プロテイン おすすめ。 人工甘味料不使用のプロテインのおすすめ一覧

プロテイン初心者でも飲みやすい人気プロテイン【迷ったらこれ!】おすすめ7選

プロテイン おすすめ

ダイエットをして、 健康的で美しい体を手に入れるために大切なのは、脂肪を落として筋肉量を増やすことです。 極端な食事制限だけで体重を落とすと筋肉量が減り、体の基礎代謝が下がって、リバウンドの原因にもなってしまいます。 美しく痩せるためには、たんぱく質とその他の栄養素をバランス良く摂取する必要がありますが、そんなときに活躍してくれるのがプロテイン。 普段の食事で不足しているたんぱく質をプロテインで補うことにより、健康的で美しい体を手に入れることができます。 また、腹持ちの良いプロテインを選べば、軽めのファスティングや置き換えダイエットなどにも活用できますよ。 なかにはバータイプのプロテインなどもあるので、通常の食事とうまく組み合わせれば、食事制限のストレスなどもうまくコントロールしながらダイエットに励めるでしょう。 「生活や食べる量が変わらないのに太りやすくなった」それは20代後半から急に代謝が落ちてしまうから。 「食べないだけのダイエットはもう卒業したい!」そんな方におすすめなのが プロテイン+トレーニングで健康的な美ボディを目指せる「」です! 健康的なダイエットにはたんぱく質摂取とトレーニングが必要不可欠。 「」は プロテインドリンクとトレーニングプログラムを組み合わせて女性らしい身体を目指す新しいボディメイクです。 プロテインドリンクには100%大豆由来の植物性ソイプロテイン、身体のコンディションをサポートするHMBカルシウムを高配合。 さらに アサイー、チアシード、アセロラといったスーパーフード5種も配合し身体の内側からきれいを目指します。 プロテインの癖をカットしたカカオフレーバーのチョコ味で飲みやすいのもうれしい! 「ラクシブ美ボディ変身プログラム」は動画を見ながら気軽にできるエクササイズ。 たんぱく質量1本あたり20gという国内メーカー最高レベルのたんぱく質を含んでいながらも、糖質や脂質は控えめ。 まさにダイエットする方にはうれしいバランス型の商品です。 シックスパックという名前の通り、6つに割れた腹筋のような形状も特長的。 これは単なるしゃれではなく、割って食べることでこまめに効率よくたんぱく質を補給できるという工夫です。 フレーバーは3種類あり、中でもクランベリー味は、特に糖質・脂質が控えめでカロリーオフになっていますよ。 たんぱく質含有量 50% 脂質 4. 1~6. 9g カロリー 142~173kcal 注目の成分 -.

