ナメクジ の 天敵。 ナメクジは卵を産む。 発生原因・生態・特徴・天敵・など徹底調査 | 悩み解決青空ブログ

ナメクジは卵を産む。 発生原因・生態・特徴・天敵・など徹底調査 | 悩み解決青空ブログ

ナメクジ の 天敵

こいつもナメクジなんかに負けず劣らず気持ち悪い見た目をしているんです。 それじゃあもしかして、コウガイビルもなんらかの害をもたらす害虫なのでしょうか? もしそうだったら、見かけたら早急に駆除せねばなりません。 そこで今回はコウガイビルについて詳しく見ていきたいと思います。 コウガイビルってどんな生き物? コウガイビルはコウガイビル属に属するものの総称で、種類によって大きさや色は様々ですが、頭の部分が半月状になっているのが特徴です。 平べったい紐状の体をしており、「ヒル」という名前がついていますが、ヒルの仲間ではありません。 見た目がちょっと似ているだけです。 大きさは種類によりますが10cm~30cmほど、しかし中には1mを超えるような個体もいます。 1mって、ちょっとしたヘビのサイズじゃないですか。 あんな気持ち悪い生き物が1mもあったら、鳥肌どころじゃありません。 一つ救いなのは、いくら長さがあっても、幅は1cm程度にとどまるということ。 もし長さに比例して太くなったらと考えると、恐ろしすぎますね。 乾燥に弱いので石の下や朽ち木の中など湿った場所を好みますが、水棲ではありません。 肉食でミミズやナメクジなどを捕食するので、それらが豊富な畑や庭のそばによく出没します。 庭や畑の石をめくってみれば、その下にいるかもしれませんよ。 コウガイビルには害がある? いかにも何か害がありそうなコウガイビルですが、実は全くの無害なんです。 先にも書いたように、ヒルの仲間ではないので血を吸ったりはしませんし、寄生虫がいたり作物を荒らしたりすることもありません。 もちろん毒もありません。 一つ人に対して害があるとすれば…それは「見た目が気持ち悪い」というその一点のみ。 むしろナメクジを食べてくれるので、ナメクジの被害に困らされている人にとっては益虫です。 見かけたからと言って、駆除をする必要はありません。 どうしても気持ち悪くて嫌だ、という人は、エサであるナメクジなどの駆除に力を入れるのが手っ取り早いです。 家の中などにいた場合は、とりあえずつまんで放り出しておけばそれで大丈夫。 気持ち悪いからと言って、害があるわけでもないのに殺すのはちょっとかわいそうですもんね。 コウガイビルの恐るべき再生能力 みなさんは「プラナリア」という生き物を知っていますか? コウガイビルと似たような生き物で、体を細かく分断しても、それぞれが再生をして増えていく生き物です。 コウガイビルもプラナリアと同じように、切ったところから再生して増えていくという驚異の再生能力を持っているんです。 ですのでコウガイビルを駆除する際にちょっとでも切れたりして破片が残ってしまうと、そこからまた増殖していくので注意が必要。 しかし、トカゲのしっぽの再生くらいなら理屈として分かりますが、千切れた分がまた新しい生命体になるってどういうこと…? 生き物って不思議ですね。 ただし、コウガイビルの再生能力が凄いと言ってもプラナリアほどではないので、見かけてもむやみに切り刻んだりはしないでくださいね。 かわいそうですので。 コウガイビル まとめ 見た目は気持ち悪いですが、まったく無害だということが分かって一安心。 むしろコウガイビルについて興味が湧いてきました。 もし千切れた破片を見つけたら、ちゃんと再生するのか観察してみたいくらいです。 ただ、我が家の周辺では一度も見かけたことはないんですよね…残念ながら。 ナメクジはいっぱいいるのに。 (ライター名 もんぷち).

次の

「コウガイビル」って気持ち悪いけど害はある?

ナメクジ の 天敵

ナメクジ撃退法 2005. 3更新 ナメクジから斑入り植物を守る! ナメクジ用 地ビール館? の製作法の紹介です。 一度ボロボロになめられると観賞価値も有った物ではありません しかも、なめられた場所にはヌメヌメの光る道筋を付けられてまた、同じ場所にやって来ます  ̄へ ̄ また、その襲われた場所によってはその後の生育にも問題がでる場合があります。 その前に、最近被害に会われた方の体験談を紹介します。 ・・(笑) ペットボトルを使った、ナメクジ撃退! みちのく地ビール館? まず、2リットルのペットボトルを用意して下さい 天然水とかウーロン茶、緑茶なんか入ってやつです もっと小さいペットボトルでも大丈夫です。 今回はこの形の物で製作法を紹介します。 まず、左のように2箇所赤線を切ります。 上側の所は図ように下だけ切らないで 赤線のカーブにそって切り抜きます 裏側も同じように切り抜いて下さい。 真ん中の部分は今回は使いません。 上の説明のように切り抜くと左の図のように 2つのパーツに分かれます。 左側はビール入れ受け皿になり 右側は雨避け、ゴミ避けカバーになります。 このようにしないとハウスに見えませんから・・(バカ笑) そして前後ろと入り口を2箇所切り抜きます。 2箇所の切抜きの拡大図です 根元を中側に折って、さらに真ん中から折ります こうする事によって、ナメクジさんがスムーズに ビールの泉にたどり着けるようになります。 なめたら酔って間違いなく溺死です・・ -。 これが完成図です。 上側と下側は簡単に外れます。 左側の受け皿は幾らか予備が有ると良いですね。 何故かと言いますと、ビールは暑い外も出して置くと 2〜3日で白く濁って異臭を放つからです。 ナメクジの死骸が入っていればなお更です。 気分的に洗って使おうという気には成らないからです。 下に実際に使った画像があります。 が!! 気持ち悪い!、また、食事中の人は! 見ない方が良いかもしれません・・( ̄ー ̄;汗 設置場所は職場の庭で割りとナメクジが多い所 一日の成果ですが、何度か交換して 設置していけば、捕獲数は減って行くと思われます。 つまり、ナメクジさんに 常に美味しいビールを提供出来ると言うことです。 ・・(笑) 更に受け皿がカセット式に外れますので 新しい受け皿をセットしてスグ使えます。 勿論、古い受け皿はゴミ箱へそのまま捨てても良いですね。 えっ!ゴミの分別は? そ、そこまで考えていませんね。

