千と千尋 良きかな。 千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県に存在する!?

千と千尋の神隠しのハクの本名にはどんな意味が?

千と千尋 良きかな

困った時、叶えたい願いがある時、神様にお願いした経験、ありますよね? しかし、 「願い事をしたのは、どの神様ですか? 」と聞かれて、日本人で答えられる人はそう多くありません。 クリスチャンに神の名を問えば、もちろん「イエス・キリスト」だと答えるでしょうし、イスラム教徒に問えば「アラー」だと即答するでしょうが、日本人は答えられない人の方が多いです。 神の名を答えられない日本人には「信仰心」がないのでしょうか? そんなことはありません。 日本人には、生まれたときから自然崇拝の心が根付いています。 日本人は食事をする時に 「いただきます」「ごちそうさまでした」と言います。 これは、神が与えた命をもらって次へ繋げる命のリレーに敬意を払い、感謝の気持ちをあらわした言葉です。 日本人が神の名を答えられない理由、それは「自然崇拝」にルーツがあり、 私たちの思う「神様」は、すなわち「八百万の神」です。 森羅万象に神が宿るとの考えから、特定の神の偶像を持たないだけなのです。 人気アニメ 「千と千尋の神隠し」には、八百万の神々が日々の疲れを癒すために湯屋を訪れる描写があります。 それぞれの神様に名前はありますが、それはあまり重要視されていません。 「八百万」とされる通り、数え切れないほど神様が存在するからです。 作中でも姿形の異なる神々が方々から集まってきています。 今回は、普段私たちが意識せずに願っている八百万の神とはどんな神様なのか、掘り下げてみていきます。 千と千尋の神隠しに見る八百万の神とは 興味のあるところから読んでくださいね• 神道と八百万の神とは 神道とは、古来より信仰されている日本特有の宗教です。 宗教といっても経典や戒律が存在しない、民族信仰になります。 それでいて、現代日本人の中にも、意識せずしてこの心が根付いています。 海で囲まれた島国である日本には四季があり、海、山、川、森などの自然に恵まれた国であるがゆえ、災害に悩まされることもありました。 古代日本人にとって、これらの自然災害は生命を脅かすほどの脅威であり、やがてその自然への畏怖が自然崇拝へと形を変えていきます。 五穀豊穣を願い、自然に宿る神々の機嫌を損ねないように、日本人は 「八百万の神」を祭ったのです。 また、自然だけでなく、各家にも 「氏神」が存在すると考えられていました。 日本人は神々に必要なときに降りてきてもらうため、その目印として 「依代(よりしろ)」を立てて、八百万の神を迎えてきました。 神の機嫌を損ねないために、神々とうまく付き合っていくことが重要だったのです。 そして秋には収穫を、年末年始には一年無事に過ごせたことを感謝して、 日本人は八百万の神と共存してきました。 この感謝の気持ちが、繊細な味を紡ぐ日本食にもあらわれていると言われています。 日本食に見る八百万の神とは 食事をするとき、海外ではふるまう側が 「召し上がれ」と言いますが、日本ではいただく側が 「いただきます」「ごちそうさま」と感謝の気持ちを込めて言います。 「もったいない」という言葉もそうですが、これらは外国語では表現ができないそうです。 八百万の神々が与えてくれた恵みに感謝し、その命をムダにすることなくいただく、その考えが日本人の精神にはあります。 鯛(たい)を例に挙げると、新鮮なうちにお刺身として頂き、翌日は炙り、さらに鯛茶としていただき、ウロコはから揚げにして、アラさえもアラ汁にして食べます。 そして、残った骨は肥料として使うなど、あますことなく大切に命をいただきます。 鯨(くじら)を例に挙げると、欧米では、鯨漁で捕獲された鯨はその油と歯、髭のみとり、他の部位は廃棄していましたが、日本では、鯨肉や軟骨は食用に、血は薬用、糞さえも香料として使われていました。 「もったいない」という言葉は 「ありがたき命が生かされず、ムダになってしまうことが惜しい」という意味で使われてきたそうです。 そのものがもつ値打ちを最大限に引き出したいという思いが日本人に受け継がれているのでしょう。 調味料ひとつとっても、素材がもつ「うまみ」を太陽や微生物の力を借りて、発酵させ作られています。 無添加で体に良く、食材のもつ味を引き立ててくれる調味料は、海外でも重宝されています。 こうして見ると、 日本食の味の繊細さは八百万の神への信仰から生まれていると言えるのかもしれません。 このように素晴らしい食をもたらしてくれる八百万の神々は、自然の中で当たり前のように日本人の心に寄り添っていました。 目には見えない八百万の神ですが、「酒造り」や「作物」、「料理」などについて協議するために、年に一度、出雲へ集まると言われています。 その場では一体何が行われるのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 八百万の神々は10月に出雲大社に集まる 10月は 「神無月(かんなづき)」と呼ばれますが、この由来は八百万の神々が全国から一斉に出雲へ集まるため、 「神様が留守になる=神様がい無くなる」から来ているというのは有名な話です。 逆に、出雲では10月を八百万の神が集まるので、 「神在月(かみありづき)」と呼ぶそうです。 出雲に集まった八百万の神は、一年の取り決めについて協議するために 「神議り(かみはかり)」を行います。 ここで行われるのは、五穀豊穣や繁栄に加えて、縁結びについても大国主大神のもと話し合われるんだそうです。 この時期、 出雲の人々は神々の協議の邪魔をしないよう、芸事や舞曲、散髪や爪切りまでも控えたと言われています。 