鳥貴族 齋藤飛鳥。 【ネタバレ感想】齋藤飛鳥が美しい乃木坂シネマズ第1話『鳥貴族』|MOVlog

白石麻衣×齋藤飛鳥・監督の乃木坂シネマズの動画を無料視聴する方法

鳥貴族 齋藤飛鳥

Contents• 12月25日にFODで配信され、毎週水曜日に1話ずつ配信されるそうですよ!1話から10話まで、齋藤飛鳥さんや秋元真夏さんをはじめ、乃木坂の人気メンバーが一人ずつ主役を務め、毎回監督も変わります。 その監督というのも、著名な映像作家の方々ばかりで、とても豪華な面々になっています。 バラエティあり、SFあり、アクションありといった感じで、毎話、違ったテイストのストーリーを楽しめる作品となっているようですよ! 「乃木坂シネマズ」第1話の監督は柳沢翔!有名CMを多数手がけるベテラン! 『100年間すれ違い続ける男女』という企画が素晴らしすぎて…二階堂ふみ、染谷将太、サカナクション、くるり、yui、odol、コバソロが大好きすぎて…鬼全力で監督しました。 もし素敵だなと思って頂けたら、ぜ、是非拡散シェアお願い致します…めっちゃ好きなんです… — SHOW YANAGISAWA SHOWyanagisawa 「乃木坂シネマズ」の記念すべき第1話の主演は齋藤飛鳥さん。 手がけるのは、これまでに 資生堂やdocomoのテレビCMを筆頭に、多数の映像作品を手がけている柳沢翔さんです! 柳沢さんは、資生堂のCM「THE PARTY BUS」で国内外の数々の賞を受賞するなど、輝かしい功績を持っている方です。 また、今年話題になった相鉄都心直通記念のウェブCM、「100 YEARS TRAIN」でも監督を務めました。 乃木坂の過去の映像作品では、 6thシングル「ガールズルール」のMVや、卒業生の伊藤万理華さんの個人PV「ナイフ」などを手がけており、繋がりの深い監督です。 テレビでは連日、鵜人によるデモが報じられており、人間たちは鵜人を取り締まり、彼らの人権を制限しているようでした。 そんな世界で、 齋藤飛鳥さん演じるミトラは衣装デザイナーの職に就いています。 彼女は売れっ子の衣装デザイナーのようです。 椅子にだらしなく腰掛けるミトラは浮かない表情です。 立ち上がると、トルソーにかけられた自作の衣装を燃やしてしまいます。 彼女はスランプなのかもしれません。 翌日、ケイト(幼馴染の男性)から電話がかかってきて、古いドールハウスに連れて行かれます。 ケイトはミトラに人形を買ってあげますが、その際に鵜人の店員の前で服を脱がせようとします。 ミトラに人形の服だけをプレゼントしようとしたケイトですが、ミトラは彼を止めます。 ケイトと別れた後、ミトラはさっきのドールハウスに戻り、店員の鵜人(ムギ)と一緒に食事を共にします。 ケイトが無理やり脱がそうとした人形の服のボタンを、ムギがまたつけ直しています。 ミトラはムギに衣装のスケッチを渡します。 ミトラは彼のスケッチにアイディアを足してあげたようです。 その翌日、ケイトはデモの鎮圧部隊に加わることになったと告げに来ます。 ケイトは買ってあげたドールと違うものが部屋にあることをミトラに問い詰めます。 実は、ミトラはその日の前にも、独りでムギのドールハウスを訪れていました。 夜になり、法案が可決され、有害指定項目に鵜人の芸術が追加されたというニュースがテレビで流れており、それを見て、彼女は急いで家を出ます。 ムギのドールハウスに場面が変わります。 真っ暗な中、人形の整理をしているムギですが、突然ケイトが現れます。 