井の中の蛙大海を知らず。 「井の中の蛙大海を知らず」でいい。|ライター佐藤智|note

「井の中の蛙大海を知らず」でいい。|ライター佐藤智|note

井の中の蛙大海を知らず

雑学クイズ問題 井の中の蛙とはどういう意味? A. 見識が狭いこと B. 考えが浅はかであること C. 特徴がなく凡庸であること D. 暗い性格の人 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 井の中の蛙大海を知らずの意味や由来を解説、実は続きが存在します。 有名なことわざ 皆さんも学生時代、あるいは現在も学生という人は 学校で様々なことわざを習いますよね。 正直に言ってしまうと社会に出てからことわざを知っていて役立つことはそんなにありません。 しかし、いろいろなことわざを知っていたり、 ことわざに関する雑学を知っていると教養のある人に見えるのも事実です。 また、ことわざから学ぶことはとても多く、座右の銘をことわざにしているという人も多いのではないでしょうか。 今回は「井の中の蛙大海を知らず」ということわざについて解説しますが、 マイナスな意味で使われる一方で、実は続きがあってとてもポジティブな意味にもとれることわざなんです。 最後まで読むと「井の中の蛙大海を知らず」ということわざへの見方が変わっているかと思います。 「井の中の蛙大海を知らず」の意味・語源・由来とは? まずは「井の中の蛙大海を知らず」の意味や語源・由来について解説していきます。 実は「井の中の蛙大海を知らず」ということわざは日本で生まれたものではなく、 中国で生まれたものなんです。 中国の思想家である荘子の「秋水篇」には「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」と書かれていて、これが由来語源となっているんですね。 簡単にいえば「 井戸の中にいる蛙はずっと狭い世界しか見たことがなく海を見たことがないため、視野が狭くありきたりの知識しかない」という意味になります。 「井の中の蛙だね。 」と言われたならば、それは 「視野が狭く見識のない人だね。 」と凄くネガティブな言葉となります。 しかし、冒頭で説明したとおり、このことわざには続きがあってその意味はとてもポジティブなものとなっています。 「井の中の蛙大海を知らず」の続きはポジティブ それでは「井の中の蛙大海を知らず」の続きについてです。 「井の中の蛙大海を知らず」には実は 「されど空の深さ(青さ)を知る」という続きがあります。 これは荘子の「秋水篇」には出てこないもののため、日本に伝わったのちに独自で付け加えられたものだと考えられています。 意味については「 狭い世界で自分の道を突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができた」という意味になります。 確かに広い視野をもって世界を見渡すことで自分の小ささや愚かさに気づくことがあります。 しかし、たとえ狭い世界だったとしても、 地道にその道を究めていけばその世界の深いところまで達することができるということですね。 歴史上の人物においても何かの分野の天才だったとしても、その分野のことにはとても詳しいのに、他のことは全くできないなんて人もいますもんね。 たまに広い世界を見ることも大切ですが、 愚直にその世界を見続けて努力をしてもちゃんと成長が出来るというとてもポジティブなことわざでした。 以上が「井の中の蛙大海を知らず」の意味や由来、続きについてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 見識が狭いこと」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ 「井の中の蛙大海を知らず」の意味は「見識が狭く自分の範囲内でしか物事を考えられない」ということである。 もともとは中国で誕生した言葉であり、中国の思想家である荘子の「秋水篇」には「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」が語源由来となっている。 また「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあり、日本に伝わったあとに「されど空の深さ(青さ)を知る」と付け加えられている。 続きの意味は「狭い世界で自分の道を突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができる」という意味である。

次の

「井の中の蛙」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

井の中の蛙大海を知らず

秋の大雨の季節、あらゆる川の水が黄河に注ぎ込んでいました。 両岸は遠く隔たり向こうに立っているのが馬なのか牛なのかも見分けがつかないほどです。 黄河の神「河伯(かはく)」はすっかりうれしくなり、天下の善と美がすべて自分のところに集まったと思い込みました。 河伯は黄河の流れに沿って東に進み、やがて北海(ほっかい)に到達します。 そこで東を向いて眺めると水の果てが見えない大海原です。 河伯は北海の神「北海若(ほっかいじゃく)」を見ながら嘆きました。 「私はこれまで実にうぬぼれていました。 あなたの計り知れない大きさを見て、上には上があるものだと知りました」 すると北海若は 「井の中の蛙に海のことを話してもしかたがない。 蛙は狭い自分の棲みかになじんでいるのだから。 夏の命しか持たない虫に氷のことを話してもしかたがない。 夏の虫は自分の生きている短い時間だけをすべてと信じているのだから。 見識の狭い人間に大道のことを話してもしかたがない。 その人は世間の教えに縛られているのだから。 今お前は大きな海を見渡して、初めて自分の小ささを知った。 今のお前ならば大道の理についても語り合えそうだ」 と言ったということです。 「井の中の蛙」はまた「井の中の蛙、大海を知らず」とも言います。 この言葉もまた、上に挙げた『荘子』の物語から来ています。 ところでこの「蛙」、なぜ「カエル」ではなくて「カワズ」なんでしょうか? はっきりしたことはわかりませんが、昔からこの二つの呼び名があったようです。 江戸時代の「蛙」でも 芭蕉の句では「古池や かわずとびこむ 水の音」と「カワズ」ですが 一茶の句では「やせがえる 負けるな一茶 ここにあり」と「カエル」になっています。 不思議なもので上二つの有名な俳句、蛙の読みを交換するとイメージがだいぶ変わってしまいます。 芭蕉の句からは深みが消え、一茶の句からは軽妙さが消えます。 では「井の中の蛙」を「カワズ」から「カエル」に変えたらどうでしょうか? 格言の重みが消える気がします。 昔の人はこうして二つの音の語感から使い分けたのかもしれません。 「井の中の蛙」の関連語 「井の中の蛙」と同じく『荘子』がもとになってできた故事成語には、「」「」「」「」などがあります。

