漢方 動画。 成城漢方たまり

漢方セラピー | CM・動画 | クラシエ

漢方 動画

今回は 『日本漢方と中医学の違い』についてです。 >>前回の解説動画は この記事ではこの動画を作成した 意図や 裏話をしていきます。 【東洋医学・漢方を学ぼう】解説動画の意図 漢方を勉強する時にもっとも大事になるであろう 『証』の扱いの違いについて解説したものです。 二つの違いを完結に述べると… 日本漢方の『証』:『ある方剤の適応となる症状の組み合わせ。 この『証』の扱いの違いは、 『治療の考え方の違い』から生じています。 日本漢方では 『方証相対(ほうしょうそうたい)』を使って、中医学では 『弁証論治(べんしょうろんち)』を使って治療していきます。 日本漢方の『方証相対』を図にしてみると、以下のようになります。 診断によって『証』が分かれば、その『証』に適応している方剤を 固定的に処方します。 ・どうしてそのような症状が生じているのか? ・なぜそのような方剤を処方するのか? はあえて考えないのが日本漢方です。 中医学の『弁証論治』を図にしてみると、以下のようになります。 診断によって『証』が分かれば、その 病気の理由をちゃんと考えます。 これが 『病因病理』と呼ばれるものです。 その次に 治療方針を考えます。 これが 『治方・方意』と呼ばれるものです。 最後に、患者さん一人一人に合わせた 『処方』をします。 これが中医学の基本的な考え方です。 中医学と日本漢方の違い。 証の扱いの違い。 これを意識して勉強するようにして下さい。 また、動画内でも述べていますが 『言葉の意味をちゃんと考える』こともかなり大事です。 言葉の意味をしっかりと考える。 これが意外と勉強に役立ちます。 【東洋医学・漢方を学ぼう】解説動画の裏話 さて、この動画の冒頭に 『謎の雑談』が入っています。 霊夢が『時間がない』と訴えており、それに対して魔理沙が 『時間がないことで人の素晴らしさが際立つ。 だから今を必死に生きるべきだ』と返す雑談です。 これは単純に私の趣味で入れたものです(笑)が、私が毎日思っていることでもあります。 多くの人が毎日を当たり前のように生きています。 当たり前のように明日がやってくるだろうと。 でもよく考えてみると、『明日も生きている』という保証は全くないわけです。 突然事故に合ってしまうかもしれないし、重い病気になってしまうかもしれない。 だからこそ 『今を全力で生きるべきなんだな~』と思うわけです。 昔に起こった出来事は変えることができない。 「ああすれば良かった」とか、そんな後悔を考えても意味がないわけです。 そして未来に起こる出来事も全く分からない。 10分後に起こる出来事は大体分かりますが、1か月後とか1年後とかのことは全く分からないわけです。 もし未来のことが分かってしまうのであれば、それは『今の現実は変わらない』という固定観念や諦めを抱いているだけです。 過去のことを悔やんでも仕方がないし、未来の心配をしても仕方がない。 だからこそ、 『今を必死に生きる。 』そして、『今を必死に生きる』ためには、 『目の前のことに熱中する』だけでいいのです。 この動画も集中して10時間くらいかけて作りました。 意外と時間がかかっていましたが、熱中していれば気が付かないものですね(笑) この記事が、私の後輩や皆さんのお役に立てることを願っています。

次の

【医師限定】漢方の使いやすさと5つのメリットを新見正則が解説!【動画プレゼント】

漢方 動画

こんにちは。 タクヤ先生こと杉山卓也です。 こういったイベントを定期的に開催していきたいと思いますのでどうぞご参加下さい。 参加をご希望の方は tamari. seijo gmail. com に ・お名前(複数の場合は全員) ・希望参加日 をご連絡下さい! どうぞ宜しくお願いいたします。 2020. 現地参加・動画配信共に同サイトよりお申し込みできます。 皆様へ:成城漢方たまりとtamari中医学養生学院の開店、開校にあたり、本当に多くのご支援をいただき、心から御礼申し上げます。 21 オープン&プレオープンのお知らせ 成城漢方たまりは3月11日〜3月28日までプレオープンとさせていただきます!プレオープンとなりますが、10時〜18時まで営業させていただきますのでご安心下さい。 通常のお休み日である日曜を除いて 3月12日(木) 3月19日(木) 3月23日(月) 3月26日(木) もスタッフ研修のために休店日とさせていただきますのでご注意下さい。 間もなくたまりメンバーの予約システムもスタートいたしますので今しばらくお待ち下さい^^ 正式なオープン日は3月30日となります! 30日以後は毎日、櫻井大典先生(火曜日はお休み)と東京でしっかり対面でご相談できるようになります! もちろんたまりメンバーとも担当日にはご相談が開始となりますのでどうか皆様、相談予約のご準備をしてお待ちいただければ幸いです! 櫻井大典 (サクライ ダイスケ) 国際中医専門員。 年間5,000件以上の相談をこなす漢方専門家。 アメリカ・カリフォルニア州立大学で心理学や代替医療を学び、帰国後、イスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。 中国・首都医科大学附属北京中医医院や雲南省中医医院での研修を修了し、国際中医専門員A級資格取得。 日本中医薬研究会に所属し、同志と共に定期的に漢方セミナーを開催。 中医学の振興に努めている。 SNSにて日々発信される優しくわかりやすい養生情報は、これまでの漢方のイメージを払拭し、老若男女を問わず新たな漢方ユーザーを増やしている。 主な著書に『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方』(ナツメ社)、『つぶやき養生』(幻冬舎)、『こころとからだに効く! ゆるゆる漢方生活』(ワニブックス)などがある。