なぜ出雲なのかは、日本書紀の国譲り物語にもとづく説が通説となっています。 出雲を本拠とする大国主大神が天照大御神に国土を献上する際、その統治権を譲るかわりに神事を統治するという取り交わしを行ったため、神事を協議する神議り(かみはかり)では大国主大神の出雲へ神々が集まってくるとされています。 なぜ10月なのかは諸説あり、 神々の母であるイザナミが黄泉の国へ旅立ったのが10月であるからという説や 出雲の祭神は10月にのみ日本を統治するからという説があります。 八百万の神々が一斉に出雲大社へ集まってくる様を想像してみると、とても荘厳ですよね。 国内外ともに大ヒットを記録したジブリアニメ「千と千尋の神隠し」では、夕暮れの刻になると明かりが灯り、世界中から神々が集まってきます。 私たちは神様の姿を見ることはできませんが、10月になると出雲にもこんなふうに八百万の神が集まってきているのかもしれません。 千と千尋の神隠しに出てくる八百万の神 「千と千尋の神隠し」の作中で描かれる 「湯屋」には八百万の神が疲れを癒しにやってきます。 神様たちの名前を大々的に紹介する描写はありませんが、実はそれぞれの神様にはしっかり名前があります。 それでは見ていきましょう。 オクサレサマ 千と千尋の神隠しを見たことのある人が一番記憶に残っているのがこの神様かもしれません。 主人公である千尋がこの神様が身にまとっていた汚泥やゴミを取り除き、オクサレサマが本来の姿を取り戻します。 八百万の神は 人々の病や不幸、負の念などをその身に引き受けるため、恐ろしい姿をしていると言われています。 オクサレサマも自然を汚す人間の心や行為を引き受けて、あのような姿になってしまったのかもしれませんね。 オシラサマ 千尋がエレベーターで乗り合わせる、大根のような見た目の白く大きい神様がオシラサマです。 オシラサマは東北地方に伝わる農業の神様ですが、 隠語で「シラける客」という意味があるそうです。 作中でオシラサマは千尋を助けてくれますが、決して言葉を発することはありません。 たとえよい人でも、お酒の席で話をしないとシラけてしまう、という暗喩になっています。 カスガサマ 遊覧船から団体でやってきた貴族のような神様がカスガサマです。 カスガサマは春日大社をあらわしているそうで、お面には春日大社のお札をつけています。 春日大社は全国に分社がありますから、カスガサマも団体でやってきたのかもしれませんね。 隠語では「チップを払わないケチな客」という意味があるそうです。 オオトリサマ 大勢で温泉に浸かっているヒヨコの姿をした神様がオオトリサマです。 卵のまま、この世に生まれて来られなかったヒヨコの神様です。 見た目の可愛さから人気のある神様だそうですが、実は切ない背景があったのですね。 オオトリサマは私たちが毎日のように命を頂いている卵の神様なんです。 オナマサマ 見た目のとおり、 秋田のナマハゲを彷彿とさせる姿の神様です。 ナマケモノを懲らしめるため、怖い外見をしています。 牛鬼 角が生え、鬼のようなイカツイ外見をした妖怪が牛鬼です。 牛鬼はおしゃべりで神界の秘密をもらしてしまったため、神様に罰を与えられました。 当初は妖怪の姿をしていたそうですが、5代目からは人間の姿になったと言われています。 千と千尋の神隠しでは、神様のお供として出てきます。 カオナシ 作中、かなり重要な役割で出てくるカオナシも、実は神様です。 ですが、 「カオ」とは「資格」を意味し、カオナシは湯屋で遊ぶ資格のない神様をあらわしています。 本来入ってはいけないため、外に佇んでいたわけですが、千尋が招き入れてしまったため、騒動に発展します。 カオナシは居場所がわからなくなってしまった現代人の暗喩だと言われています。 キリストと八百万の神の違い 八百万の神を考える際によく比較で挙げられるのがキリストです。 八百万の神は万能ではありません。 それゆえ森羅万象たくさんの神様が存在します。 一方、 キリストは唯一絶対の万能神です。 神との契約は絶対で、破れば許しを請う必要がありました。 日本人はクリスマスのお祝いをした一週間後には神社へ初詣に行き、家にある仏壇にお線香をあげながら、教会で挙式をする人もいます。 これらの日本の慣習は一神教を崇拝する人から見れば理解できないでしょうが、異なる文化を受け入れる素地が日本人にはあるといえるでしょう。 ところで、 古来より伝わる七福神も、日本出身の神様は「恵比寿様だけ」であることをご存知ですか? 実は、他3名は中国出身、他3名はインド出身だそうです。 日本人は他国の文化にも寛容で、排他的にならない器用な国民性であったがゆえ、七福神は生まれたと言えるでしょう。 日本人は他国の文化さえも日本の風土に合わせて取り入れることがとても上手だったのですね。 キリスト教では、神様と共存することは考えられないことですが、千と千尋の神隠しでは、お客様としてやってくる神様と給仕をするカエル、迷い込んでしまった人間(千尋)など様々な種族が同じ場所に存在しています。 そして、神様の機嫌を損ねないように奉仕するという描写は、 日本人にとって八百万の神はうまく付き合っていかなければならない身近な存在であった、ということをあらわしているのでしょう。 まとめ 姿の見えない 「八百万の神」は、森羅万象全てのものに神が宿るという 自然崇拝の考えから生まれた日本独特の信仰です。 その背景には、器用な日本人の国民性が存在しています。 八百万の神は万能ではなく、それぞれに強みや特徴が異なり、ある意味では人間とそう変わりない存在なのかもしれません。 それを前提に千と千尋の神隠しを観てみると、新しい発見があるはずです。

