小松 製作所 の 株価。 おすすめ日本株、小松製作所(6301)の今後の株価を分析してみた

おすすめ日本株、小松製作所(6301)の今後の株価を分析してみた

小松 製作所 の 株価

この記事では、大型優良株の小松製作所の株価について予想分析しています。 数ある大型株の中でも優良といえるのが、小松製作所です。 小松製作所というよりも「コマツ」とカタカナで書いた方が馴染みがある会社かもしれません。 小松製作所は、 建設機械業界での圧倒的な地位や 高収益体質で安定感が極めて高いという点に加えて、 割安感が出て来た株価や高配当利回りが挙げられます。 ただ一方で、米中貿易摩擦の影響により海外事業がやや不調になりつつあり、モニタリングが必要な銘柄でもあります。 こちらの記事では、銀行員や戦略コンサルタントとして培ったデューデリジェンスのスキルを活用して分析しています。 その金額は2020年3月期予想で2兆6千億円にのぼり、 国内第二位の日立建機の2倍以上です。 世界規模でもアメリカのキャタピラー社に次ぐ第二位の地位を確保しています。 また、特に新興国に強く、アジア地域では売上首位です。 時価総額も2019年5月時点で2兆3千億円で文句なしの大型株と言えます そんな小松製作所は世界規模のメーカーで工場も世界各地に持っていますが、中核部品は国内工場で生産し、海外工場は組み立てを行うという体制を敷いています。 2017年までは 売上高は1兆8千億円前後でしたが、2018年に急進して一気に2兆5千億円台に乗せました。 その要因はアメリカのメーカーを買収した効果です。 アメリカやヨーロッパでの売上が大変好調で、その波に乗ったという側面があります。 中でも、資源高に伴う鉱山機械の需要が旺盛で、これは想定以上の売上・営業利益をもたらしました。 なお、2020年度は16パーセントの減益を予想していますが、予想しているドルレートは105円であり会社予想はかなり慎重な見方をしています。 また建設機械に加えて産業機械にも進出し始めており、 建機と産業機械のハイブリッドで他社に先行した動きを見せています。 2018年1月に高値の4,475円を付けた後に小松製作所の株価は下落局面に入っていました。 しかし2019年1月にほぼ半値の2,240円を付けてからは、2千円台後半をキープしています。 PERも 10倍以下に下がってこれは業種平均から見ても4倍程度低い値ですから、かなり割安感が出ています。 株価の下落のおかげで相対的に配当利回りは高まり、 2019年7月時点で4. 5パーセントを上回っています。 2020年度は減益を予想しているとは言えこれは既に織り込み済みで、会社発表によると配当額にも変動はないようです。 株価の更なる下落が仮にあったとしても、配当収入が期待出来れば安全弁として安心です。 配当と並んで小松製作所ならではの株主優待も面白いです。 近年では中国経済の減速が売上減少に直接的な影響を及ぼしました。 この時は北米・ヨーロッパでの鉱山開発の需要増加で乗り切りましたが、世界規模で経済状況が悪化すると売上の低下に繋がる危険性があります。 近年の世界動向でいえば、 米中貿易摩擦が小松製作所にとって大きなリスク要因となり得ます。 米中貿易摩擦については以下の記事でまとめています。 宜しければご参照ください。 小松製作所は中国とアメリカも主戦場として事業展開していますので、どちらか一方に与することは逆側での立場を悪くする事に繋がります。 今後の米中関係の進み具合によっては難しい選択を迫られる可能性もあり得ます。 円高基調になれば売上高も減少します。 円高は小松製作所の海外での販売価格の上昇を招き、他社との競争において不利に働く危険性があります。 さらに、小松製作所が特に強いのが新興国市場ですが、こういった国々は相対的に政情が不安定な国も多く、地政学的なリスクも低くありません。 これまで高成長を続けていた国でも一旦テロや紛争が起これば一気に投資が冷え込み経済が後退してしまう事も考えられます。 加えて外国人の持ち株比率が4割強というのも世界企業ならではで、見方によっては外国人の売り浴びせにあって大きく株価が下落する危険性も否定は出来ません 小松製作所の株価を占う最新の事業動向 株価上昇の要因やリスクを見てきました。 前述の通り、小松製作所の株価に大きな影響を与えるのは、1にも2にも米中貿易摩擦の動向です。 米中貿易摩擦による中国事業の減速懸念 米国や中国で生産・販売しており、その比率も高い小松製作所にとって、米中貿易摩擦の動向は非常に大きな影響があります。 再度になりますが、米中貿易摩擦については、以下の記事でまとめています。 米中貿易摩擦が大きくニュースで取り上げられ株式相場に影響を与えた2018年12月と2019年5月の小松製作所の株価値動きを見ると、 大きな下落に見舞われています。 一方で、米中貿易摩擦が本格化した昨年度には、中国から生産拠点を移すと発表しており、対策を進めています。 従って、悪影響を全て吸収することは不可能だとしても、多少は緩和されることが予想されます 【参考リンク】 直近決算の内容 対策を進めながらも米中貿易摩擦の影響には注意しなければいけない小松製作所ですが、最新の決算はどうなっているのでしょうか。 2020年第一四半期の決算を見ると、やはり米中貿易摩擦の業績への影響が見られ減収減益で着地しています。 