さくら さく プラス。 さくらさくプラス(7097)のIPO上場情報

【IPO上場】さくらさくプラス(7097)苦戦必須で公募割れも!

さくら さく プラス

・直近数年の業績が上昇傾向にあり、成長力が高いです。 ・主要株主の上場時売買が制限(ロックアップ)が良く掛かっています。 ・IPOで市場から吸収される金額が多いです。 8億円ということでIPOの初値高騰はしやすいです。 また、仮条件上限での時価総額は、60. 6億円となっています。 2020年4月16日にさくらさくプラスの上場が中止となりました。 ・下記、今期第2四半期までの業績進捗率です。 前期に対して、売上高:65%、純利益:20%です。 ・下記、さくらさくプラスの事業内容です。 認可保育所を中心とした保育所等の運営 ・セカンダリーの高値の評価は、9. 0です。 2 28. 2 12. 9 31. 72 初値予想(吸収金額推定法) 4,400 207. 7 26. 7 12. 2 30. 7 17. 4 26. 1 34. 8 PBR 株価純資産倍率 4 8 12 16 吸収金額(億円) 9. 76 19. 51 29. 27 39. 44 51. 54 33. 53 純利益(億円) 3. 67 6. 98 1. 39 純資産額(億円) 6. 52 13. 5 14. 89 総資本(億円) 38. 14 65. 44 80. 32 自己資本比率(%) 17. 1 20. 6 18. 5 売上高利益率(%) 11. 3 13. 5 4. 1 ROE 自己資本利益率 (%) — 69. 7 9. 8 ROA 総資本利益率 (%) — 13. 5 1. 連結データがなければ単体データを記載。 資本組入額:176. 8 669,000 0 180 持株比率 2位 15. 8 669,000 0 180 持株比率 3位 10. 7 455,000 0 180 持株比率 4位 10. 7 455,000 0 180 持株比率 5位 4. 0 168,000 0 180 持株比率 6位 3. 8 162,000 0 180 持株比率 7位 2. 9 123,000 0 180 持株比率 8位 1. 8 75,600 0 180 持株比率 9位 0. 9 37,500 0 180 持株比率 10位 1. 持株比率は、ストックオプション及び上場前の株式保有数を考慮した順位になっています。 5 578,700 5,787 SBI証券 1. 0 5,900 59 岩井コスモ証券 1. 0 5,900 59 マネックス証券 0. 3 1,700 17 エース証券 0. 3 92. 2 68. 1 85. 5 初値騰落率(%) 111. 7 91. 8 29. 9 109. 3 78. 6 55 142 初値-公募価格の吸収金額(億円) 14. 4 9. 86 13. 77 13. 81 9. 97 43. 91 19. 68 高値勝率(%) 65. 7 61. 8 54. 3 61. 3 高値騰落率(%) 9. 8 9. 3 7. 9 8. 1 6. 6 7 高値-初値の吸収金額(億円) 4. 48 3. 05 8. 76 3. 65 3. 36 19. 64 4. (区分ごとの初値騰落率、初値吸収金額に対する振れ幅の想定です。 ) (68. 4%の確率になります。 以上、さくらさくプラス(7097)のIPOの評価および分析と初値予想でした。

次の

【初値予想】さくらさくプラス(7097)地合い回復基調でも公募割れか

さくら さく プラス

さくらさくプラス(7097)IPOの事業内容 さくらさくプラス(7097)の事業内容は、認可保育所や認証保育所などの運営です。 保育ニーズが中長期的に高いものと見込まれる、東京都23区を中心に認可保育所、小規模認可保育所、東京都認証保育所を直営で運営しています。 保育所の立地に関しても、駅からの距離や利便性の高いエリアへの強いこだわりを持ち、利用者や働く保育士から選ばれる施設作りを行っています。 職員の資質向上が良い保育の源泉との考えのもと、職員の教育研修に力を入れています。 東京都23区を中心に事業展開しています。 2019年7月期末の時点で46施設を運営しています。 目論見書より事業系統図です。 売上高は以下の通り。 さくらさくプラス(7097)IPOは、東証マザーズ上場で吸収金額は約20. 4億円の中型となります。 上位株主には180日間のロックアップが掛かっています。 価格による解除もありません。 事業内容的には、認可保育所などの運営と印象に欠けます。 テーマ的にも弱いです。 売上高、業績とも安定した右肩上がりです。 スケジュール的には、SANEI「サンエイ」(6230)と2社同時上場となり資金分散が予測されます。 現在新型コロナウイルスの影響で地合いが悪化しています。 直近のIPOも公募割れが続き、さらに上場中止も発表されており、きびしい展開が予想されます。 総合的に見て、公募価格付近での初値形成、地合いによっては公募割れの可能性も高いです。 その時の地合いと仮条件をみて検討していきます。 相場の動向を加味しつつ考察していきます。

次の

【IPO初値予想】さくらさくプラス幹事配分と評価!利益見込みあり | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

