東京 学校。 THE名門校 日本全国すごい学校名鑑:BSテレ東

東京専門学校 (旧制)

東京 学校

壮年期の 現在のの源流は、のであった ・蘭学寮 ・など様々な説があるが、直接の前身はを中心に、ら出身者らが結成した「」のメンバー(・・・・・・)の支援を受けて設立された 東京専門学校である。 流の教育に重点をおき、のようにドイツ流の法学を中心とする学問体系と異なり、政治学と経済学の融合を志向したの構築を目指した。 そのため、が文系学部の中心学部であることが多い他の大学と異なり、が現在もなお早稲田大学の看板学部・中心学部となっている。 また、当時のいわゆる「」の一つに数えられたが、他の私立法律学校と異なり・を併設するなど総合教育への志向が見られた。 なお、東京専門学校の設立に先行して(1879年)・(1881年)が設立されているが 、東京専門学校を含め、これらの「専門学校」とは一般的なの意であり、その後制定された(1903年)に準拠するとは制度的に異なる。 東京専門学校は、設立時においてはに基づく学校である。 沿革 [ ] 小野梓 設立の背景 [ ] により下野した大隈重信は、、らとともに(総裁:大隈重信、副総裁:河野敏鎌)を結党した(党では、大隈は(大隈重信の、名改め、号龍渓)ら出身者らも呼び付け登用した )。 大隈重信が呼び付けた出身者で将来有望な幹部候補の卵達で結成された「」の支援を受け 、やがて樹立されるであろう立憲政治の指導的人材の養成を主たる目的として学校の設立を構想した。 なお、それ以前に、アメリカ留学でを学んだ娘婿のが理学の学校の創立を大隈に勧めていたが、理学科は学生が集まらず早々に廃止された。 大隈英麿が大隈重信に持ちかけた学校開設の構想は 、翌1882年(明治15年)に具体化し、9月には「政治を改良し、その法律を前進」することを標榜した「 東京専門学校」の開設が公表された。 開校 [ ] 初期東京専門学校の学生と教員(前列右から、、) 東京専門学校の入学試験は1882年10月11日から行われ、大隈重信も試験を視察するほどの熱の入れ様であったという。 10月21日午後1時、開校式は新築の講堂で挙行された。 開校時校舎として使われていた洋館造りの グリーンハウスは、まだ(1911年竣工)や(1912年竣工)が建造される以前から存在し、な校風とは対照的にな雰囲気があり、東京専門学校の象徴的な建物であった。 大隈は学校と立憲改進党との関係について疑念を持たれることを恐れたためか開校式に姿を見せなかったが、来賓として、、、、、などの著名人が参列した。 式の冒頭で校長が「開校の詞」を朗読。 の演説、の祝辞に続いてが演壇に立ち、「学問の独立」を高らかに宣言した。 一国の独立は国民の独立に基き、国民の独立は其精神の独立に根ざす。 而して国民精神の独立は実に学問の独立に由るものであるから、其国を独立せしめんと欲せば、必ず先づその精神を独立せしめざるを得ず。 しかしてその精神を独立せしめんと欲せば、必ず先ず其学問を独立せしめなければならぬ。 これ自然の理であつて、勢のおもむくところである。 開校時は78名だった学生数は年末までに152名となり 、講師には鷗渡会メンバーに加えてとが迎えられ 、翌年にはも加わった。 学校存続の危機 [ ] 設立当初は政治経済学・法律学・英学・理学の4学科が設置(その後理学科は廃止)され、のちに坪内逍遥を中心に、日本最初の純粋な文学研究学科として文学科も設置された。 しかし官学中心主義をとる政府は、東京専門学校が「学問の独立」を謳っていたにもかかわらず、大隈が設立に関与していたことから、これを改進党系の学校とみなし、私立校への判事・検事および大学教授(すなわち東大教授)の出講禁止措置など、さまざまな妨害や圧迫を加えた。 また、自由民権運動と政治運動を気風とし、文部省の文部大書記官・少書記官の巡視を受け、看過できない落書きが構内にあった、と参議に報告されている。 しばらくの間東京専門学校は講師の確保にも窮する状態が続き、一時は同じく英法系で新設の(の前身)との合併話が持ち上がるほどであった。 