美濃市観光協会。 多治見市/観光情報

美濃路稲葉宿の町並み

美濃市観光協会

128haもの広大な広さの「みのかも健康の森」には、ヤマザクラやヤマツツジ、カエデなど50種4万7千本もの木々が季節を彩り、森林浴や林の中の散歩が楽しめます。 また、園内にそびえる標高342. 5mの高木 たかぎ 山山頂には『よろこびの砦』と呼ばれる4階建ての展望台が設けられていて、晴れた日には御嶽山をはじめ白山や中央アルプスまでも望むことができます。 無料の双眼鏡も用意されています。 元旦ともなれば、初日の出を拝む地元の人々で賑わうことでも有名です。 展望台に至るには、777段の階段をはじめ、はぎ、つつじ、もみじの3コースと作業道を登るコースが新たに増えました。 小さなお子様や高齢者の人には作業道から登るコースがオススメです。 『グルメの丘』と呼ばれるバーベキュー広場には、団体用、ファミリー用のバーベキュー施設が設けられています。 バーベキュー施設は予約制なのでご注意下さい。 そのほか、パターゴルフ場(18h)や全長65mのローラーすべり台、七色の光の虹が幻想的な延長45mの虹のトンネル、筏で楽しめるあじさいの池など楽しい施設が一杯です。 管理棟には、食堂も完備されています。 ご利用にあたり、マスクの着用・手洗い・消毒・ソーシャルディスタンス・ゴミの持ち帰りなど、ご理解とご協力をお願いいたします。

次の

多治見市/観光情報

美濃市観光協会

多治見ってどんな街? 多治見ってどんな街? 岐阜県の南東に位置し、豊かな自然と水源に恵まれた多治見は、はるか古墳時代からやきもの文化が栄える町。 この地でつくられるやきものは、美濃焼と呼ばれています。 山間部に軒を連ねる窯元では、陶芸家や職人達が手仕事の器を作り続けています。 中心部にある本町オリベストリートには、陶器商の商家や蔵を改築したショップが立ち並び、美濃焼ショッピングを楽しむことができます。 また、市内に2校ある陶芸の専門校には、全国から訪れた若者が学び、新鋭作家として活躍をしています。 数多くの歴史文化をもつ多治見。 南北朝時代の太平記に登場する多治見国長、虎渓山永保寺、西浦焼など、人・建築・やきものにまつわる様々な物語があり、観光ボランティアガイドが歴史を語り伝えてくれます。 多治見のイベントといえば、春と秋の美濃焼の大廉売市を始め、地域に受け継がれてきた祭礼から、現代の風をとりいれたものまで開催されて賑わいます。 市のマスコットキャラクター「うながっぱ」や、B級グルメの「たじみそ焼きそば」、ご当地漫画の「やくならマグカップも」など新たな名物も生まれて、ますます活気にあふれる多治見です。 日本のほぼ真ん中に位置し、名古屋から電車で約35分とアクセスにも便利です。 やきものと文化の町へ、お越しください。 1300年の歴史「美濃焼」• 2つの国宝建築と名勝庭園をもつ禅寺 「」• 体力仕事の陶工が支えた味「うなぎ」• 多治見市マスコットキャラクター「」• 多治見のB級グルメ「」• 多治見発の女子高生陶芸漫画「」 交通アクセス 自動車 名古屋方面から 名古屋市から一般道(R19) 東京方面から 東京IC - <東名高速道路> - 豊田東JCT - <東海環状自動車道> - 土岐南多治見IC 346㎞ / 約3時間40分 八王子IC - <中道自動車道> - 多治見IC 303㎞ / 約4時間 大阪方面から 吹田IC - <名神高速道路> - 小牧JCT - <中央自動車道> - 多治見IC 190㎞ / 約2時間15分 長野方面から 松本IC - <長野自動車道> - 岡谷JCT - <中央自動車道> - 多治見IC 172㎞ / 約2時間10分 富山方面から 富山IC - <東海北陸道> - 美濃・関JCT - <東海環状自動車道> - 土岐南多治見IC 220㎞ / 約3時間 鉄道 名古屋方面から 名古屋駅 - <JR中央本線・快速> - 多治見駅:約35分 東京方面から 東京駅 - <JR東海道新幹線> - 名古屋駅 - <JR中央本線> - 多治見駅:約2時間15分 大阪方面から 新大阪駅 - <JR東海道新幹線> - 名古屋駅 - <JR中央本線・快速> - 多治見駅:約1時間25分 長野方面から 松本駅 - <JR中央本線・特急ワイドビューしなの> - 多治見駅:約1時間35分 中部国際空港から 中部国際空港 - <名鉄・ミュースカイ> - 金山駅 - <JR中央本線・快速> - 多治見駅:約1時間20分.