【小松製作所:2020年第一四半期決算発表より抜粋】 1.2020年3月期 第1四半期 4~6月 の概要 連結:米国基準 中期経営計画の初年度となる2020 年3 月期の第1 四半期(2019 年4 月1 日から2019 年6 月30 日まで)において、連結売上高は6,097 億円 (前年同期比5. 6%減)となりました。 建設機械・車両部門では、北米やオセアニアにおいて鉱山機械の需要が引き続き堅調であったものの、中国、アジアを中心に需要が減少したことなどから、売上げは前年同期を下回りました。 産業機械他部門では、自動車業界向けの鍛圧機械及び工作機械の販売が減少したことに加え、半導体市場でのエキシマレーザー関連製品の販売減少もあり、売上げは前年同期を下回りました。 利益につきましては、建設機械・車両部門の販売量減少や地域構成差による影響などにより、営業利益は747 億円(前年同期比22. 2%減)となりました。 売上高営業利益率は前年同期を2. 6 ポイント下回る12. 3%、税引前四半期純利益は669 億円(前年同期比28. 0%減)、当社株主に帰属する四半期純利益は474億円(前年同期比24. 6%減)となりました。 出典: 株価への影響はどうかというと、殆ど反応しておらず影響は軽微です。 米中貿易摩擦による一定程度の業績悪化は織り込み済であると考えられます。 【小松製作所の株価推移 直近1カ月 】 今後、米中貿易摩擦の協議動向によって、小松製作所の株価は左右されそうです。 協議が順調に進み、軟着陸となって関税引き上げ合戦が終焉を迎えれば、小松製作所の株価は上昇するでしょう。 小松製作所の株価予想まとめ:安定的で手堅い投資先だが、業績は注視が必要 これまで見てきた通り、小松製作所は安定性がある優良な銘柄だと言えます。 この先、短期間に数倍に大化けする株ではありませんが、5割程度なら上昇する可能性を秘めているとも考えられます。 ただ一方で、米中貿易摩擦の影響は注視したほうがよいでしょう。 協議の進退が小松製作所の株価を大きく左右しそうです。 以下の記事では、小松製作所の他の大型株についてもご紹介しています。 よろしければぜひご参照ください。 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、 投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。 損失が出ずに値上がり益・配当益による利益積み上げが可能(評価損は出る)• 暴落局面に強く利益獲得の「仕込み」ができる• 概ねほったらかしでOK• ルール遵守で精神的に消耗しない 実際に、安定的・継続的に利益を生み出し続けています。 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。 個人投資家として千載一遇のチャンスを逃さずモノにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 そのような方におすすめしたいのが、無料で値上がりが期待できる推奨銘柄の情報を得られる投資顧問「勝ち株ナビ」です。 「勝ち株ナビ」では実績がある株式投資のプロが緻密なファンダメンタルズ・テクニカル分析を実施した上で、株価上昇が見込める銘柄を選定し、週次で紹介してくれます。 私も無料登録して検証したところ、勝ち株ナビの推奨銘柄の勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。 新型コロナウイルスによる影響も踏まえて期待度の高い推奨銘柄を無料で厳選して紹介しています! 1分で済む無料のメールアドレス登録で推奨銘柄をゲットできます。 無料のため登録しておいて損は無ありません。 テレビなどもメディアにも取り上げられており、全国月70回開催、年間10,000名以上が来場する超人気セミナーのWEB版です。 メディアで活躍中のファイナンシャルプランナーが会社員におススメな投資方法として「攻めの株式投資」を伝授してくれます。 また「守り」として不動産投資と比較解説してくれるので、非常に分かりやすいです。 簡単なプロフィール登録すればOKで、自宅でいつでも好きな時間に視聴できます。 無料なので損をすることはありません。 特に、下記のような無料で受けられてしっかりと基礎や実践技術を学べる株式投資講座を受講することをおすすめします。 「個人投資家の9割が損失を出して市場からの退場を余儀なくされる」と言われる株式投資で利益を得る為には、体系だって実績がある投資方法を学ぶのが一番です。 日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。 株式投資をもっと勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。 無料なので損は無いです。 私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。 ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。 実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。 資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。