次の

プロテイン初心者でも飲みやすい人気プロテイン【迷ったらこれ!】おすすめ7選

プロテイン おすすめ

・ ホエイプロテイン … 筋肉を効率よく付けるのに最適 …運動(筋トレ)後の栄養補給に最適 …溶けやすく吸収が早い …ミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富 ・ カゼインプロテイン … ホエイプロテインの補助として使うのが最適 …就寝前の栄養補給に最適 …不溶性で溶けにくいので吸収が遅い …腹持ちがよく間食の予防になる ・ ソイプロテイン … ダイエット目的で飲むのに最適 …就寝前や朝食に最適 …植物性のタンパク質をとれる …腹持ちがよく間食の予防になる ・ ピープロテイン … ダイエット目的・筋トレのどちらでもOK …ビーガンの方でも飲める …BCAAなどのタンパク質以外の成分が豊富にとれる ホエイプロテインは運動直後だけでなく、就寝前やダイエット目的に飲むこともできます。 ホエイプロテインは万能なので、 迷ったらホエイプロテインを選びましょう。 ・ ホエイプロテイン … 基本的に美味しい(ほぼジュース) …溶けやすいのでダマになりにくい …種類が豊富で味を選べる ・ カゼインプロテイン … 独特のえぐみがある …溶けにくいのでダマになりやすい …種類が少なく味を選べない ・ ソイプロテイン … 基本的に美味しい(ほぼジュース) …溶けやすさは商品次第 …味の種類はホエイよりは少ないがカゼインよりは多い ・ ピープロテイン … 基本的にまずい …溶けにくくダマになりやすい …種類が少なく味を選べない プロテインが溶けないでダマになると「 めちゃくちゃ不味い」です。 プロテインを飲む際はプロテインを混ぜるシェイカーも使いましょう。 また、 カゼインプロテインは玄人向けのプロテインなので、初めてプロテインを購入する方にはおすすめしません。 (参考:) プロテインの失敗しない選び方 ここからはプロテインを選ぶ上で大切な3つの基準を紹介していきます。 プロテイン選びで失敗しないために、プロテインを比較して選ぶ際の参考にしてください。 美味しいプロテインを厳選! この記事で紹介するおすすめのプロテインは、 実際に全て飲んで美味しいことを確認しています。 ただし、価格や栄養バランスの総合評価によるランキングなので、美味しさだけに特化してプロテインを選びたい方は、以下の記事をご覧ください。 【参考】 プロテインのおすすめランキング それでは、おすすめのプロテインを見ていきましょう。 50種類以上のプロテインを実際に試飲し、タンパク質の配合量や価格を徹底比較してランキングを作成。 プロテインは毎日飲むものなので、コスパ面も重視していますよ。 Myprotein「Impact ホエイプロテイン」 安くて良いものが欲しいという方におすすめなのがMyproteinの「Impact ホエイプロテイン」。 最大の特徴はその コスパの高さ。 1食あたり20gのタンパク質を含み、 1食あたりの価 格が約70円という驚異的な安さです。 また、Impactホエイプロテインには体内で生成できない必須アミノ酸(EAA)もバランスよく配合されているので、筋トレ後の栄養補給として最適なプロテインと言えます。 ちなみに、Myproteinは ヨーロッパで売り上げNo. 1のブランド。 日本でも多くの方に愛飲されているので、海外産で安いプロテインはなんだか不安…という方も安心して選んでくださいね。 ザバス「ホエイプロテイン100」 プロテインを初めて買うのにいきなり海外産は怖い…という方におすすめなのが、明治が販売している「ザバスホエイプロテイン100」。 最大の特徴は とにかく美味しいこと。 特にココア味は本物のココアと間違えるほどの味で、牛乳で溶かして飲めばさらに美味しく飲むことができます。 また、タンパク質含有量は15gと1位のImpactホエイプロテインに劣りますが、ビタミンB群やCを添加することで、 バランスの良いホエイプロテインになっています。 もちろん価格もかなり安いので、コスパの良さも抜群です。 0g 味の種類 ココア、バニラ、リッチショコラ、香るミルク風味、抹茶風味、ヨーグルト風味• ザバス 「ソイプロテイン100」 ソイプロテインの中で定番中の定番とも言えるザバスの「ソイプロテイン100」。 1食あたりのタンパク質含有量は15gと、ソイプロテインの中では非常に多いです。 さらに、 カロリーはたったの79kcalなのでお菓子や間食の代わりに飲むのにも最適ですね。 また、ザバスソイプロテイン100は体内で作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく配合。 ダイエットで不足しがちなタンパク質・ナトリウム・ビタミン群・葉酸などを効率よく摂取することができます。 最大の特徴は高純度のタンパク質(WPIホエイ)を使用していることと 1食あたりのタンパク質含有量が24gと多いことです。 また、 味のバリエーションが豊富なのも人気の所以。 ダブルリッチチョコレート、ストロベリー、バニラ、バナナなど20種類のフレーバーがあり、プロテインで想定されるほとんどの味は網羅されています。 DNS 「プロテインホエイ100」 とにかく美味しいプロテインが良いという方におすすめなのがDNSの「プロテインホエイ100」。 様々なフレーバーがありますが、カフェオレが一押しで、牛乳で溶かすと カフェオレを飲んでいるようにしか感じません。 