ダッチオーブン レシピ。 ダッチオーブン 1つで5通り!万能鍋の使い方

【ダッチオーブン】和洋中&アジアン「ご飯もの」レシピまとめ

ダッチオーブン レシピ

先日友人に、 「ダッチオーブン使ってみたいんだけどどう?欲しいんだけど、あれ買うとキャンプ料理が 大掛かりになりそうで。 」と相談を受けました。 たしかに、私もダッチオーブンを買うまでは、「おしゃれだけど、デカい、重いし、めんどくさそうな調理器具。 」という印象でした。 買ってもそんなに使わないかな?必要?と。 しかし、買ってみたらダッチオーブンは使い方の幅がかなり広く、 レシピによってはかなり楽できる調理器具だと分かりました。 ビーフシチューも、スペアリブも煮込んでおけば時間こそかかるものの、材料を入れてあとは放っておくだけ。 長時間座って、お酒を飲んで、焚き火を眺めて楽しむ キャンプとはすごく相性が良い料理道具なのです。 しかも、お値段以上で有名なニトリ様がダッチオーブン「19cm1490円」「22インチ2490円」で販売してくれているので、買うハードルも低い。 いやあ、良い時代に生まれました。 では、この記事では、ダッチオーブンを買おうか迷っているけど実際どうなの?簡単に使える?必要?めんどくさくない?と迷われている方向けに、 魅力、使い方(調理方法)、欠点、簡単レシピを紹介していきます。 ダッチオーブンの魅力 ダッチオーブンの魅力は料理の幅がとても広がることです。 それを言ったらどの料理道具もレパートリーが増えるという点で同じやん!というご意見もあると思いますが、ダッチオーブンは料理レパートリーが5つも広がるのが特徴。 具体的には、 オーブン、圧力鍋、燻製機、炊飯器、鉄板、の5つです。 各料理でのダッチオーブンの使い方 では、ここからは オーブン、圧力鍋、燻製機、炊飯器、鉄板、5つの料理でダッチオーブンをどのように使うかご紹介します。 「煮込み料理」は ダッチオーブンで超簡単になる その中でも、「煮込み料理」が作れるようになるのはすごく便利。 秋や冬キャンプにかけて、 シチューやおでん、もつ煮込み等が作れるのは大きなメリットです。 一般的に、煮込み料理は面倒です。 普通のお鍋で煮込むとすごく時間がかかりますし、圧力鍋は使用している間目を離せないので、他の作業ができない。 結局どちらで作っても時間を取られる感覚があり、私は以前煮込み料理をするのが嫌いでした。 しかし、 ダッチオーブンはちょうど圧力鍋と普通の鍋の中間に位置する存在なんですよね。 圧力鍋と違って危険性もないので煮込んでいる間も放っておけます。 全然野菜を切ってないずぼらビーフシチューも1時間程度で完成しますし、牛すじ煮込みは1時間半程度で柔らかくなりました。 おでんの大根も1時間程度でほろほろに。 ちなみに、なぜダッチオーブンが圧力鍋の代わりになるかというと欠点でもある重さに秘密があります。 ダッチオーブンは鉄で作られているので、重たいです。 (ステンレス製もありますが、ステンレスも金属類の中では重い部類です)そのため、 重たい蓋が鍋の上に載っているので、食材に圧力がかかり柔らかく煮込めるようになります。 キャンプでじっくり煮込んだほかほかの煮込み料理は格別です。 ダッチオーブンで「オーブン調理」 最後は、オーブン調理です。 ダッチオーブンはその由来のごとくオーブン調理をすることができます。 オーブンは四方八方から食材に熱を加えて調理しますが、 ダッチオーブンの上・下に炭を置くことで、全体に熱を加えオーブンのような状態にするんです。 これによって、 パンやピザ、ローストビーフや丸鶏などの固まり肉、アップルパイ等オーブンを使って作る料理をキャンプで作ることができます。 しかし、オーブン調理はコツをつかむまで少々難しい。 理由は簡単で、炭火で調理することに慣れていないからです。 以前、ピザを焼いたときは炭とダッチオーブンの距離はどのくらいが良いのか、ダッチオーブンの上に何個炭を置いたら良いのか?に悩み苦戦しました。 試行錯誤を繰り返し、なんとか焼けましたが。 でも、 色んな苦労が吹っ飛ぶくらい焼き立てのピザは美味しいです。 キャンプ料理は肉のイメージが強いですが、真の覇者はパンかピザです。 イースト菌最高。 最後に、おすすめのダッチオーブン 長くなりましたが、最後に私がおすすめするダッチオーブンを紹介します。 鋳鉄製 私は一番最初に「ニトリ」の22インチダッチオーブンを購入しました。 しかし…1年くらい頻繁に使っていたら台所でこんな錆びまみれの姿に… ダッチオーブンは繊細で、ちゃんとメンテナンスしないとすぐに錆びます。 しかし、「ニトリ」の安いダッチオーブンだとメンテナンスする気分にならなかったんですよ…。 安いし錆びてもいいやって。 だから、ダッチオーブンは少々高くてもカッコいいもの、気に入ったものを購入するのがおすすめです。 気に入ってないとメンテナンスしないから! 私がおすすめする鋳鉄製ダッチオーブンは「ペトロマックス」。 理由?だってカッコいいじゃないですか。 それが全て。 だってこれが焚き火の中にいたらカッコいいもん。

