プルームテックs。 プルームSの匂いをチェック!第三者の評価はいかに?

プルームテックSの評判や使い方をレビュー!コンビニでも買えるようになったけど実際どうなの?

プルームテックs

もくじ• プルームSの詳細や使い方 こちらの 「プルームS」はiQOSやgloと同じように 葉っぱを加熱して吸うタイプの機種です。 高温加熱型ってタイプで 葉っぱを200度で加熱する感じ。 iQOSやgloが300度くらいで加熱してるのでそれよりは低い温度です。 葉っぱを使っているのでニオイは若干出ちゃいますが、 吸い応えなどは以前のプルームテックより格段にアップしてます。 本体の形や使い方 蓋をスライドするだけで電源がONになります。 そこにスティックを差し込んで、 電源ボタンを長押しで加熱開始。 ここの メーターが全部点灯して本体が震えたら吸える合図ですね。 吸い終わったら吸殻を捨てて 本体の蓋をスライドするだけで電源がOFFになります。 途中で吸うのをやめるときも吸殻を抜いて、蓋をスライドするだけでOK! スティックはアイコスなどと似た感じ 以前の「プルームテック」や「プルームテックプラス」はカプセルとカートリッジを購入する形でしたが、 「プルームS」は普通の紙巻みたいなスティックを購入します。 いわゆるiQOSのヒートスティックと同じと思ってもらえればOKです。 これを本体に差し込んで加熱します。 味があまり落ちないので最後まで美味しい gloとの比較になりますが、gloって最初はスゴイ吸った感あるんですけど段々と味が落ちていくんですよね。 吸い応えでいうと 「大 中 小」って感じ。 ただ 「プルームS」は「小 中 大」って感じで 時間が経つごとに味が少しずつ濃くなってきます。 ヴェポライザーも同じような感じで、 時間経過で美味しくなるんですね。 これが結構満足度高くてかなり良いです。 スカスカ感がないってのは嬉しい。 煙の量は少なめなので、吸っている感じは控えめかも 「プルームS」は「プルームテックプラス」よりも 煙の量は少ないです。 「プルームS」は200度くらいと上でも書きましたが、 葉っぱを熱するだけだと200度じゃ若干温度が低いんですよね。 僕が最近使っているヴェポライザーよりは煙は出ますが、gloよりは出ないって感じです。 煙を吐き出すことで吸った感を得られるって人もいるので、若干そこがネックかも。 ニオイは他機種よりも圧倒的に無い 比較対象となる iQOS、gloよりもニオイは圧倒的に少ないです。 もちろん「プルームテックプラス」よりはニオイは感じられるんですが、それでも全然許容範囲だと思います。 葉っぱの加熱最中に加熱式独特のニオイが若干しますが、それも嫌なニオイじゃないんですよね。 もちろん吸い終わった吸殻も同様です。 これはマジですごいと思います。 ヴェポライザーとかも吸殻は結構臭いんで、 やっぱニオイがないってのは素晴らしいです。 吸殻に関してもう一つ言うと、 これ、どっちが吸った後の吸殻かわかりますか? 見て分かるとおり 全然焦げてないんですよね。 これもニオイが少ない理由だと思います。 あ、一応 上の画像なら右、 下の画像なら下のヤツが吸い終わった吸殻です。 1本で2回くらい吸える 上の画像のように1回吸っても全然焦げてないので、 1本で2回くらい吸えます。 味やキック感はさすがに薄れるものの、 iQOSやgloに比べたら2回目なのに圧倒的に吸い応えはありますね。 JT的には痛いかもしれませんが、 代金の節約にはなると思います。 喫煙時間が短い(新型で改善された) iQOSが5分の喫煙時間で プルームSは3分30秒くらいです。 ちょっと喫煙時間短い気がするのが残念ですね。 気付いたらもう終わってるみたいなことがちょいちょいあるので、 個人的にはもうちょい吸えてもいいかな~と思いますね。 ただ、 新たに発売されたプルームS 2. 0ではこの喫煙時間が大幅に改善されたました。 喫煙時間が4分30秒まで伸びたので、十分な喫煙時間を確保できています。 今購入するなら圧倒的にプルームS 2. 0がオススメです。 まとめ:プルームS、かなり良い 「プルームS」のライバルとなるのはiQOSやgloがメインだと思うんですが、個人的には全然負けて無いと思いました。 iQOSは最近使ってないのでアレですけど、 gloにおいては勝ってる点もあるんじゃないですかね。 全然吸い応えもある上にニオイも少ない、本体もオシャレって観点で個人的にはかなり気に入りました。 紙巻から移行するのに「プルームS」は結構いい感じの選択肢だと思います。 不満点を挙げるとすれば、 喫煙時間とバッテリー容量だったのですが、こちらは新型のプルームS 2. 0で改善されました。 これによってマジで非の打ち所がなくなったので、非常に使いやすい加熱式デバイスになったと思います。 今から購入するなら 圧倒的にプルームS 2. 0が最強なのでぜひ。 新型のレビュー記事はコチラをご覧ください。 そんな感じでした! そりでは。