彼は、ムギの整理する人形の中に、ミトラに買ってあげた人形があることに気づき、激怒するとムギに馬乗りになり、彼を殴ります。 彼がボロボロになった頃、鵜人の仲間が店に入ってきて、ムギは助かりますが、逆にケイトが鵜人から暴行を受けてしまいます。 回想シーンに切り替わり、ミトラとムギの出会いのシーンに変わります。 ミトラは、ドールハウスで彼の人形を買い、その際に偶然見たムギの衣装のスケッチを気に入り、それを写させてもらいました。 それが前述した、ミトラとムギの食事の場面に繋がっていたようです。 時間軸が戻り、ミトラは真っ暗なドールハウスの中で、ムギのスケッチにミトラのアイディアを足したあの衣装が、机に置かれているのを見つけます。 ムギは、ミトラのためにこの衣装を知らないうちに作っていたようです。 翌日、ミトラがテレビを付けると、ケイトが行方不明で、ムギが指名手配されたことが報道されていました。 ミトラは、ムギの作ってくれた衣装を着ます。 彼女は、部屋の中を美しく踊ります。 踊り終えると、彼女は部屋の真ん中に置かれているトルソーにもたれかかり、涙を流します。 ここでエンディングが流れます。 きっとミトラは、人形の衣装を作る才能を持っていながら、鵜人であることで迫害されてしまったムギのことを思って涙を流していたのでしょうね。 個人的には、星新一の書いた短編小説を映像化したような作品だなと感じました。 ストーリー自体は、直接的な説明が少ないですし、台詞の量も少ないので、一度見ただけでは分かりにくく、何度も見返してやっと理解できるような作品かなと思いました。 事実、私もこの記事を書くために2回ほど見直しました(笑)。 「鳥,貴族」では、齋藤飛鳥さんがただでさえ美しいのに更に美しく撮れており、画面にただ彼女が写っているだけで見入ってしまいました!光の演出や衣装などが素晴らしかったです。 さすが、柳沢翔監督ですね! 26分ほどですが、あっという間に過ぎてしまいました!内容というよりも、雰囲気を楽しむような作品なので、ネタバレを知っていても、変わらず楽しめると思います!私はこういった作品が好きなので、とても楽しめましたよ。 ただ映画などを見慣れていない人には難解な感じがしたので、そういった方はこのネタバレを読んでから見ると理解しやすいのかなと思いました。 第1話がこれだけのクオリティということで、第2話以降もとても期待できるのではないでしょうか! FODでの配信ということで、FODに登録していない人は見るか迷っていたりもするかもしれませんが、齋藤さん推しの方は絶対見るべき作品だと思います!他にも、伊藤万理華さんと柳沢翔さんの個人PVが好きだった方にもオススメです! Twitterでの反応は? ネット上での「鳥,貴族」の感想を調べてみると、やはり齋藤飛鳥さんの美しさにみんな惚れ惚れしていました(笑)。 以下、Twitterでの視聴者の感想です! 乃木坂シネマズの飛鳥可愛すぎ — ゆうてち坂道ちゃんねる keyakitechi7777 乃木坂シネマズ齋藤飛鳥主演の鳥,貴族面白かった。 一瞬で過ぎた30分だった まず齋藤飛鳥の存在が芸術的すぎる。 神が机に向かい何度推敲に推敲を重ねればあの容姿になるのだろうか? ワイなんて、神がケツにペン挟んで絵描いたら人っぽくなったから人間にしてみましたwみたいな容姿と性格してるのに。 — 佐崎タカアキ Kan70387384 乃木坂シネマズの飛鳥可愛すぎ — ゆうてち坂道ちゃんねる keyakitechi7777 鳥,貴族 素敵だったなぁ。 あの空気感は飛鳥ちゃんだからこそ美しく儚くて衣装も小道具も綺麗で素敵で。

