ゼンショー 株価 暴落。 ゼンショーホールディングス(すき家)の株主優待!

株主優待

ゼンショー 株価 暴落

ここにボックスタイトルを入力• ゼンショーホールディングス(7550)の株価は暴落しやすい?|株価の状況は?• ゼンショーの配当と株主優待は?• ゼンショーの株価の推移(チャート)は?暴落しているの?• ゼンショーの株価が暴落しやすい理由?• ゼンショーの業績の見通しや株価を予想は?株は買い時? 投資歴20年のかいまるです。 日本株を中心に1000万円以上の資産を運用しています。 ゼンショーも優待目的で保有して5年経過しますね。 自分は、ゼンショーの株価が上がらない理由に関して以下のツイートをしました。 優待目的で保有中のゼンショーですが、株価も5年で2. 5倍と堅調に上昇しています。 外食産業は人件費などのコスト増を価格に転換できませんでしたが、最近では潮目が変わって高価格の季節メニューの売り上げが好調なんですよね。 優待も魅力的ですから、長期保有前提ならゼンショー株は買いかもです。 ゼンショーホールディングス(7550)はどんな会社? ゼンショーホールディングスは、関東を地盤に牛丼のファーストフードチェーン「すき家」や回転寿司の「はま寿司」などを経営している会社。 ファミリーレストラン「ココス」や「ビックボーイ」など多くのチェーンを全国に展開していますね。 国内だけでなく、海外事業ではすき家を中国やタイなど8つの国と地域で展開。 ゼンショーは日本の外食産業でトップの売上高を誇る企業です。 ちなみに社名の由来は「全勝」。 全ての戦いに勝つのだという創業者の意気込みが伺えますね。 外食産業は、人件費や材料費の高騰などで苦しい状況が続いていますが、ゼンショーの株価や売上高はどのようなものになっているのでしょうか?以下、詳細に見ていきます。 ゼンショーの株価は暴落しやすい?|株価の状況は? ゼンショーの株価データ(2020年6月12日現在)を簡単にまとめました。 ただ外食系の優待銘柄は個人投資家の人気を集めやすいため実力以上に株価が買われる傾向にありますね。 同業の外食チェーンの過去のPERも、• 吉野家 :1,510. 日本マクドナルド:38. すかいらーく:32. 4倍 程度となっていてゼンショーのPERが高い水準とは言えないですね。 ゼンショーの株価の推移(チャート)は?暴落しやすいの? 次にゼンショーの株価推移を見ていきますね。 以下は直近5年のチャートです。 綺麗な右肩上がりのチャートですね。 優待人気もあり堅調に株価は上がっています。 株価は上下していますが 暴落しやすいと言えるほどの値動きではないですね。 2015年ごろ1,000円程度だった株価が2018年には2,500円に届く水準まで上がっています。 外食優待銘柄ということを考えると十分すぎりパフォーマンスです。 その時から株価は約3倍…。 外食優待銘柄の値動きは理屈じゃ測れません。 ただ、2018年半ば以降は株価が2000円から2500円で横ばいです。 以下がゼンショーの直近1年チャートです。 最近の株価は調整局面ですね。 1年間で株価はほとんど上がっていません。 このように株は短期的に大きく下落するのでリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。 そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか? 少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 ゼンショーの業績は? 売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:10億円)。 ・売上高は長期的に右肩上がりで上昇 ・利益は2014年に赤字もV字回復 ・利益の伸びは低調。 横ばい傾向 ということがわかります。 赤字決算に追い込まれたことを考えるとゼンショーの業績にとって相当のインパクトがあったということですね。 この問題がひと段落すると利益は黒字に回復。 ただ売上高に比べて利益に伸び率が低いのは、人件費と材料費の高騰のため。 2020年3月期の業績は増収増益となっています。 人件費・材料費の高騰や消費者の節約傾向から外食産業は価格にコスト高を転嫁できない状況が続いてきましたが、少し環境が変わりつつありますね。 ゼンショーの配当実績は? 以下が過去の実績と会社予想です。 配当金は2015年に無配に陥りましたが、その後回復してますね。 配当は右肩上がりですが、利回りが1%弱とそれほど高くありません。 新型コロナの影響で、今期配当未定。 株主還元は、配当金よりも食事券として利用できる株主優待に軸足を置いているということなのでしょう。 ゼンショーの優待は? 優待は「」にまとめたとおり、100株以上所有で保有株式数に応じて「株主様お食事ご優待券(500円券)」がもらえます。 すき家はもちろんのこと、ココス、はま寿司やジョリーパスタなどの系列チェーンで利用することができます。 保有株式数が増えていくともらえる食事券も増えていくタイプですね。 3月末(発送6月)と9月末(発送12月)、以下の保有株式数に応じて食事券が年2回届きます。 最大で3万円もらえるのは随分と太っ腹な優待ですよね。 これが年2回届くわけですから優待銘柄として人気の理由もわかります。 ・PERが競合チェーンに比べて高いわけではない ・株主優待が魅力的 ・売り上げや利益が上昇傾向 ということ。 最近、ゼンショーだけじゃなくて吉野家やすかいらーく、日本マクドナルドなどの業績が好調なんですよね。 これまではデフレ経済の影響や消費者の節約傾向でコスト高を価格に転換できない状態が続いてきたけれでも、高価格帯の商品が売れています。 例えば吉野家は860円のすき焼き重が品切れになるぐらい売れているし、他の外食チェーンも単価の高い季節メニューが好調に売り上げを伸ばしているんですよね。 参考記事: なので消費者もだんだんと節約疲れみたいなものが出始めていて、どうせだったら良いものを食べようという機運が出てきています。 魅力的な優待がもらえることを考えると、長期保有を前提とすれば十分に買いを検討して良いと思います。 格安な月額手数料で何度も取引できる証券会社は? リスクをおさえた投資を行いたいならで1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下の記事にまとめています。 >> 「ゼンショーの株価は暴落しやすい?」まとめ 今回は、ゼンショーの株価は暴落しやすい?ということで、株価の推移(チャート)、配当実績や株主優待、株は買いかなどについて述べてきました。 ゼンショーの株価の推移を見ると長期的には堅調そのもの。 下落局面はありますが暴落というほど酷くはなく、全体的に右肩上がりです。 人気の株主優待と堅調な業績が、株価の上昇を支えているといえますね。 最近ではその他の外食チェーンも含めて高価格帯の商品が売れており、人件費の高騰などのコスト増を吸収しています。 この流れは当面続くと考えられ、ゼンショーの業績も底堅いものがあることから長期保有を前提とするならばゼンショー株の買いを検討しても良いのではと考えます。 最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 世界中の株、債券、金などに手間をかけずに自動運用 なおJTのような優良株への個別株投資もおもしろいですが、 株式、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのがリスクをおさえた合理的な投資手法です。 自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、 ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 相場を気にしないで年率1. 5〜6%で運用する方法 コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。 相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのが最適な選択肢かもしれません。 の最大の価値は 株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。 日々の相場の動きを気にする必要がありません。 その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。 なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。 年利回りは1. 5%〜6%(税引き前)が中心。 銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。 詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 牛丼業界の雄である吉野家の銘柄分析です。 人件費・コスト増により苦しんできましたが、最近潮目が変わりつつあります。 今後の株価の見通しとは? 持ち帰り弁当店のほっともっとを運営するプレナス。 業績悪化で大量閉店を発表するなど冴えない状況が続いています。 今後の株価の見通しは? 新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。 外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました 株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。 新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。 是非ご覧ください。 好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。 景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。 こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。 マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか? アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。 米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