次の

大垣観光協会主催イベント等の中止情報|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」

美濃市観光協会

多治見ってどんな街? 多治見ってどんな街? 岐阜県の南東に位置し、豊かな自然と水源に恵まれた多治見は、はるか古墳時代からやきもの文化が栄える町。 この地でつくられるやきものは、美濃焼と呼ばれています。 山間部に軒を連ねる窯元では、陶芸家や職人達が手仕事の器を作り続けています。 中心部にある本町オリベストリートには、陶器商の商家や蔵を改築したショップが立ち並び、美濃焼ショッピングを楽しむことができます。 また、市内に2校ある陶芸の専門校には、全国から訪れた若者が学び、新鋭作家として活躍をしています。 数多くの歴史文化をもつ多治見。 南北朝時代の太平記に登場する多治見国長、虎渓山永保寺、西浦焼など、人・建築・やきものにまつわる様々な物語があり、観光ボランティアガイドが歴史を語り伝えてくれます。 多治見のイベントといえば、春と秋の美濃焼の大廉売市を始め、地域に受け継がれてきた祭礼から、現代の風をとりいれたものまで開催されて賑わいます。 市のマスコットキャラクター「うながっぱ」や、B級グルメの「たじみそ焼きそば」、ご当地漫画の「やくならマグカップも」など新たな名物も生まれて、ますます活気にあふれる多治見です。 日本のほぼ真ん中に位置し、名古屋から電車で約35分とアクセスにも便利です。 やきものと文化の町へ、お越しください。 1300年の歴史「美濃焼」• 2つの国宝建築と名勝庭園をもつ禅寺 「」• 体力仕事の陶工が支えた味「うなぎ」• 多治見市マスコットキャラクター「」• 多治見のB級グルメ「」• 多治見発の女子高生陶芸漫画「」 交通アクセス 自動車 名古屋方面から 名古屋市から一般道(R19) 東京方面から 東京IC - <東名高速道路> - 豊田東JCT - <東海環状自動車道> - 土岐南多治見IC 346㎞ / 約3時間40分 八王子IC - <中道自動車道> - 多治見IC 303㎞ / 約4時間 大阪方面から 吹田IC - <名神高速道路> - 小牧JCT - <中央自動車道> - 多治見IC 190㎞ / 約2時間15分 長野方面から 松本IC - <長野自動車道> - 岡谷JCT - <中央自動車道> - 多治見IC 172㎞ / 約2時間10分 富山方面から 富山IC - <東海北陸道> - 美濃・関JCT - <東海環状自動車道> - 土岐南多治見IC 220㎞ / 約3時間 鉄道 名古屋方面から 名古屋駅 - <JR中央本線・快速> - 多治見駅:約35分 東京方面から 東京駅 - <JR東海道新幹線> - 名古屋駅 - <JR中央本線> - 多治見駅:約2時間15分 大阪方面から 新大阪駅 - <JR東海道新幹線> - 名古屋駅 - <JR中央本線・快速> - 多治見駅:約1時間25分 長野方面から 松本駅 - <JR中央本線・特急ワイドビューしなの> - 多治見駅:約1時間35分 中部国際空港から 中部国際空港 - <名鉄・ミュースカイ> - 金山駅 - <JR中央本線・快速> - 多治見駅:約1時間20分.

次の