楽天デビットカードゴールド。 楽天デビットカードのポイント 2年使ってわかったメリット デメリット

ポイント還元も!楽天VISAデビットカード(ゴールド)のメリットまとめ

楽天デビットカードゴールド

楽天銀行デビットカードとは 楽天銀行デビットカードとは、その名の通り、楽天銀行から発行されているデビットカードです。 冒頭でお話ししたとおり、楽天銀行は「VISAブランド」で3種類と「JCBブランド」1種類の合計4種類のデビットカードを発行しています。 ここで紹介するのは、国際ブランド「VISA」と提携している楽天銀行デビットカードです。 現在発行されている楽天銀行デビットカード(VISA)は以下の3種類です。 楽天銀行デビットカード(VISA)の種類• 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)• 楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)• 種類のカードから自分に合ったカードを選べる!• ATM手数料・自行・他行への振込手数料が無料になる「ハッピープログラム」• 貯めたポイントは、楽天市場、デビットカードのショッピング支払いに使える• 非接触型決済(タッチ決済)「Visa payWave」が利用できる• 貯めたポイントは「1ポイント=1円」として楽天市場や提携企業で便利に使える• ネットでの不正利用を防ぐ「VISA認証サービス」が利用できる• 楽天Payに登録できる• 充実の付帯サービス• Visa優待特典が受けられる(シルバー、ゴールドのみ)• ガソリンスタンドにも利用可能!• 年会費無料の 「ベーシック」、優待特典付きの 「シルバー」、旅行傷害保険付きで付帯サービス充実の 「ゴールド」の3種類です。 また、カードを申し込んだ後も途中で切り替えることが可能。 ちなみに、 VISAからVISAへの切り替えは基本的に無料でできます。 ただ、楽天銀行デビットカード(JCB)のような年会費無料カードから、楽天銀行ベーシックデビットカード(VISA)への切り替えは500円(税別)の発行手数料が発生しますので覚えておくようにしてくださいね。 還元率が1. 0%を超えるものが多く、基本的な還元率(条件など無しの状態)は0. 5%などがほとんどなんです。 楽天銀行デビットカード(VISA)は、条件などがなくても常に1. デビットカード名 還元率 1,000円あたりの獲得ポイント 楽天銀行デビットカード(VISA) 1. 0% 10ポイント 住信SBIネット銀行ミライノデビット(Mastercard) 0. 8% 8ポイント 住信SBIネット銀行ミライノデビット(VISA) 0. 6% 6ポイント セブン銀行デビット付きキャッシュカード 0. 5% 5ポイント 三菱UFJ銀行JCBデビットカード 0. しかし、基本となる還元率の下限値が低ければ、例え2倍や5倍であっても1. 0%に満たないケースもあるのです。 普段の食事や日用品の買い物、光熱費の支払いでもポイントを貯められるって魅力的よね。 しかも1. 0%だから、 他のデビットカードに比べて貯まるスピードも段違いね! 楽天市場での支払いでは還元率が最大 15. 0%にアップ! ショッピングなどでは1. 0%の還元率ですが、インターネット通販大手の楽天市場での決済に楽天カードを使うと、最大で 15. 0%まで還元率をアップさせることができます。 月1回500円以上のポイント投資• 月1回1注文1,000円以上お買い物• 電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物• ハッピープログラムとは、利用したサービスによって ATM手数料や 他行振込手数料が 無料になるサービスです。 それぞれATM手数料は月最大で7回、振込手数料は月最大で3回まで無料に! ハッピープログラムのステージアップ条件と特典は以下の表を確認してください。 ステージ名 条件 ATM利用無料回数 他行振込手数料無料回数 ポイント還元率 スーパーVIP 残高300万円以上or取引30件以上 7回 3回 3. 0% VIP 残高100万円以上or取引20件以上 5回 3回 3. 0% プレミアム 残高50万円以上or取引件数10件以上 2回 2回 2. 0% アドバンスト 残高10万円以上or取引5件以上 1回 1回 1. 0% ベーシック なし なし なし 1. 0% ATMを利用したくなる時間は、夜がほとんど。 夜は手数料が高くなってしまけど、優遇サービスが適応されて手数料が無料になるのは節約に繋がってお得になるねっ! 貯めたポイントは、楽天市場、デビットカードのショッピング支払いに使える 楽天市場などで貯めたポイントは、楽天市場、デビットカードの ショッピング支払いに1ポイント1円で利用できます。 デビットカードのショッピング支払いで使うためには、楽天会員リンク登録(ハッピープログラムへのエントリー)が必要なので、かならずプログラムの開始申請をおこないましょう。 また、デビットカードのショッピング支払いで利用できるのは、 50ポイントからで、期間限定ポイントや楽天キャッシュは利用できません。 期間限定ポイントとは、通常ポイントとは異なり、利用期間が限定されているポイントです。 デビットカードでのショッピングでは通常ポイントしか使うことができません。 楽天キャッシュとは楽天市場、楽天トラベル、ラクマなどのインターネットサービスと、楽天ペイアプリ加盟店などでの支払いに利用できるオンライン上の電子マネーです。 電子マネーではありますが、オンライン限定のため、デビットカードのショッピング支払いには利用できませんので注意してくださいね。 