個人 タウンページ。 ここが違う!タウンページデータベースが使いやすい4つの特長【商品・サービス】

ネットで個人の電話番号を調べることはできますか?

個人 タウンページ

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... タウンページとは NTT東日本とNTT西日本が発行している業者別の電話帳がタウンページです。 これは、業種別に分かれておりお店の電話番号や住所、店舗の基本的な情報を閲覧出来るようになっています。 外国でも「イエローページ」というものが発行されていますが、タウンページはまさにこのイエローページの日本版というものです。 2014年の7月以降に発行されたタウンページ(山梨県甲府市と群馬県高崎市は除く)は、表紙など中身もリニューアルされています。 特にリニューアルされたもので多いのは、ご当地キャラやその地域の有名な景色などを掲載しています。 中には、千葉県の柏市のタウンページのように黄色いキャラクターを表紙にしているものは色が被ってしまうので、タウンページのイメージカラーであった黄色の表紙を水色に変えているものもあります。 また、北海道の一部の地域のタウンページは、紙の色を黄色ではなく白と緑のバイカラーにしていたりと地域によって様々です。 地域に強い!アイタウンページ 最近では、iタウンページというものが出来ました。 これは、NTTが管理・運営しているポータルサイトで全国の会社やお店など約1100万件の情報が集約されています。 ネットと携帯電話とオペレーターという方法なのでかなり細かく絞って検索できます。 ネット 検索結果はもちろん、画像やお店の特徴などが表示出来るようになっており、さらに細かい情報も掲載出来るようになっています。 携帯電話 ガラケー(iモードやEZweb)でもスマホ(iPhoneやAndroid)でも利用出来るので出先でもすぐに使えます。 オペレーター 検索作業を代わりに行ってもらうことが出来ます。 このようなサービスはNTTという会社だからこそ出来る物でとても簡単に利用出来ます。 また、ローカルリサーチというものもあり、これはエリアとキーワードを入力するだけで一致する会社やお店などを紹介してくれます。 ここから簡単にお店に問い合わせもできるので多くの人が利用しています。 タウンページでは個人の電話番号は探せません 個人の家の電話番号が知りたいときは、タウンページではなくハローページが活躍します。 これは、それぞれのご家庭に配布している物です。 ハローページは、まずその地域が50音順で分類されているそこから地域を絞りこみます。 その後、名前が50音順で掲載されているので住所と照らし合わせながら個人を特定していきます。 「法人」「個人」とそれぞれ50音順になっていますが、法人版と個人版で別々に発行している自治体と1冊にまとめて発行している自治体があります。 当然ながら、タウンページもハローページも本人の希望に沿って掲載のするかしないか選ぶことが出来ます。 1年に1回発行されますが、自治体によっては無料で配布しているところもあれば、有料で配布しているところもあるので自分の住んでいる地域がどうなのか確認する必要があります。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! タウンページに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

