワークに相談して受け取ることができますが、使う可能性は低いでしょう。 離職票を紛失したときは? ハローワークで再発行できる 受け取った離職票を紛失してしまったときは、ハローワークで再発行ができます。 会社も手続きはできますが、自分でハローワークに出向いた方が再発行の手続きは早くできることが多いです。 手続きをするのは、会社の住所を管轄しているハローワークです。 必要な書類はハローワークにおいてありますので、身分証を持参して手続きをしましょう。 まとめ 離職票は、失業手当の受給に必要な書類です。 届かないときには、会社で手続きが遅れている可能性がありますので、会社に連絡しましょう。 会社が手続きをしてくれない場合は、ハローワークに相談すると対応してくれます。 離職票が届く前に仮手続きもできますので、必要に応じてハローワークで相談してみましょう。

次の