グラブル 会心 キャラ。 【グラブル】カリオストロ(土属性)の性能や強さについて(2019年11月バランス調整後)。土属性攻撃UPやクリティカル、会心効果も得て水着verのような攻撃的な性能が追加。また防御DOWN効果も上昇したり元からの回復も健在なのでバランスの良い性能に。

【グラブル】リミテッドモニカの強みを解説!万能だがリンクアビリティがネック、魔法戦士編成での活躍

グラブル 会心 キャラ

リミテッドモニカ リミモニ の強みや活躍する場面、注意点などを基本的な性能と合わせて解説します。 実際に運用している動画も掲載。 リミテッドモニカの性能 風属性バランスタイプのヒューマン。 得意武器は剣と刀。 LB リミットボーナス モニカは攻防ダウンを持っているため、『弱体成功率UP』があるのはうれしい点。 また、『奥義ダメージ上限UP』は火力を出すのに役立つ要素であり、こちらも強力。 リミサポは現在のところ未実装 奥義「旋風雷閃撃鎖斬」 追加効果として、「紫電の閃き」が発動します。 紫電の閃きとは• 累積攻防 10%ダウン 最大30%• 自分の奥義ゲージ20%UP の3つの効果。 奥義の度に自動発動するダメージとしては上限は高めで、さらに攻防ダウンもついてくると考えると非常に強力だと言えます。 なお、この「紫電の閃き」はモニカが敵の攻撃を回避した時にも自動発動します。 1アビ「覇旋雷閃」• 敵にダメージ 上限は天司武器込みで約90万• 自分に弱点属性追撃付与 の2つの効果。 なお、この追撃量と効果ターンは1アビを使用するごとに強化されていき、3回目の使用で最大となります。 リンクアビリティとは使用間隔が連動 リンク するアビリティで、 簡単に言うと1つアビリティを使ったら、4つのアビリティ全てが3ターン後まで使用できないという性質。 同一ターンに1つしかアビリティを使用できないということでもあります。 2アビ「エアスト・ヒルフェ」 味方全体の• HP回復• 弱体効果を1つ回復 の2つの効果で、こちらも1アビと同様使用するごとに強化され、回復量がUPしていきます。 3回目で最大に• 風属性キャラのクリティカル確率UP の効果に、• 会心効果 2回目発動から• ダメージ上限 10%UP 3回目発動から が追加されていきます。 会心効果とは クリティカル発生時、与ダメージが 5万上昇する効果。 グリム琴3本でクリティカルが確定するマグナ2編成と特に相性が良いです。 4アビ「雷瞬閃」• 敵の強化効果を1つ無効化 の基礎効果に加え、• スロウ 2回目発動から• サポアビ 「ブリッツシュヴェルト」• 常時回避率UP• 回避時に紫電の閃きが発動 の2つの効果。 この回避率UPの効果量はそれほど高くありません。 「スカイコマンド」 アビリティを使用したターン、• 必ずTA• 敵対心UP• 回避率UP の効果。 モニカは3ターンごとにアビリティが使用可能になるため、このサポアビによる恩恵も最短で3ターンごとに受けることができます。 実質的に、 上記の3つの効果が全てのアビリティに追加されると言い換えるとわかりやすいかもしれません。 敵対心UPでターゲットになりやすくなった上で回避しやすくもなるため、回避時の「紫電の閃き」の発動に期待できる恩恵もあります。 奥義の追加ダメージで開幕奥義編成などの短期戦でも活躍 モニカのアビリティは使用するごとに強力になっていくものが多いため、長期戦で特に力を発揮するタイプのキャラクターです。 だからといって短期戦では弱いかと言えばそんなことはなく、 奥義後自動発動する約100万ダメージによって、アビポチなしでただ奥義を撃つだけで火力を出していけるため、 開幕奥義編成などの短期戦でも活躍することができます。 オート放置適性が高い 奥義後に自動発動する「紫電の閃き」はダメージの他に• 累積攻防ダウン 効果も持つため、オート放置編成でも強力です。 実際にフルオートが来てみないと確かなことはわかりません。 魔法戦士での運用 モニカの1アビでの自分に付与する追撃は、• ニオの4アビの追撃• リーシャの3アビの追撃• 魔法戦士ドラゴンブレイクの追撃• テトラストリーマ 英勇 の追撃 の すべてと共存します。 