エプ スティーン。 ジェフリー・エプスタイン

19/8/11 ソルカ・ファール情報:エプスティーンが死亡したのは、FBIとMI6の会合が謎のロンドン停電という形で終わってから――その後コーミーの娘は行動を制限されるように

エプ スティーン

エプスタインの死と消えない疑惑 著名ファンドマネジャーで億万長者、そして、若い女性に対する人身売買や性的虐待の疑惑で逮捕されていた ジェフリー・エプスタイン(66歳)が死亡しました。 エプスタインについては、必死になって保釈を求めていた一方で、保釈されることによる「危険」が指摘されていました。 にも関わらず、今回、NYの連邦拘置所という「未決囚を入れる施設としては、全米で最高レベルのセキュリティ管理」がされている施設に入れられながら、結果的には 「自殺監視の対象外」となっていたことで、 首を吊って死んでいるのを発見されたのです。 アメリカ中がこの件で大騒ぎとなっており、特に、ネットの世界では陰謀説が飛び交っています。 エプスタインをめぐる疑惑ですが、簡単に整理すると次のような内容です。 1)ニューヨークのマンハッタンに持っている豪華コンドミニアムとか、カリブ海に保有している個人所有の島の豪邸、あるいはフロリダのリゾートを舞台に、何年にもわたり 数十人の若い女性に対して性的虐待を繰り返していた。 2)虐待目的で多くの 若い女性(14歳を含む)のトラフィッキング(人身売買)に関与していた。 3) トランプと極めて親しかったらしく、特に有名な、フロリダの マー・ア・ラゴを性的虐待の舞台にしていた可能性が指摘されている。 また、トランプと「2人だけで大勢の女性を侍らせたパーティー」を行なっていた疑惑もある。 4)2007年にエプスタインが起訴されそうになった際に 検事と「秘密の司法取引」を行って罪を免れた、その 当時の検察官の一人、アレクサンダー・アコスタという人物を、 トランプ政権は労働長官に採用している。 アコスタについては、のちに経緯がバレて更迭。 5)エプスタインは、 ビル・クリントンとも親しかったという可能性。 6)法廷にエプスタインが「未成年者を含む若い女性を紹介」したという 「紳士のリスト」が提出される直前であったという問題。 一説によれば、その「リスト」は、英国の アンドリュー王子を含む超VIPが含まれていたという噂。

