マグロ 漬け めんつゆ。 安いマグロも高級マグロに!プロが教える!お家で簡単!美味しい漬けマグロのレシピ!

「マグロの漬け」の漬け時間は?タレは醤油でも良い?

マグロ 漬け めんつゆ

1 漬けマグロとは 主に 醤油や酒で作られた調味液にマグロを漬け込み味をつけた物を言います。 漬け醤油に漬け込むことで、味が染み込むだけでなく 余分な水分が抜けてもっちりとして旨味がより詰まったような味わいとなります。 そのため、スーパーなどの冷凍マグロのような 水分の多いマグロなどは漬けにすることでより美味しく楽しむことができます。 一般的にお寿司や丼などに調理されていますが、ユッケ風や山かけなどのアレンジも豊富です! 1-1 日本人とマグロ 古くから日本人に馴染みのあるマグロですが一般的に食べられたのは江戸時代からです。 当時は今のような冷凍保存技術もなく 鮮度のいい状態でマグロを食べる機会がありませんでした。 また、当時マグロのことを 「シビ」と呼ばれていました。 これが 「死日」と聞こえ不吉とされ下魚とされていました。 1-2 寿司屋の発明 そんなマグロでしたが江戸の寿司屋が 鮮度の低下を防ぎ、なおかつ美味しく食べれるということで漬けを作ったのが始まりとされ、 生の状態とはまた異なる味わいが日本人の口に合い現在まで残ったのだとされています。 当時は トロのように脂っこい物は好まれず捨てるか畑の肥料にされており、「猫も跨いで通る」という意味で猫またぎなどと言われていました。 つまり江戸時代に マグロと言えば赤身のことを指し、 赤身はすなわち漬けを意味していました。 その名残で今でも マグロの赤身のことをヅケと呼ぶお店もあります。 2 漬けマグロの種類 一言に漬けマグロといっても実はお店によって作り方が異なり、種類があるのをご存知ですか? 2-1 平漬け マグロを刺身や寿司ネタのように 薄く一切れずつ切ってから漬け醤油に漬ける作り方です。 薄く切ることにより 短い時間で均等に味が入ります。 しかし 味が入りすぎたり硬くなることもあります。 また、大きな塊で漬けたものと比べると凝縮された旨味に欠けます。 2-2 サク漬け 漬け醤油に サク(板状の塊)の状態で漬け込む手法。 マグロを大きな状態で漬け込むので味が入りすぎたりすることが少なく、 ゆっくりと浸透する分水分が抜けてもっちりとした食感がします。 しかし 味が馴染むまで数十分から数時間かかることもあります。 2-3 湯霜作り マグロのサクにお湯をかける、またはお湯に入れてマグロの周りに少し 熱を加え白くしたものを漬け醤油に漬ける方法。 これにより 漬け醤油が浸かりすぎるのを防ぎマグロらしい食感が残せます。 濃い味の醤油でも漬けが作れますが完成するまで 一晩漬ける必要があります。 もっとも昔ながらの仕事と言われています。 3 漬けマグロの作り方 ここまで漬けマグロの歴史や種類についてお話しましたが結局お寿司屋さんだけでしか楽しめないのでは寂しいですよね? 今回はお家で出来るグルカン流の美味しい漬けマグロの作り方を紹介します! 3-1 漬けの基本の三同割り• 醤油1:味醂1:調理酒1• 味醂と酒を鍋に入れ火にかけて アルコールを飛ばします。 醤油も加えて 一煮立ちさせたら火から外して冷ませば出来上がりです。 漬け時間は平漬け10分、サク漬け1時間、湯霜作り6時間以上が目安です。 基本の割合でマグロの他にも白身魚の漬けや焼き魚、肉などの下味にも使えて便利です。 3-2 本格的お店の漬けマグロ• 醤油3:味醂1:酒1:鰹節、出汁昆布• 味醂と酒を鍋に入れ火にかけ アルコールを飛ばします。 醤油も加えて一煮立ちさせ、鰹節一摑みと出汁昆布一欠片を 加えてから火から外して冷まします。 鰹節と出汁昆布を入れたまま一晩寝かしたら出来上がりです。 漬け時間は平漬けで5分、サク漬けで30分、湯霜作りで4時間以上が目安です。 醤油がまろやかになり、旨味も強くなるのでお刺身を食べる時に使ってもより美味しく楽しめます。 3-3 簡単めんつゆで漬けマグロ 市販のめんつゆを使う方法です。 めんつゆには酒や味醂などの成分があらかじめ入っているので漬け醤油の代わりになります。 めんつゆは2倍、あるいは3倍濃縮タイプを使うと味が馴染みやすいです。 漬け時間は一般的なめんつゆで平漬け10分、サク漬け1時間、湯霜作り6時間ほどです。 まとめ いかがでしたか? お店で食べるイメージの漬けマグロですが以外に手軽に作れるんですね! また、ごま油を加えたりシソや白ごまと和えて食べても美味しいので是非自分だけの美味しい漬けマグロレシピを試してみてくださいね!.

