みぞおち 右側 痛い。 みぞおち辺りの胃痛の正体とは?原因不明の胃痛について解説!

みぞおちに痛み(鈍痛・違和感・強い痛み)を感じる原因は?

みぞおち 右側 痛い

Sponsored Link 筋肉痛 筋肉痛というと足や腕を想像されることが多いですが、実はみぞおちあたりに起こることも少なくはありません。 咳をしたり呼吸をする際には、腹筋や肋骨の間の筋肉、肺の下にある横隔膜といった、様々な筋肉を使います。 これらの筋肉の中でも、みぞおちに近い部分が筋肉痛になった場合、みぞおちに痛みが出てくるというわけですね。 筋肉痛は、筋肉の使い過ぎや普段使わない筋肉を急に動かした時に起こります。 これは運動や筋トレだけでなく、咳のし過ぎや急に普段やらない動きをした場合も含まれますね。 筋肉痛の痛みの特徴は、 筋肉を動かさない時はさほど痛くないのに動かすと痛みが出るという点です。 咳をすると痛い、呼吸すると痛いというケースもありますので、 他の症状はないのに咳や呼吸をした時に痛いという場合にも、筋肉痛の可能性は高いと言えるでしょう。 筋肉痛が原因の場合は自然に治りますので、さほど心配する必要はありません。 治るまでの間は、痛みのある筋肉を無理に使わないように注意してください。 痛め方にもよりますが、 目安としては大体数日~1週間ほどで完治と考えておきましょう。 Sponsored Link 肋骨の骨折 肋骨の骨折というと、みぞおちの右側や左側で起こるイメージですが、実際にはみぞおち付近で起こることも少なくありません。 肋骨骨折は、 肋骨に何かしらの衝撃が加わった時に起こるのが一般的です。 交通事故や高い場所からの転落、硬いものに肋骨をぶつけるなどですね。 また、高齢者などの骨が弱っている人の場合は、 激しい咳などで骨折を起こすこともありますので注意をしておきましょう。 肋骨が骨折している場合の主な症状は、 骨折した場所のズキズキとした激しい痛み、押された時の痛みなどですね。 折れたところが腫れる、内出血を起こすといったことも珍しくありません。 その他の症状としては、 咳をした時に響くような痛みがあるのも特徴的ですね。 場所によっては、深呼吸すると痛みが出るということもあります。 ヒビ程度であれば放置でも治りますが、肋骨が完全に折れている場合には、折れてとがっている部分が内臓を傷つけることがありますので注意が必要です。 どちらにせよ強い痛みが出ますので、 「整形内科」もしくは 「整形外科」のある病院を受診するようにしてください。 肋間神経痛 肋間神経というのは、肋骨の隙間に張り巡らされてる神経のことです。 そして、この肋間神経のどこかに痛みが出る病気が「肋間神経痛」という病気ですね。 肋間神経痛は、 ストレスや肋間神経の圧迫、肋骨や背骨の外傷などがきっかけとなって発症します。 例えば、会社やプライベートでの人間関係、猫背や腰の曲がった姿勢、転落や交通事故による骨折などが原因になりますね。 肋間神経痛の主な症状は、 肋骨の隙間やその周辺などに起こる激しい痛みですね。 胸の周辺、みぞおちの上や左右、脇腹の左右などに痛みを感じることが多いです。 動いた時や悪い姿勢の時以外でも、咳やくしゃみ、深呼吸などで痛みが出ることもあります。 痛みで息苦しさを感じるというケースもありますね。 痛みが出る時間は人にもよりますが、数秒~数分程度が一般的です。 一度落ち着いても痛みを繰り返すことが多いので、何度も似たような痛みが出るという場合には肋間神経痛を疑ってみましょう。 