次の

ダッチオーブンでキャンプ料理はむしろ楽になる!魅力・使い方・簡単レシピを紹介。|湘南で暮らすキャンパーのブログ

ダッチオーブン レシピ

目次 []• ダッチオーブンでの調理法 ダッチオーブンを使った調理法は、 炭火・薪火・ガス火などがあります。 その中でも炭火での調理は、重厚なダッチオーブンならではといえるでしょう。 こちらでは、 炭火調理の具体的な手順をご紹介します。 炭火での調理手順 炭火での調理手順を写真とともに掲載します。 炭火を起こす ダッチオーブンを炭火で調理する場合は、まず炭に火を起こすところから始めます。 今回使用した炭の量は、およそ1キロです。 ダッチオーブンの調理後は、そのまま焼き鳥調理にも使用しました。 ダッチオーブンをセットし予熱する 炭に熱を持たせたら、 ロストルの上にダッチオーブンをセットし予熱します。 ダッチオーブンが冷えたまま調理すると具材がくっついてしまうので、しっかりと予熱することがポイントです。 具材をセットし蓋をする 調理したい具材をセットしたら、蓋をします。 蓋の上に炭をのせる ダッチオーブンの蓋の上に炭をのせます。 のせる炭の量は、 火を起こした炭の半量程度でOK。 上下から熱を送ることで、具材の旨味を閉じ込め驚くほどジューシーな肉料理が完成します。 15~30分放置し余熱で仕上げる 具材にもよりますが、炭をのせてから およそ15~30分間はそのまま放置します。 その間はほかの調理もできるので、ダッチオーブン料理は非常に効率的です。 放置して15~30分が経過したら、蓋の上から炭を取り除く&ダッチオーブンを炭火からおろし、さらに余熱で15~30分ほど調理します。 お家や雨天時はガス火調理 炭火調理が一般的なダッチオーブンですが、 コンロなどのガス火でも調理可能です。 ガス火であれば、炭が使用できない雨天時はもちろん、自宅でもダッチオーブン料理が楽しめると非常に万能。 ガス火での調理は上からの熱が加えられないので、弱火~中火で少し長めにおよそ30分~火にかけて下さい。 【材料】• 牛肉ブロックお好きなだけ 今回はもも肉500グラムほど• にんにく1片• 玉ねぎ1玉• オリーブオイル大さじ2• 塩胡椒適量• ポン酢大さじ3• 醤油大さじ3• アルミホイル• フォーク 1. 牛肉をフォークで刺す 短時間で味が染み込むよう、フォークで牛肉全体を刺します。 塩胡椒を振る 塩胡椒をまんべんなく牛肉に振りかけ、手ですりこみ30分以上置いておきます。 下味は塩胡椒のみなので、気持ち多めに振りかけて下さい。 ダッチオーブンにオリーブオイルとにんにくを入れる しっかりと熱したダッチオーブンにオリーブオイルをひいたら、スライスしたにんにくを入れて香りがでるまで炒めます。 牛肉の両面を焼く にんにくの香りがたってきたら牛肉を入れます。 牛肉の焼き具合は両面が色づく程度でOKです。 牛肉を取り出し底網を入れる 牛肉の両面を焼き上げたら、一旦牛肉を取り出し底網をセットします。 ダッチオーブンに牛肉と玉ねぎを入れる 再び牛肉をダッチオーブンに戻し入れ、さらにくし切りにした玉ねぎも加えます。 蓋をして 炭火ならおよそ20分、ガス火ならおよそ30分火にかけて下さい。 熱を通したら牛肉を取り出しアルミホイルで包む ダッチオーブンの直火調理が終了したら、牛肉を取り出しアルミホイルで巻きます。 そのまま30分ほど放置し、余熱でじっくり熱を加えましょう。 オリジナルソースを作る ダッチオーブンから底網を取り出し、ローストビーフのソースを作ります。 玉ねぎにポン酢・醤油・砂糖を加え、ひと煮立ちしたらソースの出来上がり。 あとは牛肉をカットし、 オリジナルソースをかければ完成です。 