目標 類語。 目標(もくひょう)の類語・言い換え

目標(もくひょう)

目標 類語

「目指す」の英語は、 to aim(目標にする、狙う)、 a goal(最終目標)、 a target(達成目標)、 a sign、a mark(目印)などがあります。 ゴールを 目指して走った…He ran towards the finish line. 彼の 目指す所はパリだ…His destination in Paris. /He's heading for Paris. 彼は一等賞を 目指している…He is aiming at the first prize. 彼が 目指すのは社長の地位だ…What he is after is the presidency of the company. 私の家は学校を 目指して来ればすぐにわかります…If you use the school as a landmark, you won't have any trouble finding my house. 学習の 目標… the aim of a lesson• 人生の 目標を決める…set one's goal in life• 売り上げ 目標…a sales target• なにをするにしても、 目標を高く定めるべきだ…Whatever you do, you should aim high. /Whatever you do, you should set your goal high. 昨年の政策 目標はすべて達せられた…All our policy objectives were achieved last year. 目標に向けて銃の狙いを定める…aim one's gun at a target.

次の

目標(もくひょう)

目標 類語

「目途」の意味とは? 「目途」の読み方は「もくと」 「目途」の読み方は「もくと」です。 「めど」と読まれることもありますが、正式には「もくと」と読みます。 「目途」は「目処(めど)」をもとに作られた言葉で、本来は「もくと」という読み方だけだったのが、後から「めど」とも読まれるようになりました。 「目途」の意味は「目標」「目的」 「目途」とは「目標」「目的」を意味する言葉です。 「目途」はお役所言葉の1つであり、公的な文書などかしこまったシーンで使用されます。 公的な文書で「目途」を使用する場合、読み方は「めど」ではなく「もくと」と読まれることが多くあります。 例えば、「月末の完成を目途に、業務を進めてくれ」という例文。 上記の例文だと、「月末完成を目標に業務を進めてくれ」という意味になります。 「目途」と「目処」の違いとは? 「目処」の意味は「見当」 「目途」とよく似た言葉が「目処」です。 「めど」と読み、「見当」「目標」を意味します。 とくに「目処」は「見当」を意味する場合が多く、物事の見通しがつく状況で使用されます。 例えば、「回復の目処が立つ」という例文。 上記の例文だと、「回復の見通しが立つ」を意味する文章となります。 意味の似た「目途」と「目処」ですが、「目途」は「目標」を意味する場合が多く、「目処」は「見通し」を意味する場合が多いと覚えておきましょう。 「目途」と「目処」の違いは意味や使うシーン 「目途」とよく似た言葉の「目処」ですが、2つには違いがあります。 「目途」と「目処」の違いを、表でまとめてみたので見てみましょう。 目途 目処 読み方 もくと(めど) めど 意味 目標 見当(見通し) 使うシーン 公用文書 ビジネス会話 「目途」は主に「目標」を意味する言葉として使用され、「目処」は「見通し」を意味する言葉として使用されます。 使用されるシーンですが、「目途」は「公的な文書」で使用されるのに対し、「目処」の「処」は常用漢字ではないため公文書では使用されません。 「目途」と「目処」は読み方だけでなく、意味や主に使用されるシーンも異なります。 かしこまったシーンで使用される「目途」に対して、「目処」はビジネスシーンから日常会話まで、幅広く使用されるという違いがあるのです。 例えば、「10月末を目途にシステム導入を開始する」という例文。 上記の例文の場合、「10月末を目標にシステム導入を開始する」という文章になります。 注意が必要なのは、「目途」は公文書などで使用されるかしこまった表現であるということです。 日常生活で使用するとかたくるしいと感じられる場合があるため、注意しましょう。 「目途がつく」は使用を控えた方が良い 「目途」の使い方として「目途がつく」があげられますが、使用するには注意が必要です。 「目途」とは多くの場合が「目標」を表していると説明しましたが、「目途」を「目標」と言い換えると、「目標がつく」と不自然な日本語になります。 「目途」にも「見込み」という意味が含まれているため、「間違っている」とは言い切れませんが、「不適切だ」と感じる人もいるということを覚えておきましょう。 「目途が立つ」「目途を立てる」は目標を立てる状況で使用 「目処が立つ」「目途を立てる」も「目途」の使い方の1つです。 「目途が立つ」とは「目標が立つ」を意味し、「目途を立てる」は「目標を立てる」を意味しています。 ただ、「目途が立つ」は「目処がつく」から生まれた表現であるため、「目途がつく」と同じく「目途が立つ」も不適切だという意見があります。 ビジネスシーンや日常会話では「目処」が多く使用されるため、「目途」の使用頻度はあまり多くはありません。 しかし、使用する機会があるときは「不適切と捉えられる表現であること」を忘れないようにしましょう。 「目途」を使った例文• イベント開催5日前を目途に、会員の皆様へお知らせメールをお送りいたします• 近日中に復旧するとのことだが、それがいつなのか目途が立たないらしい 「目途」の類語表現 「目途」の類語「目標」「目的」 「目途」の類語に当てはまるのが「目標」や「目的」です。 「目標」「目的」は「目途」の意味にも含まれている単語であるため、「目途」という言葉が伝わりづらいと感じた状況で「目標」「目的」へと言い換えてみましょう。 例えば、「5月納品を目途とする」という例文の場合、「5月納品を目標とする」へ言い換えることができます。 「目途」の英語表現 「目途」は英語で「Objective」 「目途」の英語表現は「Objective」が適しています。 「Objective」とは「目標」を意味する単語で、ビジネスや行政で目標を定めるシーンで使用されます。 「目標」を意味する単語は、他にも「Goal」や「purpose」がありますが、「Objective」はかしこまったシーンで使われるため、「目途」を意味する単語として適しているのです。 まとめ 「目途」とは「目的」「目標」を意味する単語で、多くの場合が「目標」を表すシーンで使用されます。 「目処」とは意味が似ているものの、主な意味や使用シーンが異なります。 「目途」が伝わりにくいと感じる状況では「目標」や「目的」など、類語へと言い換えてみましょう。