しかし、第1回卒業式(式)には、来賓として、、、、、、、、、、、ら各界の名士数十人が数えられて、開校式の大きさに匹敵する盛大さがあった。 また、に当選した学苑関係議員には、高田早苗、天野為之などの他、や、などもいた。 早稲田大学への移行 [ ] 東京専門学校を大学組織にした趣意は敢へて一躍現在の大学の如くしようとしたのではなく、当時の教育事情に鑑み、卒業生を収容し、それに簡易な大学教育を施さんとするに在つた。 当時中学を卒業しても、の数が少い為、前進することが出来なかつたのが、教育界の一欠点であつたので、それを補足せんとするのが一の目的であつた。 それを為すには従来の如く、邦語のみで教へることを主とせず、外国語をも併用し、予科を設けて、大学に入るの階梯を作る必要があつた。 但し帝大の予科の三ヶ年を長しとして一年半の予科を設け、成るべく短期に高等の学問を修めしめ、官設大学の不足に対し手伝をなさんとするが趣旨であつた。 — 、『回顧録』 中央公論社、279頁 ただしこの時点では、早稲田大学は制度上の大学()ではなく、その後、1904年(明治37年)4月にに準拠する高等教育機関(すなわち)となり、1920年(大正9年)2月5日、による大学となった(大学令によりと共に私立大学として最初に認可された )。 略年表 [ ]• 1881年(明治14年)10月 - によりと大隈系官僚が下野。 1882年(明治15年)• 4月 - 大隈重信、ら鷗渡会員に学校設立の話を持ちかける。 8月 - 学校名を「東京専門学校」と決定。 9月22日 - 『』に開設広告掲載。 10月21日 - 開校。 78名が入学。 ・・の3学科およびを設置。 理学科を除く2学科は修業年限3年、理学科は4年。 1883年(明治16年)9月 - 予科を設置(修業年限1年)。 政治経済学科を「政治学科」と改称。 理学科を廃止して土木工学科設置。 1884年(明治17年)• 6月 - 学生団体「同攻会」の結成。 7月26日 - 第1回卒業式。 1885年(明治18年)• 6月 - 評議員会、移転案を否決。 9月 - 土木工学科の学生募集を停止。 高等科(のちの研究科)を設置。 1886年(明治19年)• 5月 - 各学科の講義録を発行し校外生の募集を開始。 9月 - 学部制を施行し政治学科・法律学科・英学科をそれぞれ政学部・法学部・英学部と改称。 修業年限を4年に延長。 11月 - 私立法律学校特別監督条規により、総長の監督下となった帝国大学特別監督学校の5校のうちの1校となる。 英学部を除く2学部の修業年限を3年に復旧。 1887年(明治20年)• 9月 - 「講義録」発行元として出版局を設置。 現・の前身。 11月 - 政治科・第一法律科・第二法律科をそれぞれ邦語政治科・邦語第一法律科(司法科)・邦語第二法律科(行政科)に改称、英語政治科・英語第一法律科(司法科)・英語第二法律科(行政科)の3英語専門科を新設。 また英学本科・兼修英学科を英語普通科・英語兼修科に改称し前者を英語専門諸科への進学課程とする。 高等小学校卒業者を対象とする2年制の予科を新設。 1888年(明治21年)• 6月 - 文部省令「特別認可学校規則」公布にともない学部制・高等科の廃止。 修業年限3年の政治科・法律科(司法科=第一法律科)・行政科(第二法律科)・英学本科・兼修英学科を設置。 8月 - 政治科を除く法律科、科の2学科が特別認可学校となって文部省の管轄下に入り徴兵・就職などで特典。 1890年(明治23年)• 7月 - で・・・(講師)、(卒業生)当選。 9月 - を新設(修業年限3年)。 に(卒業生)選出。 1891年(明治24年)9月 - 予科を廃止し政学部・法学部・文学部の3学部制を復活。 1892年(明治25年)10月21日 - 創立10周年祝典挙行。 1893年(明治26年)• 8月 - この年の夏期休暇以降、各地の校友会と連携し巡回学術講演会を開催。 9月 - 卒業者を対象とする修業年限2年の研究科を新設。 