ちなみに、今回の料理時に鍋底が焦げ付く事態に!焦げが付着したままソース作りをすると苦味がでてしまうので、 キッチンペーパーなどである程度焦げを取り除きました。 ダッチオーブン料理の代表格でもあるローストビーフ。 じっくりと熱を加えることで、ジューシーかつ柔らかい一品に仕上がります。 また、蒸された玉ねぎの甘味がソースと絡み、肉との相性もバツグン! ダッチオーブンで肉料理を作るなら、まずはローストビーフ作りに挑戦です。 ラム肉の香草焼き 【材料】• 骨付きラム肉およそ5~7本• じゃがいも小3~5個• 塩胡椒適量• ローズマリー適量• タイム適量• オリーブオイル大さじ2• ポリ袋 1. ラム肉に下味をつける ラム肉に塩胡椒・ローズマリー・タイムで下味をつけ30以上置いておきます。 ローズマリーやタイムは乾燥タイプを使用していますが、生タイプでもOKです。 じゃがいもと人参に下味をつける ポリ袋に一口大にカットしたじゃがいもと人参を入れ、ラム肉と同様に塩胡椒とハーブで下味をつけます。 ダッチオーブンで調理する 熱したダッチオーブンにオリーブオイルをひき、ラム肉とじゃがいも・人参を入れます。 あとは蓋をして炭火はおよそ15分、ガス火はおよそ20~30分火にかけて下さい。 さらに火から下したあと余熱で15分放置したら完成です。 ダッチオーブンからハーブが香る、 お酒にぴったりな肉料理です。 ラム肉は驚くほど柔らかく、じゃがいもと人参はホックホクに!香草焼きは、ラム肉以外にも 鶏・牛・豚とさまざまな肉でアレンジ可能です。 ルーローファン 【材料】• 豚バラブロックお好きなだけ 今回はおよそ800グラム• ゆで卵お好きなだけ• しょうが適量• チューブにんにく3センチくらい• 酒大さじ3• ごま油大さじ1• めんつゆ3~4まわしくらい• オイスターソース3~4まわしくらい• 八角4~6個• 水適量• フリーザーパック 1. フリーザーパックで具材の下準備をする フリーザーパックにおよそ5ミリ幅にカットした豚バラ・ごま油・スライスしたしょうが・チューブにんにく・酒を入れて下味をつける。 キャンプに行く際は、このまま冷凍しておくと便利です。 ゆで卵も豚バラ同様、ゆでたらフリーザーパックに入れて当日そのままキャンプ場へ持参して下さい。 ダッチオーブンに具材を入れる ダッチオーブンに豚バラ・ゆで卵・具材が半分程度つかる水・めんつゆ・オイスターソース・八角を入れます。 ダッチオーブンを火にかける あとは炭火でおよそ20分、ガス火でおよそ30分火にかけ、さらに火からおろしておよそ30分余熱調理すると完成です。 調理後は、写真のように水分と豚バラの脂がたっぷり! そのまま食べても美味しいですが、 メスティンで炊き上げた熱々のご飯にのせて食べるのもおすすめです。 台湾の代表的なご飯といえばルーローファン!八角の甘い香りと豚バラのジューシーさが食欲をそそります。 私が愛用するダッチオーブン ダッチオーブンといっても、さまざまな種類が販売されていますよね。 ここで余談ではありますが、 私が愛用しているダッチオーブンをご紹介します。 私が愛用しているのは 【SOTO ステンレスダッチオーブン 10インチ】。 その名の通りステンレス製であり「シーズニング不要・洗剤でガシガシ洗える・IHにも対応」という点に惹かれて購入しました。 現時点で色がつきやすいというデメリットがありながらも、使い心地は非常に満足しています。 またサイズ感ですが、 我が家4人家族で10インチがベストだと感じるので、5人以上の家族で10~12インチ、2~3人家族で8インチが目安になるかなと思います。