また、アンチドーピング認証プログラムを取得しており、安全面もしっかりしています。 少々割高ですが、 美味しいプロテインならコレといえるホエイプロテインです。 ウイダー「マッスルフィットプロテイン」 ホエイとカゼインの2種類のプロテインが配合されているウイダーの「マッスルフィットプロテイン」。 吸収速度の異なる2種類のプロテインを一度に摂取できるので、 アミノ酸が体内に長時間留まり、効率よく筋肥大することができます。 また、ウイダープロテインの独自成分であるEMRを配合。 EMRはタンパク質の合成を促進する作用があり、 酷使された筋肉をいち早く回復させることができます。 味もかなり美味しく仕上がっており、プロテインを初めて買う方でも飲みやすいプロテインです。 ボディウィング 「大豆プロテイン」 とにかく安いソイプロテインが欲しい方におすすめなのが、ボディウェイングの「ボディウィング 大豆プロテイン」。 1kgあたり2,100円というのはソイプロテインとして破格のお値段。 純粋なソイプロテインのみとなっており、ビタミン群や葉酸などは含まれておらず、砂糖や人工甘味料も一切入っていないので甘いものが苦手という方にもおすすめです。 「プロテイン=甘い」と避けている方にも試してもらいたいプロテインです。 ちなみに、 豆乳に混ぜて飲むとかなり美味しいです。 チャンピオンパフォーマンス 「ヘビーウェイトゲイナー 900」 とにかく体を大きくしたい方におすすめなのがチャンピオンパフォーマンスの「ヘビーウェイトゲイナー 900」。 1食でタンパク質を33g、 605カロリーを摂取することができる驚異的なプロテインです。 ただし、一食当たり154gのプロテインを摂取するのはほぼ不可能なので、数回に分けて飲むことをおすすめします。 体質的に太りづらい方や、筋肉と同時に脂肪もつけて体のサイズを大きくしたい方におすすめです。 また、牛乳で溶かすことで栄養価が高くなります。 また、プロテインシェイカーで混ぜると、かなり味が美味しくなります。 安いものなら300円で変えるので、1つ持っておいて損は無いですよ。 0g 15g 24g 24g 15g 14. 5g 22. プロテインを飲むのにおすすめのタイミングは主に以下の3つ。 トレーニグ30分後• 就寝前• 朝食と一緒に 目的に応じて飲むべき最適なタイミングは変わります。 【参考】 プロテインを飲む最適なタイミングを徹底解説! Q2:プロテインに副作用はありますか? A:基本的に副作用はありません。 プロテインはタンパク質を摂取するための「栄養補助食品」。 医薬品ではありませんので、副作用はありません。 プロテインを飲むと「肝臓や腎臓に負担がかかり、抜け毛が増える」という噂もありますが、事実ではありませんので安心してプロテインを飲んでください。 ただし、次の項目で説明するように、下痢や腹痛になる方はいるので体質によってはプロテインが合わない場合もあります。 【参考】 プロテインでよく挙げられる副作用を徹底解説! Q3:プロテインを飲むと下痢や腹痛になるのですが… A:乳糖不耐症の可能性が高いです。 プロテインを飲むと下痢や腹痛になる方は一定数います。 原因は様々ですが、乳糖不耐症の可能性が高いです。 プロテインで下痢や腹痛になる場合は、乳糖がほとんど含まれていないWPIプロテインを選ぶようにしましょう。 【参考】 プロテインで下痢や腹痛になる原因を徹底解説! Q4:プロテインはドーピングに引っかかりますか? A:プロテインでドーピングに引っかかることはありません。 プロテインの原材料は牛乳や大豆などの食品なので、ドーピングの心配はありません。 また、国内外のほとんどのプロテインメーカーは、 アンチ・ドーピング機構と連携してアンチ・ドーピングの活動に力を入れています。 プロテインを飲むとドーピングに引っかかるという噂は嘘なので、プロテインを活用してタンパク質を効率的に摂取しましょう。 激安プロテインは要注意! 価格が安い(コスパが良い)ことを売り文句にしているプロテインには、成分表示にない成分が含まれていることもあり、 アスリートが意図せず摂取してドーピングに引っかかってしまった…という事例もあります。 Q5:太るためにおすすめのプロテインはありますか? A:ウェイトゲイナーを選びましょう。 太ることを目的としたウェイトゲイナー(ウェイトアッププロテイン)には、タンパク質だけでなく 太るために必要な糖質や脂質が多く配合されています。 ガリガリがコンプレックスで太りたいという方はウェイトゲイナーを試すのがおすすめです。 【参考】 食べても太れない理由と太るのにオススメのプロテイン Q6:プロテインと一緒に飲むのがおすすめのサプリはありますか? A:目的によってケースバイケースです。 例えば、 筋肉を増やしたいのであればトレーニングで限界まで力を引き出すためにBCAAやクレアチンなどをプロテインと一緒に飲むのがおすすめです。 【参考】 おすすめのBCAAを徹底比較 まとめ:あなたの目的にあったプロテインを! 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテインの違いをはじめ、プロテインの選び方やおすすめのプロテインを紹介してきました。 【参考】 実は筋トレとナッツの相性は抜群! 【参考】 筋トレ後にオススメの食事「ミールプレップ」とは? 【参考】 自重トレのやり方を総まとめ.