また、 3アビ「白翼の風」の全体会心や上限UPでは、味方全体のダメージの底上げもできるため、魔法戦士編成でも活躍することができます。 ちなみに、シヴァが召喚できる13ターン目までにモニカが使用できるアビリティの回数は多くても5回まで。 1、4、7、10、13ターン目で使用 よって、1アビと3アビの両方を3回使用するのは不可能な点には注意。 出来ることは非常に多いが難しい面あり モニカがアビリティでできることを列挙してみると、• 自己追撃• ディスペル、スロウ、麻痺 と、とても1キャラで可能なこととは思えないほど多彩で、効果量も高めです。 アビリティ以外も含めると、累積攻防ダウンも可能です。 ただし、忘れてはいけないのは モニカのアビリティは全てリンクアビリティなため1ターンに1つしか使えず、どれかを使用したら全て3ターン後まで使用不可能という点。 例えば回復 2アビ を使えば3ターン後まで他の強化アビリティなどは一切使えませんし、1アビを使えば回復もディスペルも3ターン後まで使えません。 その分各アビリティの性能はCTに対して強力に設定されているものの、実戦では同時に使用したい場面も多く、実際にモニカを使用してみて強い一方『使いやすい』とは感じませんでした。 "1アビや3アビを使う火力役"とか、"ディスペルや回復を多用するサポート役"というようにあらかじめ役割をある程度想定してから編成すると、スムーズに運用できる上に強さも感じやすいと思います。 運用してみた動画.

次の

【グラブル】6周年アニバーサリーチケット 属性別おすすめキャラ

グラブル 会心 キャラ

はじめに 個人的にはグラフェスやレジェフェスなどで排出されるリミテッドキャラは、ルーレット期間や天井狙いなどで回す機会が少なからずあり、今後取得できる可能性が少なからずありそうなリミキャラより季節限定のほうが優先度は高いです。 ただ、神石運用のためにこのリミキャラの武器が欲しい!とか、このキャラがいれば理想のキャラ編成が組めるから欲しい!とか、初心者や中級者の方がそのキャラがいれば楽になるといった状況など。 そういった明確な理由があるのならもちろんありです。 リミキャラの取得できる機会が季節限定と違って定期的にあるとはいえ、天井でもしなければ確実に手に入るというわけではないですからね。 正直なところ一般的に見て強いキャラや武器といったものはあれど、自身の環境によって選択肢は大きく変わるはずです。 この属性で優秀なものだったらこれかなぁ、というような曖昧な指標なので、一つの参考として見てみてください。 火属性 ・水着ベアトリクス(デルタ・クォーツ) 優秀な背水アタッカー。 自分自身で連撃も火力も出せて、反骨による瞬間火力も備えています。 自分も初~中級者くらいのランク帯で、オッケ染め剣パのアタッカーとして非常に重宝しました。 背水編成でなくともかなりの火力を出せるのですが、1アビを使うと打たれ弱い点はネック。 回避力の高さとガッツ効果が1度だけ発動することもあって長く生存することもありますが、落ちるときはあっさり落ちるので、鉄砲玉として割り切って使うなら強いと思います。 しかし昔と比べて優秀なキャラが増え、高ランクでスタメンで使うかと言われるとあまり出番は無く、修正によって状況を選ばない瞬間火力も備えた上、武器も優秀なスツルムの存在によって微妙な立場に。 オッケ染めや剣パなどで中盤くらいまでは使っていける性能はありますが、将来性はほとんど無いので、他キャラと比較するとあまりおすすめはしません。 ・リミテッドロゼッタ(エターナル・ラヴ) キャラも弱いわけではなく、特定の敵に対しては強力な性能を持っていますが、逆に言えば敵次第ではあまり役に立たないので、優秀なキャラも増えた今では、どちらかと言えばゼピュロス編成での武器目的になるでしょう。 メイン武器としても最終四天刃と同じ効果量の奥義効果で強力な連撃補助になります。 リユニオンと同じく1本はあってもいい性能ですが、両方無い場合リユニオンとどちらを優先するかは自分の目指す編成、主人公のジョブやキャラ、オメガ武器との兼ね合いなど。 編成の様々な要素を考慮して決めましょう。 ・水着カリオストロ(オンリー・プリティー・ガール) 味方全体に会心効果(クリティカル発生時に与ダメージ上昇、最大5万)を与える奥義やアビリティによって、全体の火力を大幅に上げられる刻印キャラ。 味方単体への強力なサポートやディスペルつきのアビリティなどもあり、普通に使用してもそれなりに強いとは思いますが、真価を発揮するのは武器編成で確定クリティカルを出せる構成や、なんらかの手段でクリティカルを出せるアビリティや奥義効果、そして刻印を素早く付与できる構成など。 運用するにあたっての基準は高めですが、このあたりの条件を満たせるのなら現状水キャラトップクラスの性能です。 将来性もありそうなので自分も取得するか悩んでいるキャラの一人です。 杖キャラは優秀なキャラが多く、今まではあまり使用することがなかったのですが、最近追加されたウィルナス討伐戦の際に、ドランクの存在でかなり余裕を持って討伐することができて便利さを実感しました。 スロウ、ディスペル、デバフ、回復、そしてサポアビの存在や、奥義時のアビリティ発動による追加ダメージなど、本人の火力や連撃面も十分な性能なので、多方面で活躍のできる便利で強力なキャラです。 武器的にもヴァルナの必殺編成では複数欲しいですし、杖編成でも1本あると嬉しい性能です。 ・リミテッドカタリナ(ミュルグレス) 元々マウントキャラとしての役割はありましたが、最終上限解放によって攻防両面で強力になり、味方へのサポート面も連撃、属性バフやマウントに回復と、様々な面で嬉しい性能になりましたね。 武器的にはヴァルナ編成の幅が広がり、昔のように複数入れることは少なくなったかなといった印象ですが、1本はあって嬉しい性能です。 水は優秀なキャラが多く、杖パ環境が進んでいることもあって、現状では常に使用するかと言われると難しいところ。 使いどころは少なからずあると思うので、自身の環境によっては取得を考えてもいい性能です。 ・水着サンダルフォン(アイン・ソフ) お手軽条件で自身に8割という驚異の追撃と、味方全体にも1割ですが4ターンという長い間の追撃を奥義で付与できたり、連撃や属性攻撃アップの全体サポートも備えた火力面の優秀さが目立つキャラ。 …なのですが、現状ではどこか物足りなさを感じる部分も。 単体で見ても面白い性能をしていますし、何か合わされば大化けする可能性も秘めているとは思いますが、リミテッドカタリナと同じく現在の環境的に損をしているような扱いの難しいポジションですね…。 土属性 ・クリスマスナルメア(清めと祓いの刃) 不動だった刀パに突如現れた大旋風。 8割追撃といつアサによるもんのすごい瞬間火力が魅力。 攻撃だけでなくアビリティダメージやカウンターにも適用できるのも驚異。 瞬間火力だけでなくカウンター時や2アビで増やせる八双Lvが上がるほど自身の火力も上がっていき、Lvが最大の状態では自身がターゲットにされた際に2アビが自動発動するので中~長期戦でも強力。 刀パの新たな選択肢としてだけでなく、適当な編成に入れても大活躍できる性能。 土属性という観点だけでなく全体で見ても今回のアニバチケの目玉の一人だと思います。 ・クリスマスマギサ(ホーリーナイトセプター) 単純に単体で強力なクリスマスナルメアの強さに隠れがちですが、個人的には別ベクトルでマギサも劣らない性能だと思います。 刻印キャラなので、他に付与できるキャラや武器の兼ね合いはありますが、奥義時に自動発動するディスペル付きの2アビや、土属性キャラそれぞれの刻印数によって味方全体の奥義性能が上がるサポアビ。 そして刻印最大の状態で発動する3アビの強さは驚異的。 単体、短期ではさすがにナルメアの火力には及びませんが、編成によっては中~長期なら自身とパーティへの奥義加速や奥義火力のサポートもあって、同等以上の火力があります。 将来性を鑑みてもものすごく優秀なキャラで、おすすめのキャラの一人です。 ・ハロウィンゼタ&バザラガ(ウィッチブルーム) 確定TAと別枠乗算の攻撃力アップに8割追撃を備えた強力な1アビ(リンクアビリティ)が魅力。 効果時間と使用間隔が9ターンで消去不可なので実質永続ですが、代わりに防御ががっつり下がるのがデメリット。 