1896年(明治29年)4月 - 早稲田尋常中学校設立。 東京専門学校への「予備門」的性格をもつ。 1897年(明治30年)7月20日 - 創立第15周年記念祝典を挙行。 大隈重信が初めて学校公式行事に出席。 1898年(明治31年)11月 - 東京府知事、東京専門学校の社団法人化を認可。 1899年(明治32年)• 3月 - 修業年限1年の高等予科設置。 9月 - 文学部修業年限を3年半に延長。 1900年(明治33年)2月 - 大学部設置。 1901年(明治34年)4月 - 高等予科を大学部への予備門とし修業年限を1年半に延長。 1902年(明治35年)9月2日 - 早稲田大学への改称が認可される。 1903年(明治36年)• 4月 - 高等予科を第一(政治経済学科)、第二(法学科)、第三(文学科)、第四(、新設)に分割。 9月 - 設置。 1904年(明治37年)• 4月 - 準拠の教育機関となる。 9月 - 大学部にを設置。 1907年(明治40年)• 4月 - 校長・学監制を廃し、総長・学長制を採用。 10月 - 校歌制定(作詞:、作曲:)。 早大創立30周年祝典の見物客で賑わう予科門前(1913年)• 1908年(明治41年)• 4月 - 第五高等予科()を設置。 5月 - 学校組織をとする。 1909年(明治42年)9月 - 大学部理工科機械学科・電気学科を設置。 1910年(明治43年)9月 - 大学部理工科採鉱学科・建築学科を設置。 1911年(明治44年)5月 - 恩賜記念館竣工。 1913年(大正2年)10月 - 創立30周年祝典を挙行。 1917年(大正6年) - 起こる。 1920年(大正9年)2月5日 - 準拠のとなる。 1925年(大正14年)3月 - による大学部廃止。 歴代校長・学長 [ ] 東京専門学校・早稲田大学校長 [ ]• 第1代:(1882年10月 - 1887年8月)• 第2代:(1887年9月 - 1890年8月)• 第3代:(1890年8月 - 1907年4月) 早稲田大学学長 [ ]• 第1代:(1907年4月 - 1915年8月)• 第2代:(1915年8月 - 1917年8月)• 第3代:(1918年10月 - 1921年10月) 主な講師陣 [ ] 以下、「明治二十三年十月 東京牛込早稲田 私立東京専門学校」、『早稲田大学百年史』による。 (鷗渡会を結成、開校時の講師、東京専門学校の第二祖(東大卒))• (開校時の講師、国家論、国文学史(東大卒))• (開校時の講師、経済原論、経済史、銀行論、為替論、経済研究法、貨幣論、文学士(東大卒))• (開校時の講師、弁護士、衆議院議員、関西大学主席理事(東大卒))• (開校時の講師、弁護士、衆議院議員(東大卒))• (開校時の講師、ジャーナリスト(東大卒))• (開校時の講師、大審院判事、衆議院議員(東大卒))• (開校時の講師、物理学者(東大中退))• (開校時の講師、物理学者(東大卒))• (開校時の講師、動物学者(東大卒))• (ジャーナリスト、衆議院議員(東大中退))• (上古史、中古史、文学士(東大卒))• (帝国大学の美学講座を開いた初の日本人教授(東大卒))• (科外講師、東西文明の比較)• (科外講師、東京美術学校初代校長(東大卒))• (、思想家、高等師範部部長(同志社英学校卒))• (文学者、第五高等学校教授(東大卒))• (英文学者(東大卒))• (社会主義者、野球部創設者(同志社卒・ベルリン大学卒)• (哲学者、京都帝大創設(同志社卒・東大卒))• (財産篇、刑法、治罪法 法学博士(東大卒))• (演劇家、小説家、詩人(東専卒・オックスフォード大学・ベルリン大学)• (歴史学者、エール大学日本人初代教授(東専卒))• (コロンビア大学に日本文化研究所設立(東専卒))• (哲学者(東専卒・ベルリン大学・ハイデルベルク大学))• (国際公法 法学博士(東大卒))• (英国私犯法、債権担保 法学士(東大卒))• 田中甲子次郎(法学通論、商法首部 