テセウスの船 子役。 「テセウスの船」子役の怪演に人々が熱中する訳

ドラマ「テセウスの船」の心・鈴・慎吾の子役は誰?名前と過去の出演作も調査│Kisei

テセウスの船 子役

回を追うごとに視聴率が上昇していく人気を見せたTBS日曜劇場「テセウスの船」(東洋経済オンライン編集部撮影) 最終回(3月22日放送)を前に注目度が沸騰している日曜劇場「テセウスの船」(TBS系 日曜よる9時〜)。 その魅力のひとつが、幼き殺人者・みきお(柴崎楓雅)である。 非力に思えた小学生が毒物を使って大量殺人を実行した理由とは……。 みきおを演じる11歳の柴崎楓雅の魔少年ぷりに目が離せない。 ドラマの盛り上がりには子役の活躍が欠かせない。 ただ、かわいい子役を出せばいいわけではなく、そこには仕掛けも必要である。 「テセウスの船」の子役使い方の巧さはどこにあったのか。 「テセウスの船」は、2020年から31年前の1989年(平成元年)に起きた「音臼小無差別大量殺人事件」の謎を中心に進むヒューマンミステリー。 善良な警察官・佐野文吾(鈴木亮平)が犯人とされ、文吾を父にもった息子・田村心(竹内涼真)は、31年もの間、日陰の身を余儀なくされてきた。 あるとき、現代から過去にタイムスリップ、忌まわしい事件は父が起こしたものではないと知り、心は父を救うべく、事件を阻止しようと奔走する。 また文吾も心に協力するようになり、時を超えた父子の奇妙であたたかいコンビプレーが発揮されていく。 緊迫感と予想できない展開で人気に タイムスリップものの通例で、心がまだ生まれていない時代に心が行動すると、歴史が変わり、未来が変わっていく。 良く変わることを願いながら、なかなかうまくいかず、暗い未来になってしまい焦る心。 その緊迫感と予想できない展開で、視聴率も最初から悪いほうではなかったが、当初から微妙な怪しさを振りまいていた小学生のみきおが犯人であることがわかると、がぜん盛り上がってきた。 最初、容疑者だった文吾役の鈴木亮平にはじまって、ユースケ・サンタマリア、笹野武志、六平直政、霜降り明星のせいや、今野浩喜、小籔千豊、麻生祐未などなど、犯人候補になり得そうな怪優が次々出て来て、瞳の陰影や刻まれた顔のシワに、悪意を読み取りたくさせる演技合戦が繰り広げられるなかで、肌がつるっと白く、濁りのない瞳をした少年が悪の権化だったことのギャップ。 また、みきおの未来の姿を演じる安藤政信の怪演もバックアップになり、その後の少年みきおのターンはストーリーも演出も演技も乗りに乗った。

次の

【テセウスの船】子役キャスト。佐野家しんりん慎吾と明音が可愛い!