何が原因で肋間神経痛を発症したかによって対処法が変わってきますので、まずは 「整形内科・外科」もしくは 「内科」を受診するのをおすすめします。 Sponsored Link 消化器系の病気 みぞおちのあたりには、消化に関係する消化器系の内臓が多く存在しているため、 消化器系の病気を引き起こすとみぞおちに痛みが出ることがあります。 中でも、咳をしたり呼吸をするとみぞおちあたりに痛みが出る可能性のある病気と言えば、主に以下のようなものが挙げられますね。 膵炎(すいえん)• 胆嚢炎(たんのうえん)• 胃炎や胃潰瘍 内臓の炎症による痛みは、 体を動かした時に痛みが出るというよりは、何もしていないのに痛いのが特徴的ですね。 また、痛みを感じる部位がピンポイントではなく、 「このあたりが痛い」といった表現になりがちなのも特徴と言えるでしょう。 下痢でお腹が痛い時のようにずっと痛い状態が続く、痛み以外にも発熱や下痢、吐き気・嘔吐、食欲不振など気になる症状があるという場合には、消化器系の内臓の病気を疑ってください。 食べるとみぞおちの奥の方が気持ち悪い、触ると違和感がある、風邪のような症状があるといった場合にも、一応注意をしておいた方が良いでしょう。 対処法としては、病院への受診が最優先です。 何科に行くか迷った場合には、 「消化器内科」を受診するようにしましょう。 心臓の病気 心臓の病気は基本的に左胸の痛みが特徴的なのですが、中には左肩や背中、みぞおち、お腹の方まで痛みが広がる病気があります。 特に、咳をしたり息を吸うと痛い、息苦しいという場合には、 「狭心症」や 「心筋梗塞」といった心臓の血管が詰まる病気に注意が必要ですね。 40歳以降に多く、 高血圧や高脂血症、肥満、糖尿病などがきっかけとなって血液がドロドロになり、発症することが多いです。 狭心症や心筋梗塞による痛みは、 みぞおちが圧迫されるように激しく痛くなるのが特徴ですね。 左肩や背中など、広い範囲に痛みが出るのも特徴と言えるでしょう。 痛みは急に出てくることが多く、数分~数十分ほど続きます。 狭心症であれば15分以内で治まるのが一般的で、15分以上続く場合には心筋梗塞の可能性が高いですね。 以前から階段を登ると息切れや息苦しさがある、朝起きた後や軽い運動をした後に痛みが出るといった場合には、狭心症を疑うようにしてください。 一方、 前触れなく急に激しい痛みが出て、15分以上続いているという場合には、心筋梗塞を疑うようにしましょう。 心臓の病気は病院に行くのが遅れると命に関わりますので、すぐに近くの病院を受診するようにしてください。 明らかに痛みがひどい場合や15分以上続く場合には、一刻の猶予もありませんので、救急車を呼ぶようにしましょう。 まとめ 以上が、咳をしたり息を吸うとみぞおちが痛い時に気を付けておきたい原因です。 簡単におさらいをしておくと、主に以下のような原因が考えられますね。 筋肉痛• 肋骨の骨折• 肋間神経痛• 消化器系の病気• 心臓の病気 今回お伝えした通り、みぞおちの痛みには病気が潜んでいることが少なくありませんので、 基本的には一度病院を受診することをおすすめします。 特に、痛みが激しい、痛みが長引いている、痛み以外の症状があるという場合には、早く治すためにも医師による診察を受けておいた方が良いでしょう。 なお、みぞおちの痛みについてはでも詳しくお話していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。 Sponsored Link•

