うさぎぐるみ。 リバティ使いのウサぐるみ: うねうねごろごろ

【楽天市場】ぬいぐるみ > うさぎ:ぬいぐるみの店 HONDA STORE

うさぎぐるみ

出来は結構いいけど、目付きが少々怖いです。 おびえてジーッと固まる少年。 悪い魔女の目にしか見えません。 ハンサムというか、りりしいけど、なんで怒ってるの? さらわれるー。 ウサギって草食動物ですよね…。 これは大人だって怖い! デッサンに失敗したようなウサギ。 これはウサギなのか、謎の珍獣なのか…。 使いまわしとしか思えない、ウサギのフリした何か。 耳が長くてもウサギに見えないって、よほどのことかと。 何星人? 怖いから、ただひたすら怖いからっ。 リアルならいいってものでもありません。 もうウサギでも何でもないし! ウサギよりペンギンが怖いケース。 おじさんはいったい…。 気のせいか、老けこんでしまった感じのお子様。 デフォルメされ過ぎた日本のキャラクターも賛否ありますが、少なくとも子どもたちがおびえて泣くことは無いと思います。 でもこう言うのを見慣れて行くうちに、きっと耐性が出来て行くのでしょうね。

次の

【楽天市場】内藤商事 NASKA ナスカ 毛糸キット 【うさぎのユーリ】 HT

うさぎぐるみ

うさぎのあみぐるみを作るのに必要な材料・道具の5つ目は「差し目・鼻」です。 プラスチックでできたあみぐるみ用のパーツです。 ない場合は毛糸で代用も出来ますが、様々な種類のある差し目は、あみぐるみの命でもありますから、ぜひあなた好みの可愛い目をスタンバイしてうさぎのあみぐるみを作りましょう。 差し目や鼻は、手芸店や100均で購入できます。 また、上記Amazonでも購入できますので、興味のある方はぜひご覧ください。 Amazonでは少し珍しいパーツなどもそろえられるので、オリジナルにこだわる方におすすめです。 とてもシンプルな作りのうさぎのあみぐるみですが、胴体の部分をしましまにしたり、首にリボンをつけてあげることで可愛く仕上がります。 耳には手芸綿を詰めないで、真ん中を少しへこませてあげましょう。 以下のリンクの無料編み図は、とても丁寧に写真付きで説明があります。 小さな手足が少々難しいかもしれませんがゆっくり編めば大丈夫です。 うさぎの表情は、あなた好みに仕上げてください。 難しければ真似からでOKです。 まずはレシピ通りに表情を作りましょう。 凝っていて難しそうですが、顔の周りにかぶせる分のフードを作る部分だけが多いだけで、通常のあみぐるみと同じ作り方なのです。 胴体の服、靴の部分は、毛糸の色を変えるだけで、編み方は同じです。 以下のリンクに、フードをかぶった着ぐるみうさぎのぬいぐるみの作り方が載っています。 うさぎの表情は好みで変えてください。 顔を作るのが難しいという方は、まず目を配置したら、目を繋いだ線上に鼻を置いてみてください。 鼻は目より下につけてしまいがちですが、実は同じラインが黄金位置なのです。 参考にしてください。

次の

うさぎあみぐるみ【MO

うさぎぐるみ

一番お気に入りのリバティを使って、うさぎぐるみを作りましたv 自画自賛しちゃうぐらい、可愛く出来た気がするんですがw 型紙からの自作は修羅の道でしたが、完成すると愛着度が半端ない。 体型もウサギらしいシルエットに。 足と手はウッドビーズで止めました。 簡単なポーズならつける事が出来ます。 チャームが蛇足だったかな?金属的なものより、モチーフ編みしたレースのお花なんかが合いそうです(編めないけど)。 綿は少しきつめに入れました。 そしたら、多少バランスは取らなきゃいけませんが、ちゃんと立てるようになりましたv なんだかたくさん写真を撮りたくなります。 このウサギの撮影のために、一眼レフがすっごく欲しくなってますwww 玄関や本棚なんかに、ちょこんと座らせて飾って欲しいですね。 目はビーズを縫い付けました。 鼻はステッチせず、そのままです。 製作時間は裁断を含めると、急いでも3~4時間ほどかかってしまいます。 でも時間をかけただけ愛着も沸くというもの! 気になるサイズは、手のひらにちょこんと乗る大きさ。 この写真じゃわかりにくいな・・・。 比較できる物があればいいんですけどw 座らせると丁度タバコの箱の高さみたいです 耳はのぞく。 小さいので縫うのが大変なのですが、一番大変なのは、ひっくり返す作業でした。 特に耳w でも試作中に簡単にひっくり返せる技を見つけたので、今は余裕です。 でもピンセットがいるよ。 量産はキツイけど、お気に入りのリバティはこうやってぬいぐるみにしておけば、ずっと眺めて良いかも・・・。 写真撮りすぎですかねw でもこの子をモデルにして撮影した写真で、ポストカードとか作れるんじゃないかと・・・。 型紙も方眼用紙に清書しました。 ハガキ2枚ぐらいに印刷できそうです。 ハガキサイズで型紙を作っておけば、拡大印刷がしやすいと思うので、データ化の際はそれも考慮に入れたいところです。 難点は作っても作っても、布も綿も減らない点でしょうか。 しばらく作りこんでしまいそうですw 大きい型紙拡大版も作ってみようかと思っています。 男の子でぬいぐるみ好きはアリですよね。 布とふんわり綿のさわり心地もいいですしv あと2年もしたら、戦隊物とかロボットにフォーリンラブしそうですが。 このウサギは作るのに、かなりコツのいる型紙になってます。 縫う人の癖によって、出来上がりが異なる予感が・・・。 でもぬいぐるみって作るたびに顔が違ったり、個性が出るもんですよね。 もう少し数を作るつもりなんですが、全部同じに絶対できない予感がします。 コレは完成品をいじりすぎると、構造的に腕や足が取れる可能性があるので、お子さんにはあまりよくないかもしれないので、簡単なぬいぐるみも、型紙を作ってみようと思っています。 限りなくぺたんこ系で。 投稿: MACK さくらさんこんにちは。 手乗りうさぎ、ポケットうさぎ。 小さく出来上がりました。 本当はクマぐらいの大きさをイメージしてたんですが、小さく小さく作るくせがあるようです。 型紙のデータ化は出来ましたが、ちょっと難易度の高い型紙になりました。 拡大版を作ったりして調整をして、縫いやすい型紙が出来たら、レシピ公開が出来ればと思いますので、もう少しお時間を頂けたらと・・・。 試作のうさこは、綿詰め具合の確認、各パーツの接続位置確認用なので、お譲りの予定のない子になっております。 触りまくり転がしまくりなので、お譲りできる状態ではなくなってるとも言いますが(笑) ぬいぐるみは厚みがあり、押しつぶせない事などがあり、ショップに置くと宅配便指定必須になってしまうので、こちらの裁量で定形外郵便として単品で送る事が出来るカウプレや、ショップでのお買い物が宅配便分量になった方へのオマケ用になりそうです。

次の