次の

プロテインおすすめランキング。筋トレで筋肉付けるならどれがいい?

プロテイン おすすめ

こんにちは。 サファリです。 数あるプロテイン商品、選び方って難しいですよね。 トレーニングの目的、プロテインを飲む目的によって選び方は変わってきます。 中でも 「多少高くなってもいいから、最高級のプロテインが欲しい!」 という高級プロテインへの需要が高まっています。 少しでも早く結果がほしいなら、やはりサプリメントも高品質なものを。 今回は、各社の高級プロテインを比較し、目的に合わせたオススメも紹介します。 高級プロテインの基準 そもそも「高級プロテイン」とな何なのか? 単に価格が高いわけではなく、その価格の理由となる説得力が無くてはいけません。 最近のプロテインのトレンドから、高級プロテインの特徴を解説します。 吸収速度の違うタンパク質を混合 「プロテインは吸収速度が命」と思っている方も多いですが、それだけではありません。 早く吸収されるということは、早く無くなってしまうという事でもあります。 一般的に、筋トレによって筋繊維が損傷すると、それを修復して成長するために筋肉の合成が活発になる状態は36時間ほども続くそうです。 この間、できるだけ血中アミノ酸濃度が高い状態を維持しておくのが理想です。 トレーニング直後に吸収の早いタンパク質を摂ることはもちろん有効ですが、それと同時に長時間に渡ってゆっくり吸収されるタンパク質も重要なのです。 このため、最近のアスリートの間では吸収の早いホエイプロテインと、ゆっくり吸収されるカゼインやソイプロテインを混ぜて飲むことが流行っているそうです。 吸収速度の時間差を利用して、アミノ酸濃度が高い状態が維持されることを 「タイムリリース効果」と言います。 高級プロテインでは、わざわざ2種類のプロテインを買わなくていいように、最初から複数のタンパク源が混合されているものがトレンドのようです。 ホエイプロテインに組み合わせて配合されるサポート成分として、代表的なのは以下のようなものです。 【目次】• HMB 1996年にアメリカで発見され、その後スポーツサプリメントとして流行した注目の成分。 筋肉の合成シグナルを活性化し、筋合成を促進すると考えれています。 ただし、いくら合成アクセルを踏み込んでも、そもそも筋肉の材料が無ければ筋肉はつくれません。 HMBは、タンパク質と一緒に取ってこそ効果を発揮することを忘れないでください。 クレアチン クレアチンは、筋肉の最も強力なエネルギー源です。 肝臓で合成されるアミノ酸の一種で、筋肉に貯蔵されたクレアチンは超強力なパワー発揮の際に消費され、数秒で枯渇します。 1日2~3gを継続的に摂取することで体内のクレアチン量を増やすことが出来るため、ジムで高重量を扱っている人や、スポーツ競技の成績を上げたい人などに愛用されています。 ちなみにドーピング成分ではありません。 グルタミン グルタミンは体内で合成できるアミノ酸ですが、激しい運動をすると消費量が激増するため「条件付き必須アミノ酸」と呼ばれています。 主に小腸で吸収され、免疫系のエネルギー源として消費されます。 筋トレをすると免疫力が弱って風邪を引きやすくなるのは、グルタミンが足りなくなるから。 また、トレーニングの疲労回復効果もあると言われていますが、こちらは運動直後に摂取しないと効果はないと考えられています。 アルギニン・シトルリン アルギニンとシトルリンは、体内で血管を拡張して血流量を増やすアミノ酸です。 血流量が増えれば、筋肉に新鮮な栄養と酸素が送られ、老廃物も速やかに回収されます。 このため、筋発達、疲労回復効果があるとされています。 アルギニンとシトルリンは似たような働きをしますが、両方を摂ることで相乗効果を持つと考えられています。 おすすめの高級プロテイン5選 数ある商品の中から、おすすめの高級プロテインを5つ選んでみました。 成分、価格、自分の目的などに照らし合わせて、選んでみてください。 パーフェクトパンププロテイン 公式サイトより 商品名 パーフェクトパンププロテイン メーカー イッティ 一食分想定 30g タンパク質 ホエイWPI:12g カゼイン:8g その他の成分 クレアチン:2g HMB:1500㎎ アルギニン・シトルリン:各600mg 価格(1kg) 単品:9,800円 定期初回:980円 次回以降:8,330円 パーフェクトパンププロテインは、健康食品やエクササイズ用品で実績のあるイッティが開発した高級プロテインです。 