テセウスの船 子役

担任となったクラスは総勢10名という少人数の学年です。 心が名前を呼んだ順に、役名と子役さんの名前を紹介していきます。 加藤みきお役・柴崎 楓雅 心に名前を呼ばれ、最初に驚いていた男の子。 顔立ちが整っていて、年齢よりしっかりとした印象のある子どもです。 演じていたのは柴崎楓雅くんです。 名前は ふうが)と読み、珍しい名前の読み方をします。 これまでに10作以上の作品に出演しており、経験豊かな子役さんです。 今年は、実写化で話題となった「約束のネバーランド」でナット役を演じることになりました。 端正な顔立ちで華やかさがあり、『テセウスの船』でも存在感を放っていました。 今後ますます活躍が期待されます。 冴島真理役・小林 有希 2番目に名前を呼ばれた冴島真理を演じたのは、小林有希(こばやし ゆき)さん。 大き目の眼鏡をかけた女の子を演じています。 第2話・第3話のみの出演予定となっているので、注目してみてくださいね。 ドラマ「家政夫のミタゾノ」から、NHK教育番組「すイエんサー」や、バラエティの再現VTRまで、幅広い仕事に挑戦されています。 2017年にイオンランドセルのCMに出演、子役さんならではのCMであり、憧れの作品ですよね。 知らず知らずのうちに目にしている方が多いことでしょう。 演じたのは笹木祐良くんで、名前を ゆら)と読みます。 名前だけだと女の子と勘違いしてしまいそうで、長い髪がとてもよく似合っています。 2011年6月20日生まれの満9歳、周りの子役さんよりも少し年下なんですね。 趣味は将棋やリバーシ、読書にゲーム、プラレールと多才です。 特技はピアノ、合気道やスイミングもやっていたそうで、努力家な一面も感じられます。 現在はNHK Eテレ「おばけの学校たんけんだん」にレギュラーで出演中ということで、今後の活躍にも注目が集まりそうです。 佐野鈴役・白鳥 玉季 公式サイト: 今作でもっとも認知度の高い子役さんです。 佐野鈴は、子供らしいはつらつとした一面と、父親譲りの正義感を持つ凛々しい女の子。 主人公にもっとも近い、一番の理解者です。 佐野鈴は3人が演じ分けをする唯一の役柄で、白鳥玉季 しらとり たまき ちゃんは幼少期を演じます。 『凪のお暇』では大人びたクールな女の子を演じていましたが、『テセウスの船』では変顔やプロレスなど活発な役柄を演じています。 三島明音役・あんな 公式サイト: 三島医院の長女で、鈴(白鳥玉季)と仲の良い女の子・明音を演じています。 すでに心(竹内涼真)とは面識があり、名前を呼ばれたときに軽く会釈をしていますね。 子役さんの名前はあんなとして活動しており、苗字がないのは珍しく印象に残ります。 2009年11月1日生まれの10歳、綺麗で色の白い感じが、冬の景色の多いドラマの雰囲気に合っています。 物語の中心的人物で恐怖や泣きの演技まで、続けざまに難しい演技をこなしています。 児玉直弘役・岡田 龍樹 公式サイト: 児玉直弘は6番目のクラスメイト、名前を呼ばれるときに机に突っ伏しており、心の声でふっと顔を上げる演技をしています。 岡田龍樹くんは、名前をりゅうじゅと読みます。 鈴木亮平さんが主演したNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演経験があり、「おんな城主 直虎」にも出演していました。 クラスメイトの中でもダントツに出演作が多い子役さんです。 年齢が2007年8月7日生まれの12歳、周囲との年齢差を感じさせず見事に溶け込んでいましたね。 工藤さゆり役・小林 紗希 子役さんの名前は、小林紗希さん。 2008年2月22日生まれの11才、大人びた雰囲気にも納得ですね。 映画「」や、「」、「テレビ東京スペシャルドラマ 手紙」に出演し、様々な場所で演技の経験を積んでいます。 