次の

未成年の性的人身取引で起訴の米富豪、拘置所で死亡 自殺の可能性に疑問噴出

エプ スティーン

アンドリュー英王子、未成年女性との性行為を否定 BBC取材 番組司会者のエミリー・メイトリス記者によるこのインタビューは、イギリス国内で16日夜に放送された。 国外からは。 性的人身取引の罪で無実を主張し、公判を控えていたエプスティーン被告は今年8月10日朝、ニューヨーク市マンハッタン南部のメトロポリタン矯正センター(MCC)で。 自殺が原因と言われている。 被告は今年7月、。 ニューヨーク連邦地検の訴状によると、被告は2002~2005年、ニューヨーク市マンハッタンとフロリダ州に所有する邸宅に未成年を引き入れていた。 被害者の最年少は14歳で、数百ドルと引き換えに性行為を強いられていたという。 <関連記事>• 当時は「高潔な行動」だと アンドリュー王子は、エリザベス女王の第三子。 裕福なヘッジファンド経営者だったエプスティーン被告と1999年に初めて会ったと話している。 2001年から2011年までイギリスの国際貿易担当特使を務めていたアンドリュー王子は2010年暮れ、ニューヨークのセントラルパークでエプスティーン被告といるところを撮影された。 当時の被告はすでに未成年を売春に勧誘・斡旋(あっせん)した罪で有罪を認めた後だったため、アンドリュー王子は当時も、被告との交際を批判された。 、王子に対する告発内容は「虚偽で、一切の根拠を欠いている」とコメントしている。 アンドリュー王子はエプスティーン被告との関係についてこれまで問題行動を否定する声明は出したものの、まとまったインタビューで直接発言するのは初めて。 未成年の時に自分と性交を強制されたと主張する女性との写真の真贋を調べたが、明確な結果は出なかった• 「どうしても必要」で弁護士が勧めるならば、宣誓して証言する用意がある• ウィンザー城で開いた自分の娘の誕生パーティーにエプスティーン被告を招待した際、逮捕令状が出ているのは知らなかった• 被告との友情を通じて貿易やビジネスについて「学ぶ機会」を得たため、関係の全てを後悔はしていない• 被告との関係について表立って発言することは、自分にとって「精神衛生上の問題」になっていた 2010年暮れにニューヨークで では、同じく2010年12月に、ニューヨークのエプスティーン被告の邸宅にいるアンドリュー王子の姿が写っている。 2010年にニューヨークにエプスティーン邸内にいる様子が撮影されたアンドリュー王子 2010年12月にエプスティーン被告宅に滞在したことについて、アンドリュー王子はBBCの取材に対して、「それについては毎日のように自分をなじっている。 あれは王室の一員としてふさわしいことではなかった。 私たちは常に、高い基準と慣習に沿って行動しようと務めている。 なのに私は端的に言って、自分の周囲を裏切り、がっかりさせてしまった」と認めた。 性犯罪ですでに有罪となっていた人物の自宅に滞在したのは賢明なことだったのかと、メイトリス記者が重ねて質問すると、アンドリュー王子は「滞在先として便利だった」のだと答えた。 「それについてはもう何度も自問自答してきた。 結局のところ、後から振り返ってみれば間違いなく、過ちだった。 けれども当時は、そうするのが高潔な、正しい行動だと自分は思っていた。 確かに自分は高潔に行動しすぎるきらいがあり、それで判断が左右されたのだろうと全面的に認める。 致し方ないが、そういうことだ」 Image copyright News Syndication Image caption 2010年末にニューヨークのセントラルパークを散策するアンドリュー王子(左)とエプスティーン被告 王子によると、この時にエプスティーン邸に滞在していたのは、被告の釈放を祝うパーティーに参加するためで、これを機に交際を断つと伝えるのが目的だった。 ただし、パーティーの後もしばらくエプスティーン邸に滞在していたことを認めた。 「記憶にない」 2015年にアメリカでエプスティーン被告に対する民事訴訟が起こされた際にも、アンドリュー王子の関連が取りざたされた。 原告の1人のヴァージニア・ジュフリー(旧姓ロバーツ)さんは、王子との性行為を3回にわたり被告に強制させられたと訴えている。 ジュフリーさんは当時、ロンドンの民家で王子と一緒に写真を撮っている。 