漢方 生薬 認定 薬剤師。 e

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方 生薬 認定 薬剤師

高齢化が進み、国民の健康意識が向上している昨今では、自分自身の健康を管理するセルフメディケーションに関心を寄せる人も増えています。 その中でも注目されているのが、漢方薬や生薬です。 漢方薬は、個人の症状や体質によって使い分ける必要があります。 そのため、専門家の需要も高まっており、漢方薬に特化した「漢方薬剤師」を目指す薬剤師も増えています。 そこで、漢方薬剤師になるメリットや、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の認定を取得する方法などについてご紹介します。 そもそも漢方薬と西洋薬の違いは? 現在、医薬品として用いられている西洋薬は、多くが人工的に化学合成された物です。 西洋薬は単一の成分で構成されている物が多く、特定の症状や疾患に対して高い薬理作用があります。 そのため一般的には、原因が明確で治療方法も確立している疾患に対しては、西洋薬が有効と考えられています。 一方、漢方薬は、動植物や鉱物といった天然の素材を組み合わせて作られる物です。 日本においても、中国から伝わった漢方処方に基づいて、日本の気候や日本人の体質などに合わせた漢方薬が発展してきました。 西洋薬とは異なり、漢方薬は複数の成分から構成されているため、1種類の処方でも複数の病状に対して薬理作用があります。 そのため、西洋薬では対処が難しい体の不調や原因のはっきりとしない疾患などに、漢方薬が活用されている傾向があります。 認定薬剤師「漢方薬・生薬認定薬剤師」とは? 漢方処方を用いる漢方薬剤師は、他の薬剤師と同様に調剤薬局やドラッグストアに在籍し、漢方薬・生薬を調剤します。 一般的な薬剤師は医師の処方せんに基づいて調剤を行うことがほとんどですが、漢方薬剤師の場合は患者や来店客から相談を受け、症状や体質に合った漢方薬を処方していく仕事がメインとなります。 そのため、漢方薬剤師は一般的な薬剤師と比べ、患者や来店客の健康管理・治療に寄り添った仕事となります。 漢方薬剤師になるメリット 高齢者の健康意識が高まっていることから、漢方薬剤師のニーズも高まっています。 そこで、漢方薬剤師になることで得られるメリットについて、4つの観点から見ていきましょう。 医療費高騰で高まる需要 超高齢化の進む日本では、将来的に医療費の負担が増大することが危惧されています。 このことを背景に、厚生労働省は健康増進対策を推進しており、漢方薬を取り扱う東洋医学分野への需要も高まりつつあります。 国内における生薬原料の生産も進められているため、今後は漢方薬を取り扱うことのできる薬剤師の存在は重宝されると考えられています。 セルフメディケーションで注目される漢方薬 漢方薬は医療用医薬品としてだけでなく、一般用医薬品(OTC医薬品)としても広く用いられています。 セルフメディケーションに対する関心が高まっている昨今では、従来の西洋薬による治療では対処できなかった症状にも効果が期待できる物として注目を集めています。 そうした面からも、漢方薬剤師の需要は高まりを見せています。 専門領域での高い評価 原因不明の症状や不調に悩む多くの人々が、漢方薬の持つ可能性に期待を寄せています。 さまざまな種類の漢方薬の中から、それぞれの症状や体質に合った処方をするためには、中医学(中国医学)をはじめとした専門知識を備えた漢方薬剤師の存在が不可欠です。 適切な処方や助言のできる漢方薬剤師の評価は高く、今後も需要が高まっていくと考えられています。 転職に有利 漢方薬の専門家である漢方薬剤師は重宝され、専門領域では特に高い評価を得られるでしょう。 ただし、漢方薬剤師は患者それぞれの症状や体質に応じた漢方薬を選択していくため、知識さえ身に付ければすぐに活躍できるというわけではありません。 