次の

湯婆婆の宿に泊まりたい!『千と千尋の神隠し』の舞台となった場所|All About(オールアバウト)

千と千尋 良きかな

しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。 その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。 引用: 主人公は10歳の少女、荻野千尋。 甘ったれていた千尋が、どんどん自分の足で歩くようになっていく姿に勇気をもらえるんですよね。 純粋で他人のために自然に行動できる千尋に心が洗われます。 不思議な街のビジュアルも、出てくるキャラクターの造形もどれをとっても素晴らしいの一言です。 スポンサーリンク 映画「千と千尋の神隠し」の内容をネタバレ それではここからはネタバレありでストーリーをご紹介していきます。 不思議な世界へのトンネル 引っ越しで転校することになった荻野千尋は、車の中で文句たらたら。 前の学校の友達からもらった花を抱えてしょぼくれていました。 その時、父親の明夫が道を間違えてしまいます。 このままいけるんじゃないか?と車を走らせる明夫。 しかし目の前に、車が通れないトンネルが現れ急停車します。 好奇心旺盛な明夫はトンネルの向こうを見に行こうと提案。 千尋は嫌がりますが、母親の悠子と行ってしまい、千尋も追いかけます。 トンネルの向こうには野原が広がり、さらに向こうには建物が何軒もありました。 街には誰一人おらず、帰ろうと言う千尋をよそに両親は、お店にあった食べ物を食べだしてしまいます。 ハクとの出会い senwodase がシェアした投稿 — 2020年 2月月18日午後7時29分PST 両親を置いて周囲を探検する千尋の前に、少年が現れます。 日が沈み始め、少年は「今すぐ帰れ」と千尋を追い立てます。 周囲の店にも火がともりだし、人間ではない生き物がうごめき始めました。 千尋が両親のところに戻ると、なんとそこには豚が! 驚いた千尋は逃げ出しますが、野原が大きな川に変わっており戻ることができません。 うずくまっていた千尋のもとに先ほどの少年が駆け付けます。 少年はハクと名乗り、飴のようなものを食べるように千尋に促します。 拒絶する千尋でしたが、自分の体が透けていることに気づき、ハクの持っていたものを食べると体は透けなくなりました。 091 がシェアした投稿 — 2020年 2月月18日午前2時26分PST ここで暮らすには仕事をしなければならず、ハクはボイラー室の釜爺 かまじい のところで仕事をもらうよう指示し、建物の中に入っていきました。 釜爺に仕事をさせてほしいと言いますが、ボイラー室では大勢のススワタリたちが働いていました。 手は足りているので湯婆婆のところへ行って仕事をもらうよう言われます。 その時ボイラー室にリンが入ってきて「人間じゃん、みんな探してるんだよ」と釜爺に伝えます。 すると釜爺は「自分の孫だ」と千尋を庇い、ヤモリの黒焼きと引き換えに千尋を湯婆婆のところへ連れていってほしいとリンに頼みます。 建物の中はみたことのない生き物たちがお風呂に入っており、千尋は目を奪われます。 リンに連れられ途中で見つかりそうになりながらも湯婆婆の部屋へ。 「ここで働かせてください!」 湯婆婆は千尋を怖がらせて止めさせようとしますが、何度も頼み働かせてもらえることに。 名前を奪われ「これからお前は千だ」と言い渡されます。 湯婆婆は名前を奪い相手を支配するのです。 湯屋での仕事 千が働けるようになったと知り、リンは喜んでくれます。 翌朝早くハクが千を豚になった両親のところに連れていってくれました。 ショックを受ける千尋でしたが、ハクにおにぎりをもらい泣きながら食べてすこし元気に。 ハクが前の世界で着ていた服を渡してくれて、ポケットから転校するときにもらったカードを見つけます。 そのカードには「ちひろ」の名前が。 「もう千になりかけていた」という千尋に、ハクはこの世界では名前は大事なものなので覚えておくよう言います。 ハクも湯婆婆に名前を奪われて支配されており、もう思い出せないと言うのです。 湯屋は日本中の神様が疲れを癒しに訪れるお風呂屋でした。 千はリンに教えてもらい、どんくさいと言われながら仕事をしていきます。 そんな中、庭にいた仮面のようなものを被ったカオナシを湯屋に招き入れてしまいます。 オクサレ様 がシェアした投稿 — 2020年 1月月10日午前2時54分PST 雨の夜、長い間使っていなかったお風呂をきれいにするよう言われた千とリンは、薬湯を入れてごまかすことに。 