やしろ あずき ネカマ。 やしろあずき(漫画家)

やしろあずき(漫画家)

やしろ あずき ネカマ

来歴 幼少期から親の推薦で劇団員として活動していた。 小学校はに通っていた。 中学時代にはろくに部活にも行かずオンラインゲームであるにハマっていた。 メディア学部出身。 2011ペラ企画コンテストでベストアマ賞を受賞。 それにより就活をショートカットして就職。 のとなる。 2013年(現)に転職。 その後退職しとして活動。 2014年動画投稿サイトに投稿された人形遊び を母親に見つかるという動画はリアルタイムランキングで一時、再生回数世界1位を獲得する。 2015年2月にに投稿した「スタバで見た小学生達の話」が15万RTを突破し、2015年最もリツイートされた日本語アカウントランキング第4位にランクインする。 、のとの結婚。 2017年7月、、らがフェローを務める「ネットマンガ実践研究会」にフェローとして参加。 2017年9月、運営のつぶやきGANMA! 2017年10月、のを手掛ける株式会社wwwaap就任。 2018年、オタク向け不動産事業を展開する株式会社グランツアセットの執行役員にも就任。 2019年、漫画事業、工事用品レンタル事業を法人化し代表取締役に就任。 エピソード 2016年の誕生日の頃、Amazonの「ほしい物リスト」にを入れたことが発端でカラーコーンはやしろあずきの代名詞と化している。 元々は「ほしい物リスト」機能を使ってPS4などをTwitterのフォロワーなどに買ってもらうことが目的で、本命であるゲーム機と誰も買ってくれないであろう「ダミー」としてカラーコーンをリストに入れていた。 しかし実際に送られてくるものはカラーコーンばかりで、「ほしい物リスト」からカラーコーンを外しても送られてきたという。 カラーコーンはその後も送られ続けており大量に送られてきたコーンは企業に対する貸し出しなどに活用されるほか、一部は個人への譲渡も行われている。 また、カラーコーンのおかげで知名度が上がったこと自体は良かったと語っている。 受賞 CEDECペラ企画コンテスト PERACON 柳谷達之 名義• PERACON2011 2位 ベストアマ賞 - 「途中下車推理 ~次に降りるのはお前だ!~」 アマチュア 東京工科大学4年生• ライブドアブログ2018年グランプリ受賞• ライブドアブログ1000万PV受賞 出演• 2016年 アーススター公式ニコニコ生放送 アーススターニコ生第四回• 2016年 ニッポン放送 アナ単行本発売記念トークショー• 2016年 大阪ロフトプラスワン やしろあずきとの黒歴史談話• 2016年 アーススター公式ニコニコ生放送 アーススターニコ生第七回• 2017年 大阪ロフトプラスワン やしろあずきと原田ちあきの黒歴史談話2• 2017年 TSUTAYA三軒茶屋店トークショー やしろあずき友達の輪• 2017年 新宿ロフト わくわく岸田メルワールド• 2017年 渋谷ロフト9 クリエイターズアスク• 2017年 7月 上杉隆のニューズオプエド ゲストコメンテーター• 2017年 9月 上杉隆のニューズオプエド ゲストコメンテーター• 2017年 マンガ新連載研究会『白黒1P15万の原稿料も可能!? 10年お金に困らない生活をする漫画家ビジネススキル講座!』• 2017年 11月 上杉隆のニューズオプエド ゲストコメンテーター• 2018年 ロフト9わくわく岸田メルワールド2• 2018年 ネイキッドロフト酒桂田の移転費用を捻出する会• 2018年 NHK「テンゴちゃん」出演• 2018年 テレビ朝日「19の夜」出演• 2019年 名古屋東海中学校・高等学校サタデープログラムの講師として講演• 2019年 スカパー「水曜日のニュースロバートソン」出演• 2019年 フジテレビ「ヌメロン ザ セカンド」出演• 2019年 インターネット番組「週刊やしろあずき」メインMCとして出演 作品 漫画• 「日常バグ報告」(、) - Web上で発表していた「日常バグ報告」の書籍化• 2016年9月12日初版発行• 「ペンタブを捨てよ 町へ出よう」コーナー• 「やしろあずきの人生ギャグ漫画」• 「燃えよブレオデ」• 「わかる!就職活動!!~何かが間違っているかもしれないシューカツ講座~」• 学生の窓口 「やしろあずきのバイトあるある図鑑」• GU夏休み特別企画 ふんわり漫画診断• 株式会社トレタ 明日のレストラン• マガジン• 日本発4コマ専門SNS 4コマgram• 30 サーティ• オンライン 密着勇者〜魔王を倒すまで24時間生中継〜• アントレネット ライフシフト漫画• キャリアサプリ 8コマ漫画• 街角相談所-法律- 法律漫画• みんなのごはん ゲームメシ タイアップ漫画• ザ・モルツ グッとくるUMAMI宣伝漫画• DAM CHANNELアプリ宣伝漫画• グリムノーツ宣伝漫画• スクウェア・エニックス 宣伝漫画• 株式会社 バイトル宣伝漫画• 佐賀PR漫画 「ゆっつら~と4コマ劇場」• 公式PR漫画• えきねっと公式PR漫画• 学生の窓口 大二病診断• YOGA BOOK公式PR漫画• 番組紹介漫画• じゃらん父子旅紹介漫画• Rewrite応援漫画• TENGA Night CHAGE応援漫画• スクウェア・エニックス ディアホライゾン宣伝漫画• 宣伝漫画• 株式会社アデコ キャリアサプリ8コマ漫画• パルムPR漫画• JALパックPR漫画• バトルフロントキャンペーン漫画• PR漫画• 森永乳業 パルム冬PR漫画• 受信料PR漫画 タイアップ記事• raytrektabPR記事「raytrektabって実際どうなの?Web漫画家が1日使い倒してみた!」• PR記事 「マンガ家・やしろあずきがイチからプログラミングを学んで自分の公式サイトを作ってみた」• web漫画家やしろあずきの日常 Powered by ライブドアブログ 2019年4月22日. 2020年4月19日閲覧。 2017年5月3日閲覧。 TOPIC NEWS、2015年4月17日。 の2018年6月15日時点によるアーカイブ。。 ねとらぼ. 2017年7月11日. 2020年4月19日閲覧。 2018年5月25日. 2020年4月19日閲覧。 web漫画家やしろあずきの日常 Powered by ライブドアブログ. 2020年6月13日閲覧。 2017年5月3日閲覧。 やしろあずきオフィシャルブログ「ねておきてかく」Powered by Ameba 2017年10月19日. 2020年4月19日閲覧。 ねとらぼ ITmedia. 2016年9月12日. 2017年5月3日閲覧。 ねとらぼ ITmedia. 2014年12月24日. 2016年10月27日閲覧。 Twitter Blogs Twitter. 2015年12月7日. 2017年2月14日閲覧。 2020年4月19日閲覧。 2017年11月16日閲覧。 2017年11月16日閲覧。 執行役員になった動機は「名前が格好良かったから」であり、「宇宙を創造」することを仕事とするとしている。 2017年11月16日閲覧。 2019年4月9日閲覧。 2019年7月5日閲覧。 ITmedia ITmedia. 2019年9月27日閲覧。 2019年9月27日閲覧。 外部リンク• yashi09 -• yashiroazuki -• - チャンネル• インタビュー• 2015年6月• 2015年8月• 2016年2月• 2016年9月• 人気マンガ家・やしろあずきに聞く、好きを仕事にする方法~.