しかし、転職の応募書類に漢方薬剤師としてのスキルの証明になる漢方薬・生薬認定薬剤師の記載があることで、転職を有利に進めることができます。 漢方薬剤師を目指すのであれば、独学ではなく、漢方薬・生薬認定薬剤師の認定を取得することをおすすめします。 また、漢方薬剤師として一定のキャリアを積んだ後は、独立して漢方薬局を開くこともできます。 漢方薬剤師となることは、将来的な需要があるだけでなく、高収入や待遇アップも期待できるでしょう。 漢方薬・生薬認定薬剤師になるには 漢方薬剤師になるための資格はありません。 しかし、先程説明したように、漢方薬の専門家としてのスキルを証明できる漢方薬・生薬認定薬剤師制度があります。 ここでは、その認定取得の条件や、認定試験について見ていきましょう。 認定取得の条件 漢方薬・生薬認定薬剤師制度は、公益財団法人日本薬剤師研修センターと一般社団法人日本生薬学会による認定制度です。 取得することで、漢方薬や生薬に関する専門的な知識を修得し、能力と適性を持つ薬剤師であることを証明できます。 認定取得の条件は、次の3点を満たしていることです。 日本の薬剤師免許を所持している• 日本薬剤師研修センターおよび日本生薬学会によって実施された「漢方薬・生薬研修会」を修了している• 試問に合格している また、認定取得後は3年ごとに更新制度があり、3年のあいだに研修に参加したり、単位を取得したりする必要があります。 試問の内容 漢方薬・生薬認定薬剤師制度の試問では、漢方薬・生薬に関する基本的な知識が問われます。 漢方薬・生薬研修会を修了した後に試問を受けることとなりますが、試問を受けられるチャンスは、修了証の発行から2年間のうちの2回です。 つまり、1回目で受けられなかったり不合格となってしまったりした場合でも、次年度に限り、もう1回チャンスがあります。 なお、認定を取得した漢方薬・生薬認定薬剤師数は、次のとおりです(公益財団法人日本薬剤師研修センター「漢方薬・生薬認定薬剤師の認定者名簿」2018年12月末時点)。 漢方薬・生薬認定薬剤師数: 3,381名(新規認定者:1,334名/更新認定者:2,047名) 漢方薬剤師に求められること 将来的な需要の高まっている漢方薬剤師ですが、実際どのようなことが求められるのでしょうか。 以下に、その資質やポイントについてまとめてみました。 患者に寄り添うコミュニケーション能力 症状は同じだとしても、漢方薬は患者それぞれの体調や体質に応じて使い分けなくてはなりません。 そのため、漢方薬剤師は患者の悩みや体質について詳しく聞き出し、密なコミュニケーションをとっていけるかどうかで治療の質が変わってきます。 さらに、漢方薬を用いる治療は長期間を要するものもあるため、患者からの信頼を得られるかどうかも重要です。 些細なことでも相談してもらえるよう、しっかりと信頼関係を構築するスキルが求められます。 漢方薬や中医学の知識を得る 漢方薬を理解するにあたって、中医学の知識は必要不可欠です。 また、漢方薬について学びたい場合は、まずは身近な医療用漢方薬の知識から身に付けていくことをおすすめします。 漢方薬はさまざまな製薬メーカーから販売されていますが、パッケージに記載されている配合成分や適応症に注目してみるだけでも、多くの情報が得られます。 まずはそれぞれの成分の持つ役割を知ることが、漢方薬剤師への第一歩といえるでしょう。 勉強会や研修会に参加する 漢方薬のメーカーや薬局では、漢方薬を普及させるために勉強会や研修会を開催しているところがあります。 漢方薬剤師のスキルアップにも役立つため、情報をチェックして積極的に参加してみましょう。 例えば、勉強会のテーマ例としては、次のようなものがあります。 薬剤師なら押さえておきたい漢方の基礎知識• 漢方を活用したケアの事例• 漢方を用いた不定愁訴の改善方法• 漢方を用いた健康管理サポートや体調コントロールについて 初学者向けの内容から、特定の分野に焦点をあてた専門的な事例の解説まで、幅広いテーマで勉強会やセミナーが開催されています。 患者や来店客のさまざまな症状に対応できるよう、日頃から受講しておくといいでしょう。 医療業界における今後の需要も高まると考えられているため、薬剤師のキャリアパスの選択肢のひとつともなるでしょう。 アポプラスステーションでは、薬剤師専門のコンサルタントが転職をサポートしています。 漢方薬の取り扱いがある薬剤師求人もご案内しているため、漢方薬剤師としての転職を検討されている方はお気軽にご相談ください。