次の

中学生が成果につながる目標設定を簡単にできるフレームワークを紹介します

目標 類語

この出会いは一期一会の大切にしなければならないものである 目標の四字熟語【かっこいい座右の銘編】:その他 かっこいい座右の銘編その他の四字熟語を紹介します。 かっこいい座右の銘はたくさんあるので、自分自身を表す大切な言葉として1つは覚えておくと、さまざまな場面で役立つことがあるかもしれません。 自分にぴったりな座右の銘を見付けられると良いですね。 その他のかっこいい座右の銘10個• 1神色自若(しんしょくじじゃく):外見、内面がとても落ち着いていて動じない様子のこと• 2松柏之操(しょうはくのみさお):厳しい状況になろうとも強い意志を持つこと• 3首尾一貫(しゅびいっかん):物事を最後まで変わらぬ態度でやりとげること• 4公明正大(こうめいせいだい):隠し事をせずに、正しく立派であろうとする姿のこと• 5厳正中立(げんせいちゅうりつ):公正を正しく守ることで、偏らない中立的な立場を守ること• 6百錬成鋼(ひゃくせんせいこう):心身鍛錬を繰り返して立派な人物を目指すこと• 7是々非々(ぜぜひひ):物事の良い・悪いを偏りなく判断できる態度のこと• 8磨穿鉄硯(ませんてっけん):強い意志を持ち達成するまでやり遂げること• 9堅忍質直(けんにんしつちょく):我慢図良く耐え忍ぶことのできるまっすぐな性格のこと• 10七転八起(しちてんはっき):何度倒れたり、倒されても、心折れることなく起き上がること 目標の四字熟語15選【新年の抱負編】 目標の四字熟語【新年の抱負編】:万里一空 新年の抱負編1つ目は「万里一空(ばんりいっくう)」です。 「やるべきこと・達成すべきことを見失うことなく頑張り続けること」という意味があります。 類語には「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」「満身創痍(まんしんそうい)」があります。 言ったきりではなく必ず有言実行し、達成を目指す。 目標の四字熟語【新年の抱負編】:その他 新年の抱負編その他を紹介します。 新年に改めて自身の目標や抱負を定めることで、その1年目標・抱負の達成に向けて行動できる有意義な時間として過ごせるようになるかもしれませんね。 どのように1年間を過ごしたいのかを考えて、新年の抱負にピッタリな四字熟語を探してみましょう。 その他の新年の抱負10個• 1奮励努力(ふんれいどりょく):目標に向かって気を奮い起こすことで、物事に励むこと• 2剛毅果断(ごうきかだん):しっかりとした意志を持ち、物事にけっして屈しないこと。 3全力投球(ぜんりょくとうきゅう):ものごとに全力で取り組むこと• 4一心不乱(いっしんふらん):一つのことに心を集中し、他のことには心乱されることなくいること• 5愚公移山(ぐこういざん):なにごとも根気よく努力を続けることで、成功することができるということ• 6行雲流水(こううんりゅうすい):一つの物事だけに執着するのではなく、自然に任せて行動すること• 7温故知新(おんこちしん):過去をしっかりと学ぶことで、そこから新しい知識をえること• 8水滴石穿(すいてきせきせん):自分の力が足りなくても、継続することで目的を達成できるということ• 9慧可断臂(えかだんぴ):非常に強い意志を示し、求道の思いを表すこと• 10報恩謝徳(ほうおんしゃとく):自分が受けた恩などに対して、感謝の気持ちをしっかりともつこと 目標の四字熟語15選【仕事の決意表明編】 目標の四字熟語【仕事の決意表明編】:図南鵬翼 仕事の決意表明編1つ目は「図南鵬翼(となんほうよく)」です。 「大志を抱いて、大きな事業を始めよう・計画しようとすること」という意味があります。 類語には「創業守成(そうぎょうしゅせい)」「創業守文(そうぎょうしゅぶん)」があります。 あの人の地位は量才録用の賜物だ 目標の四字熟語【仕事の決意表明編】:その他 仕事の決意表明編その他を紹介します。 仕事に対してもしっかりと目標や決意をすることで、協力・努力を行えるようになるでしょう。 また、決意表明することでビシッとした気持ちを持って仕事に取り組めるようになるのではないでしょうか。 自分の仕事に対する姿勢を決意表明の四字熟語から探してみましょう。 