次の

「簡単だけど本格的」おすすめダッチオーブンレシピとお手入れ方法

ダッチオーブン レシピ

目次 []• ダッチオーブンでの調理法 ダッチオーブンを使った調理法は、 炭火・薪火・ガス火などがあります。 その中でも炭火での調理は、重厚なダッチオーブンならではといえるでしょう。 こちらでは、 炭火調理の具体的な手順をご紹介します。 炭火での調理手順 炭火での調理手順を写真とともに掲載します。 炭火を起こす ダッチオーブンを炭火で調理する場合は、まず炭に火を起こすところから始めます。 今回使用した炭の量は、およそ1キロです。 ダッチオーブンの調理後は、そのまま焼き鳥調理にも使用しました。 ダッチオーブンをセットし予熱する 炭に熱を持たせたら、 ロストルの上にダッチオーブンをセットし予熱します。 ダッチオーブンが冷えたまま調理すると具材がくっついてしまうので、しっかりと予熱することがポイントです。 具材をセットし蓋をする 調理したい具材をセットしたら、蓋をします。 蓋の上に炭をのせる ダッチオーブンの蓋の上に炭をのせます。 のせる炭の量は、 火を起こした炭の半量程度でOK。 上下から熱を送ることで、具材の旨味を閉じ込め驚くほどジューシーな肉料理が完成します。 15~30分放置し余熱で仕上げる 具材にもよりますが、炭をのせてから およそ15~30分間はそのまま放置します。 その間はほかの調理もできるので、ダッチオーブン料理は非常に効率的です。 放置して15~30分が経過したら、蓋の上から炭を取り除く&ダッチオーブンを炭火からおろし、さらに余熱で15~30分ほど調理します。 お家や雨天時はガス火調理 炭火調理が一般的なダッチオーブンですが、 コンロなどのガス火でも調理可能です。 ガス火であれば、炭が使用できない雨天時はもちろん、自宅でもダッチオーブン料理が楽しめると非常に万能。 ガス火での調理は上からの熱が加えられないので、弱火~中火で少し長めにおよそ30分~火にかけて下さい。 【材料】• 牛肉ブロックお好きなだけ 今回はもも肉500グラムほど• にんにく1片• 玉ねぎ1玉• オリーブオイル大さじ2• 塩胡椒適量• ポン酢大さじ3• 醤油大さじ3• アルミホイル• フォーク 1. 牛肉をフォークで刺す 短時間で味が染み込むよう、フォークで牛肉全体を刺します。 塩胡椒を振る 塩胡椒をまんべんなく牛肉に振りかけ、手ですりこみ30分以上置いておきます。 下味は塩胡椒のみなので、気持ち多めに振りかけて下さい。 ダッチオーブンにオリーブオイルとにんにくを入れる しっかりと熱したダッチオーブンにオリーブオイルをひいたら、スライスしたにんにくを入れて香りがでるまで炒めます。 牛肉の両面を焼く にんにくの香りがたってきたら牛肉を入れます。 牛肉の焼き具合は両面が色づく程度でOKです。 牛肉を取り出し底網を入れる 牛肉の両面を焼き上げたら、一旦牛肉を取り出し底網をセットします。 ダッチオーブンに牛肉と玉ねぎを入れる 再び牛肉をダッチオーブンに戻し入れ、さらにくし切りにした玉ねぎも加えます。 蓋をして 炭火ならおよそ20分、ガス火ならおよそ30分火にかけて下さい。 熱を通したら牛肉を取り出しアルミホイルで包む ダッチオーブンの直火調理が終了したら、牛肉を取り出しアルミホイルで巻きます。 そのまま30分ほど放置し、余熱でじっくり熱を加えましょう。 オリジナルソースを作る ダッチオーブンから底網を取り出し、ローストビーフのソースを作ります。 玉ねぎにポン酢・醤油・砂糖を加え、ひと煮立ちしたらソースの出来上がり。 あとは牛肉をカットし、 オリジナルソースをかければ完成です。 