西脇勤役・山田 紋士 山田紋士くんは、下の名前をあやとと読みます。 2008年11月17日生まれの満11才です。 無造作ヘアーが印象的な、おしゃれ男子でした。 「クラシエホームプロダクツ株式会社 ナイーブ」のCMに出演経験があり、「anone」「」にもクラスメイト役などで出演していました。 鈴木亮平さんが主演した「大河ドラマ 西郷どん」にも出演していたそうで、今回のドラマと接点があったのかもしれませんね。 Space Craft Junior所属で、主人公の幼少期を演じた高木波瑠くんと同じ事務所に所属しています。 名前を呼ばれたときには満面の笑みで微笑んでおり、一番印象に残りました。 『テセウスの船』は子供たちの明るさが救いなので、今後もぜひ登場してほしい女の子です。 佐藤陽役・小島 怜珠 佐藤陽(あきら)は、最後に名前を呼ばれ、アッと驚いていた赤いジャージの男の子です。 この役柄を演じているのは、2009年10月21日生まれの12歳、小島怜珠くん。 名前をれじゅと読み、活発そうな見た目が印象的な男の子です。 ヒップホップダンスとゴルフという、珍しい特技を持っています。 ふっくらとした頬がかわいらしい子役さんで、クラスに一人はいそうなやさしい雰囲気をまとっています。 佐野家の兄弟たちを演じる子役 白鳥玉季プロフィール• 生年月日:2010年1月20日• 年齢:10歳(少学4年生)• 身長:130cm• 趣味:体をうごかす・本を読む• 特技:笑顔・でんぐりがえし 音臼小の子役一覧にも登場しましたが、物語の中心的人物・佐野鈴を演じます。 人気の始まりはNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演。 ヒロイン・高畑充希さんの元恋人(坂口健太郎)の娘役を演じ、とてもかわいいと話題になりました。 子役としての経験は豊富で、「銀魂2 掟は破るためにこそある」(2018)など映画にも出演しています。 佐野慎吾役・番家 天嵩(ばんか てんた) TBS 1月期 日曜劇場「テセウスの船」に 番家天嵩 が 出演します。 第1話の放送は20年1月19日21時からです。 生年月日:2012年11月16日• 年齢:6歳(小学1年生)• 身長:101cm• 特技:レスリング ダンス• 出身地:神奈川県 左に写る坊主の男の子が佐野慎吾(番家天嵩)です。 てんは嵩む(かさむ)と読み、「かさが増す」のかさの字を使います。 作品への出演はまだ少ないですが、本格時代劇映画「二宮金次郎」(2019)に出演。 二宮金次郎の弟役を演じています。 目じりの下がった笑顔がかわいらしい、元気いっぱいの男の子。 レスリングが得意だということで、第2話でのプロレスごっこで披露されたことでしょう。 撮影現場ではいたずら好きな一面を発揮し、現場のムードメーカーとして、キャストたちに愛されているそうですよ。 高木波瑠プロフィール• 生年月日:2014年4月1日(5歳)• 身長:107㎝• 趣味・特技:サッカー、なわとび• ハマっていること:アッチッチボール、おにごっこ、レゴ• 出身地 :東京都 小学館『小学1年生』のモデルさんで、目のくるっとした可愛さで人気の子役さんです。 昨年の日曜劇場『』にも出演しており、病院で車椅子に乗った男の子を演じていました。 ラグビー部のキャプテンを勇気づける役でセリフもあり、第3話の物語が進む上で重要な役柄でした。 仮面ライダーシリーズで映画デビューも果たしており、今引っ張りだこの子役さんといえます。 話題の子役がたくさん集まる『テセウスの船』 中心人物の子役さんに注目が集まりますが、『テセウスの船』は真犯人探しが物語の軸ということで脇役も見逃せません。 ドラマの展開が楽しみなのはもちろんですが、子役さんの今後の活躍にも注目していきたいと思います。