次の

【これで選べる】プルームSのフレーバー全8銘柄吸ってみた!

プルームテックs

「プルーム・エス」と「グロー」を比較! 「加熱温度」「連続使用可能本数」「フレーバー数」がかなり違う 周辺加熱式という点については共通している「プルーム・エス」と「グロー」だが、「加熱温度」「連続使用可能本数」、専用スティックの「フレーバー数」など、タバコデバイスとして運用するうえでポイントとなる内容は大きく異なる。 これは大きな違いだ。 これは、ニオイの問題に配慮した結果だろう。 つまり、「プルーム・エス」はニオイの軽減を重視した設計の機種であり、「グロー」は喫味の強さを優先した設計の機種だと言える。 「グロー」の連続使用可能本数は、「プルーム・エス」の3倍 「プルーム・エス」のフル充電での連続使用可能本数は10本だ。 いっぽう、「グロー」はフル充電から30本連続使用できるので、その差は3倍。 そのため、出先での使用が多い人やちょこちょこ充電するのがわずらわしいという人なら、「グロー」が向いているだろう。 逆にデスクワーク主体で、充電環境が身近にあるというのなら、「プルーム・エス」でも問題ない。 喫煙量が1日10本程度という人も同様だ。 「プルーム・エス」の場合、出先で充電できるようにモバイルバッテリーと一緒に持ち歩くという手もあるが、携帯性は悪くなる。 「プルーム・エス」と「グロー」は大きさも重さも同程度。 どちらも手のひらサイズで持ちやすく、単体での携帯性には大きな差はない 3. フレーバー数は先駆の「グロー」が圧勝 「プルーム・エス」は2019年1月に発売されたばかりということもあり、2019年2月現在、フレーバーは「メビウス」ブランドで3種類(レギュラー1種類、メンソール2種類)しかない。 ただ、フレーバー数が少ないことは欠点ではあるものの、これに関しては今後十分拡充の可能性はある。 その点では、「グロー」は先行している分、専用スティックの銘柄は「ケント」と「ネオ」の2種類があり、味の選択肢は多い。 初期から存在した「ケント」ブランドは10種類(レギュラー2種類、メンソール8種類)、後発銘柄の「ネオ」でさえ8種類(レギュラー2種類、メンソール6種類)もある。 合計18種類の中から好きな味わいを選べるのは大きなアドバンテージだ。 「プルーム・エス」の専用スティックは「タバコスティック」という名称だ。 加熱式タバコ特有のニオイが苦手でやむを得ずメンソール系を選んでいるという人は、加熱式特有のニオイが少ない「プルーム・エス」で今一度レギュラーのおいしさを体験してほしい 「グロー」専用スティックである「ネオスティック」。 「ケント」は色で見分けるのも大変なほど種類が多い。 コンビニや小規模タバコ店などで全種類取り扱っているところは少ないようだ 「プルーム・エス」と「グロー」を吸い比べてみた 両機種の違いを確認したうえで、改めて「プルーム・エス」「グロー」の吸い心地を比較してみよう。 まずは「プルーム・エス」。 蒸気量は多くなく、高温加熱式タバコの中で1番ニオイが少ない。 締め切った室内でも、2、3本程度なら周囲の人間も気にならないレベルだろう。 ただ、加熱完了してすぐは味が弱く感じるなど、タバコデバイスとしては少々クセがあり、おいしく吸うためにはコツを覚える必要がある。 前半はゆるめにゆっくりと吸い、30秒後くらいから徐々に強めにすばやく吸うという作法がこの「プルーム・エス」には適している。 吸引時間を長くすると途端にスティック内の空気が冷えてしまい、味が出なくなる。 さらに短いインターバルもよくない。 最低でも10〜15秒間は間隔をあけて吸うことで、タバコ葉に熱が十分行きわたり、芳醇な「メビウス」の香りとともにしっかりとした喫味を楽しむことができる。 このタバコ葉本来の繊細な味や着香具合を感じる吸い心地は、慣れるとクセになるはずだ。 ラウンドした形状が持ちやすい「プルーム・エス」は、やわらかい味わいを出すのが得意だ いっぽう、「グロー」も蒸気はそんなに多くないものの、喫味の強さが違う。 なかでも「ネオ」のレギュラー系での深みは、紙巻きタバコに近い満足感を感じることができる。 ただその分ニオイは強いので、締め切った室内での喫煙には適さない。 なお、メンソールの場合は特有の刺激で、「プルーム・エス」との差はあまり感じられなくなってしまう。 そのため、「グロー」のタバコデバイスとしての実力を味わうには、「ネオ」のレギュラー系を吸うのが最適だと改めて感じた。 ロースト感と重みを感じるその味わいは、このネオスティックの細さを考えると驚異的な吸い心地だ。 タバコ感をしっかり感じさせてくれる「グロー」 ニオイを抑えたいなら「プルーム・エス」、タバコらしさを求めるなら「グロー」 「プルーム・エス」と「グロー」を比較した場合、ニオイが圧倒的に少ないのは「プルーム・エス」なので、ニオイに配慮が必要な環境で使用することが多いなら、「プルーム・エス」が向いている。 「グロー」に比べると喫味の弱さは否めないとはいえ、ニオイを強力に軽減しているのにこれだけの喫味の強さを実現していることに、むしろ喫煙者は感謝すべきレベルだと感じる。 ただし、紙巻きタバコユーザーがいきなりスイッチする場合、味を出すのにコツがいる「プルーム・エス」は向いていないだろう。 「メビウス」風味が大好きな人ならともかく、コツを覚える前に断念してしまう可能性が高い。 そのため「プルーム・エス」は、普段から加熱式タバコを吸い慣れている人にこそ向いている機種だと言える。 いっぽう「グロー」は、「ネオ」ブランドを使用することで強い喫味を味わえるのが、最大のアドバンテージになる。 味を出すのにもさほどコツは必要なく、加熱式タバコにタバコらしさを求める人なら、迷わず「グロー」を選ぶべきだ。 また、気分によってフレーバーを変えたいという人にとっても、「グロー」のネオスティックのバリエーションの豊富さは大きな魅力となるだろう。 <関連記事>.