次の

疾患でなく人を見る!広い視野を持つ漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方 生薬 認定 薬剤師

注目されている漢方薬 薬にはいろいろな種類があるのですが、そんな中でも最近注目を集めているのが漢方薬です。 なぜ漢方薬が注目されているのかというと、いろいろな症状に効果があることと、副作用が少ないというメリットがあるからなのですが、薬局の中には漢方薬を専門に取り扱う店もあります。 漢方薬を取り扱うには、当然それ相応の知識がなければいけないのですが、薬剤師の資格を取得していれば、特に他の資格がなければいけないというわけではありません。 しかし、漢方薬に特化した資格が現在では存在しているのです。 それが漢方薬・生薬認定薬剤師という資格なのですが、一般的な薬剤師の資格を持っているのが条件になります。 漢方薬や生薬に関する専門の数少ない資格なので、最近では取得しようとする薬剤師も多くなっているのです。 病院へ行ってもなかなか症状がよくならない、薬を飲んでもよくならないという人がよく購入しています。 漢方薬と生薬の違いとは 漢方薬・生薬認定薬剤師という資格があるということはわかったと思いますが、漢方薬と生薬の違いが判らないという人もいるでしょう。 しかし、漢方薬も生薬も一緒なのです。 簡単に説明させていただくと、生薬を組み合わせてできたのが漢方薬になります。 生薬というのは、木の根っこや植物の葉のことなので、一般的には薬草などと呼ばれているものが生薬と考えればよいでしょう。 漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するには 漢方薬の知識つけたいから、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得したいと考えている薬剤師もいるでしょうが、当然取得するためには条件が定められています。 そこで漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するための条件を見ていきたいと思いますが、当然薬剤師の資格を持っていることが絶対条件です。 漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するための条件は2つだけなのですが、1つ目は漢方薬・生薬研修会へ参加しなければいけません。 漢方薬・生薬研修会が終了すると、終了証書を発行してもらえるので、この修了証書を使うことで試験を受けられるようになります。 この試験に合格することで、漢方薬・生薬認定薬剤師の試験に合格しましたという証明書を受け取ることができるのですが、証明書は資格ではないので注意しないといけません。 この証明書は1年間という有効期限があるので、合格証明書を持って所定の手続きを行い、初めて漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得することができるのです。 漢方薬・生薬認定薬剤師の資格自体も有効期限が存在していて、3年ごとに更新をしないといけません。 更新期間は期限が切れてから10年間有効となっているのですが、当然更新するまでは無資格と同じになるので、できるだけ早く更新をしておきましょう。 投稿ナビゲーション.

次の

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するメリットとは?