次の

テセウスの船ドラマ子役のキャスト!加藤みきお役は柴崎楓雅で他の小学生は?

テセウスの船 子役

回を追うごとに視聴率が上昇していく人気を見せたTBS日曜劇場「テセウスの船」(東洋経済オンライン編集部撮影) 最終回(3月22日放送)を前に注目度が沸騰している日曜劇場「テセウスの船」(TBS系 日曜よる9時〜)。 その魅力のひとつが、幼き殺人者・みきお(柴崎楓雅)である。 非力に思えた小学生が毒物を使って大量殺人を実行した理由とは……。 みきおを演じる11歳の柴崎楓雅の魔少年ぷりに目が離せない。 ドラマの盛り上がりには子役の活躍が欠かせない。 ただ、かわいい子役を出せばいいわけではなく、そこには仕掛けも必要である。 「テセウスの船」の子役使い方の巧さはどこにあったのか。 「テセウスの船」は、2020年から31年前の1989年(平成元年)に起きた「音臼小無差別大量殺人事件」の謎を中心に進むヒューマンミステリー。 善良な警察官・佐野文吾(鈴木亮平)が犯人とされ、文吾を父にもった息子・田村心(竹内涼真)は、31年もの間、日陰の身を余儀なくされてきた。 あるとき、現代から過去にタイムスリップ、忌まわしい事件は父が起こしたものではないと知り、心は父を救うべく、事件を阻止しようと奔走する。 また文吾も心に協力するようになり、時を超えた父子の奇妙であたたかいコンビプレーが発揮されていく。 緊迫感と予想できない展開で人気に タイムスリップものの通例で、心がまだ生まれていない時代に心が行動すると、歴史が変わり、未来が変わっていく。 良く変わることを願いながら、なかなかうまくいかず、暗い未来になってしまい焦る心。 その緊迫感と予想できない展開で、視聴率も最初から悪いほうではなかったが、当初から微妙な怪しさを振りまいていた小学生のみきおが犯人であることがわかると、がぜん盛り上がってきた。 最初、容疑者だった文吾役の鈴木亮平にはじまって、ユースケ・サンタマリア、笹野武志、六平直政、霜降り明星のせいや、今野浩喜、小籔千豊、麻生祐未などなど、犯人候補になり得そうな怪優が次々出て来て、瞳の陰影や刻まれた顔のシワに、悪意を読み取りたくさせる演技合戦が繰り広げられるなかで、肌がつるっと白く、濁りのない瞳をした少年が悪の権化だったことのギャップ。 また、みきおの未来の姿を演じる安藤政信の怪演もバックアップになり、その後の少年みきおのターンはストーリーも演出も演技も乗りに乗った。 美少年みきおのクールな目つきや口元にゾクゾクする凄みがあり、彼が目の悪い老人にクスリと偽り毒を飲ませる場面は震撼となったし、追い詰められて死んだふりして、「犯人じゃなかった?」と思わせてから、目をパチリと開けるところなんてホラー映画のような興奮を覚えた。 子供に翻弄されていく大人たち。 みきおは軽やかに追求を交わし、またしても文吾に疑いがかけられていく(文吾がほんとうに可哀想)。 最終回直前の第9回(3月15日放送)ではみきおに共犯者がいることがわかる。 共犯者とは誰なのか……。 登場人物のみならず、視聴者までもが最後までみきおに振り回されるのであった。 子役が魅力的だとドラマが盛り上がる例は枚挙に暇ない。 キッズたちがテレビドラマの歴史を彩ってきた。 昨今だと、朝ドラ「なつぞら」(2019 年、NHK)で広瀬すず演じるヒロインの子供時代を任された粟野咲莉。 牧場で労働する彼女の健気な演技は視聴者を釘付けにした。 現在放送中の「スカーレット」 2020年 NHK では戸田恵梨香演じるヒロインの子供時代は川島夕空が演じ、その元気溌剌さがドラマを明るくした。 後半、伊藤健太郎演じるヒロインの息子の幼少期を演じた中須翔真は澄んだ声が親思いの良い子にピッタリで視聴者の心を癒した。 朝ドラは子ども時代をもっと見たいという声も 高視聴率を獲得しスペシャルも制作されたドラマ「義母と娘のブルース」(2019年 TBS)の上白石萌歌演じる娘の子供時代を担当した横溝菜帆は、義母役の綾瀬はるかと血がつながっていないにもかかわらず強い母子愛を熱演、視聴者を大泣きさせた。 大河ドラマ「麒麟がくる」(2020年 NHK)では徳川家康の子供時代・竹千代を演じる岩田琉聖が母を恋しく想いながら人質として忍耐している表情が堪らない。 