番台に頼みにいきますが手で磨けと断られ、千は困ってしまいます。 すると薬湯の札が勝手に浮かび、千の元へ。 薬湯を出しホッとする千のもとにカオナシが現れ、たくさんの札を渡してきます。 「そんなにいらない」と断る千に驚きカオナシは消えてしまいます。 そこにオクサレ様と呼ばれる強烈な臭いで泥の塊のような客が訪れ、世話をするよう言われる千。 お風呂へ案内するもキレイにならないオクサレ様。 千はカオナシからもらった札でお湯を足します。 オクサレ様を触った千は、何か刺さっていることに気づき、みんなで力を合わせて抜くと自転車などゴミの山が。 すると翁の面を被った龍が現れ、「良きかな」と笑いながら去っていきました。 オクサレ様は汚れた川の神様だったのです。 千の手には緑のお団子が残されていました。 ハクを助けに 翌日、気前のいい客が現れたと沸き返る湯屋でしたが、金に興味がない千は縁側でのんびりしていました。 すると白い龍がもがきながら飛んでくるのを見つけます。 その龍がハクだと気付いた千は龍を追って上の階へ。 湯婆婆の部屋に侵入してみると、そこには坊と呼ばれ湯婆婆に溺愛される大きな子供が。 一緒に遊ぼうと引き留められますが、振り切ってハクのところに。 ゴミとして捨てられようとしているハクを見つけ庇います。 するとハクを追いかけていた式神が湯婆婆そっくりの銭婆となり、坊をネズミに変えてしまいました。 隙をみて式神を破いたハクでしたが、そのまま千と坊ネズミごと穴に落ちてしまいます。 なんとか飛び上がり、ボイラー室へたどり着いたハクは痛みに暴れまわります。 「何かが腹を食い破っている」と釜爺に言われ、千はハクに川の神様からもらったお団子を半分食べさせます。 ハンコと黒い虫を吐き出し人の姿に戻るハク。 釜爺にそのハンコは銭婆のものだと教えられ、千はハンコを拾い黒い虫を踏みつぶします。 ハンコを返しに行きたいという千に、釜爺は行きっぱなしで戻れないという電車の切符を渡して、銭婆の家の場所を教えてくれました。 091 がシェアした投稿 — 2020年 2月月5日午前5時46分PST 出かけようとする千のところにリンが呼びに来ます。 気前がいい客とはカオナシのことで、手から金を出してはばらまいて食べ物を食べ漁り、ついには湯屋の従業員も飲み込んでしまいました。 カオナシを入れたのは千だと湯婆婆が疑っていると言うのです。 心当たりのあった千はパニックになる中、カオナシのもとに向かいます。 何を出しても欲しがらず、家に帰るように言う千にカオナシは激怒。 千は川の神様のお団子の残り半分をカオナシの口に入れ、湯屋の外に誘導します。 途中で飲み込んだ食べ物や従業員を吐き出し、元の姿に戻りながらカオナシは千についていきました。 思いがけず温かく迎え入れられ、千は銭婆にハンコを返します。 呪いが消えていることを不思議に思う銭婆に、ついていた黒い虫を踏みつぶしてしまったと謝る千。 すると銭婆は大笑い、それは湯婆婆がハクを操るために入れていた虫だと言うのです。 そのころハクは力を取り戻し、カオナシ騒動で疲れ切った湯婆婆の元へ。 自分は八つ裂きになってもいいから、千を元の世界に返してあげてほしいと頼みます。 ハクが死んでしまうのではないかと心配になった千は、湯屋に戻ると銭婆に言います。 そんな千に銭婆は髪留めをくれ、カオナシはここに残るよう提案します。 そこにタイミングよくハクが千を迎えに来ました。 幼少期に千は川に落ちてしまったことがありましたが、奇跡的に浅瀬に流れ着いて助かっていたのです。 その川の名前は「こはく川」。 それを聞いたハクは自分の名前を思い出します。 饒速水小白主 にぎはやみこはくぬし それが川の神様であったハクの本当の名前だったのです。 ハクと共に湯屋に戻ってきた千に湯婆婆は、たくさんの豚の中から両親を探せ、当たれば帰してやると言います。 「この中にはいない」。 豚たちの中に両親がいないことを見破った千尋は、みなに別れを告げハクと共に駆け出します。 ハクのことを気にする千尋に「本当の名前を思い出したからもう大丈夫だ」というハク。 トンネルを抜けるまでは振り返ってはいけないと言われ、ハクと別れて何も覚えていない両親と共にトンネルを抜けます。 乗ってきた車は枯れ葉で埋まり、長い時間が経過しているようでした。 トンネルを振り返る千尋は母親に呼ばれ、そちらに向かいます。 来た時とは全く違う顔つきで。 千尋の髪には銭婆にもらった髪留めが輝いていました。