次の

医療関係者向け見学施設をwebサイトで初公開 「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」オープン

漢方 動画

東洋医学と西洋医学の違い 私たちが良く耳にする東洋医学とは、西洋に対する東洋で発展した医学のことをいいます。 西洋医学とは、ヨーロッパで19世紀後半に発展した近代医学で、現代医学とも呼ばれます。 今ある症状に対して、検査で原因となるものを見つけ、取り除くことで病気を治していく医療です。 同じような症状の人に対し、エビデンス(証拠)に基づいて治療を行っていき、多くの人への効果を重視しています。 東洋医学とは古代中国の中国伝統医学(中医学)を起源とし、漢方薬治療、鍼灸、按摩を含み、鎖国下の日本で独自の進化を遂げたものをいいます。 東洋とは、中国語で日本という意味もあるんです。 また、漢方医学という言葉も聞いたことがあると思いますが、オランダ医学である蘭方医学になるのが漢方医学で、日本伝統医学の正式な呼び名なんです。 東洋医学は、個体差のある体質や生活環境などを含めた、体全体をみて治療を行っていきます。 また四診といって、問診・聞診・視診・触診を行い「証」という体質を判定していきます。 そしてその「証=体質」に準じた、鍼灸や漢方薬が処方されるということになります。 ですから 同病異治といって、同じような症状でも「証=体質」によって、治療法が異なることも多々あります。 また反対に異病同治は、違う症状でも同じ治療法が選択されることを言います。 このように東洋医学独特の診断法、治療法があるのです。 東洋医学のメリット・デメリット 東洋医学は、西洋医学の検査数値では現れない体の不調に対応することができる利点があります。 例えば、冷え性、婦人科疾患、不定愁訴(イライラしやすいやだるそうなど、明確な原因が分からない不調)などがあげられます。 また、 闘病中、老齢期の養生にも併用して対応することができます。 さらに東洋医学独特の体質診断をすることにより、例えば、心や体を動かす源である気が不足している「気虚」という状態に、補気作用のある漢方薬やツボ刺激で対応することができるなど、日常の活力増進にも有用です。 デメリットは、急性期の対応は西洋医学に劣る点です。 例えば、感染症・肺水腫・ショック状態・骨折などには、西洋医学を速やかに選択する必要があります。 また、外科分野は東洋医学では対応できません。 大きな腫瘍があり、それを鍼のみで取り去ることや漢方薬で腫瘍をなくすことは不可能です。 獣医療における漢方薬とは? 植物、動物、鉱物からなる個々の生薬を組み合わせて出来上がったものが漢方薬です。 本来は刻みといって、木の根っこや実などの生薬そのものを土鍋でコトコト煎じたものを、一日かけて服用します。 しかし現実的には、毎日生薬を煎じるのは大変ですし、生薬独特の味とにおいで、動物に服用させるのはかなりハードルが高いのです。 したがって、 エキス剤という生薬を煎じる手間をなくしたものを利用するのが一般的です。 さらに動物用のものは、苦味を押さえた飲みやすいものになっています。 漢方は天然の物なので副作用とは無縁に思うかもしれませんが、副作用はあります。 例えば体が冷えているばあい、温める必要があるのに、体の熱をとるものを摂取すればますます体は冷えてしまいます。 体質にあったものを服用することが重要なのです。 獣医療における灸とは? 灸治療とは、もぐさで出来たお灸に火をつけて、ツボを熱刺激し、気血の流れをよくし様々な不調を改善させる方法です。 俳人の松尾芭蕉が足三里というツボに灸を据えながら旅をしていたことは有名ですね。 足三里は足腰の疲れや胃腸の働きを改善します。 動物の場合、主にもぐさを棒状にした棒灸をもちいて行います。 湿らせた布を皮膚にあて、その上からホルダーにセットした棒灸を患部やツボの上にあてることで、湿った熱刺激(温熱)を与えます。 これを温灸といいます。 私たちが寒いとき温泉で体を温めるといったイメージをするとよいでしょう。 熱は、空気より水分を介したほうが早く伝わることを利用しています。 人に通常行われている直接肌に灸をのせて行う方法とは異なり、棒灸は輻射熱で患部を温め血行を良くします。 棒灸法は使い方を間違わなければ火傷の心配は少ないです。 ただし、火を取り扱いますので火そのものの管理、皮膚被毛の燃焼には十分な注意が必要です。 老齢期で冷えがある子、腰痛を持っている子、胃腸の弱い子、または健康の保持増進に温灸は最適です。 獣医療における鍼とは? 鍼治療は、使い捨てのステンレス製滅菌鍼をツボに刺して刺激する方法です。 鍼の太さはいろいろありますが、基本的に髪の毛のような細さです。 日本の鍼は患者さんが痛みを感じにくいように筒状の鍼管を用いて行いますので、刺入時の痛みはほんのわずかかわからない程度です。 ツボに鍼が入ると重たい、ズーンとくる感覚にしばしば見舞われます。 これを得気といいます。 人ですと、この得気の感覚を伝えることができますが、動物の場合は鍼を打つ施術者の手にその得気の感覚が伝わることでわかります。 鍼を打つ際この得気を得ることが重要なのです。 鍼が入る感覚を嫌がる子もいます。 体を触られることに慣れていない場合、鍼をしようとするだけで嫌がる場合もあり、鍼治療の適応かどうかは動物が受け入れてくれるかにもかかっています。 もし鍼治療を受け入れてくれない場合は、レーザー光線による疼痛管理、ツボ刺激を目的としたレーザー治療の選択肢もありますし、鍼治療の代わりに温灸を行うこともいいでしょう。 思わず「私もやってほしい」と思ってしまうくらい気持ち良さそうです!.

次の