米国法律学士)• (財産取得、破産、英国証拠法(石川県立専門学校、東大卒))• (国法論、行政学 文学士(東大卒・ベルリン大))• (科外講師 明治23年9月~)• (行政法(東大卒))• (政治学者(東大卒))• (東大卒)• (交通行政法 法学士(東大卒))• (社会学、教育学)• (教育家、柔道家(東大卒))• (貿易論、心理学 文学士(東大卒、東北帝大初代総長、京大総長、九大創設者))• (教育者、思想家、のちの早稲田大学で連続講演を行った(札幌農学校卒))• (証拠篇、時効、裁判所構成法 法学士(東大卒))• (売買、信用 法学士(東大卒))• (神学博士(ハーバード大学教授)• (各国憲法、伊国法律大博士(ローマ大学卒))• 織田一(日本憲法 法学士)• (考証経済学 法学士(東大卒))• (羅馬法、海啇、擬律擬犯 法学士(石川県専門学校、東大卒))• (物権 法学士(東大卒))• 板屋確太郎(組合法 米国法律学士)• (英国憲法 法学士(東大首席))• (法理学 法律博士(東大・ベルリン大学・英吉利英学校創設者))• (刑法 京都大学法学部の源流・設立当初から尽力、法政大学(東京法学社)設立者)• (科外講師、日本法律学校初代校長(ハーバード大学卒))• (応用経済学 文学士 (東大卒・ハイデルベルク大学・日本法律学校設立))• (統計原論 講師 (慶応卒、日本大学総長))• (財政論 法学士(東大卒、日銀設立委員))• (訴訟演習 米国法律学士(エール大学、慶応講師))• (法理学 法学士 関直彦(東大卒、東京日日新聞社長、帝国石油社長))• (徒然草(伊勢神宮教院,皇典講究所))• (日本人で初めてエドガー・アラン・ポーの作品を翻訳)• (南杜詩偶評講義(東大教授)• (古今集、文学作歌(東大卒))• (論語講義(東大卒・二松学舎創設))• (論理学 文学士(東大卒・文化勲章))• (和文学史、和文文法(東大卒))• (科外講師、初代東京農業大学学長)• (経済学者、法学博士)• (科外講師、東大卒)• (東大卒)• (文部大臣、東大卒)• (専修大学学監、明治学院大学初代経済学部長)• (帝国大学法科大学長、京都法政学校初代校長)• (社会主義運動家)• (慶応卒)• (慶応中退)• (経済学、財政学、専修大学創設者 )• (科外講師、題目不明、慶応義塾創設者)• (熊本バンド、早稲田学会演説者・早稲田学報評論者)• (熊本バンド、牧師、同志社総長)• (キリスト教思想家、神学者)• (司法大臣、内務大臣、立憲政友会総裁)• (内務大臣、政友本党総裁)• (公法学者、文部大臣、内務大臣、枢密院議長)• (ローマ法、民法学)• (刑法学者)• (大審院長、明治大学総長)• (商法学者、明治大学総長)• (司法大臣、文部大臣、枢密院副議長、中央大学学長)• (大審院部長、中央大学学長)• (司法大臣、枢密院議長、中央大学学長)• (司法大臣、貴族院議員、枢密顧問官、法政大学学長)• (国際法学者、朝鮮総督府司法部長官、法政大学学長)• (常設国際司法裁判所判事、関西大学学長)• (法理学者、関西大学学長)• (経済学者、京都市長、関西大学学長)• (国際法学者)• (労働運動家、社会主義者)• (国文学者、明治大学野球部長)• (歴史学者)• (歴史学者)• (歴史学者)• (人類学者)• (地理学者)• (哲学者)• (美術学者)• (宗教学者)• (仏教史学者)• (高等師範部長、高等学院長)• (経済学者、法学博士)• (財政学)• (法学博士)• (倫理学者)• (西洋史学者、政治学者)• (哲学者)• (歌人、美術史家、書家)• (初代理工科長)• (電気工学者、早大式テレビを開発)• (民法)• (植民学)• (哲学)• (政治哲学)• (日本思想史)• (保険学、関西大学理事長)• (英語、商業文)• (商業政策)• (宗教学) 校地の変遷と継承 [ ] 早稲田という土地 [ ] そのころの早稲田大学の周辺は、どんな状況であったかというに、すでには、、、その他の商店が軒を並べて、新たなとして繁栄していた。 