漢方 生薬 認定 薬剤師

「薬剤師としてのもっと専門性の高い知識と技術が欲しい」「スキルアップのために、新しい資格が欲しい」と考えた時に、認定薬剤師の資格取得を考える方は多いでしょう。 この認定薬剤師は、一定期間内に薬学や医療に関する研修に参加して決められた単位を取得することで、その成果を客観的に認定した人に対して与えられる資格です。 いわば、努力の証とも言えます。 2016年2月から新設された「かかりつけ薬剤制度」の条件のひとつにも「認定薬剤師の資格を取得していること」という項目もあり、資格を取得する人は年々増加しているのです。 この記事では、認定薬剤師のメリット、認定薬剤師になるにはどのようなことを行えばいいのか、認定薬剤師にはどのような種類の資格があるのかを解説していきます。 これから目指す方、将来的に取得したいと考えている方は、是非参考にしてくださいね。 <PR>• 1.認定薬剤師とは 認定薬剤師とは、一定の期間で研修・実技などのプログラムを受けることにより、特定の薬学・医療の分野に特化した最新の知識・技術を持っていることを客観的に証明するための資格です。 近年では、かかりつけ薬剤師制度の導入や医療保険制度の改革などの影響で、以前よりも高度な知識や技術が求められるようになりました。 その中で、最新の薬学や医療に精通し、努力をし続けているという証明になる認定薬剤師の資格は、人気があり資格取得希望者は年々増加しているのです。 2.認定薬剤師のメリット 認定薬剤師の資格を持っていると、質の高い薬剤師として客観的に認められることになります。 しかし、講義を受ける時間の確保が難しいことに加え、数万~数十万のお金もかかります。 そう簡単に取得できる資格ではありませんよね。 さらに、認定薬剤師の資格は有効期限があるため、定期的な更新が必要です。 しかし、認定薬剤師の資格は、様々なメリットがあり、とても人気のあるのです。 具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 ・最新の知識と専門性を持っている証明になる まず、認定薬剤師としての資格を持っていることは最新の知識と専門性を持っている証になります。 ひとつの肩書きとして認められているという点は、大きなメリットになりますね。 薬剤師の国家資格は、更新の必要がなく、半永久的に所有することができます。 しかし、認知薬剤師の免許は、有効期限が定められており、定期的に更新を行わなければなりません。 更新のためには、常に最新の知識と専門性を持ち続けなければならないのです。 患者さんや他の薬剤師に対して「特定の分野の専門的な知識を持っている」とアピールできることは、自分自身の価値を上げることにもつながります。 また、病院に勤めていれば医師や看護師からの信頼度もより高くなるでしょう。 ・薬剤師として必要な最新の知識を学ぶことができる 認定薬剤師の資格を取得するには、認定団体が定めた様々なプログラムを受講しなければなりません。 日々、進歩している薬学や医療に関する最新の知識を効率よく学び、実際に活かすことができるという点はメリットと言えるでしょう。 薬学・医療従事者の一員としてより専門性の高い知識を持ち、常に高いレベルでの仕事に携わるということは、仕事のやりがいにもつながります。 結果として、仕事の幅も広がっていき、結果的に薬剤師として更なるスキルアップにもなることが期待できます。 ・年収が上がる可能性がある 職場にもよりますが、認定薬剤師の資格を持っていると、資格手当や昇給などの可能性があります。 それだけではなく、年収が上がるかもしれません。 また、転職活動の際も、大きなアピールポイントになるはずです。 認定薬剤師は、より専門性の高い薬剤師であると認めるための資格です。 そのため、病院や薬局も取得を推奨しているところが多いのです。 どのような資格を持っていれば資格手当や昇給、年収アップにつながるのかは働いている職場次第です。 一度、確認してみるといいでしょう。 3.認定薬剤師になるには それでは、認定薬剤師の資格を取得するためにはどのようなことを行えばいいのでしょうか。 以下の流れに沿って、取得を進めていきます。 なお、認定薬剤師資格取得の流れは、認定制度および認定団体によって異なる場合があります。 ここでは代表的な流れを紹介しています。 それでは、ひとつずつ説明していきましょう。 