で、自分は民家の浴室で王子に暴行されたと証言した。 ただしジュフリーさんの主張は後に、訴えの本件に無関係だと裁判長が判断したため、裁判記録から正式に削除された。 BBC番組でメイトリス記者は王子に対して、ジュフリーさんの訴えについてあらためて問いただした。 ジュフリーさんは17歳だった2001年3月当時、ロンドンで王子と夕食をとり、ナイトクラブで一緒に踊り、王子の友人宅で王子と性交したと主張している。 友人宅とは、エプスティーン被告が自分の一番の親友と呼んだギレイン・マックスウェルさんのマンション。 マックスウェルさんは様々な社交の場で王子と一緒に写真に収まっている。 メイトリス記者の質問に王子は、「その女性と会った記憶がない。 まったくない」と答えた。 ジュフリーさんと会った覚えはないのか重ねて質問されても、王子は「ない」と答えた。 また、ジュフリーさんの腰に手を回している様子の当時の写真については、撮った覚えがないと繰り返し答えた。 Image copyright Virginia Roberts Image caption 2001年にロンドンでアンドリュー王子と写真に収まったジュフリーさん。 ギレイン・マックスウェルさん所有のこの家の浴室で暴行されたと話している。 後ろに映っているのがマックスウェルさん。 ジュフリーさんは、自分はマックスウェルさんに誘われてエプスティーン被告の「仲間」に加えられたと主張している 王子は、この写真の真贋について「調査をした」ものの、「写真の写真の写真」なので、偽物だと立証できなかったと話した。 ジュフリーさんが自分と会ったと主張している2001年3月の夜、自分はロンドン南郊にあるピザのチェーン店に娘を連れていき、その後は自宅で過ごしたと説明。 写真の家の上階に上がったことがあるか記憶にないし、自分はロンドンにいる時には写真でのような服装はしないのが通常だと指摘。 さらに「あの手が私の手なのか、確証はない」と述べた。 また、自分が汗をかいていたとジュフリーさんが話していることについて、「自分には汗をかかないという医学的な症状があって、当時は汗をかかなかった」と話した。 「フォークランド紛争でアドレナリンを過剰摂取」した影響だと述べ、汗をかけるようになったのは最近のことだと説明した。 王子は共通の知人だったマックスウェルさんを通じてエプスティーン被告と知り合ったが、交友を続けたのは国際ビジネスについてもっと知りたかったからで、「親友」には程遠く、「多くて年に3回会う」程度の関係だったと話した。 被告の私有地の島やフロリダ州の邸宅を訪れたほか、被告の自家用機で移動したことは認めた。 しかし、被告の島で複数の若い女性と性交したことや、ニューヨークでジュフリーさんと性交したのかと問われると、いずれも強く否定した。 2006年7月にウィンザー城で開かれた娘ベアトリス王女の誕生パーティーにエプスティーン被告を招いた際には、すでに性犯罪の疑いで逮捕令状が出ていたなど知らなかったと話した。 「王室の悩みの種」 逮捕されたエプスティーン被告との関係は、王室にとって「絶え間ない悩みの種」となったと王子は話すと共に、家族は「途方に暮れ」ながら、常に自分を支えてくれていると述べた。 エリザベス女王にとって打撃かと聞かれると、王子は否定したものの、「私にとっては打撃で、人の好奇心にさらされているのが、常にどこか後ろの方で水がぽたぽた落ちている感じだ」と話した。 この問題には早く区切りをつけたいが、「多くの人と同じくらい、自分もわけが分からない状態だ」と述べた。 インタビューに応じて疑惑について話すことにしたのは、「自分にとってある意味で心の健康に関することだ」とも言い、「もう何年もの間、ずっと気になっている」と打ち明けた。 エプスティーン被告が有罪になった後にも会ったのは「判断ミス」だったものの、ジュフリーさんの告発内容は「驚きでショックで気がかり」なことだと述べた。 しかし、被告との関係の全てを後悔しているわけではなく、容疑や疑惑とは無縁な部分でも「非常に良い成果もあった」のだと話した。 「彼が明らかにみっともない真似をしていたことを、残念に思うか? ええ」と王子は述べた。 メイトリス記者がさらに、エプスティーン被告は性犯罪者だと強調すると、王子は「ええ、残念です。 あえて丁寧に言っているんです」と答えた。