なんらかの対策が取れれば常に高火力を出し続けられる優秀なアタッカー。 それだけでなく、2アビ(リンクアビリティ)も破格の防御アップと敵対心アップで壁役としてもとても優れています。 サポアビの効果でHPが半分以下になると一度だけ全てのアビリティが使用可能状態になるので、1アビとリンクしている2アビを同時に使用することができれば、自身のみで攻防両面で隙の無い状態を作り出すことができます。 十賢者のカイムとも相性が良く、サブに入れていれば逆位置効果で1アビによる防御ダウンのデメリットを緩和できるうえ、カイム2アビはハロウィンゼタの1アビをコピーできますので、フロントで使用する場合には2人で高火力のTAを延々と出し続けることも可能。 編成次第では今後さらに強いキャラにもなりえるので、上記の2人とは違う方向で強みがあり、面白いキャラだと思います。 ・リミテッドブローディア(刃鏡片) そこそこ短い6ターンという間隔で使用できる全体への全属性ダメージカットに(70%)味方全体に一度だけダメージを無効にし、マウントも付与できる切り札の2アビが魅力の主に防御面で頼りになる刀パの主戦力。 3アビや奥義によって増えていく刃鏡により、攻防と奥義性能が上がっていくので、攻撃面でも安定した火力を出してくれるのも強いですし、サポアビで土属性攻撃力アップの効果を上げてくれるので、味方への火力サポートも地味ながら強力な性能。 オクトーゴブロカインの刀パの安定感を超えるものはなかなか現れなかったのですが、クリスマスナルメアの登場で敵によってブローディアと入れ替える場面も増えた印象。 しかし、ブローディア自体の性能は依然トップクラスで、防御面ではこちらのほうが上手なので、高難度やマウントが欲しい場面など、必要になる状況はいくらでもあります。 武器的には弱くはありませんが、火力面では一期一振やエーケイなど、他の優秀なリミ武器よりは優先度が下がるかなと思います。 ・リミテッドオイゲン(エーケイ・フォーエイ) 調整で使いやすくなった主に短期で火力を捻出できるキャラ。 現状では他の優れたキャラより優先度は高くないですが、まだ最終上限解放を控えているので、化ける可能性は十分あります。 編成によっては理想編成に無理なく入ってくるので、武器目的としての取得はありですが、キャラに関しては最終上限解放の性能がどうなるか未知数なので微妙なところ。 光属性 ・水着ハールート・マールート(レター) 3アビのリミッター解放状態は別枠乗算の攻撃アップやTA率アップにダメージ上限アップ、さらには回避率まで上がる強力な性能。 1アビはお手軽無属性最大100万ダメージ(敵HPの10%)を与えられて、刻印数に応じて最大で2000回復できます。 3アビのリミッター解放時には2回発動するので4000以上回復できるうえ、ダメージアビリティなのでフルオートでも強みを遺憾なく発揮してくれる点も魅力。 奥義で全体にバリアも付与できる至れり尽くせりな性能です。 火力面も防御面も優秀で、バフサポート、回復、サポアビによる刻印効果でさらなる火力の向上もあって、様々な面が高水準で編成を選ばず入れられる強力なキャラだと思います。 前回の古戦場でもとても役に立ちましたし、普段使いも良くしています。 現状でも非常に優秀だと思いますが、刻印システムの将来性も含め、光の期間限定キャラの中では一番オススメです。 ・バレンタインメリッサベル(ソードコーン) 以前も面白い性能はしていましたが、調整でさらに便利で強力な性能になりました。 3アビには80%軽減という高い効果量を持った全体かばうがあり、これだけでもそこそこ優秀な性能ですが、サポアビがとても優秀。 20回ダメージも上限が高いうえに、1回ごとに与ダメアップ系の効果がかかるので、ベリアルの効果やハロウィンハレゼナの3アビなどの与ダメージ上昇効果と相性が良く、編成や状況の兼ね合い次第で5~600万ダメージを与えられる場合も。 特にハレゼナとは共に斧得意、被弾するとスタックが減ってしまうハレゼナを守り、自身が被弾すると、サポアビによってダメージを与えられるメリッサとの相性が抜群。 恒常の光シャルロッテもメリッサと同じく剣得意で、同じように被弾でスタックが減っていくデメリットがあるので、こちらとも相性ぴったり。 