次の

故事成語「井の中の蛙大海を知らず」の意味と使い方:例文付き

井の中の蛙大海を知らず

井の中の蛙の意味・由来とは 「井の中の蛙大海を知らず」の原点は、中国の思想家である荘子の「秋水篇」に出てくる言葉にあります。 それは 井蛙不可以語於海者、拘於虚也 というもの。 もう少し詳しく全文を載せると 北海若曰、 井蛙不 レ可 三以語 二於海 一者、拘 二於虚 一也。 夏虫不 レ可 三以語 二於冰 一者、篤 二於時 一也。 曲士不 レ可 三以語 二於道 一者、束 二於教 一也。 今爾出 二於崖涘 一、観 二於大海 一、及知 二爾醜 一。 爾将可 三与語 二大理 一矣。 という風になります。 これをこの文章が書かれた背景を交えて現代風に訳すと 「黄河の神である河伯 (かはく)が初めて海へ行ったところその広さに驚き、北海の神である若(じゃく)に話したところ、若は『井の中の蛙には海のことを話しても分からないし、夏の虫には氷のことを話してもわからない。 いずれも狭い環境に囚われ、ありきたりの視野・見識しか持ち合わせていないからだ。 あなたは大きな海を見て自身の愚かさを知り、物事の真理を知ることができたのだ。 』 という風になります。 この話の中では、「井の中の蛙」は主役ではなく「見識の狭い者」の一例として出てくるだけですね。 そして、狭い見識にとらわれるのではなく視野が広がったことに対する賞賛を結論としています。 この話が日本にも取り入れられ、ここから一部分を切り取ったのが「井の中の蛙大海を知らず」なので、その愚かさを強調するような意味として「狭い見識にとらわれて自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいる人」のことを指すようになりました。 このことわざにケチをつけるなら、基本的にカエルなどの両生類は海水などの塩分濃度の濃い水に浸かると浸透圧で体内の水分が抜けてしまうのでそもそも海で暮らす必要もなければ海のことを知る必要もないということです。 そのことを荘子が知っていたか知らなかったのかはわかりませんが、もし後者だとしたら荘子自身が「井の中の蛙大海を知らず」ということになりますね。 井の中の蛙大海を知らずの続きとは さて、冒頭で申し上げた「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあるということについてですが、上記を見れば「夏の虫は氷のことを知らない」であると言えなくもないのですが、これとは全く別の続きがあります。 それは 井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さ(青さ)を知る というものです。 荘子の言葉からすれば空の話など全く出てきていないのは明白で、これは日本が「井の中の蛙大海を知らず」に独自に付け加えたものです。 その意味はひとつの場所にとどまればそれについてより深い知識を得ることができるというもの。 後付けで作ったものなので屁理屈のようにも聞こえますね。 ひとつの場所に場所にとどまって専門知識を得ることができるのは確かですが、視野が狭くなることに対しての弁明にはなっていないからです。 とはいえ、一つの分野を極めて深い知識を得ることが有用であることもまた事実です。 特に日本人は細部にこだわりとことん極めようとする職人気質なところがあるのでこちらのほうも受け入れやすい話なのかもしれません。 また、日本や世界を問わず様々な偉人がこの一つの道を究めることの重要性を説いております。 イチローは「小さなことを積み重ねることがとんでもないところへ行くただ一つの道」という風に言っていますし、羽生善治は「才能とは努力を継続できる力」と言っていますし、かのアインシュタインは「私は天才ではなく、人より長くひとつのことと付き合ってきただけだ」と言っています。 偉人が言ったからすべて正しいというわけでもありませんが、「続けること」によって大成することができた人もいるという事実は揺るぎありません。 とかく私たちが井戸の中に放り込まれた蛙だとしたら、退屈すぎて「広い海に行きたいな~」と思ってしまうでしょうね。 その置かれた環境を嘆くのではなく「今できること」を続けることで、やがて落ち着いた気持ちで「空の良さ」に気づくことができるでしょう。

次の