次の

スターターキット/バッテリー

プルームテックs

約2週間前に、思いつきでアイコスからプルームテックに移行を始めました。 理由は何を隠そう金銭的な理由です。 アイコスのヒートスティックもプルームテックのたばこカプセルも値上げしたのですが、どうもヒートスティックは無駄が多いというか無駄にしてしまう機会が多いのでもうアイコスは辞めようと決意したのです。 また、健康面でもアイコスよりプルームテックの方が害が少なそうだし丁度いいかなと思って始めたプルームテック移行プロジェクトの報告をしたいと思います。 もし私と同じように、アイコスからプルームテックに移行したいと考えている方は、私のトライしている経過の記事を見ていただいて何かしらの参考にしていただければと思っています。 プルームテックに移行して2週間経過した今の状態 早いものでプルームテックに移行して2週間経過した今、この期間を振り返ってみましたが、アイコスを吸う事は一度もありませんでした。 なので、今のところ完全にプルームテックしか吸っていない状態なのです。 そもそもアイコスを普段から吸っている人にとって、プルームテックのキック感や吸い応えはお世辞にも満足出来るものではありませんよね。 そんなことは元アイコスユーザーである私が一番よく理解しています。 ましてや私の場合、ひっきりなしにアイコスを吸うタイプで、1日2箱は吸っていましたから尚更です。 ではなぜそんな私が今、2週間プルームテックのみでやっていけているのか、そのコツや方法を書いていきたいと思います。 紙巻たばこを禁煙した経験がある方は分かると思いますが、禁煙する時はかなりの勇気と意思が必要です。 また、本気で禁煙する時は、最後の1本を吸ったら、残りのたばこは捨てて、ライターも全部処分した方がいいと言われています。 どうしても手元にあるとうっかり吸ってしまったり、翌朝に我慢できずにたばこを吸ってしまうからです。 要するにたばこを吸える環境を自らの手で無くすのが禁煙の始まりと言えます。 そんな経験を踏まえて、私はアイコスを辞める際に最後の1本を吸った後に、アイコスヒートスティックを水で濡らしてぐちゃぐちゃに潰してからゴミ箱へ捨てたのです。 これで少なくともアイコスを吸えない状況になります。 また本体も押入の奥の方に入れて、なかなか手の届かない場所へ置きました。 (後に友人にあげました) このようにまずアイコスを辞める強い意志を持ち、自分で環境作りをすることが大切なのです。 プルームテックに移行しても「禁煙」とは言えませんが、そのつもりでアイコスを辞める意思や環境作りが不可欠です。 究極にニコチン切れするまでプルームテックを吸わない アイコスからプルームテックに移行する際、最初にプルームテックを吸うタイミングにあります。 最後のアイコスを吸ってから、私はプルームテックさえも吸わないつもりでプルームテックを半日以上我慢しました。 そして究極に「吸いたい!」と我慢出来なくなった時に初めてプルームテックを吸うのです。 しかも吸い方はこうです。 肺まで一気にスーっと水蒸気を入れて、肺で水蒸気を感じたら、ゆっくりとはき出す水蒸気を感じながらフーっとはき出してください。 するとどうでしょう、ニコチン切れの状態なので、少ないと言われているプルームテックのニコチン量さえきっとキック感や満足感を得られるはずです。 