一般には聞き慣れない会社名ですが、その成分をみると侮れない事がわかります。 吸収の早いホエイWPIと、ゆっくり吸収されるカゼインを組み合わせたタイムリリース効果。 トレーニング直後に飲んでも、寝る前などに飲んでも大丈夫。 ハイブリッドなプロテインと言えます。 加えて、筋発達を促進するとされているHMBを1500㎎ 筋肉の強力なエネルギー源になるクレアチンを2000㎎ ジムでハードに筋トレしている方にとっては、理想的な配合と言えると思います。 単品で買うと高いですが、定期にすると初回分のみ980円という驚愕の安さ。 次回以降は8,330円になりますが、初回分がとにかく安いので、とりあえず4ヶ月位試して見るには最もコスパも良くなります。 定期購入の申込みはイッティ公式サイトのみとなっています。 ビルドメイク24 公式サイトより 商品名 ビルドメイク24 メーカー 北の達人コーポレーション 一食分想定 23g タンパク質 ホエイ・ソイ混合:14. 8g その他の成分 HMB:1,750㎎ 価格(690g) 5,054円 ビルドメイク24は、北の達人コーポレーションがプロテインに参入した初の製品。 北の達人は、健康食品や化粧品分野では実績の多いれっきとした東証一部上場企業です。 成分をみると、タイムリリース効果を狙ってホエイとソイの混合プロテインとなっています。 一食あたりタンパク質14. 8gでは少ない気もしますが、この比率はHMB1750mgと組み合わせて 「脂肪を増やさずに筋発達を促す最適な量」だということです。 一応、医学論文としても発表しているそうです。 確かに、タンパク質は無駄に沢山取っても効果は得られない事は事実ですから、一定の説得力はあると思います。 このカテゴリでは価格は安いので、興味のある方は試してみる価値はあるでしょう。 ホエイプロテインSP 公式サイトより 商品名 ホエイプロテイン スーパープレミアム メーカー DNS 一食分想定 34g タンパク質 ホエイWPC:26. 6g その他の成分 グルタミン:5g HMB:1500㎎ アルギニン・シトルリン:各500㎎ 価格(1kg) 7,560円 ホエイプロテインSPは、国産プロテインメーカーDNSの最高級ラインです。 ホエイWPCを一杯で26. 加えて、HMB1500㎎ そしてDNSは「グルタミン推し」です。 ホエイプロテインにグルタミンを加えただけの「ホエイプロテインG+」という商品も発売しているほど。 ハードに追い込んでオーバートレーニングが心配な方、身体のメンテナンスにも気を使っている方にはオススメです。 トレーニング直後に飲むようにしてください。 それと、個人的にはDNSは 「味」の面でナンバーワンのプロテインだと思っています。 3g その他の成分 グルタミンペプチド:167mg カルシウム:128mg マグネシウム:64mg 鉄:3. 2mg 亜鉛:2. 3mg その他ビタミン類・詳しくは公式HPへ 価格(840g) 8,208円 ホエイプロテインGPは、明治乳業のプロテインブランドである「SAVAS(サバス)」の高級シリーズ「サバスプロ」のフラッグシップです。 吸収の早いホエイWPIに、さらに加水分解したペプチドを配合し、とにかく「吸収の速さ」にこだわっています。 タンパク質を吸収し、効率よく筋肉に合成するには、ミネラルやビタミンが不可欠。 その微量栄養素もプロテインに一緒に配合してしまうことで、トレーニング直後に補給するプロテインとしての機能にこだわっているようです。 高級プロテインなので、日常的にガバガバ飲むには向きません。 とにかく 「ワークアウトの直後」のタイミングで、質のいいプロテインを摂りたい方にはオススメです。 5kg) 8,690円 トレーニーなら知らぬものはいない。 世界屈指のプロテインメーカー「マイプロテイン」の高級ラインです。 配合量だけを見るとダントツのように思えますが、一食分の想定量が 「70g」という点に注意してください。 日本のプロテインの2倍~3倍にあたる量を一回で飲めと言っています。 おそらく、体型の小さい人は無理がある量です。 吸収しきれない恐れもあるので、各自調整してください。 逆に、身体の大きな人、大きくなりたい人にとっては、コスパ最強とも言えます。 5kgで8000円弱。 日本の高級プロテインの半額以下です。 とにかく質のいいプロテインをガバガバ飲みたい。 デカくなりたいという方にはオススメです。 役に立ったと思ったらポチッとお願いします!.

次の