バンドリ ホールド。 バンドリの世界に転生したって?

はじめてのおてつだい

バンドリ ホールド

華道、それは古くから女子の嗜みでもある。 名門校の中には授業になっている事も少なくはない。 「まっ、まっさかあああ!」 客間のふすまが開き祭り法被を着た巴と香澄がホールド、そのまま髪を染められる。 「おもしろくなりました」 「七深ちゃん映像よろしくね」 「りょう~か~い」 「がんばってね~~」 授業当日……土曜日です。 「それで赤メッシュを染められたわけね」 「はぁ……羽丘ですらやらんぞ、華道の授業なんて」 「選択の授業の一つだからね、前の先生は御歳の割にはウケがよかったけど……女性だからねぇ」 「それで人だかりねぇ……」 職員の一角にて打ち合わせ中。 二人は授業の準備。 「でも、素敵なお父様ね……バンドの事も認めてくれているんでしょ?」 「高校卒業するまでね、RASとかパスパレの様になったら反対すると思う」 「でも、お父様は継いでほしいと願っているわ。 七深は才能あり過ぎて友達が作れなかったの……私はそのことを知ったからモルフォルニカに参加した……学校も気にしていたから好都合だったのよ」 「なるほどね……で、どうしてチュチュが居る?」 「インターナショナルスクールとの交流授業も兼ねているのよ……日本語が怪しいのが多いから駆り出されのぉ、ガッテムつ……」 「災難ね、飛び級しているって?」 「そうよ……あ~日本の学校に行かずに済むって思ったらぁあああああ!!!! 「はい?っほわぅい!!!」 瑠唯の背後に同級生数人が来てそのまま連行。 チュチュの事は知られていたらしい…… 「お嬢様学校スゲー」 「マスキングさんの所の方がお嬢様度があるけどね……」 「有咲が制服見て驚いていたってそれか、あれ?こころってお嬢様だよな」 「弦巻さんがどうしてここやマスキングさんが通っている学校よりも花咲川を選んだのか……何となくわかるでしょ?」 「……自由奔放過ぎるって感じだしなぁ」 「彼女はそのフリをしているのに過ぎないわよ、きっと私達の前では真面目な姿を見せないでしょうね……」 「でも将来的に困らないのか?」 美竹師範「ああ、弦巻のお嬢さんを知っているのか……確か彼女もcircleで演奏している子かな?」 「お父さん」 美竹「何度か彼女の作品を見ているが常識に囚われない感じかな……無論華道の基本はちゃんとしている」 「教えた事もあるんだ」 美竹師範「彼女が中学生の時に数回程度な……」 「あ、もう来ている」 「美竹師範、こんにちわ~~」 「今日はよろしくお願いします」 瑠唯を含めて四人とも中等部から華道をしている。 美竹師範「七深ちゃんもこの学校だったか……両親は元気にされているかな?」 「はい」 「どうして蘭さんがここに?」 「お父さんの手伝い、他のお弟子さんにするとややこしくって」 「……最悪殺人事件とか」 美竹師範「ははっ、確かにサスペンスドラマではよく題材にされるな、この職業も……」 「最もそうなってもこころが解決しそうだし」 「あの華道は初めてで、その」 美竹師範「そう構えなくって大丈夫だよ、勉強以外に可能性を見出すのが目的だからね」 やがて授業開始。 蘭はサポートに回り大忙しである。 数時間後。

次の

【バンドリ】スライドで始点抜けする原因が解明!(゚∀゚)おお!!これでフルコン安定じゃ!!