しかしそのも、大学の方から向かって左側は、ちょっと裏にはいると、いわゆる早稲田たんぼで、まで水田が続き、その中に新たにできた道路に沿って、点々となどが建っているのに過ぎなかった。 昔早稲田は茗荷畑が多いことで有名だったそうだが、その名残りも明治三十六年ごろにはまだ見られた。 — 石橋湛山、『湛山回想』 岩波文庫、50頁 なお、には現在の早稲田キャンパスの大部分がの寺領であったと伝えられている。 また9号館のあたりには、(昭和38年)まで移転前の(高田稲荷)が所在していた。 校地の拡張 [ ]• 大隈重信は、弘道館、蘭学寮で学び、弘道館教授、蘭学寮頭取となった。 のちと長崎に致遠館を設立。 ただしこの2校は、東京専門学校とは異なり、江戸時代以来の・が明治維新後、中等教育相当のに改編されたものを母体として設立された官・公立の学校である。 大阪専門学校はを前身に官立学校として設立され、のちへと発展し、現在のの源流の一つとなっている。 石川県専門学校は校「」の系譜をひきつぐ・を前身に県立学校として設立されたもので、のちへと発展し、現在のの源流の一つとなっている。 現在は、早稲田大学の軽井沢セミナーハウスに復元されている。 「大隈侯の身辺や学校も実に物騒であつた。 侯の邸内に其の頃が潜入してゐたが、学校の寄宿舎にも始終学生らしく装うた一二のスパイがあつたのも事実である。 このとき合併論を唱えたとは英吉利法律学校に転じた。 現在の9号館の敷地が買収されたのは戦後である。 出典 [ ]• 「当時の大隈さんは、今の若い人達が知つて居る処の七十八十といふ大隈老侯とは、大分様子が異つて居た。 一見した処一寸近よりがたい一大人物と見えたと同時に、何処となしに親みがたい峻烈の感じがした。 」( 『』 、1927年、96頁)• 『早稲田大学百年史第一巻 第五章 朱子学と弘道館 P40-』• 佐賀市地域文化財データベースサイト• 今井一良「」 『英学史研究』 1977 年 1978 巻 10 号 p. 109-119, :, p. 114参照。 『早稲田大学百年史』• 『早稲田大学百年史』• 高田早苗『明治大正文学回想集成6 半峰昔ばなし』日本図書センター(1983年4月)• 2019年7月17日閲覧• 中村尚美 『大隈重信』 吉川公文館、177頁• 『』 46頁• 『』 45頁• 『』 49頁• 「初期東京専門学校入学生の志と活動」(真辺将之)• 『回顧録』 中央公論社、264頁)• 『早稲田大学百年史』• 『早稲田大学百年史』• 『』1920年2月6日、文部省告示第36号。 『』 早稲田大学出版部、1927年、95-99頁• 「早大内訌る 学長問題にて」(『東京朝日新聞』 1917年6月22日)• 『早稲田大学百年史』1巻~3巻• 『早稲田大学百年史』 第一巻 第二編 第九章 都の西北。 2019年5月25日閲覧。 2019年5月25日閲覧。 『早稲田大学百年史』 第二巻、264-268頁• 『早稲田大学百年史』 第二巻、294-296頁• 『都の西北 建学百年』 87頁 関連文献 [ ] 事典項目• 「東京専門学校」『日本近現代史辞典』 、1978年• 吉井蒼生夫 「東京専門学校」『日本史大事典』 第5巻、、1993年 単行書• 早稲田大学 『』 、1932年• 早稲田大学大学史編集所 『都の西北 建学百年』 早稲田大学、1982年• 『旧制専門学校論』 、1993年• 同 『大学の誕生(上):帝国大学の時代』 、2009年• 『早稲田大学小史』 早稲田大学出版部、2003年 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 学校関係者の回想録• 『』 早稲田大学出版部、1927年• 『』 、1941年• 『随筆 早稲田の半世紀』 中和出版、1957年• 『湛山回想』 、1985年 外部リンク [ ]• 赤尾光司, 後藤春彦, 三宅諭 ほか、「」『日本建築学会計画系論文集』 1999年 64巻 519号 p. 187-194, 日本建築学会.