セールス電話・迷惑電話地獄!個人事業主は絶対タウンページに電話番号を載せてはいけない理由

個人 タウンページ

Contents• 電話帳に電話番号載せるなんて時代遅れのバカだった! 掛かって来る電話は営業電話だらけ! 電話を契約するとタウンページに掲載しますか? と聞かれます。 無料でしかも広告効果もありますのでオススメですよ〜 とのこと。 それだったら是非お願いします! ってなっちゃいますよねぇ。 でも今の時代タウンページで調べる人ってどれだけいるんだろう? 田舎の爺ちゃん、婆ちゃんならともかく、ホームページを作りたい人が電話帳で 業者を調べる筈がありません。。。 考えてみれば分かることですが、開業時の忙しい時期はそこまで頭が回りませんでした。 電話帳に掲載されると、そこから凄い勢いでセールスの勧誘電話が掛かってくる様になります。 ・コピー機のレンタル ・LED照明 ・省エネシステム ・電車、バスの広告掲載 ・駅の広告掲載 ・不動産投資 ・インターネット回線 ・ホームページ制作まで(おいおい) これが一日に何度も掛かってくると業務妨害なんじゃないかと頭にきますね。 もうほんとにウザいし、しつこい! そんな会社は潰れてしまえ〜 電話っていうのは相手の都合を無視した連絡手段 相手の都合を無視して時間を奪うのが電話っつうもんです。 これを自分が関係の無いセールスにやられると、例え必要なものでも絶対その会社からは買いたくなくなりますね。 今の時代、未だに電話セールスっていうもんがあるのが信じられない。 どれくらい引っかかる人がいるんだろうか… 欲しかったら、こっちから電話しますよ。 何度も同じ電話掛けて来ないで欲しい! 時代はタウンページからホームページへ インターネットがなかった時代や携帯が普及しはじめた頃はタウンページが色々と役に立ってくれました。 歯医者さんから自動車の板金、床屋、ピザ屋、近所のスーパーまで調べるにはほんとうに便利でした。 (ってゆうか当時はこれしか手段がなかった) 時は流れて今はスマートフォン全盛の時代。 ちょっとした調べ物や、お店の検索はスマートフォンでという人が殆どです。 うちのお客様のターゲットもまさにそんな方々。 タウンページっていうのはとっくの昔に役目を終えていたんです。 タウンページを一番見ている人はお客様ではなく電話セールス! 自分も久しくタウンページを見るなんて事はなかったです。 これを見てるのは電話セールスと爺ちゃん・婆ちゃん位でしょう。 ほんとに。 っつう訳でタウンページから、電話番号を削除してもらいました。 (ちなみに削除されるまで相当時間が掛かります) これでセールス電話地獄から開放される! 筈でしたが・・・ ホームページからセールス電話してくる輩 以前より頻度はだいぶ減りましたが、それでもセールス電話がたまに掛かってきます。 どこで調べたのか?と聞いてみると、ホームページを見たとか、名簿業者から買ったとか・・ いい加減にして欲しいよね。 こんな状態が続くと精神衛生上よろしくないので電話を無くす事を検討しました。 そして今までの集客を振り返ると・・・ 今までの集客は殆どお問い合わせフォームからで、電話のお問い合わせから最終的な成約まで行ったのは1割にも満たないと言う事に気付きます。 (もっと早く気付けよ〜) これでこころおきなくホームページから電話番号を削除しました。 電話自体は無くしてませんが、固定電話自体必要か?というのも思い始めています。 固定電話のメリットって何さ? 思いつくのは ・なんとなく固定電話があったほうが社会的信頼があってカッコイイ ・携帯より電話代が安い (でもウチはそんなに長電話しないので基本料金の方が高かったりします) ・住所情報の証明になる ・昔はクレジットカードやローンの審査に固定電話が必要だったけど・・ なんだ・・なくてもいいじゃん。 固定電話のデメリット ・セールス電話地獄 ・いつでもお構いなしに時間を奪われる ・外出中は電話に出ることが出来ない ・引っ越すと番号が変わる(メリットの裏返し) ・加入権や基本料も掛かりまっせ ウチではデメリットの方が大きいです。 固定電話はお客様にのみ開示する事にしました そんな訳でウチも方針変更。 これまで電話帳やホームページに広く載せていた電話番号を外して、 クライアント様にのみ開示するようにしました。 フリーランスなんで、この辺は自分の裁量でどうとでも出来るんで。 今までも、緊急時以外は殆どがメールやチャットでのやり取りでしたので業務に支障はないでしょう。 電話に関しては色んな所で似たような話がありますが、ウチではこんな感じになりました。

次の

電話帳で昔は名前、住所から電話番号がわかりましたが現在、タウンペー...

個人 タウンページ

> 商品・サービス 商品・サービス ホームページを起点に集客から成約までをワンストップで支援する新たなデジタルマーケティングサービスのご紹介。 タウンページデータベース・DM発送・テレマーケティング代行サービス・緯度経度情報提供サービス・タウンページ統計情報・GISソリューションのご紹介。 全国のお店・企業の電話番号や地図を無料で探せるインターネット電話帳「iタウンページ」のご紹介。 タウンページの配達網を生かしたラップインサービスのご紹介。 各種コールセンター・ハローダイヤルのご紹介。 タウンページ・防災タウンページ・各種別冊タウンページ・ハローページ・点字電話帳・電柱広告のご紹介。 経理業務の効率化・ビジネスの合理化に役立つビジネスカードのご紹介。 取り扱い中のNTT東日本・NTT西日本商品のご紹介。 道路上に掲出することができる電柱広告のご紹介。 タウンページ君の商品展開など、キャラクタービジネスのご紹介。

次の