バンドリ ホールド

難易度28以上 1位:FIRE BIRD(FULL) 譜面密度 鬼畜配置 リズム難 間違いなく、こいつが28最強。 この曲がフルコン出来れば2位以下全部いけます。 この曲の難点は• とにかく長い• オペラのちょい劣化フリック• ラストの18連トリル もうね、この曲に関しては長すぎるんです。 おまけに全体的に譜面密度が濃い。 ところどころ、オペラの鬼畜フリックを思い出すような配置が見られます。 実は筆者は、ラストの鬼畜トリルよりもフリックで苦戦していました。 当然、ラストの18連トリルは普通に鬼門です。 最悪なのが、ラストまでも28上位クラスの譜面しているのに、乗り越えてもトップクラスの嫌がらせが待っていることです。 ラスト前に鬼畜要素を入れるのは本当にやめてほしい。。。 3位: Opera of the wasteland 譜面密度 鬼畜配置 リズム難 リズム難といやらしいフリックが特徴的な曲です。 正直、りんぶるとオペラのどっちを2位にしようか迷ったレベル。 この曲の難所は• 序盤の認識難譜面• サビからの怒涛のフリック• なぜかリズムが取りづらい 序盤で苦戦する人はあんまり見かけないけど、俺は序盤が全然つながらなくてかなり苦戦していました。 そして、みんな認めるサビからの圧倒的フリック譜面。 むしろ、サビからはフリックしていないときのほうが少ないぐらいです。 譜面的に見ると高密度とは言えなけど、フリックがこの曲を高密度な曲に仕上げています。 あと、この曲何故かリズムが取りづらい。 そのせいかノーツの割に精度が悪いです。 難易度27 1位:ゴーカ! ごーかい!? ファントムシーフ! (EX) 譜面密度 鬼畜配置 リズム難 27最凶は間違いなくこいつです。。。 難易度27でノーツ数も少ない曲であるはずなのに、圧倒的にフルコン出来ない配置しています。 最悪です。 この曲の難所は• 55コンボから超忙しい短ホールドとフリック(おまけにリズム難)• 不気味な声でレッツシャウトの部分だけ超高密度(おまけにリズム難)• 休憩地帯が存在しない(おまけにry) どうしたらこんな極悪譜面が生まれてくるのか。 最初から最後までリズム難で、休まるような配置はどこにもありません。 しかも、最初が異常なぐらい難しくて、「叩いているはずなのに抜ける」といったような錯覚に陥りやすいです。 あくまで難易度別に評価しているけど、個人的にはりんぶるよりも難しい曲です。 3位: SURVIVORねばーぎぶあっぷ (SP) 譜面密度 鬼畜配置 リズム難 個人的には絶対宣言とこの曲の、どっちを2位にするか迷うレベルでは難しい。 俺もフルコンに大分苦戦した、非常に厄介な曲です。 この曲の難所は• 306コンボからの単フリックが抜けやすい• ラストの鬼畜同時フリック4連 ラストでかなり苦戦しました。 見きれない人は、端っこを3回フリックすればなんとかなります(1連目はホールドからのフリックだから考えなくていい)。 ところどころに難所はあるものの、リズムには結構忠実で叩いていて楽しい曲でもあります。 フリックが苦手な人はねばーぎぶあっぷサバイバー、連打が苦手な人は絶対宣言が難しくなります。 癖の強い曲なので、譜面研究が必要な譜面です。 4位:ティアドロップス(SP) 譜面密度 鬼畜配置 リズム難 上の3曲は格が違うぐらい難しいけど、この曲もしっかりと27上位に入るぐらいの強敵です。 この曲の難所は• サビとラスト前の縦連フリック• この手を離さない…無理です• ラストの怒涛の同時&乱打ラッシュ EXの、元祖ギロチンがパワーアップして返ってきました。 これは慣れてしまえば意外と取れたりはします。 個人的には縦連フリックのほうが問題です。 ただの縦連ならともかく、縦連フリックはめちゃくちゃ忙しくなります。 そして、安定のウィニングランを阻止するラストの難所。 同時押しラッシュは普通にきつい。 ここまでやっても、上位3曲には敵わないんだから、どれだけぶっ飛んでいる譜面なのかが分かりますね。