その他の仕事の決意表明10個• 1着眼大局(ちゃくがんたいきょく):物事を広く、大きく全体的にとらえる目を持ち、本質を見抜くこと• 2昼夜兼行(ちゅうやけんこう):昼も夜も休まずに、急いで物事を行うさま• 3急流勇退(きゅうりゅうゆうたい):潔くきっぱりと辞めて、次へと託すこと• 4衣帯不解(いたいふかい):着替えることも忘れるほど専念すること• 5晨夜兼道(しんやけんどう):終日スピードを上げて物事を行うこと• 6不断節季(ふだんせっき):毎日コツコツと地道に商売をすることで、将来の不安がなくなるということ• 7議論百出(ぎろんしゃくせつ):さまざまな意見を出すことで、議論を活発にすること• 8先憂後楽(せんゆうこうらく):上に立つ人は下の人のことをしっかりと考えること• 9霑体塗足(てんたいとそく):仕事に対して一生懸命に励む様• 10士魂商才(しこんしょうさい):武士の精神、商人の才能を兼ね備えた人ということ 目標の四字熟語15選【頑張る・努力編】 目標の四字熟語【頑張る・努力編】:意匠惨憺 頑張る・努力編1つ目は「意匠惨憺(いしょうさんたん)」です。 「さまざまな創意工夫をし、努力すること」という意味があります。 類語には「悪戦苦闘(あくせんくとう)」「孤軍奮闘(こぐんふんとう)」があります。 曠日持久の甲斐あって達成することができた。 目標の四字熟語【頑張る・努力編】:読書百遍 頑張る・努力編3つ目は「読書百遍(どくしょひゃっぺん)」です。 「繰り返して行うことで、できなかったことや分からなかったことが理解できる」という意味があります。 類語には「韋編三絶(いへんさんぜつ)」があります。 目標の四字熟語【頑張る・努力編】:磨斧作針 頑張る・努力編4つ目は「磨斧作針(まふさくしん)」です。 「どんなに困難で難しいことであっても、努力を積み重ねることで必ず成功する」という意味があります。 類語には「水滴石穿(すいてきせきせん)」「点滴穿石(てんてきせんせき)」があります。 目標の四字熟語【頑張る・努力編】:歳月不待 頑張る・努力編5つ目は「歳月不待(さいげつふたい)」です。 「今生きてるこの時を大切にして、日々なまけずに努力すること」という意味があります。 類語には「烏兎怱怱(うとそうそう)」「兎走烏飛(とうそううひ)があります。 目標の四字熟語【頑張る・努力編】:その他 頑張る・努力編その他を紹介します。 四字熟語には、少しずつの積み重ねでも、繰り返し努力することで、目標を達成できるという教えを持つものがたくさんあります。 自分の心がくじけそうになったときに、励ましの力になる四字熟語を覚えておくのも良いかもしれませんね。 その他の頑張る・努力の四字熟語10個• 1磨励自疆(まれいじきょう):自らたくさんの修行して、努めること• 2積水成淵(せきすいせいえん):小さな努力でも積み重ねることで物事が達成できる• 3冥冥之志(めいめいのこころざし):人に知られることなく熱心に努力しようとしている心• 4摩頂放踵(まちょうほうしょう):人のために、自らを顧みずに努力すること• 5冷暖自知(れいだんじち):物事は自分の経験や体験から会得するものであること• 6見免放犬(けんとほうけん):失敗してからやり直しても遅すぎることはないということ• 7蛍雪之功(けいせつのこう):精一杯苦労して学問や物事に励むこと• 8切磋琢磨(せっさたくま):仲間同士で互いに高め合って向上すること• 9一生懸命(いっしょうけんめい):物事に対して命を懸けて真剣に向き合うこと• 10面壁九年(めんぺきくねん):一つの目標に対して長い年月をかけて努力を続けること 目標の四字熟語を楽しもう! 今回は目標の四字熟語を紹介しました。 座右の銘として使える四字熟語だけでなく、新年の抱負や仕事に対する決意表明、自身の心が折れそうになったときに大切にしたい努力を意味するもの等たくさんありました。 今回紹介した以外にもたくさんの四字熟語があるので、調べてみても面白いかもしれませんよ。 目標の四字熟語以外にも、恋愛に関する四字熟語があるのをご存知ですか?下記の記事では、恋愛をしているときに知っておきたい四字熟語の紹介をしています。 恋愛中の方以外にも楽しめる内容となっていますので、ぜひご覧ください。

次の