キクラゲ 料理 レシピ。 はじめての生きくらげ~調理&保存方法ガイド~

はじめての生きくらげ~調理&保存方法ガイド~

キクラゲ 料理 レシピ

がおいしい! ゲストさん 10:01• がおいしい! ゲストさん 09:51• がおいしい! ゲストさん 09:41• がおいしい! ゲストさん 07:57• がおいしい! かい 君さん 07:41• がおいしい! ゲストさん 06:49• がおいしい! ゲストさん 06:31• がおいしい! ゲストさん 05:55• がおいしい! ゲストさん 04:26• がおいしい! ゲストさん 03:49• がおいしい! ゲストさん 03:03• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 02:23.

次の

生きくらげレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

キクラゲ 料理 レシピ

がおいしい! ゲストさん 10:01• がおいしい! ゲストさん 09:51• がおいしい! ゲストさん 09:41• がおいしい! ゲストさん 07:57• がおいしい! かい 君さん 07:41• がおいしい! ゲストさん 06:49• がおいしい! ゲストさん 06:31• がおいしい! ゲストさん 05:55• がおいしい! ゲストさん 04:26• がおいしい! ゲストさん 03:49• がおいしい! ゲストさん 03:03• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 02:23.

次の

きくらげの人気レシピ!つくれぽ1000【殿堂5選】&簡単【5選】&ふりかけ【5選】!栄養・下ごしらえ・保存方法も!

キクラゲ 料理 レシピ

【生キクラゲ保存方法】• 冷蔵庫の野菜室に入れて保存する。 調理に使わなかった生きくらげは、ビニール袋やラップで軽く包み乾燥を防ぐ。 生きくらげの賞味期限は、上記条件で保存して通常1週間ほどです。 時間に余裕があれば水につけて冷蔵庫へ 水をはったボウルに生きくらげをひたしておくことで、きくらげのプリプリ感がアップします。 購入してから調理までに少し時間に余裕がある場合は、ボウルに生きくらげと水を入れて、冷蔵庫で保管してみてください。 【冷凍保存の方法】• 生きくらげを軽く水洗いする。 石づきを落として、熱湯に約30秒くぐらせる。 食べやすい大きさに切り、水気を切って冷凍する。 調理に使いたいときには、凍ったまま料理に加える。 生きくらげのおすすめレシピ 「はじめて生きくらげを食べるけど、どの料理がおすすめ?」という方に!生きくらげでおすすめの定番レシピを紹介します。 生きくらげの刺身 生きくらげをはじめて食べる方にぜひオススメしたいのが、さっと湯通ししたキクラゲをしょうが醤油でいただくシンプルな「お刺身」。 きのこ家でも特に人気のレシピで、ご飯にのせたり、おにぎりの具にしたりと、とにかくご飯がすすむ一品です。 見た目は昆布の佃煮とも似ていますが、食感は別物。 こりこり、プリプリとした食感が魅力です。 和風、洋風、中華とお好みのドレッシングと組み合わせることができ、生野菜+きくらげで低カロリーながら腹持ちの良いサラダに仕上がります。 レシピでは柚子胡椒を加えたアレンジサラダを紹介します。 お肉とあわせてもおいしいですし、お肉なしでもきくらげのプルプルの食感が食べごたえ満点!満足度アップ間違いなしの組み合わせです。 レシピでは人気のすき焼き風をご紹介しています。 そこで生きくらげのメリットも改めてご紹介。 すぐに調理に使える 乾燥きくらげの場合は、一度水で戻してから使うため、30分ほど下ごしらえの時間がかかります。 その点、生きくらげの場合はブナシメジやエリンギ同様、 カットしてすぐに調理に使えるのがうれしいポイント。 より手軽に料理に取り入れやすくなります。 例えると生の大根と切り干し大根ぐらい違います。 ぷるぷるとした食感が味わえるのは、やはり生きくらげならでは! 中には「乾燥きくらげより、生きくらげの方が好き」という方も。 安心して食べられる国産が主流 主に中国産が主流の乾燥きくらげと比べて、 生きくらげは国産が主流。 安心して食べられる国産食材を探しているという方にもオススメです。 最後に 今回は生きくらげの保存方法や調理方法、おすすめレシピ等についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。 乾燥にはないプリプリの食感が楽しめる「生きくらげ」。 乾燥と異なり、水戻し不要で手軽に料理に取り入れることができるのも魅力です。 皆さんもぜひ料理に取り入れてみて下さいね。 きのこ家では岡山県で有機きくらげを栽培・販売しています。 食べきりサイズの150gもありますので、ぜひ一度お試しください。 あわせてこちらも!キクラゲにまつわるオススメ記事.

次の