このVisaPayWaveは、カードを店員さんに渡してレジの専用端末にスキャンする従来の決済方法とは違い、 交通系ICのようにカードをタッチするだけで決済ができるシステムです。 海外、特にVISAカードの本場アメリカではほとんどのお店にVisaPayWaveの決済端末が導入されており、スキミング詐欺などの防止に効果を上げているそうです。 日本では、2020年の東京オリンピックに向けて、多くの企業が導入を検討しており、徐々に利用可能店舗が増えています。 提携企業で利用できるポイントは企業や店舗によって異なります。 また、使うだけではなく貯めることも可能です。 ただし、企業や店舗によって、ポイントの使い方に条件があるところもあります。 代表的な利用可能企業・店舗と注意点をまとめましたのでチェックしてみてください。 アルペングループの独自ポイント「アルペンポイント」との併用不可• 最近じゃいろんなお店で使えるようになったし。 シルバーにはショッピング保険が付いており、シルバーデビットで購入された商品に対して、購入日から60日間、偶然の事故による破損や盗難などの損害を補償します。 (自己負担額5,000円/1事故あたり、年間30万円まで) ゴールドにはシルバーと同じ ショッピング保険に加えて、国内外旅行傷害保険が付いています。 旅行中の万が一の事故などによる怪我や病気を最大1000万円まで補償してくれます。 空港宅配:1個500円• デビットカードの支払いシステムは基本的に一括先払いです。 ガソリンスタンドの給油は、給油してから金額が決まる後払い方式を採用しています。 そのため、従来のデビットカードでは、残高不足で決済ができないといったことを防ぐために、ガソリンスタンドではデビットカードが使えませんでした。 そのため、ATMで現金を引き出すことも可能です。 楽天銀行ベーシックデビットカード以外は、年会費がかかる• 他社の年会費有料のデビットカードに比べると少し割高です。 シルバーで2,000円(税別)、 ゴールドで5,000円(税別)ですが、同じような特徴で年会費無料のデビットカードがあるため、コスパという面では年会費無料のカードよりも劣ります。 カードの利便性がいくらよくても、2,000円以上の年会費がかかるのは、なんだか抵抗があるな〜・・・。 それに 毎年、年会費のことを気にするのもちょっと面倒〜。 ちなみに、手数料無料回数は出金だけではなく、入金にも適用されます。 提携している金融機関は多いですが、金融機関によっては250円(税別)が入出金の両方にかかります。 例を挙げると、引き落とし用に1,000円を口座に入れておきたい場合は、入金時に200円が差し引かれるため、2,000円を入金しないと、引き落としができないということが起こります。 他のネット銀行では、入金は無料、出金は手数料という場合がほとんどのため、結構大きなデメリットになりますよ。 ネット銀行の割に手数料が毎回発生するのは困りものね。 出金だけならまだしも、入金にも手数料がかかるなら、こまめな貯金もできないわね・・・。 年会費無料のベーシックに付帯保険が少ない 楽天銀行ベーシックデビットカード(VISA)には、 付帯保険が不正利用補償だけしか付いていません。 ショッピングガード保険や国内外旅行傷害保険が無いため、万が一の時には少し不安が残ります。 同じ楽天銀行デビットカード(VISA)のシルバーとゴールドには付帯していますが、年会費が発生するんです。 年会費無料で付帯保険が充実しているデビットカードと2枚持ちするか、クレジットカードを契約しないと、何かあったときに大損してしまう場合もありますよ。 JCB系のデビットカードってショッピング保険や国内外旅行傷害保険が付いているカードが多いけど、楽天銀行デビットカード(VISA)には付いて無いのよ。 ポイントをとるかリスク有りをとるかっていう感じね。 管理人オススメは「三菱UFJ銀行デビットカード」! ここまでは、楽天銀行デビットカード(VISA)のメリットとデメリットを解説してきました。 ここまででお伝えした楽天銀行デビットカード(VISA)のメリットを補完しつつデメリットをカバーしてくれるデビットカードが、管理人オススメの「」です。 0%~15. 0% JCBOkiDokiポイント 実質ポイントバック最大 2. また、三菱UFJ銀行はメガバンクのため全国に支店やATMが設置されています。 コンビニATM手数料は無料ではありませんが(メインバンクプラスの場合ステージで無料回数が最大3回まで無料)、 三菱UFJ銀行のATMはデパートなどにも設置されているので、コンビニを探さなくてもお得に入出金が可能です。 また付帯保険も充実しています。 海外ショッピング保険と国内外旅行傷害保険がしっかりと付帯。 楽天銀行デビットカード(VISA)のメリット• 種類のカードから自分に合ったカードを選べる!• ATM手数料・自行・他行への振込手数料が無料になる「ハッピープログラム」• 貯めたポイントは、楽天市場、デビットカードのショッピング支払いに使える• 非接触型決済(タッチ決済)「Visa payWave」が利用できる• 貯めたポイントは「1ポイント=1円」として楽天市場や提携企業で便利に使える• ネットでの不正利用を防ぐ「VISA認証サービス」が利用できる• 楽天Payに登録できる• 充実の付帯サービス• Visa優待特典が受けられる(シルバー、ゴールドのみ)• ガソリンスタンドにも利用可能!• 楽天銀行ベーシックデビットカード以外は、年会費がかかる• 年会費無料のベーシックに付帯保険が少ない• 使うシーンに合わせて2枚使いすることも可能です。 シルバーやゴールドへの切り替えが無料でできるため、海外旅行の前などに一時的にゴールドカードやシルバーカードに変更するのもいい考えです。 旅行から帰ってきたら年会費無料のベーシックに戻せばいいだけです。