次の

お腹やみぞおちがキリキリと痛い!5つの症状の原因と治し方!

みぞおち 右側 痛い

スポンサーリンク 胃痛にみぞおちと背中の痛みがある病気を解説 胃痛・みぞおち痛、背中の痛みがある時に考えられる病気はいくつかあります。 特に「背中の痛み」というのが特徴的で、ある程度絞り込むことができるんですよね。 それでは解説していきます。 お腹の上部と背中が痛くなる 急性膵炎 膵臓はみぞおちとおへその間にあり、胃の裏側にある臓器です。 膵臓はインスリンや消化酵素を作る働きをしているのですが、 急性膵炎になってしまうと消化酵素で膵臓自身を消化し始めちゃうんです。 膵臓自身を消化してしまうことで炎症が起こり、さらに膵臓だけじゃなく他の臓器にも炎症や影響を与えてしまいます。 症状は軽い物から、重症化して死に至る場合まで様々です。 急性膵炎で痛みを感じる場所は以下のところです。 お腹の上部の痛み(胃の上のあたり)• 背中の左側の痛み(広範囲にわたることも)• 吐き気• 腹部膨満感(食べていなくてもお腹が膨れている感じ) 急性膵炎かどうかを自分で調べる方法を紹介します。 お腹の上部(みぞおち周辺)をグーッと押してみましょう。 痛い場所なので、辛いと思いますが押してみて痛みが強くなる(圧痛)を感じると急性膵炎の疑いがあります。 ただ、圧痛だけでは急性すい炎とは言い切れないので 血液検査とレントゲン検査が必要になります。 急性膵炎の原因として考えられているのは? 急性膵炎になってしまう原因として考えられているのは アルコールの過剰摂取です。 毎日家でグビグビ飲んでしまう人や、お付き合いが多く飲む機会が多い人は要注意ですね。 また、 胆石が原因になることもあります。 膵臓から分泌される膵液の出口を胆石がふさいでしまい、炎症が起きてしまうんです。 もう一つ、原因不明の突発性と言われるものがあります。 突発性のものは防ぐことはできません。 膵臓は沈黙の臓器を呼ばれているので、なかなか発見しづらいという特性があります。 すい炎は放置しておくと膵臓癌になることもある病気です。 関連記事 胃と背中の両方が痛くなることも 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 胃と背中の両方が痛くなることもある胃潰瘍・十二指腸潰瘍。 胃壁の粘膜がダメージを受けて、えぐれてしまったり削れてしまうことで痛みが起こります。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍では以下の症状が起こります。 食後の胃痛• 背中の左側の痛み• 黒い便 胃潰瘍か十二指腸潰瘍かどうかの検査は 内視鏡検査(胃カメラ)をすればすぐにわかります。 実際に胃の内部の映像を見れば、どこがどんな傷を受けているのか一目瞭然ですからね。 胃潰瘍・十二指腸の原因は何? 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因になるのは ピロリ菌が考えられます。 名前は可愛らしいんですが、恐ろしいやつです。 胃の中は鉄をも溶かす強力な胃酸が常に分泌されているため、通常の菌類は生きていくことが出来ず殺菌されるのですがピロリ菌は胃酸に対抗する力を持っているため死にません。 しかも胃に定住する性質があるため、 病院で除菌をしない限り胃の中に居座り続け、ずーっと悪さをするというとんでもないやつなんですね。 恐ろしい事に、ピロリ菌はWHO(世界保健機関)によって 「胃がんの原因になる」と認定されている菌なんです。 胃カメラでピロリ菌の感染はすぐにわかりますので、自覚症状がなくても存在が確認された場合はすぐに除去してもらいましょう。 もう一つ潰瘍の原因として考えられるのは 薬(痛み止め)の副作用です。 薬は効果が強く、即効性もある強力な作用をもっているため胃にもかなりの負担をかけてしまい、潰瘍ができてしまうことがあるのです。 胸の痛み• 息切れ• 胃の上部の痛み• 背中の痛み• 喉の痛み• 耳の痛み 狭心症の検査は心電図と血液検査があります。 発作が起きていないときの心臓は正常に動いているため、その時に心電図を測定しても正確なデータが出ないことがあります。 その場合は小型の携帯用心電図測定器を24時間取り付けて測定します。 主な治療方法は薬物投与か手術になります。 狭心症が起きる原因は 狭心症が起きる原因は コレステロールです。 心臓につながっている太い動脈の内側にコレステロールが付着していくことで、血管が細くなっていき、血流が少なくなっていきます。 その結果、心臓を動かすための血液が不足し、心臓が「この状況はヤバい!」と痛みで知らせているんです。 また、動脈硬化も狭心症の原因として考えられています。 関連記事 激しい腹痛と背中の痛み 胆のう炎 胆のうは胃のすぐ右上にある臓器で、炎症を起こすと激しい腹痛や背中の痛みが出ます。 胆嚢から胆汁を分泌する際に、通り道である胆管が 胆石で詰まることで起きる炎症です。 かなり激しい腹痛が突然起こり、辛くて立っていることも難しい状態になります。 痛みは内部から突き刺すような感じです。 胃カメラやエコー検査をして胆のう炎かどうかを判断します。 急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん) 腎臓に細菌が感染することで起きる炎症のことを急性腎盂腎炎と言います。 細菌は尿道から入ってくることが多く、女性の方が感染しやすい病気です。 進行すると慢性腎盂腎炎や敗血症になり命の危険もあります。 急性腎盂腎炎になると以下の症状が出ます。 発熱(38度以上の高熱)• 吐き気• わき腹痛• 背中や腰の痛み• 膀胱炎の症状 急性腎盂腎炎は尿検査をして、白血球の数と痛みが起きている部位で判断されます。 病院で抗生剤をもらって飲み続けると1週間程度で回復します。 ストレス性・精神的なこと原因でも胃痛、背中痛が起きる みぞおち周辺の痛みと背中の痛みは内視鏡検査、CT、超音波検査など、様々な検査をしてもはっきりとした結果が見つからないことがあります。 そういう場合に考えられる原因はストレスや精神的なものです。 「病は気から」という言葉があるのは本当で、自分の気の持ち方で体調に異変を生じることがあります。 原因不明の胃痛に悩まされていた人が「これは精神的なものだ」と認めて放っておいたらいつの間にか症状が消えていたということがあります。 最後に 胃痛にみぞおち、背中の痛みが出る病気を紹介させていただきました。 急性すい炎、胃潰瘍、狭心症は放っておくと悪化する危険性があります。 特に膵臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、痛みが出る時にはかなり症状が進行している場合があります。 1人であれこれ悩まないで、病院で検査をしてもらいましょう。 はっきりとした原因がわかると気持ちが楽になりますよ。