さくら さく プラス

仮条件:1,150円~1,430円 想定価格は2,060円でしたので、 想定価格を大きく下回る かなり弱気な設定となりました。 そのため、吸収金額は 最大約13. 5 億円となります。 さくらさくプラス(7097)IPOの詳細 メリット 上位株主には180日間のロックアップがかかっており、大きな売り圧力の心配はありません。 スケジュール的には、単独上場であり問題なさそうです。 売上高、業績ともに綺麗な右肩上がりです。 デメリット 事業内容的には、認可保育所などの運営とやや印象に欠けます。 仮条件がかなり弱気だったことも不安要素となりそうです。 新型コロナウイルスの影響で地合いが悪化しています。 油断は禁物です。 さくらさくプラス(7097)IPOは、東証マザーズ上場で吸収金額は最大約13. 5億円の中型となります。 上位株主には180日間のロックアップが掛かっています。 価格による解除もありません。 事業内容的には、認可保育所などの運営と印象に欠けます。 テーマ的にも弱いです。 売上高、業績とも安定した右肩上がりです。 スケジュール的には、SANEI「サンエイ」(6230)が上場中止となったため、単独上場となります。 現在新型コロナウイルスの影響で地合いが悪化しています。 仮条件もかなり弱気と不安が残ります。 直近のIPOも公募割れが続き、さらに上場中止も発表されており、きびしい展開が予想されます。 総合的に見て、公募割れの可能性が高いです。 一押しの証券会社となります。 1口座1抽選の「公平抽選」、お預り資産などに応じて当選確率がアップする「IPO優遇特典」もあります! 一般投資家への配分数10%を抽選! 第 2位 口座数No. 1証券会社! IPOチャレンジポイントは落選しても1ポイントGET! ポイントを貯めることで誰でもプラチナIPOをGETできるチャンスが! 未成年口座も開設できます。 第 3位 2018年9月8日より、IPOルールが大きく変更。 加えて後期型から前期型に変更!申し込みやすい証券会社となりました!70%完全抽選配分で当選確率も高いのも嬉しいですね。 第 4位 1口座1抽選の平等抽選! ブックビルディング時には資金は必要なし。 幹事引受け数は非常に多いです。 IPO口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。 第 5位 前受け金なしでIPO抽選に参加できます。 IPOに当選した場合は購入期間に入金すればOK 年間を通して引き受け幹事数多いです。 資金拘束なしの証券会社なのでオススメです! 抽選資金不要 証券会社 IPO申し込みルールが後期型から前期型へ変更になりました。 完全に穴場証券会社です! この機会に口座開設して損は無いと思います。 未成年口座からIPOに申し込むことができます。 抽選方法は完全平等抽選制度を採用しています。 IPO取扱い件数は2018年で34回 ! IPO取扱い件数が多い割には口座開設数が比較的少ないです。 むさし証券は年間約10社のIPO幹事を引き受けています。 幹事数は少ないですがIPO投資では必須級の証券会社となります。 IPOの配布数量の10%がネット抽選に回されます。 IPO幹事を務めることは少ないですが、 口座数が少ないため当選のチャンス有りです。 抽選方法は1口座1抽選方式で、完全平等抽選を採用しています。 大手証券会社に比べ口座開設してIPOに申し込む人もまだ少ないです。 口座開設することで当選確率を上げる事ができます。 抽選方法は100% 平等抽選制度を採用しています。 IPO抽選参加に前受け金不要! 年間幹事数も増えています! 抽選方法は1口座1抽選の完全平等抽選を採用! 未成年口座開設可能でIPO申込みもOKです! マネックス証券は幹事引受数も多い証券会社です! 完全平等抽選を採用! ブックビルディング時に買付余力不要です。 幹事数は年間を通して少ないですが全ての枚数を抽選に回すのが特徴で当選しやすいです。 1口座1抽選の完全平等抽選! 配分予定数の100%を抽選に回します。 抽選の段階では前受け金不要。 IPO取扱数は増加傾向であり、今後に期待が持てる証券会社です。 遂に株式取引もスタート。 口座開設後最大3か月間取引手数料が0円です。 また手数料は現物も信用も業界最安値水準! 今後IPO幹事に名を連ねる可能性も! 第 1位 菅理人が一番当選回数の多い証券会社さまです。 一押しの証券会社となります。 1口座1抽選の「公平抽選」、お預り資産などに応じて当選確率がアップする「IPO優遇特典」もあります! 一般投資家への配分数10%を抽選! 第 2位 口座数No. 1証券会社! IPOチャレンジポイントは落選しても1ポイントGET! ポイントを貯めることで誰でもプラチナIPOをGETできるチャンスが! 未成年口座も開設できます。 第 3位 2018年9月8日より、IPOルールが大きく変更。 加えて後期型から前期型に変更!申し込みやすい証券会社となりました!70%完全抽選配分で当選確率も高いのも嬉しいですね。 第 4位 1口座1抽選の平等抽選! ブックビルディング時には資金は必要なし。 幹事引受け数は非常に多いです。 IPO口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。 第 5位 前受け金なしでIPO抽選に参加できます。 IPOに当選した場合は購入期間に入金すればOK 年間を通して引き受け幹事数多いです。 資金拘束なしの証券会社なのでオススメです! お問い合わせ IPO投資必須証券会社 ネットで完全平等抽選! 抽選申込みは後期型ですので資金が少ない人にもおススメ! 優待クロスでもおすすめの証券会社です! IPO10%を以上を完全抽選! 会社四季報の最新銘柄レポートが無料に! IPO目的で口座開設する人が少なく穴場証券会社です! 引受株数の10%以上を配分! IPO抽選参加に前受け金不要! 年間幹事数も増えています! 抽選方法は1口座1抽選の完全平等抽選を採用! 未成年口座開設可能でIPO申込みもOKです! マネックス証券は幹事引受数も多い証券会社です! 完全平等抽選を採用! ブックビルディング時に買付余力不要です。 幹事数は年間を通して少ないですが全ての枚数を抽選に回すのが特徴で当選しやすいです。 1口座1抽選の完全平等抽選! 配分予定数の100%を抽選に回します。 抽選の段階では前受け金不要。 IPO取扱数は増加傾向であり、今後に期待が持てる証券会社です。 遂に株式取引もスタート。 口座開設後最大3か月間取引手数料が0円です。

次の