次の

【楽天市場】バンドリヤー BANDOLIER エマ ゴールド iPhone11 Pro MAX ケース スマホ 携帯 ショルダー アイフォン メンズ レディース EMMA GOLD ブラック 黒 2900 [12月上旬 新入荷]:シュガーオンラインショップ

バンドリ ホールド

放送中、香澄と明日香に腕をホールドされたままカラオケバトルを見た。 自分が歌っているのを見るのは変な気分だ。 俺以外は皆、嬉々として予選曲『TOMORROW』を聞き入っており、特に香澄と明日香は目をキラキラとさせていた。 点数発表で100. 000点が出た瞬間に、二人揃って同時にガッツポーズしたのは少し笑ってしまった。 決勝曲の『奏 かなで 』の時は二人ともぼーっとしてて、優勝が決まると俺に「おめでとう」と言い、俺のカラオケバトル優勝を祝福してくれた。 後で説明してねとは言われたものの、普通だったら先にどうしてテレビ、カラオケバトルに出てるの?と聞くものだろ。 カラオケバトルは毎週、録画しているんだし。 そんなにリアルタイムで見たいのかねぇ。 仮に逃げ出したところで、結局は香澄と明日香にカラオケバトルのことだけではなく、芸能界のことも話さないといけない。 さて、どう説明したらいいものか。 「光夜、もうカラオケバトルだけじゃなくて芸能事務所のことも話し………あっ」 「……あなた、それは言っちゃダメよ」 おいおいおいおい!父さん、言うなよ! 「お兄ちゃん、どういうこと?芸能事務所って?」 「ちゃ〜んと私とお姉ちゃんにも説明してくれるよね?」 はい、オワタ。 父さんがうっかり口を滑らせたせいで、香澄と明日香にどう説明……説得するかある程度は考えてあったものが台無しになった。 「どうして教えてくれなかったのお兄ちゃん?」 だって、教えたら絶対に反対するじゃない君たち。 香澄と明日香のハイライトがすーっと消えていく。 もうこの香澄と明日香に慣れてきた俺がいる。 「夢が……夢があるんだ」 「「……夢?」」 あれ?香澄と明日香のハイライトが戻ってる。 まあ、いいや。 「ああ、夢があるんだ」 「へぇ、初耳だz「あなたは黙っていなさい!」…むぐっ!?」 口を挟もうとした父さんが母さんの手により強制的に黙らせられる。 「………どんな夢なの?」 香澄がまっすぐな瞳で俺をしばし見つめた後、聞いてくる。 「ステージで 歌いたいんだ やりきりたいんだ 」 香澄のまっすぐな瞳に俺は見つめ返した。 数秒間、見つめた後に明日香に視線を移す。 「だから、俺は夢を叶えるために芸能界に行く」 さらにデビューもしているからねと付け加える。 「「……え?」」 そんなこんなと香澄と明日香に説明すること1時間。 ウチの妹たちは俺の芸能界入りに納得してくれた。 俺が歌手になるまでは、タレントとして活動して行く事と最初の仕事はモデル関係だと言うと香澄と明日香は「何冊か買わないと」とボソボソ言っていた。 香澄と明日香、それぞれ1冊ずつなら分かるんだが、それ以上は買わないよね?気が早くない?それに雑誌の表紙にでかでかと載るわけじゃないよ? 母さんに黙らせられた父さんは黙ってから終始ニコニコ笑顔だった。 とりあえず、後で殴る。 俺はいろいろ順序立てて香澄と明日香に説明しようと思っていたのに。 とにかく、香澄と明日香から納得という形で許しをもらえたのは嬉しい。 応援してくれるって言うしな。 玄関を開けると…… 「戸山様、お迎えにあがりました」 1人のサングラスをかけた黒服の女性の後ろには、同じくサングラスをかけた4人の黒服の女性と黒塗りのリムジン。 俺はそこで全てを察した。 ………あっ、こころ。

次の