次の

【ヒルナンデス】アボカドのめんつゆ漬けの作り方。漬けるだけおかず!プロの漬けおきおかずレシピ(5月28日)

マグロ 漬け めんつゆ

マグロの漬けとタレの作り方 たまにスーパーで安くなっているマグロの赤身やビンチョウマグロ。 晩ごはんの献立は決まっているけど本日の特売品という時はヅケにしてしまえば3~4日は保存が可能。 そのまま漬けると醤油が効きすぎてしまうので、熱湯でさっと湯引きすることで見た目も鮮やかに保存期間も長くなります。 タレにはマグロのヅケに最適な煮切り醤油を使うことで、甘ったるくならず飽きのこないさっぱりとしたヅケに。 醤油もしみ込み過ぎないので数日漬けても塩っ辛くならない、美味しい漬けマグロのレシピです。 ・氷水は多めに用意する。 醤油9:酒1の割合 ・火を止めて冷ます。 ・沸騰した湯をマグロの柵全面にかける。 ・表面が白くなったらすぐに氷水で冷やす。 ・キッチンペーパーで水気を切り、ビニール袋やジップロックなどに入れて煮切り醤油を注ぐ。 ・冷蔵庫で寝かせる。 一晩も漬けるとしっかりと煮切り醤油の味がしみて、旨味が増します。 左の画像は3日漬けたもの、右は2日漬けたビンチョウマグロ。 丼にごはんと盛ればそのままマグロのヅケ丼に、トロロをかければヅケの山かけ丼になります。 湯引きすることで醤油が効きすぎることもなく、数日漬けても塩っ辛くありません。 表面に熱湯をかけることで保存期間も長くなるので、特売の時に買って作っておくと使い勝手のいい食材になります。 水気が抜けてハムのような食感に。 6日経っても塩気が効き過ぎることもなく、また違った食感で美味しくいただけます。

次の

漬けマグロ/ヅケマグロのレシピとタレの作り方

マグロ 漬け めんつゆ

と聞きました。 何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつゆに漬ける たったこの2工程だけで、「どうしてこういう味になるの?」とびっくりするおつまみができたのです! この材料からはちょっと想像できないその味とは! そして、「この味を楽しめる他のチーズ」とは! 材料は「つゆ」「チーズ」だけ!注ぐだけ! さて、今回は「モッツアレラを買ってくる」「めんつゆに漬ける」で工程説明が全部終わってしまいました。 これだけでは何なので、蛇足のようにご説明していきますね。 まず、漬けるときのめんつゆの扱い。 めんつゆはしょう油の半分以下の塩分濃度なので、私のように気が短い人は割らずにストレートで漬けてよいと思います。 ただし、3倍はちょっと濃いかも。 創味などの2倍濃縮タイプがいいでしょう。 薄味好きの人は割ってからのほうがいいです。 夜スーパーで買ってきて漬けて、朝起きたらひっくり返し、その夜おつまみにするリズムで無限製造できます。 「さけるチーズ」のような食感。 このスモーク風味はどこからきたの? 本当に漬けるだけなので、いきなり完成図です。 チャーシューのように見えますがチーズです。 24時間でこのくらいめんつゆがしみこみます。 一口食べると、このキュっとした歯ごたえ……敢えて例えるならのような、独自のしこしこ感があります。 続いて口の中に広がるのは、えっ、この味はどこからきたの?と謎なスモーキーフレーバー。 最初に食べたときは「なんでここでスモーキー味??」と本当にびっくりしました。 比べていくと、かつおだしのめんつゆで特に感じるので、かつおぶしとチーズのうま味がくっつくとこうした燻製状の風味になるのかな?と感じています。 なので、かつおだし系のめんつゆは特にオススメです。 他のチーズ……カマンベールは? モッツァレラがこんなに美味しいなら、絶対他のチーズも美味しい!と試してみましたが、意外なからぶりに。 まず、カマンベールチーズは……。 切ってみて気づきましたが、この表面の熟成部分には外から味が入らないんですね。 とはいえ、和の発酵+洋の発酵のコラボですから、「カマンベールにめんつゆをかけたおいしいおつまみ」としていただきました。 普通におしいいですが、24時間も漬ける必要がないんですね。 また、おつまみとして評価の高いは、チーズがもっている旨みがそもそも強いので「わざわざめんつゆに漬けなくても……?」という結果に。 そもそもベビーチーズなどの個包装タイプのチーズは、いちいちラップをはがして漬けるのがめんどくさい。 私個人が面倒になってしまいました。 実は意外なこのチーズがうまみを吸ってすばらしい! とっても素晴らしかったのが、ピザ用のとろけるチーズ! 表面積が大きく味を吸いやすいので、めんつゆに漬けて30分もすれば食べごろに! とろけるチーズだけではおつまみにならなくても、めんつゆ漬けだと食べる気になるのはどういうことなんでしょう。 長時間漬け置くと塩辛くなりすぎるので、お刺身を漬けにするときのような短時間のマリネ感覚がオススメです。 なお、あれこれ試す中で、ヤマキの2倍濃縮めんつゆがちょうどいい鰹節感で、これらチーズとの相性がいいかも?と感じました。 めんつゆの味や、漬ける時間で都度都度味が変わるのも面白い点です。 ぜひ手元にチーズがあったら何か漬けてみてください!.

次の