次の

楽天銀行のデビットカードは楽天スーパーポイントがしっかり貯まる!

楽天デビットカードゴールド

「ゴールド」&「プラチナ」還元率ランキングTOP16 2019年は地方銀行からブランドデビットがリリースされることが多かったため、2020年もデビットカードのゴールドやプラチナは地方銀行から徐々に増えていきそうだ。 最も還元率が高いのは破格なスペックを持つ「タカシマヤプラチナデビットカード」の2. 0%~10. 0%、そのほかは0. 5%~1. 0%という水準だ。 クレジットカードの場合はゴールドやプラチナになると還元率が優遇されるケースが多いが、デビットカードはそうではない。 以下の記事は、全種のデビットカードを還元率比較しているので、合わせて読んでみよう。 親和銀行「親和銀行デビットプラスゴールド」 デビットプラスゴールド JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 5%~1. 0% こちらは親和銀行のゴールドデビットカードだ。 熊本銀行「熊本銀行デビットプラスゴールド」 デビットプラスゴールド JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 5%~1. 0% こちらは熊本銀行のゴールドデビットカードだ。 ちなみにこのデビットプラスシリーズは、デビットカードで唯一「交通系IC」を搭載できるデビットカードでもある。 七十七銀行「77JCBゴールドデビット」 77JCBゴールドデビット JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらは七十七銀行のゴールドデビットカードだ。 77JCBゴールドデビットもJCBだが、このタイプは「千葉銀行」や「東邦銀行」と同じシリーズであろう印象がある。 また、このシリーズだけは年齢制限が「20歳以上」となっており、クレジットカードの年齢下限である「18歳以上」よりも高く設定されているのが特徴だ。 12位. もみじ銀行「ワイエムゴールドデビット」 ワイエムゴールドデビットJCBカード JCB 15歳以上 (中学生不可) 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらはもみじ銀行のゴールドデビットカードだ。 「ワイエムデビット」のシリーズなので、「山口銀行」と「北九州銀行」のゴールドデビットカードとスペックは同じだ。 13位. 北九州銀行「ワイエムゴールドデビット」 ワイエムゴールドデビットJCBカード JCB 15歳以上 (中学生不可) 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらは北九州銀行のゴールドデビットカードだ。 ランキングとして最下位の紹介となったが、現状は6位の「楽天銀行ゴールドデビットカードVISA」以下は還元率に大きな差がない。 14位. 中国銀行「ドリーミーデビットカードゴールド」 ドリーミーデビットカードゴールド JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらは2018年にリリースされたゴールドデビットカードだが、スペックは他と大差がない。 ポイント還元率もJCBのOkiDokiポイントなので、常設は0. 3%~0. 5%だ。

次の

楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた。

楽天デビットカードゴールド

楽天銀行では、と年会費有料のVisaデビットカードを発行しています。 年会費有料のVisaデビットカードには、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)と楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)の2種類のカードがあります。 この記事では、これら2種類のカードの違いやメリット・デメリットについてをまとめています。 ベーシック、シルバー、ゴールドの違いをまとめると以下のようになります。 楽天銀行 ベーシック デビットカード(Visa) シルバー デビットカード(Visa) ゴールド デビットカード(Visa) 審査 なし 申し込み可能年齢 16歳以上~ 年会費 無料 2,200円 5,500円 ポイント還元率 1. ゴールドカードでも、審査なしで発行することができます。 「楽天銀行で口座開設できる=シルバーデビットカードやゴールドデビットカードが作れる」ということ。 楽天銀行で口座開設できる年齢は16歳~なので、高校生や大学生でもゴールドカードが作れます。 シルバーデビットカードやゴールドデビットカードの特典 シルバーデビットカードやゴールドデビットカードでは、Visaゴールド優待特典が利用できます。 Visaゴールド空港宅配• Visaゴールド国際線クローク(一時預かり)•

次の