被弾させたくないキャラを守りつつ、自身でここまで大幅な回復ができる点は他のキャラにはない性能なので、単体で見ても十分強いですが、他キャラとのシナジー次第ではさらに重要になり得る性能だと思います。 ・ルシオ(エデン) 調整によって一躍トップクラスに躍り出た、強力な自己火力と調整で得た味方へのサポートも光るキャラ。 3ターンの間全体へのストレングス、活性、バリアを付与できる1アビも嬉しい性能で、2アビはとてつもなく高い倍率と上限を備え、奥義後には2回発動する優秀なダメージアビリティ。 聖義の翼という特殊スタック(最大6)があり、2アビが発動するたびに一つずつ上昇していきます。 連撃率の上昇、別枠乗算の攻撃力アップにダメージ上限が上がる火力の向上だけでなく、自身への再生も備えており、溜まるまでに多少時間は必要ですが、最大時には圧倒的な性能です。 武器もゼウス編成では渾身編成やハイランダーで必要不可欠な性能ですし、コスモス槍を入れた複数本エデンを入れる編成もあります。 ただ、タミン・サリやアークなどの優秀な武器も増えてきたので、武器目的で取得する際にはどういった方面の編成を目指すか考えて取得しましょう。 ・クリスマスメーテラ(ピンキーニードル) 自身の固有スタック、エーテリアルシールを1枚消費して、通常攻撃で8割もの追撃を出せるサポアビが際立つキャラ。 1アビで5枚、自身の回避時に2枚付与されるので、追撃状態を維持しやすい点も魅力。 エーテリアルシール消費時には味方全体の連撃サポートや累積攻防ダウンもあるので、バフデバフサポートとしてもそこそこ優秀。 ですが、想像以上にメーテラ自身の基礎火力が低い点もあって、自身の編成によって強みが左右されるキャラでもあります。 中途半端な編成だと追撃を活かしきれないので、整った武器編成やソーン奥義の介護など、強みを完全に発揮させるには何かしらの要素が必要になると思います。 自分は去年のアニバチケで取得したのですが、現状あまり使うことがなくて寂しい。 面白い性能ではあるので、今後何かしらの環境変化で重要になることを期待しています。 ・ハロウィンハレゼナ(スピリットシーカー) 奥義ゲージは溜まりにくいものの、常時確定TAや、ターン経過、1アビによって上昇していくベリナイLvにハイテンション効果などもあって、火力面が優れたアタッカー。 しかし、ベリナイLvは被弾で減り、ハイテンション効果も被弾によって切れてしまうので、敵によっては強みが発揮できません。 バレンタインメリッサで書いたように、なんらかの方法で被弾を抑えることができる手段があれば、8割追撃や全体への確定TA付与など強力な効果が多く、トップクラスになれる可能性も秘めています。 取得を考慮してもいいキャラだとは思います。 ・リミテッドヴィーラ(サティフィケイト) 1アビのイージスマージ状態によって防御10倍、そして全体攻撃さえもかばえるので、高難度や攻撃が痛い敵に対しての壁役として非常に優秀。 2アビにディスペルもあって便利です。 しかし、普段使いをすることがほとんどなく、高難度でも編成によっては抜ける選択肢も出てきたので、高難度には必須!といった印象ではなくなりました。 防御面での安定感はトップクラスではあるので、いざというときの選択肢としては優秀です。 連撃面と防御面を大きく底上げできる強力なバフを付与できるので、斧ジョブを良く使うのなら1本は持っておきたい性能です。 闇属性 ・水着ゾーイ(リボン) コンジャクションによる数々の悪行で、名誉リミ枠入りとなった元季節限定キャラ。 初心者の段階からでもセレスト拳を適当に敷き詰め、水ゾでコンジャクするだけで強力な背水編成の出来上がり。 バランスをぶっ壊すほどの性能でしたが、今はキャラが増えていろいろな方向性が出てきたので絶対に必須。 とまでは言わなくなったものの、今でも初心者から高い火力を出せる魅力や、最近はハデスも背水編成が強くなってきたこともあって、使用する場面は非常に多いので、間違いなく持っておきたいキャラではあります。 武器もスキルが優秀で、セレスト拳の足りない段階なら無凸でも入れられる性能。 最終をまだ控えている状態で、大化けする可能性もあるので楽しみです。 ・浴衣アンスリア(サマーメモリーリークス) 連撃や奥義性能、防御力を上昇させる効果を全体に付与する1アビの炎の舞踊効果が強力。 3アビで2回まで回避できるアビリティがあり、ある程度狙ってサポアビを発動させることも可能なので回復、クリア役としても優秀。 そして特筆すべきは2アビの存在。 味方全体に3ターンの高揚効果とテンションで奥義加速と火力のサポートを兼ね備え、炎の舞踊効果中に発動すれば全体へのストレングスまでついてくる豪華っぷり。 これだけでもある程度強いのですが、十二神将のビカラと組み合わせた場合の爆発力が驚異的。 ビカラのフィールド効果は攻撃開始時に味方全体のテンションを上昇させる効果があり、アンスリアの2アビのテンション効果との相性が抜群。 最低でも1ターン目からテンション2以上の状態で攻撃できて、運が良ければ開始から最大で殴れることも。 そしてさらにビカラの3アビとも相性が最高で、アンスリアの炎の舞踊効果と合わせてさらにおいしい、全体への奥義性能の上昇効果と回避率上昇効果を持った固有バフとの噛み合いっぷりがもうほんとやばい(語彙力)被ダメ2回で解除されてしまうのですが、元々高い回避率を持ち、1アビでさらに回避率を上げられるので、アンスリアが被弾することは極端に少ないです。 それだけでなく、アンスリアの1アビは開幕に使用すると、シングルアタックが頻発してしまったりで3ターン目に奥義を打てない場合、編成によっては延長できずに効果が切れてしまいますが、ビカラの固有バフには50%もの奥義ゲージ上昇率アップがあるので、アンスリア2アビの高揚効果と合わせて最低でも3ターン目にはほぼ100%奥義が打てるはずですので、延長できないケースが無くなるのは非常に助かるポイント。 その後も固有バフの効果で頻繁に奥義が打てるので、延長に困ることが無く、炎の舞踊を切らすことが少なくなります。 自分の編成はマグナで、闇の弱さに絶望していましたが、浴衣アンスリアとビカラを使うようになってからは、神石クラスのダメージを体験できるので、闇パを使うのがもの凄く楽しくなりました。 単体で見るとそこそこ強いキャラ止まりだったのですが、ビカラの登場でほんとうに化けたキャラだと思います。 ・バレンタインクラリス(シルフィウム) 全体へのマウントに幻影付与、味方の奥義ゲージ加速に、ディスペルとグラビティ、そして奥義でスロウまで完備。 あったら嬉しいスキルを全て備えた、他に類を見ない最強の便利屋。 さらに10ターン経過後には全てのアビリティや奥義に追加効果があり、全体へのバリア付与やガード効果、奥義性能の上昇に、2回発動など。 多種多様な効果が強力、3アビを使うと経過ターンが1ターン進むというトリッキーなサポアビもあるので、10ターン経過後の追加効果を早めることも可能。 短期の火力編成では出番が少ないかもしれませんが、高難度や中~長期戦ではトップクラスの性能なので、持っておきたいキャラですね。 自分も取得を考慮してるキャラの一人です。

次の

【グラブル】天井お勧めキャラ(レジェンドフェス・グランデフェス)

グラブル 会心 キャラ

リミテッドモニカ リミモニ の強みや活躍する場面、注意点などを基本的な性能と合わせて解説します。 実際に運用している動画も掲載。 リミテッドモニカの性能 風属性バランスタイプのヒューマン。 得意武器は剣と刀。 LB リミットボーナス モニカは攻防ダウンを持っているため、『弱体成功率UP』があるのはうれしい点。 また、『奥義ダメージ上限UP』は火力を出すのに役立つ要素であり、こちらも強力。 リミサポは現在のところ未実装 奥義「旋風雷閃撃鎖斬」 追加効果として、「紫電の閃き」が発動します。 紫電の閃きとは• 累積攻防 10%ダウン 最大30%• 自分の奥義ゲージ20%UP の3つの効果。 奥義の度に自動発動するダメージとしては上限は高めで、さらに攻防ダウンもついてくると考えると非常に強力だと言えます。 なお、この「紫電の閃き」はモニカが敵の攻撃を回避した時にも自動発動します。 1アビ「覇旋雷閃」• 敵にダメージ 上限は天司武器込みで約90万• 自分に弱点属性追撃付与 の2つの効果。 