次の

植物の天敵!ナメクジ駆除の方法とは?コーヒーやビールが効くの?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ナメクジ の 天敵

ジメジメした時期によく見かけるナメクジ。 見た目が不快だけでなく、花壇や畑の植物をダメにする害虫です。 ガーデニングが好きな人には天敵といってもいいほどですが、その生態などを詳しく知っている人は、少ないのではないでしょうか。 敵を知らなくては勝てません。 そこで今回はナメクジについて調べてみます。 ナメクジの生態・特徴 ナメクジは、陸に生息する巻貝のうち、殻が退化しているものの総称です。 生物学上の分類でみると、腹足鋼(ふくそくこう)という軟体動物門に属します。 その字の通り腹面が幅広い足となってはい歩く生き物です。 アワビやサザエなども腹足鋼です。 殻を退化させるという進化 殻を持った貝から進化して、殻を脱ぎ捨てたナメクジは、殻を退化させるという進化によって狭い隙間に入り込むことができるようになりました。 しかし殻がないため、敵に狙われたときは防御できないや乾燥に弱いなどの弱点があります。 ナメクジはカタツムリに似ていますが、ナメクジはカタツムリなどの陸生巻貝が退化したものと考えられます。 ナメクジとカタツムリの違い ナメクジとカタツムリの違いは、殻を付けているかいないかで、「カタツムリから殻を外せばナメクジになる」や「カタツムリも塩をかけたら溶ける」などと思った人も少なくないはずです。 しかし、カ タツムリの殻を外してもナメクジになるわけではありません。 カタツムリの殻は、身体から染み出す石灰分で作られていて、身体にくっついているため無理に外すと死んでしまいます。 ナメクジの生態 ナメクジは多湿な環境を好み、夜間に行動します。 しかし、曇りや雨上がりのときには昼間でも見かけることがあります。 このことから、 夜行性というより日光と乾燥を避けているだけだと考えられます。 乾燥する日中には湿度のある石の下や植木鉢の下などに潜んでいます。 ナメクジは、1匹でオスとメス両方の生殖器官を持っている( 雌雄同体)ので、2匹以上いれば交尾して卵を産むことができます。 また、1匹でも繫殖することもできますが、卵が少なかったりするため、ほとんどが交尾での有性生殖で繫殖しています。 ナメクジの寿命は2~3年程で、秋ごろの産卵が多いです。 卵は透明で、 湿気のある落ち葉の下などに産み付けられます。 ナメクジがはった跡に透明な粘液のすじが残るのは、ナメクジが身体を粘液で保護しているからです。 乾燥した場所を歩くと摩擦によって命の危険にさらされるため、足の前方から粘液を出してその上を歩くようにしています。 スポンサードリンク ナメクジの天敵 天敵1 ヘビ ヘビの中でもナミヘビ科のヘビはナメクジを食べることがあります。 ナミヘビ科のヘビは毒を持っていることは少ないのですが、ナメクジがいるよりヘビが庭先にいる方が脅威となってしまうかもしれんません。 天敵2 カエル カエルはナメクジを食べることがあります。 しかし、よく見るアマガエルなどの小型のカエルではなく、ヒキガエルのような大型のカエルに限ったことです。 天敵3 マイマイカブリ マイマイカブリは、肉食の昆虫の一種です。 マイマイとはカタツムリの別の呼び方で、その名前の通りカタツムリを食べる昆虫です。 マイマイカブリは、カタツムリの殻ごと食べてしまうような、強い顎を持っています。 しかし、顎の力が未発達な幼虫は殻を食べられないので、ナメクジを食べることがあります。 天敵4 オサムシ オサムシは、マイマイカブリと同じく肉食の昆虫です。 羽が退化して飛べないため、地面で食べられるナメクジやミミズを食べます。 主な生息地は、雑木林なので庭先などではあまり見かけることはありません。 天敵5 コウガイビル コウガイビルとは、ミミズのような形をしています。 コウガイビルという名前ですが、ヒルとは違う動物です。 見た目はナメクジと同じように見えますが、 ナメクジにとって1番の天敵です。 実は身近なところに生息していて、ナメクジのように石の下などで見つけることができます。 ナメクジの発生原因 ナメクジは湿気のある場所を好みあす。 花壇や家庭菜園は毎日の水やりで湿気があり、ナメクジの好む環境になりやすく、特にプランターの下や庭石の下などはナメクジの格好の居場所です。 また、ナメクジは花や野菜も大好物です。 無農薬で野菜を育てていると、ナメクジのエサにされてしまうこともあります。 しかし、発生原因になってしまうとはいえ園芸をしていれば、水やりをしないわけにもいきません。 定期的に見回りをして、ナメクジが発生していないか確認して、マメに駆除することをオススメします。 駆除のやり方はこちらへ.

次の