次の

僕とネカマと最悪の事実の話/やしろあずき作品集

やしろ あずき ネカマ

やあずきです。 今回のは前回の続きとなるので、読んでない人はぜひ読んでみてくだ... 続きを表示。 やあずきです。 今回のは前回の続きとなるので、読んでない人はぜひ読んでみてください。 前回の、予想を超えるでとても驚きました。 うれし僕の最悪のがの人に読まくったという恥の方が大きかったですが。 僕には。 さて、前回は「良い」「悪い」の、そして内でもがしているどのや、彼らがどうしてをするのかなどのを聞き出すことができました。 後編では、前編でも取り上げた「悪の」の手口やの見抜き方、の防ぎ方など、的な部分を取り上げていきたいと思い。 するのは前編に引き続きの僕の純情を弄(もてあそ)んだ現役「Cecilia」です。 前半で食らった心の傷が癒えない僕ですが、後半も頑張ってしていきたいと思い。 帰ったら寝込みそう。 ブックマークしたユーザー•

次の

僕が『ネカマになった日』の話/やしろあずき作品集

やしろ あずき ネカマ

セガに移籍したPERACON2014では「 」で堀井賞を取るも26位となり、次回はベスト10を狙うと公言した今回は見事に6位となって殿堂入りを果たしたセガのディレクターさん。 投稿者コメントでは「中学時代にネカマに騙され大事な青春を失った経験から思いつきました。 あ、何か絵の仕事ください。 」とあるが、 「やしろあずき」名義でイラストレーターとしても活躍している。 独特のイラストはインパクトが強く、一般投票首位となり、審査員にも作者が分かるシートはさすがペラコン巧者だけのことはある。 【平魯 隆導】毎度ながら、ハチャメチャな展開が面白く、楽しく読ませていただきました。 そのくせ、マイナンバーの入力を必須としたり、チート行為対策にも抜かりがない点が非常に好感が持てます。 ひとつひとつの言葉がとても魅力的で、文章量が多いにも関わらず、グイグイと読ませる言葉の力があります。 遊びの内容としても、多くの人がネットゲームで気している仲間の性別をモチーフにするなど、センスの良さを感じます。 ヘタウマのイラストもとてもインパクトがあり、総じて戦闘力の高い企画書であると思いました。 素晴らしいと思います! 【田中 瑞枝】 【保井 俊之】推理・推測というなかなかゲームにしづらいものを、上手くサイクル化している 【馬場 保仁】出落ち感はありますが、性別をOPENというのは、なかなかない発想ですね 【末弘 秀孝】シンプルでつかみが良いと思います。 【長岡 靖仁】マイナンバー制度がこんな形で活用されるとは思ってもみなかったでしょうね。 【鈴井 匡伸】これは国がお金を払って作るべきアプリ? マイナンバー法案がいま旬で、すごくリアリティありました。 【三上 浩司】ネタとしては面白いけど,メカニクスとしての面白さがすくない 【見城こうじ】 【井戸 里志】 【堀井 雄二】 【飯田 和敏】 【南治 一徳】 【中村 隆之】 【鳴海 拓志】 【外山圭一郎】 【犬飼 博士】 【簗瀬 洋平】ミニゲームとしてのインパクトはある。 【石畑 義文】さらにAIも足してみるとプログラマとして挑戦し甲斐があります。 【下田 賢佑】オープンはこじつけですね。 単純にあまり楽しそうに感じませんでした。 マイナンバーの入力必須なら、単純にネカマの存在しない出会い系チャットサービスやった方が良いです。 【遠藤 雅伸】性別判断の明らかにする部分をオープンと言い換えた雰囲気提案。

次の