次の

千と千尋の神隠しが人気の理由!見どころ名シーンをわかりやすく解説|暮らしにこだわる

千と千尋 良きかな

スポンサードリンク 千と千尋の神隠しのハクの本名とは? 千と千尋の神隠しに登場する ハクの本名はというと ニギハヤミ・コハクヌシ という名前になっている。 そしてそんなハクの正体は 千尋が幼い頃に溺れかけた川の神様 となっており、 その川の名前こそが コハク川 と呼ばれている川なのだ。 コハク川の主 司る神 だからこそ コハクヌシという名前なのは なんとも分かりやすいものだなと思うと同時に、 割と昔から 千尋と接点を持っていて、 物語における主要なキャラクターなのだと 印象付けているように思える。 どうでもいいけど私は ハクっていうとなんとなく白 ハク からきているのかなとか昔思っていたけど、 実際白い龍の姿になるわけだし 白 ハク ではなく琥珀 こはく からきているのが なんだか意外なように感じている。 スポンサードリンク 千と千尋の神隠しのハクの本名の由来その2 千と千尋の神隠しのハクの本名は コハク川の主 司る神様 という意味があるけど、 その前についている ニギハヤミ という名前には 一体どんな意味があるのだろうか? このニギハヤミという言葉は 日本神話に登場する神様である 饒速日 にぎはやひ からきているのではないかと言われている。 ちなみに 饒速日 にぎはやひ というのは 『日本書紀』などの記述によれば、神武東征に先立ち、 アマテラスから十種の神宝を授かり天磐船に乗って河内国 (大阪府交野市)の河上の地に天降り、 その後大和国(奈良県)に移ったとされている。 引用元 — とのことであり、 あんまり川や龍とは 関係なさそうな印象を受ける神様だ。 そんな神様の名前がなぜ ハクの本名の由来になってるのだろうか? と思って調べてみると、 どうにもニギハヤヒという神様は 存在が曖昧で正体がはっきりとしておらず、 謎に包まれた存在なのだ。 そして私としては そんな曖昧な存在になってる ニギハヤヒの姿を マンション開発によって 司ってた川を埋め立てられてしまい 帰る場所を失って曖昧な存在になってしまった ハクと重ねてたのかもしれないと思う。 ハクの本名が 日本神話の神様からきているのは なんだか意外なように感じる。

次の