アイコスからプルームテックに移行出来るか出来ないかの基準は、この切り替えた時のプルームテックの満足感があるかないかにあるのです。 私の場合、このプルームテック1本目で満足感を得られたので、それ以来、ずっとプルームテックを継続して吸えるようになったのです。 アイコスとプルームテックの満足感やキック感は違う 次にプルームテックへ移行する時の心構えについてです。 どう考えてもアイコスの方がプルームテックよりキック感があるのは間違いないです。 その為、はっきり言ってアイコスとプルームテックを併用しながら、ゆくゆくはプルームテックに切り替えるようなんて甘い事を言っているようでは絶対に移行出来ません。 また、アイコスを吸った直後にプルームテックに切り替えても当然満足感は低く、移行は失敗するでしょう。 アイコスの「吸った感」に慣れた体のままで、プルームテックに急に移行は出来ないってことを理解しておくべきです。 すなわち先ほども言ったように、究極にニコチン切れした状態まで自分を追い詰めてからプルームテックを吸うのです。 これが本当に肝ですね。 プルームテックはアイコスに比べてニコチン量は少ないがニコチンが0ではない。 その少ないニコチンでもいいから吸いたい!という体に追い詰めるのです。 初代プルームテックと、プラス、S。 どれにする?? 最後にプルームテックに移行するといっても2019年8月現在、プルームテックには3種類のデバイスがありますがおすすめのデバイスについて触れておきたいと思います。 プルームテックに移行する最大のメリットはなんと言っても「ほぼ無臭」という事です。 この最大のメリットを活かす為にもまずプルームテックSという選択肢は無くなりますよね。 詳しいレビューについてはどうぞ。 プルームテックは基本的に低温加熱式を売りにしているのでここにきて高温加熱式のSに移行するのは意味がありません。 それならアイコスやグローのままでいいと思います。 次に初代プルームテックか、プルームテックプラスかの2択になりますがどちらもメリット・デメリットがありますので簡単にまとめておきます。 初代プルームテックのメリット ・初代プルームテックはプルームテックプラスに比べて本体価格が安い。 (小遣い制には助かる) ・本体が小さいので携帯性に優れている。 (でも無くしやすい) 初代プルームテックのデメリット ・満足感が無い。 (アイコスと比べたら話にならない) ・かろうじてキック感を得られるのはカプセル交換後、5口分くらい。 プルームテックプラスのメリット ・初代プルームテックの改良品という事だけあって吸い方のコツさえ掴めば満足感は高い。 ちなみに吸い方のコツについてはでご紹介しています。 ・初代プルームテックより煙量やキック感が安定している。 (これすごく重要) プルームテックプラスのデメリット ・初代プルームテックに比べて本体価格が高い。 ・本体が一回り大きい分ので携帯性が悪い。 (慣れれば気にならない) 簡単ではありますが、極論だけを簡単にまとめると上述のような感じになるかと思います。 なので本体価格が少し高くついても「移行の為なら!」と初期投資出来るのであれば断然プルームテックプラスがおすすめです。 総じて 以上、私がプルームテックに移行した時のコツを書いてみましたが、大事なことをまとめてみると以下の通りです。

次の