次の

【エプスティーン事件】アンドリュー英王子のBBCインタビュー、幕引きになるはずが 批判と嘲笑と

エプ スティーン

エプスティーンのマンハッタンの豪邸には、ビル・ゲイツや、ラリー・サマーズ(クリントン政権時代の財務長官)、スティーブ・バノン(トランプの選挙参謀)など、実に様々な上流階級の人間や権力に近い人物が訪問していたと。 Vanity Fairは、事情に詳しい人物を情報源として挙げ、「ジェフリ・エプスティーンは、人間を集めていた。 それが、彼がやっていたことだ」というこの人物の証言を紹介している。 これまでに、エプスティーンの犯罪(現時点では容疑)に関係していると公的に名前が挙がっている人は、被害者側の弁護士デービッド・ボイズとバトルを繰り広げている有名弁護士のアラン・ダーショウィッツだ。 4月に、ボイズ弁護士のクライアントであるジフレさんは、ダーショウィッツ弁護士が彼女を嘘つきと呼んだことを名誉毀損だとし彼を訴えた。 (略)1週間半前に、FBIがエプスティーンを(ニューヨーク近郊の)ティーターボロ空港で逮捕してから数日後、ダーショウィッツ弁護士はテレビに出演したり知人や報道陣に電話をし、エプスティーンは無実であること、そしてジフレさんとボイズ弁護士を嘘つきと報じるよう触れ回っている。 「私は全ての真実が明らかになることを望む!私は何も間違ったことはしていないため、何も恐れていない」とダーショウィッツ弁護士は7月15日の午後、私(事情に詳しい情報源の人物)に語った。 私は彼にコメントを求めるためにメールを送ったが、その数分後に彼から電話がかかってきた。 彼は、エプスティーンとは1996年以来の友人であり、マーサズ・ヴィンヤード(高級リゾート地)のとあるパーティーで、リン・フォレスター・ドゥ・ロスチャイルドに初めて紹介されたと語った。 「彼女(ロスチャイルド)が、彼(エプスティーン)に会ってみるよう懇願してきたのだ。 彼女は、『とても頭がいい学者がいるの』と私に言った」。 そのパーディーで初めて出会った数日後、エプスティーンはダーショウィッツを、オハイオ州ニュー・オルバニーにあるレス・ウェクスナー(ヴィクトリアズ・シークレットの親会社の社長)の大豪邸で開催されたウェクスナーの59歳の誕生日パーティーに招待した。 「毎年、エプスティーンがその1年で新たに出会った人の中で最も頭の良い人物を招待するというのが、その誕生日パーティーの伝統になっていた。 エプスティーンは、パーティーの主催者らに私がその最も頭脳明晰の人物として紹介してくれた」。 二人はその後何年にもわたって親しい関係を続けた。 ダーショウィッツ弁護士は、エプスティーンが組織していた未成年少女を使った売春行為には決して関わったことはないと否定し、エプスティーンとは自身の妻が同伴していた時にしか会ったことがないと主張している。 「私は一度だけマッサージを受けたことがある。 それはオルガという50歳のロシア人女性から受けたマッサージだ。 そのとき私は半ズボンを履いていた。 しかもマッサージは心地いいものではなかった。 私はマッサージを好んで受けるタイプではない」と彼は私に語っている。 — 一方、デービッド・ボイズ弁護士は、「エプスティーンは、彼が持っている首都ワシントンDCの政治家たちとのコネを自慢していた」と言う。 Vanity Fairが報じた内容によると、ワシントンDC界隈では次のような憶測が政治家たちの間で流れているという: 共和党の大物政治家たちの間でささやかれている説は、エプスティーンがモサド(イスラエルの諜報機関)のスパイだということだ。 そしてもう一つの説は、ジョージ・W・ブッシュ政権時代に、ホワイトハウスが主導してアコスタ(当時の地方検事)に命令してエプスティーンを起訴しないようにしたということだ。 これは、イギリス政府の代わりにアンドリュー王子を守るために行われたとささやかれている。 アンドリュー王子(左)とエプスティーン(右) ボイズ弁護士は次のように語っている: イギリス王室は、アンドリュー王子に対して起こされた(買春)疑惑を信用ならないガセネタだと印象付けるため、可能な限りできることを全て行なっている。 我々が追加調査を行おうとした際、我々は行き止まりにぶつかった。 我々はアンドリュー王子に聞き取り調査を行いたかったが、イギリス王室はことごとく非協力的だった。 エプスティーンはモサドの諜報員という説に加えて、イギリスのスパイ機関MI6も絡んでくる事態となっている。 「」を読む。 「」を読む。 「」を読む。 「」を読む。 「」を読む。 「」を読む。 Photo via Town and Country Mag.

次の