3-1.薬剤師研修手帳を入手する まずは、認定薬剤師の資格申請に必要な薬剤師研修手帳を入手しましょう。 この薬剤師研修手帳は、シールを貼り付けたり、研修の内容を記録したりするものです。 研修の記録を記す重要な手帳なので、大切に保管するようにしましょう。 のHPから申し込む、FAXもしくは郵送で申し込むなどの方法で入手することができます。 3-2.認定対象の研修プログラムに参加する 薬剤師研修手帳を入手したら、認定対象の研修プログラムに参加しましょう。 認定対象となる研修プログラムには、「集合研修・実習研修」「特別講座研修」「グループ研修」「通信講座研修」「自己研修」の5種類があり、それぞれから単位を取得しなければなりません。 研修プログラムで取得できる単位数は、以上のようになります。 年間で取ることの出来る単位が決まってる研修もあるので、計画的に研修を受け、決められた単位を取得していきましょう。 3-3.シールを研修手帳に貼付し、研修内容を記録する 認定対象の研修プログラムに参加したら、シールを薬剤師研修手帳に貼付し、研修内容を記録します。 必要な単位取得数や年限は、認定する団体によってことなります。 自分が認定を受けたい団体の規約を確認するようにしましょう。 3-4.認定手数料を振り込み、申請を行う 認定手数料を振り込み、薬剤師研修手帳を申請書などの必要書類と共に提出し、申請を行います。 3-5.認定薬剤師として登録され、認定薬剤師証が発行される 認定薬剤師として登録されると、認定薬剤師証が発行されます。 認定薬剤師として登録された以後であっても、数年ごとに更新をしなければなりません。 更新の場合は、認証する団体ごとに更新期間や条件が異なります。 きちんと確認を行いましょう。 また、住所や名前が変わった場合でも、変更の手続きが必要です。 <PR> 4.代表的な認定薬剤師の資格と活かし方 認定薬剤師の資格は、代表的なものだけでも20種類以上あります。 10種類ほどの認定団体があり、それぞれに規定があります。 申請に必要な資格や、費用、研修内容や期間も異なるので、注意が必要です。 自分がどの団体から認定を受けたいのかよく考え、規定をじっくり読むようにしましょう。 数の多い認定薬剤師の中でも、ニーズが高く人気の資格を5つ紹介していきます。 4-1.がん薬物療法認定薬剤師 一般社団法人日本病院薬剤師会(JSHP)が認定する資格制度です。 1981年以降、日本人の死因第一位となっているがん。 それに伴い、がん治療も日々進歩し、がんの薬物療法に関する知識も高度化しているのです。 がんに関わる最新の知識と技術を持つ薬剤師が、各施設においてがん薬物療法の向上に貢献していくことを目指しています。 がん薬物療法認定薬剤師の資格を所有していると、患者さんの抗がん治療に関わったり抗がん剤を調整したりなど、がんの専門的な治療の場で活躍することが期待できるでしょう。 将来的に、がん専門の薬剤師を目指すことができます。 薬剤師免許を有し、優れた見識を備えている• 薬剤師としての実務経験が5年以上あり、日本病院薬剤師会もしくは別に定める会員である• 日病薬病院薬学認定薬剤師、または、日本医療薬学会認定薬剤師である• 研修施設で、実技研修を3ヶ月以上履修している。 または、3年以上、がん薬物療法に従事している• がん領域の講習会を20単位以上履修している。 (1単位2時間)• がん患者に対して、50症例以上の薬剤管理の指導実績の報告がある• 病院長または施設長などからの推薦がある• がん薬物療法認定薬剤師認定試験に合格している (参照:) また、がん薬物療法認定薬剤師の認定期間は5年間です。 がん薬物療法に関する研修に参加し、定められた単位を取得しなければなりません。 4-2.漢方薬・生薬認定薬剤師 公益財団法人日本薬剤師研修センターおよび一般社団法人日本生薬薬学会が認定している資格制度です。 近年は、漢方薬・生薬を専門に扱う漢方薬局も増加し、そのニーズも高まりつつあります。 その中で漢方薬・生薬認定薬剤師は、漢方に関する基礎知識や考え方などを学び、患者さんに対して専門家として適切なアドバイスをすることが求められているのです。 薬剤師免許を有している• 講義形式の9回の研修と、薬用植物園での1回の実習を合わせた「漢方薬・生薬研修会」の計10回を受講している• 漢方薬・生薬認定薬剤師の試験に合格している (参考:) 更新は、3年ごと。 