一時期、朝ドラや大河は初期の子供時代がタイクツで成長した主人公のターンを早くはじめてほしいと言われていたことがあったが、最近は逆に子供時代をもっと見たいという声が出るようになってきているほどなのである。 遡れば、社会現象になった「おしん」(1983年NHK)の子供編をしっかり演じ、国民に愛された小林綾子がいて、子供のターンがレジェンドになることだって起こり得るのである。 なかには「同情するなら金をくれ」を流行語にした安達祐実(「家なき子」)、天才子役と爆発的人気を呼んだ芦田愛菜(「マルモのおきて」)など主役として堂々と全編やりきる子役もいる。 最近では、米津玄師プロデュースの「パプリカ」を歌う5人のキッズユニット・Foorinも大活躍している。 みきお役の柴崎楓雅は2008年生まれの11歳(4月で12歳)で、デビューは2018年。 ここまで大きな役は「テセウスの船」がはじめてながら、この後、映画出演などが控え、さらにこれから引っ張りだこになるだろう。 昨今の子役ブームのひねり技 「テセウスの船」のみきおが強烈な印象を残した理由にはもうひとつ考えられる。 昨今の子役ブームのひねり技であったことである。 昨今の子役ブームは、前述したように、いたいけで純粋な、天使のような善良さが好まれている。 そういう役割を子役たちが、大人顔負けの演技で全うし、視聴者を感動させるのである。 だが、「テセウスの船」のみきおは、大人顔負けの演技で、悪魔の顔を演じ、不意をついてきた。 現実の世界でも少年犯罪はある。 昭和〜令和にかけてどこかで爆発的に増えたとか減ったとかいうデータは見受けられないようだが、時代、時代でエポックメーキングな事件が起こる。 たとえば、沢木耕太郎が大宅壮一ノンフィクション賞をとった『テロルの決算』でも書かれた、1960年の浅沼稲次郎暗殺事件。 17歳の右翼少年が、演説会場で社会党委員長浅沼を刺殺した事件。 大江健三郎は山口をモデルにしたとされる「セヴンティーン」という小説を書いている。 また、1997年の神戸連続児童殺人事件(「酒鬼薔薇事件」)。 2015年には手記「絶歌」が発売され物議を醸し、犯人の全容は未だ解明されていない。 ちなみに、検察庁のサイトによると、少年犯罪はこのように定義されている。 「テセウスの船」と同じ、TBSは1994年に「人間・失格 〜たとえば僕が死んだら」という中学校のいじめ問題を描いたドラマを制作している。 KinKi Kidsの堂本剛と光一の共演作で、快活だったひとりの少年が自殺に追いまれたり、加害者と被害者がいつの間にか逆転したり、未成熟で不安定な少年たちの心に迫ったかなりヘヴィーな内容であった。 「QUIZ」神木隆之介の再来にも映る柴崎楓雅 同じくTBS制作で、2000年の「QUIZ」は、大人の身勝手さに傷ついた子供があの手この手を使って大人に復讐を行うという大人と子供の対立を描くのみならず、子供が大人を操る展開も攻めていた。 そこで犯人を演じたのは神木隆之介(当時7歳!)。 その天才性が光った。 「テセウスの船」の柴崎楓雅は当時の神木隆之介の再来のようにも映る。 2009年には、漫画原作の「アイシテル〜海容〜」(日本テレビ)が話題となった。 犯人探しのドラマではなく、7歳の少年殺人事件の犯人が11歳の我が息子あったことを知った母親が息子の心を追い、そして被害者家族とも触れ合っていく物語である。 殺人を犯してしまった息子の押し隠された想いには言葉も出ない。 いずれにしても、少年犯罪のドラマは、大人になった我々が思いもかけなかった、もしくは忘れていた少年期の心をあぶり出し、凝り固まった常識的ものの見方を破壊する。 それらはいたまし過ぎるし、少年犯罪ものはコンプライアンスもあるのかさほど多くはない。 どちらかといえば、大人にひどい目に合わされた子供への救済を描くドラマのほうが少なくないと感じる。 とりわけ昨今は、「義母と娘のブルース」のようなファミリーで見ることができる心あたたまるヒューマンなドラマが求められ、そのなかで「テセウスの船」が少年犯罪にチャレンジしたことは興味深い。 みきおの共犯者は誰なのか。 いったいなぜ、どういう目的で……結末を楽しみに見たい。 外部サイト.

次の