次の

ゼンショー(7550)、すき家の株主優待や今後の株価はどうなる?|Mさんの資産運用ブログ

ゼンショー 株価 暴落

牛丼首位の「すき家」を展開する外食大手企業。 業績悪化に苦しんでいたが、事業再編後は、利益が増加。 ただし利益率水準は2%台と、収益性は悪い。 とはいえ株価は上昇トレンドに転換しているので、暴落で投資チャンスが訪れたら購入を検討してみたい。 ゼンショーホールディングスで儲けるポイント• 国内外に外食店舗、スーパーマーケットを展開。 ただし収益性が悪い。 売上増加に伴い、粗利益低下。 ただし構造改革で、営業利益率は改善傾向に。 有利子負債は多い。 利益の1割程度は利息の支払い。 業績回復と共に上昇トレンドに転換。 支持となるトレンド線を参考に買い場を探したい。 利益が増えている株を、暴落で買うのが株式投資の王道。 (2017年4月26日公開) 業績は改善してきたが、今は割高な水準。 管理人は、まだ静観のスタンスを維持。 ゼンショーホールディングスは、 外食業界では最大手の企業です。 主に国内外の外食事業と、スーパーマーケットチェーンを展開する小売事業が収益源です。 介護事業の規模は、まだ小さいです。 各事業の代表的なブランド店舗は、以下の通りとなります。 残念ながら 稼ぎ頭の外食事業の営業利益率は2. 5%と、収益性が悪いです。 薄利多売の商売です。 さらに売上総利益率 売上高から原価を差し引いた利益の利率 の低下が、気になります。 売上高が増加しているのに、収益性を示す営業利益率も低下傾向です。 ただし 2016年度は、利益率が改善。 今後、収益性の改善が継続するのか?注目です。 それにしても、 借金が多いです。 利益剰余金211億円に対して、有利子負債が1,394億円。 毎年、 利息として10億円近くの支出が発生。 利益の1割近くを占めますのから、収益性の改善は急務だと思いますね。 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) ゼンショーホールディングス (7550) 上場市場 東証1部 業種 小売業 株価 1,890円 単元株数と最低購入単価 100株:18万9,000円 時価総額 2,828億円 資本金 678億円 発行済株式数 1億4,964万株 浮動株数 5,536万株 利益剰余金 211億円 有利子負債 1,394億円 保有者比率 外国 5. 2015年度は事業再編の費用が発生し、赤字に陥りました。 事業再編後は、利益が回復。 固定費が削減できたのでしょう。 今後は売上高の増加に伴い、利益も増える見込みです。 良い傾向だと思いますね。 さて資金繰り状況もチェックしておきましょう。 を拝見すると、営業CFがプラスで推移。 は、営業CFのマイナスが続きますから、当企業は安定的に現金を稼げて安心感はあります。 ただ手元の現金は十分にありますし、 今のところ、資金繰り状況に問題を感じません。 ゼンショーホールディングスの利益の動向と、株価の動きは連動しており、とても分かりやすいです。 営業利益が停滞していた時期は、株価も低迷。 事業改革で利益が増え始めた頃から、株価が上昇しています。 当たり前ですけど、利益が減る企業の株は買っては駄目です。 他の有望そうな銘柄を探し出すか、市場が好調であれば、シンプルにを購入する戦略でも良いでしょう。 紺色線:ゼンショーホールディングス ピンク色線:日経平均株価指数 さてゼンショーホールディングスの株を買っても良いのか?繰り返しになりますが、業績が好調な企業の株を買うのが株式投資の王道です。 営業利益、1株当たりの当期純利益が増えていれば、株が上がる可能性が高いので、事前に確認しておきましょう。 決算短信を拝見すると、1株当たり当期純利益、営業利益が前期に比べて増加見込みです。 下記、業績予想情報は古いので、最新の決算短信をご確認下さい。 利益が増えているので、買い場が訪れたら株を買いたいと思います。 業績が良くても高値で飛びつくと、損失になる事が多いです。 よって業績分析だけでなく、チャート分析も重要です。 まずはしましょう。 ゼンショーホールディングスの長期チャートを拝見すると、業績の改善後は上昇トレンドが継続しています。 トレンド線が支持として機能しており、となっています。 で詳しく解説していますが、 業績が良いのであれば、支持となる上昇トレンド線付近で株を買う戦略となります。 さらに管理人は、の考え方を応用して、買い場を絞り込みます。 仮に上記指針に沿って2016年6月に100株1,400円で購入し、株価が上昇から下落に転じた2017年1月に1,900円で売却すれば、 14万円の投資に対して利益が5万円。 利益率が35%になりました。 注意点は、トレンド線より株価が割高な価格帯 下記チャートの赤色エリア では買わない事。 事前に損切価格を必ず決めておくことでしょうか。 なお 現在の株価は割高な水準と感じており、管理人なら、この水準では株を買いません。 市場環境の悪化で株が下落するの待ちますね。 無理する必要は、ありません。 2017年4月時点で管理人がチェックした小売業銘柄.

次の

ゼンショー(7550)の中間配当と株主優待が到着

ゼンショー 株価 暴落

正直、投資先としては、今はちょっと避けたほうがいいかも。。。 まずはもう一度、株価の動向を確認してみましょう。 まずは、改めてこの10年の株価動向です。 ゼンショー株価 10年 出典:ヤフーファイナンス) アベノミクスのおかげもあってか、日経平均の伸びと同じようにしっかりとした右肩上がりの伸びになっています。 次に、このチャートを見てください。 これはこの2年の株価です。 ゼンショー株価 2年 出典:ヤフーファイナンス) どうでしょうか? 若干、 伸びが停滞しているのがわかります。 確かに、アベノミクスによる株高も2018年中盤を境にイマイチ伸びがなくなってきている今日この頃です。 また、この先の日米の景気動向がイマイチ不透明なところもあります。 いくら個別の会社の業績が良くても、景気全体が落ちてくると、つられて株価も下げていくことが良くあります。 次にゼンショーホールディングスとしての株価の割高度ですが、 2019年9月24日時点のPERは約34倍。 セクターなどにもよりますが一般的には15倍を超えていれば割高ということになっています。 つまり、 現時点におけるゼンショーホールディングスの株価はちょっと割高になっているということができます。 仮に今後株価が半分になると、それを回収するのに…。 まとめ:ゼンショー 7550 で株主優待はありかもしれないけど。。。 まとめます!• ゼンショー(7550)の業績は順調• ゼンショー(7550)の株価は近年横ばい傾向• 株価は割高感が増している• 配当利回りや株主優待の利率がイマイチ良くない• すき家が好きじゃなければ無理な投資は避ける 個人的にはすき家は大好きな牛丼チェーンの一つなのです。 なので、正直に言えばもう少し株主に対する還元が良くなってもいいんじゃないかなぁ、と思うばかりです。 配当利回りや株主優待利回りが合計しても約1. 同じような牛丼チェーンである吉野家と比べちゃいますとね。。。 >>>参考記事 あなたによりよい未来が訪れますように!.

次の