次の

コマツ (6301) : 株価/予想・目標株価 [KOMATSU]

小松 製作所 の 株価

次に熊谷亮氏の株価予想を確認します。 株価予想の期間は下記の5日間です。 他の大手銀行株や証券株が勢い良く上昇する中で、出遅れ感が高まっている事から上昇を期待しての「買」のようです。 チャート的にはボックス相場のような傾向を示しており、移動平均線も横這いです。 どちらに動くか非常に分かり辛い銘柄ですね。 イマイチ判断が難しいと思うような銘柄に無理をして資金を投入する必要は無いと感じます。 しかも5日間で売買を完了させるのであれば、なおさらです。 投資の達人達による株価予想の勝率を見ても、60%を下回っている状況です。 5割台の勝率というのは、かなりギャンブルに近いと感じるのではないでしょうか?10回エントリーして5回は外れる株価予想は、精神的に堪えると思いますよ。 その上、自分自身で投資判断をしている訳では無いので、凄い不安感を伴って売買する事になります。 このような投資スタンスだと、長続きしませんし、確実に利益が積み上がらないと思います。 ますは非常に簡単な投資判断で良く、直観的に自分自身でも出来そうな投資手法を採用するべきです。 大きな利益を追求するのではなく、末永く投資生活が続けられるようなスタンスで始めると良いでしょう。 管理人が感じた小松製作所の株価見通し 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) 小松製作所 (6301) 上場市場 東証1部 株価 2,300円 単元株数と最低購入単価 100株:23万円 時価総額 2兆2,360億円 資本金 678億円 発行済株式数 9億7,196万株 大型株 浮動株数 1億0,205万株 利益剰余金 1兆2,613億円 有利子負債 5,891億円 保有者比率 外国 44. さらに株価のパフォーマンスを日本市場の平均と比較してみましょう。 ここ3年は株価が停滞気味であり市場平均に大きく遅れを取っている形です。 高収益企業で安定的に利益を稼いでいても大きく成長しなければ株価が上がらないという事でしょう。 紺色線:小松製作所 ピンク色線:日経平均株価指数 逆に日本市場が停滞していた時期の値動きは下記のようになります。 10月頃が底値になって4月頃が天井になる傾向はあります。 このようなサイクルを利用して売買するのも良いかと思います。 を利用すると、利益になりやすいのでお勧めです。 2015年12月時点で管理人がチェックした機械 銘柄.

次の

【6301】コマツ(小松製作所)の株価分析。高配当利回りと株主優待が魅力だが、業績の先行きに注意

小松 製作所 の 株価

さらに、特集内では「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」のカテゴリー別で、注目すべき銘柄を取り上げている。 今回はその中から「大型株」をピックアップ。 銘柄診断は、アナリストなど19名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)。 3月から5月までの3カ月間の上昇率は、4. 9%にも達した。 では3カ月前にも、この「500銘柄・激辛診断」企画を実施しているが、今回の「大型株」の投資判断は、 3カ月前と比較すると「中立」や「強気」が減り、「買い」と「弱気」が増えた。 3月決算企業の前期の決算が出揃い、新型コロナウイルスが個々の企業の収益環境に与える変化が、よりはっきりしてきた結果だろう。 ちなみに、今回取り上げた「大型株」371銘柄のうち、「買い」は16銘柄、「強気」は130銘柄、「中立」は177銘柄、「弱気」は46銘柄、「売り」は2銘柄だった。 一方で、今後も不透明な市況が続くことは間違いない。 銘柄を選ぶ際には、事業環境の変化に素早く対応できているかどうかも注目すべきだろう。 まずは、建設機械大手のだ。 は、前期の業績は大幅な減益だったが、今期は下期以降で大幅な改善が予想される。 今期は下期以降で大幅な改善が予想される。 建機市況は過去2年ですでに大きく調整。 今後は、世界各国の財政出動によりインフラ投資が上向き、需要が回復に向かいそうだ。 現に、中国では20トン以上の大型建機が復調を見せている。 それ以外の地域でも、先進国を含めて徐々に底打ちへ向かう見通し。 2020年3月期は、新型コロナウイルスの影響で販売台数が微減し、売上高は1%の減収となった。 営業利益も1%の減益で、事前計画の2. 5兆円を下回ったものの、為替変動や販売のマイナスを原価改善などの努力でカバーした。 会社予想によると、今期は売上高が前期比2割減の24兆円、営業利益は約8割減の5000億円。 ただ、販売台数が約2割減という見通しは保守的と言える。 第1四半期を底として業績は回復に向かうと見られるが、足元で株価は大幅に調整しているので上昇余地は大きそうだ。 さて、ここまで注目の「大型株」を2銘柄紹介してきた。 では、 「大型株」以外に「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「新興株」といったジャンルで、「買い」「強気」の銘柄を公開しているので、投資先選びの参考にしてほしい。 新型コロナウイルスの影響で、世界的に株価の動きが読みづらい相場が続いており、再び急落して二番底をつける懸念も根強い。 「コロナ・ショック」の暴落で思うように行動できなかった人は、ぜひチェックを。 二番底か、バブル崩壊か? 個人投資家の保有率が高い上位100銘柄の「買い」「売り」をズバッと診断 します。 また、防災グッズの返礼品や、5000円の寄附でもらえる少額返礼品のカタログも! 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ポイ探ニュース(2020. 27)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 26).

次の