次の

みぞおちの右辺りの痛みについて

みぞおち 右側 痛い

今回の流れ• みぞおちの上が痛いし、違和感がある時に考えられる病気とは? 痛みがあるのはみぞおち上部の右か左か、どんな時に痛くなるのかで病気の原因を見分けることができます。 それでは、どんな病気が原因として考えられるのか解説していきます。 逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化器疾患 胃酸の逆流によっておこる逆流性食道炎ではみぞおちの上部、食道のあたりに違和感と痛みが出ます。 逆流した胃酸が、 ・胃の入り口 ・食道 を傷つけてしまうのです。 暴飲暴食などが原因のことが多いので、 食生活の見直しと病院で薬を処方してもらうのが良いでしょう。 胃や十二指腸に潰瘍ができると痛みが生じます。 それが胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。 ストレスやピロリ菌などにより胃や十二指腸の粘膜が傷ついて、 穴が開いてしまう病気です。 みぞおち上部の右側が痛むなら十二指腸潰瘍、左側なら胃潰瘍の可能性がありますので、早めに病院を受診しましょう。 骨折や筋肉痛・肋軟骨炎などの整形外科疾患 筋肉の使い過ぎによる筋肉痛やろっ骨の骨折でも、みぞおちの上が痛くなって違和感が生じます。 強くぶつけた場合はもちろん、 咳のしすぎで骨にヒビが入ることもあるので、思い当たることがある場合は病院を受診してください。 また、 ・深呼吸をした時や咳をした時に痛みが強くなる ・みぞおちの上の方を押すと痛む このような時 は肋骨に炎症がおきている可能性があります。 原因はよくわかっていないのですが、風邪や胸部を打った時などに発症することがあるそうです。 病院で痛み止めをもらうと数週間で良くなります。 帯状疱疹・神経痛などの神経疾患 帯状疱疹が出ると痛みが生じます。 水ぼうそうと同じウイルスでおこるので、水ぼうそうにかかったことのある人は誰でも発症する可能性があります。 ・疲れて体力が落ちた時 ・ストレスがたまっている時 ・高齢の方 など免疫力が低下すると発症しやすくなります。 初めはチクチク、ヒリヒリした痛みと違和感が出てきます。 その後に帯状の発疹があらわれます。 体のあちこちに発症しますが、 胸は発症しやすい場所の1つです。 肋骨のあたりに違和感を生じ、息苦しさや痛みを感じる病気に神経痛があります。 かなりひどい痛みが出ることもあります。 肋骨の神経が痛む原因は怪我をした、ストレスがたまっている、内臓疾患が引き起こしているなどさまざまですが、 原因を自分で特定するのはなかなか難しいので病院を受診した方がよさそうです。 心筋梗塞や狭心症などの心臓の病気 血管が脂肪などで詰まって、破れてしまいそこにできた血栓が血管に詰まって、心臓に血が流れて行かなくなってしまう心筋梗塞。 この心筋梗塞の前兆に、 ・みぞおちの上の部分に痛みが出る ・吐き気が出る ・冷や汗をかく などの症状があります。 押されたような圧迫感が数分続きますが、その後痛みは治まりますが命にかかわる病気です。 狭心症は心臓の血管が狭くなり、 血の流れが悪くなる病気です。 胸が締めつけられるように痛み、みぞおちに何となく違和感を感じることがあります。 左肩から腕が痛い、歯が浮いた感じがしたら狭心症を疑ってください。 このような症状がある場合は一刻も早く病院を受診しなければいけません。 