次の

#乃木坂シネマズ X 齋藤飛鳥

鳥貴族 齋藤飛鳥

fujitv. 第8話を担当するのは映像ディレクターの山岸聖太監督です。 星野源らも参加する映像制作ユニット「山田一郎」のメンバーでもあります。 fujitv. 特技はピアノとイリュージョン。 彼女は、自分の採用試験の時に面接官をしていた男性に、一目ぼれをし、それから一年以上、密かに彼を想い続けてきた。 そんな中、24歳の誕生日を明日にひかえていた彼女には、一つの夢があった。 「誕生日には、好きな人と海へ行きたい。 」 その夢を叶えるために、いろんな手段を駆使して、自由奔放に振る舞うツダ。 波乱の誕生日が幕を開ける…。 公式HPより引用 キャスト• 生田絵梨花 ツダモモエ;22歳。 特技はピアノとイリュージョン。 前原瑞樹 ネジ;ツダの友人で都合よく使われる男• fujitv. 正直何が面白いかよく分かりません笑 「ツダモモエ22歳。 特技はピアノとイリュージョンです」という謎の面接から始まる本編。 面接官の篠原というおじさんに一目惚れしたツダは、ポケモンGOのノリで自宅のアパートの押し入れに篠原を捕まえて監禁します。 それに気づいたネジでしたが、ツダへの好意から彼女と行動を共にします。 ツダは篠原を目隠ししたまま外へ連れ出し、海へ行き、一時の時間を楽しみます。 ツダの誕生日だったその日、自宅で祝っているとその裏でネジが警察を呼んでいました。 彼女を想って警察を呼んだネジでしたが、イリュージョンによってツダは別の人と入れ替わってしまいます。 その後、彼女は警察から逃げて戻ってくることはありませんでした。 んー、自分で書いていても何のこっちゃ分かりませんね笑 山岸監督は乃木坂のミュージックビデオも担当していて、 「逃げ水」「あの教室」などを手掛けています。 これで分かる通り、ミュージックビデオですら謎の展開なんですよね笑 ある意味、山岸監督らしさが出ているとも言えるのでしょうか。 まとめると 「誕生日に好きな人と海に行く」という夢を無理やり叶えたイリュージョニストの生田絵梨花という感じでしょうか。 結果的によく分かりません!正体も謎!ストーリーも謎! 生田絵梨花がイリュージョニストの謎展開です 第8話は、ひたすら謎でした。 メガネ姿のいくちゃんが可愛らしく、ナチュラルないくちゃんの姿が映し出されていたのは良かったです。 第9話は、「くぼちゃん」こと久保史緒里です。 乃木坂シネマズをノーカット版で全話見られるのはFODだけです。 今なら2週間無料の見放題プランがあるのでその間に観てしまえば完全無料ですよ。

次の

乃木坂・齋藤飛鳥、CMフレーズ歌い赤面 (2018年7月10日)

鳥貴族 齋藤飛鳥

終末でどこか汚れた世界観のなかに、きれいなものがいる異質な美しさを感じました。 鵜人の作るものを取り締まる流れには、表現の自由と芸術についての昨今の問題を感じさせる部分もあり、 美女と野獣的なビジュアルや、デル・トロ監督映画のようなダークファンタジー感もあり、短いながらに色々と要素が詰まっているような感じが伺えます。 鵜人のムギがデザインしていた衣装を身にまとい、独特のダンスをして涙を流す最後は切なさを覚えます。 ラストに流れていた曲は、 Brolinという方の 『Court Of Dreams』という楽曲。 世界観に合った、耳に残る音楽でした。 YouTubeにも公開されていないので、どういう人が歌っているのかが気になるところです。 【感想まとめ】齋藤飛鳥は国宝です 第1話にしては 少し分かりづらい作品になっていますが、独特の世界観の映像と音楽に齋藤飛鳥が絶妙にマッチしていました。 彼女は可愛いのはもちろん、クールさと美しさも兼ね備えているので国宝ですね。 第2話は、「まなったん」こと秋元真夏が主演を演じます。 乃木坂シネマズをノーカット版で全話見られるのはFODだけです。 今なら2週間無料の見放題プランがあるのでその間に観てしまえば完全無料ですよ。

次の