なお、この追撃量と効果ターンは1アビを使用するごとに強化されていき、3回目の使用で最大となります。 リンクアビリティとは使用間隔が連動 リンク するアビリティで、 簡単に言うと1つアビリティを使ったら、4つのアビリティ全てが3ターン後まで使用できないという性質。 同一ターンに1つしかアビリティを使用できないということでもあります。 2アビ「エアスト・ヒルフェ」 味方全体の• HP回復• 弱体効果を1つ回復 の2つの効果で、こちらも1アビと同様使用するごとに強化され、回復量がUPしていきます。 3回目で最大に• 風属性キャラのクリティカル確率UP の効果に、• 会心効果 2回目発動から• ダメージ上限 10%UP 3回目発動から が追加されていきます。 会心効果とは クリティカル発生時、与ダメージが 5万上昇する効果。 グリム琴3本でクリティカルが確定するマグナ2編成と特に相性が良いです。 4アビ「雷瞬閃」• 敵の強化効果を1つ無効化 の基礎効果に加え、• スロウ 2回目発動から• サポアビ 「ブリッツシュヴェルト」• 常時回避率UP• 回避時に紫電の閃きが発動 の2つの効果。 この回避率UPの効果量はそれほど高くありません。 「スカイコマンド」 アビリティを使用したターン、• 必ずTA• 敵対心UP• 回避率UP の効果。 モニカは3ターンごとにアビリティが使用可能になるため、このサポアビによる恩恵も最短で3ターンごとに受けることができます。 実質的に、 上記の3つの効果が全てのアビリティに追加されると言い換えるとわかりやすいかもしれません。 敵対心UPでターゲットになりやすくなった上で回避しやすくもなるため、回避時の「紫電の閃き」の発動に期待できる恩恵もあります。 奥義の追加ダメージで開幕奥義編成などの短期戦でも活躍 モニカのアビリティは使用するごとに強力になっていくものが多いため、長期戦で特に力を発揮するタイプのキャラクターです。 だからといって短期戦では弱いかと言えばそんなことはなく、 奥義後自動発動する約100万ダメージによって、アビポチなしでただ奥義を撃つだけで火力を出していけるため、 開幕奥義編成などの短期戦でも活躍することができます。 オート放置適性が高い 奥義後に自動発動する「紫電の閃き」はダメージの他に• 累積攻防ダウン 効果も持つため、オート放置編成でも強力です。 実際にフルオートが来てみないと確かなことはわかりません。 魔法戦士での運用 モニカの1アビでの自分に付与する追撃は、• ニオの4アビの追撃• リーシャの3アビの追撃• 魔法戦士ドラゴンブレイクの追撃• テトラストリーマ 英勇 の追撃 の すべてと共存します。 また、 3アビ「白翼の風」の全体会心や上限UPでは、味方全体のダメージの底上げもできるため、魔法戦士編成でも活躍することができます。 ちなみに、シヴァが召喚できる13ターン目までにモニカが使用できるアビリティの回数は多くても5回まで。 1、4、7、10、13ターン目で使用 よって、1アビと3アビの両方を3回使用するのは不可能な点には注意。 出来ることは非常に多いが難しい面あり モニカがアビリティでできることを列挙してみると、• 自己追撃• ディスペル、スロウ、麻痺 と、とても1キャラで可能なこととは思えないほど多彩で、効果量も高めです。 アビリティ以外も含めると、累積攻防ダウンも可能です。 ただし、忘れてはいけないのは モニカのアビリティは全てリンクアビリティなため1ターンに1つしか使えず、どれかを使用したら全て3ターン後まで使用不可能という点。 例えば回復 2アビ を使えば3ターン後まで他の強化アビリティなどは一切使えませんし、1アビを使えば回復もディスペルも3ターン後まで使えません。 その分各アビリティの性能はCTに対して強力に設定されているものの、実戦では同時に使用したい場面も多く、実際にモニカを使用してみて強い一方『使いやすい』とは感じませんでした。 "1アビや3アビを使う火力役"とか、"ディスペルや回復を多用するサポート役"というようにあらかじめ役割をある程度想定してから編成すると、スムーズに運用できる上に強さも感じやすいと思います。 運用してみた動画.

次の