ちなみに、今回の料理時に鍋底が焦げ付く事態に!焦げが付着したままソース作りをすると苦味がでてしまうので、 キッチンペーパーなどである程度焦げを取り除きました。 ダッチオーブン料理の代表格でもあるローストビーフ。 じっくりと熱を加えることで、ジューシーかつ柔らかい一品に仕上がります。 また、蒸された玉ねぎの甘味がソースと絡み、肉との相性もバツグン! ダッチオーブンで肉料理を作るなら、まずはローストビーフ作りに挑戦です。 ラム肉の香草焼き 【材料】• 骨付きラム肉およそ5~7本• じゃがいも小3~5個• 塩胡椒適量• ローズマリー適量• タイム適量• オリーブオイル大さじ2• ポリ袋 1. ラム肉に下味をつける ラム肉に塩胡椒・ローズマリー・タイムで下味をつけ30以上置いておきます。 ローズマリーやタイムは乾燥タイプを使用していますが、生タイプでもOKです。 じゃがいもと人参に下味をつける ポリ袋に一口大にカットしたじゃがいもと人参を入れ、ラム肉と同様に塩胡椒とハーブで下味をつけます。 ダッチオーブンで調理する 熱したダッチオーブンにオリーブオイルをひき、ラム肉とじゃがいも・人参を入れます。 あとは蓋をして炭火はおよそ15分、ガス火はおよそ20~30分火にかけて下さい。 さらに火から下したあと余熱で15分放置したら完成です。 ダッチオーブンからハーブが香る、 お酒にぴったりな肉料理です。 ラム肉は驚くほど柔らかく、じゃがいもと人参はホックホクに!香草焼きは、ラム肉以外にも 鶏・牛・豚とさまざまな肉でアレンジ可能です。 ルーローファン 【材料】• 豚バラブロックお好きなだけ 今回はおよそ800グラム• ゆで卵お好きなだけ• しょうが適量• チューブにんにく3センチくらい• 酒大さじ3• ごま油大さじ1• めんつゆ3~4まわしくらい• オイスターソース3~4まわしくらい• 八角4~6個• 水適量• フリーザーパック 1. フリーザーパックで具材の下準備をする フリーザーパックにおよそ5ミリ幅にカットした豚バラ・ごま油・スライスしたしょうが・チューブにんにく・酒を入れて下味をつける。 キャンプに行く際は、このまま冷凍しておくと便利です。 ゆで卵も豚バラ同様、ゆでたらフリーザーパックに入れて当日そのままキャンプ場へ持参して下さい。 ダッチオーブンに具材を入れる ダッチオーブンに豚バラ・ゆで卵・具材が半分程度つかる水・めんつゆ・オイスターソース・八角を入れます。 ダッチオーブンを火にかける あとは炭火でおよそ20分、ガス火でおよそ30分火にかけ、さらに火からおろしておよそ30分余熱調理すると完成です。 調理後は、写真のように水分と豚バラの脂がたっぷり! そのまま食べても美味しいですが、 メスティンで炊き上げた熱々のご飯にのせて食べるのもおすすめです。 台湾の代表的なご飯といえばルーローファン!八角の甘い香りと豚バラのジューシーさが食欲をそそります。 私が愛用するダッチオーブン ダッチオーブンといっても、さまざまな種類が販売されていますよね。 ここで余談ではありますが、 私が愛用しているダッチオーブンをご紹介します。 私が愛用しているのは 【SOTO ステンレスダッチオーブン 10インチ】。 その名の通りステンレス製であり「シーズニング不要・洗剤でガシガシ洗える・IHにも対応」という点に惹かれて購入しました。 現時点で色がつきやすいというデメリットがありながらも、使い心地は非常に満足しています。 またサイズ感ですが、 我が家4人家族で10インチがベストだと感じるので、5人以上の家族で10~12インチ、2~3人家族で8インチが目安になるかなと思います。

次の