リオン ドール。 全国のリオンドール 店舗検索

NEC/リオン・ドールに「AI需要予測型自動発注」ロス金額最大40%削減

リオン ドール

イオン、アピタ、長崎屋 ドン・キホーテ 、PLANT etc 各県をまたいて進出しているスーパーマーケット。 その中でも、 新潟県内でイオンリテールに続き店舗数を有するのが、 CGCグループ加盟店のリオン・ドール 本社・福島県会津若松市。 リオン・ドール商号では、新潟県内11店舗、全店で58店舗。 福島県を中心に東北から北関東と展開地域も広く、 新潟県内では、原信ナルス アクシアル に次ぐ規模です。 出店は新潟市近郊と県央のほか十日町と、 限られた地域に集中しており、十日町に至っては、ほぼ飛び地。 全県的には知名度が高いとは言えない印象も。 県内では、地味な存在であるリオン・ドール。 1号店の白根店 初代 、石山店、十日町店、見附店、加茂店、津川店は、 市街地や駅前を中心とした地域に出店しており、 2階建もしくは複数のテナントを有する商業施設でした。 1998年出店の西川店以降は、同一敷地内に各専門店が営業する 郊外型ショッピングセンターでの出店を続け、 現在まで40年以上も地域に根付く存在となっています。 年代によっては、スーパーマーケットと言うより、 小型デパートに近い存在で記憶されている方も。 地味ながらもCGCグループ 県外勢のスーパーマーケットが、爆発的に店舗数を増やせない新潟。 しかしながら、同じCGCグループの原信ナルスやマルイより、 いち早くCoGCa コジカ カードを導入し、「CGCフェア」を大きく組むなど、 県内のCGC加盟店と同化している印象も。 実に地味に溶け込んでいます。 …と言うより、ポイントカードを使った販促が、他店より強いのでしょうか。 地味ながらも激戦 イオンなどの大手スーパーマーケットとの商戦が、 比較的ゆるい地域への出店を狙っているようにも見えます。 しかしながら、 過去に閉店した店舗のうち、 「ライオンドー見附店」の商圏は当時、 地元の見附市に本部を置くマルイや見附センタ、 原信やキューピット、ディスカウント店を含めた、 激しい商戦が繰り広げられていました。 1円の差でもお客の行列の長さが変わると言われた「見附戦争」は、 全県の関係者に知れ渡っており、 店舗偵察は欠かせず、やるかやられるかの時代。 その中でも食料品と衣料品、テナントを含めた2階建店舗で、 古参の競合店と比較すると有利にも見えましたが、 激しい商戦の末、2000年に閉店。 店舗跡は「ネーブルみつけ」 見附市市民交流センター として活用されています。 「ライオンドー津川店」は、 当時の津川町中心部の立地で、 1階は食料品、2階は衣料品で構成する店舗でした。 エントランスを入った真正面の階段が、印象に残っています。 スーパー巡りを始めて間もない頃で、 写真も撮らず、周辺リサーチもせず、気付いた頃には閉店。 現在、国道49号線沿いには、 生鮮の杜カラオや生鮮市場かわちや津川店が営業しています。 「リオン・ドール石山店」は、 JR白新線・東新潟駅前の立地で、 食料品と衣料品を中心にテナントも含めた店舗でした。 末期には空きフロアが目立つようになり、2009年に閉店。 店舗跡は、当時はす向かいで営業していた、キューピット石山店が移転。 会津名物・天ぷらまんじゅう 地味ながらも異色 多難な歴史であったリオン・ドール。 今なお、地元勢との商戦は続いていますが、 しかし、その売り場には、会津らしさも漂います。 ・天ぷらまんじゅうを売っている 時もある ・馬刺しを売っている ・割と多い会津の菓子類 ・日替わりが表面、通しが裏面のチラシ ・20年近く三角屋根 ・ポイント倍デー ・黄色い号外チラシ ・呼び込み君が活躍 ・惣菜売り場以上に目立つ、中華惣菜売り場「福龍門」 etc 安定している売り場をベースとして、 今後も店舗数を増やしていくであろうリオン・ドール。 越後と会津の懸け橋であってほしいと期待しています。 うまい事、まとめたつもりです.

次の

地味に浸透するリオン・ドール

リオン ドール

福島県 福島市• 会津若松市• 郡山市• 白河市• 須賀川市• 喜多方市• 田村市• 福島県伊達市• 本宮市• 伊達郡川俣町• 岩瀬郡鏡石町• 南会津郡南会津町• 耶麻郡西会津町• 耶麻郡猪苗代町• 河沼郡会津坂下町• 大沼郡会津美里町• 西白河郡泉崎村• 西白河郡矢吹町• 東白川郡棚倉町• 東白川郡矢祭町• 東白川郡塙町• 石川郡石川町• 石川郡玉川村• 石川郡浅川町• 栃木県 日光市• 大田原市• 塩谷郡高根沢町• 那須郡那珂川町• 新潟県 新潟市秋葉区• 新潟市南区• 新潟市西区• 新潟市西蒲区• 三条市• 加茂市• 十日町市•

次の

全国のリオンドール 店舗検索

リオン ドール

NECは2月21日、小売業界向けにAIを活用した需要予測と、それに基づく自動発注システムを提供開始すると発表した。 <AI需要予測型自動発注システムのイメージ> 同システムは、様々なデータから客数や各商品の需要予測を行う。 予測に基づいて発注業務を自動化することにより、発注業務の効率化・標準化、ロス・欠品の削減に貢献する。 先行して、リオン・ドール コーポレーションが福島県を中心に展開するスーパーマーケットに採用された。 千石店で今月より稼働開始し、今後各店舗に順次展開していく。 リオン・ドールでは、システムの本格導入に先立ち、複数店舗において予測モデルを用いた3カ月間のシミュレーションを実施し、人手による発注実績と比較した結果、対象製品の欠品日数6. 5%改善、ロス金額25~40%低減を確認した。 小売業界は人手不足に対応した働き方改革、食品ロスの削減といった課題に直面しており、ICTを活用した業務変革が求められている。 NECは、AI需要予測システム(DCMSTORE-DF)と、それを用いた需要予測型自動発注システム(DCMSTORE-EOB)を開発し、この2つの課題の解決に取り組む。 同システムは、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「異種混合学習」を活用しており、天候や曜日、過去実績などのデータを元に客数と販売数を高精度に予測できるという。 牛乳や練り物など日持ちのしない日配品を対象に販売数を予測し、適正量を自動発注することで、発注業務の効率化・標準化を実現し、ロス・欠品を防止する。 今回活用するNECの「異種混合学習」は、多種多様なデータから複数の規則性を自動で発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を行う。 店舗ごと、商品ごとに規則性を自動で検出して予測することで、きめ細かく精度の高い自動発注が可能。 システムは予測結果の根拠まで説明できるホワイトボックス型AIであるため、複雑な分析についても解釈性の高い予測結果を得られる。 予測の理由が示されることで、予測の納得感が増し、問題発生時には原因解明を容易にするという。

次の