次の

東京都、段階的に学校再開…オンライン学習も活用

東京 学校

2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2007. 2003. 13 その他のお知らせ• 学校の特徴• 学校案内• 説明会情報• 無料セミナー情報• 資料請求• 入学案内• 各種お問い合せ• 立志舎グループ•

次の

旧制中等教育学校の一覧 (東京都)

東京 学校

近日開催のイベント• バイオフェス• 20200711• 20200712• 20200725• 20200726• 20200815• 20200816• 20200822• 20200823 コース別体験授業• 20200704• 20200705• 20200718• 20200719• 20200801• 20200802• 20200808• 20200809• 20200810• 20200818• 20200819• 20200825• 20200826• 20200829• 20200830 AO入試説明会• 20200806• 20200813• 20200820• 20200827• 20200829• 20200830 学校&入試説明会 平日学校見学会• 20200701• 20200702• 20200703• 20200707• 20200708• 20200709• 20200710• 20200714• 20200715• 20200716• 20200717• 20200721• 20200722• 20200728• 20200729• 20200730• 20200731• 20200804• 20200805• 20200807• 20200811• 20200812• 20200814• 20200821• 20200828 スペシャルイベント ホンネトーク 留学生説明会• 20200806• 20200813• 20200820• 20200827• 20200829• 20200830 AO実技特待生講座• 20200621• 20200704• 20200705• 20200718• 20200719• 20200723• 20200724• 20200806• 20200813• 20200820• 20200827• 20200829• 20200905• 20200912• 20200919• 20200926 予備校生・浪人生のための進路相談会 オンライン説明会• 20200615• 20200616• 20200617• 20200618• 20200619• 20200620• 20200621• 20200622• 20200623• 20200624• 20200625• 20200626• 20200627• 20200628• 20200629• 20200630 バイオラボ• 20200620• 20200621• 20200627• 20200628 Blog• 2020-06-12 New! \24時間あなたのタイミングで視聴できる!/ 📱webオープンキャンパス📱 視聴できる動画が増えました! 📌コース説明 ・4年制学科 遺伝子・再生医療・バイオ医薬品 […• 2020-06-10 New! 普段通りの生活が少しずつ戻ってきましたね。 まず美容院に行ってカラーやカットをした!という方も多いのではないでしょうか? 今回はヘアカラーで髪が染まる理由を解説します!• 2020-06-10 New! 2020-06-05 集中力アップに!二日酔いの時に!など最近、ラムネ菓子が注目されているのをご存じですか? 懐かしのお菓子であるラムネが、なぜそのように注目されているかというと・・・ ラムネ菓子の主原料「ブドウ糖」に理由があります。 今回のブログでは、その秘• 2020-06-02 \24時間あなたのタイミングで視聴できる!/ 📱webオープンキャンパス📱 視聴できる動画が増えました! 今回更新した動画は 東京バイオの学費サポートを徹底解説! 使える奨学金や学費 [….

次の