更新の際には、漢方薬・生薬に関する研修に参加し、定められた単位を取得しなければなりません。 4-3.在宅療養支援認定薬剤師 一般社団法人日本在宅薬学会が認定している資格制度です。 近年では、患者さん本人の希望や家庭の事情などで、在宅医療希望する方が増えてきています。 在宅医療に関わる一員として、薬剤師の専門性を生かして医療に貢献していくことが求められています。 調剤薬局などの在宅サービスでの薬剤管理や服薬指導を行う際も、この資格を生かすことができるのです。 平成25年に始まったばかりの認定資格ですが、多くの薬局で在宅医療が実施されているため、今後ますます注目されるでしょう。 薬剤師免許を有し、3年以上の実務経験がある• 所定の認定薬剤師の資格を取得している• 所定の研修講義を40単位以上取得している• 日本在宅薬学会主催の学術大会もしくはバイタルサイン講習会の受講証明書の提示がある• 在宅業務で5事例以上の報告がある• 在宅療養支援認定薬剤師の試験と面接に合格している (参考:) 在宅療養支援認定薬剤師の認定期間は3年です。 更新のためには、所定の研修講座受講により、毎年5単位以上、計30単位以上の単位取得が必要です。 4-4.緩和薬物療法認定薬剤師 一般社団法人日本緩和医療薬学会の認定している資格制度です。 がん治療において、痛みをコントロールする薬剤は非常に大きな役割を持し、薬剤での治療を行うためには、高度な専門性と薬剤への深い知識が必要になります。 緩和薬物療法認定薬剤師は、患者さんが自らの人生を積極的に生きていけるよう、医療に貢献していくことを目的としているのです。 また、近年ガンの苦痛を和らげる緩和ケアが普及し、痛みをコントロールするための薬剤に詳しい薬剤師を求められているため、注目が集まっています。 薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えている• 薬剤師としての実務経験が5年以上あり、日本緩和医療薬剤師会もしくは別に定める会員である• 申請時点で3年以上、緩和ケアチームまたは緩和ケア病棟がある病院などで、緩和ケアに従事している• 過去5年以内に、認定対象となる講習等を計100単位以上履修している• 薬剤師として実務に従事している期間中、学術集会で緩和ケア領域に関する学会発表を2回以上(少なくとも1回は発表者)行っている• 緩和ケア領域薬剤師管理指導の実績について、病院勤務の薬剤師は30症例以上、保険薬局の薬剤師は15症例以上の報告がある• 病院長または施設長などからの推薦がある• 緩和薬物療法認定薬剤師の試験に合格している (参考:) 認定薬剤師の中でも取得に必要な条件の多い資格です。 緩和薬物療法認定薬剤師の認定期間は5年間です。 更新の申請の際には、計100単位以上の講習の履修など、規定の条件を満たさなければなりません。 4-5.プライマリ・ケア認定薬剤師 日本プライマリ・ケア連合学会が認定している資格制度です。 プライマリ・ケアとは、幅広く国民の健康や疾病に関するあらゆる問題を総合的に解決していこうとする地域での実践活動のことを指します。 「プライマリ・ケア」という言葉への認知度は高くはありませんが、高齢化に伴い医療へのニーズも多様化しています。 そこでプライマリ・ケアが地域医療を支え、今後の医療の担い手としてプライマリ・ケア認定薬剤師の活躍が期待されているのです。 薬剤師免許を有している• 過去4年以内に、認定対象となる講習等を計50単位以上取得している• プライマリ・ケア認定薬剤師の試験に合格している (参考:) プライマリ・ケア認定薬剤師は、3年ごとの更新です。 次回の更新までに、計30単位以上を取得しなければなりません。 5.おわりに 数年ごとに更新の必要があり、努力を続けなければならない認定薬剤師の資格。 しかし認定薬剤師の資格を持っていれば、薬剤師として最新の知識を学び続けられるだけではなく、自分自身の実務レベルの向上や活動の幅が広がるきっかけのひとつになるはずです。 認定薬剤師の資格は様々ですが、どの資格を取得しても自身のスキルアップにつながることは間違いないでしょう。 自分がどのような薬剤師になりたいのか、どの分野のプロフェッションルを目指したいのかをしっかり考え、認定薬剤師の取得を目指してくださいね。 <PR>.

次の