気胸や肺炎・気管支炎・胸膜炎などの呼吸器疾患 気胸とは肺の肺胞という部分に穴があき、肺から空気が漏れてしまい膨らむことができなくなる病気です。 痩せ形の若い男性が発症することが多いそうです。 みぞおちの痛みの他に 咳や呼吸がしにくいという症状がでます。 ウイルスや細菌で気管支に炎症がおこるのが気管支炎、肺に炎症がおこるのが肺炎です。 特に肺炎の方が痛みを強く感じます。 肺を包んでいる胸膜という部分が炎症をおこすのが胸膜炎です。 他の呼吸器疾患同様、 みぞおちの上の部分に痛みがでます。 中にはがん性胸膜炎、いわゆる肺がんの場合もありますので注意が必要です。 みぞおちの上が痛い、違和感がある時の3つの対処法 それでは、みぞおちの上が痛くなった・違和感があるという時、少しでも痛みを抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか? 痛みを和らげる対処法について紹介します。 安静にする 痛みがあっても病院に行くことができない場合は、楽な姿勢をとって安静にしておきましょう。 体をゆっくり休めることで、痛みが悪化することを防ぐことができます。 また、リラックスすることで痛みが緩和することもあります。 体を温める カイロを使ったり、湯船にぬるめのお湯を張り、ゆっくり浸かって体を温めると血行が良くなり、痛みや違和感が軽減されます。 リラックスする ストレスがたまっていたり、痛みで緊張状態にあると、ますます痛みが増してくるように感じます。 リラックスできる音楽を聞いたり、温かい飲み物を飲んで心身ともにリラックスできる環境を作りましょう。 この時、コーヒーなどの刺激物はとらないように気を付けてください。 これら3つの方法で痛みを軽減できますが、あくまでも一時的な対処法なので、 痛みがある場合はできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。 スポンサーリンク みぞおちの上の痛み・違和感を予防する4つの方法 みぞおちの上が痛む、違和感がおきる原因と対処法を解説してきましたが、病気が隠れていることが多く心配になってしまいます。 それではこのみぞおちの上が痛む、違和感があるという症状を予防するには、どうすれば良いのか4つの予防方法について紹介します。 暴飲暴食をしない 暴飲暴食はいろいろな病気の原因になります。 食 べ過ぎ、脂っこい物の取りすぎ、カロリーオーバー、アルコールの取りすぎ、バランスの悪い食事、これらを正しい食生活に変えるだけで消化器の病気や心臓の病気の予防になります。 適度な運動を続ける 運動することで、血行がよくなり、ストレス解消にもつながります。 激しい運動をする必要はありません、 無理のない程度に運動を継続することが大切なのです。 禁煙をする たばこは肺だけでなく、胃にも刺激を与え血液の流れも悪くなりますので心臓にも負担がかかります。 自分のためにも周りの人のためにも、 できるだけ禁煙するように心がけてください。 しっかり睡眠をとる 体が疲れると免疫機能が落ち、帯状疱疹になりやすくなります。 また、疲れがたまることで心臓や胃にも負担がかかりますので、しっかりと睡眠をとり、 心と体を健康な状態に保ちましょう。 このように規則正しい生活をすることで、みぞおちの上が痛む・違和感があるという症状をおこす怖い病気を予防することができます。 普段の生活を見直すことが大切なのですね。 それでも、みぞおちの上の方に痛みや違和感がでてきたら、病院を受診してしっかり検査をしてもらいましょう。 スポンサーリンク.

次の