寿福 寺 - 鎌倉寿福寺

寺 寿福 鎌倉寿福寺

円寿寺

寺 寿福 寿福寺_百度百科

寿福寺

寺 寿福 寿福寺とは

歴代の住職

寺 寿福 福禄寿

寺 寿福 寿福寺 (川崎市多摩区)

寺 寿福 寿福寺

【鶏足寺(旧飯福寺)】アクセス・営業時間・料金情報

寺 寿福 【資福寺】アクセス・営業時間・料金情報

寺 寿福 德寿寺

寺 寿福 歴代の住職

寺 寿福 【資福寺】アクセス・営業時間・料金情報

寿福寺_百度百科

妙寿寺|世田谷区北烏山にある法華宗本門流寺院

概説 [ ] で強く希求される3種の願い、すなわち幸福(現代日本語でいう漠然とした幸福全般のことではなく血のつながった実の子に恵まれること)、封禄(財産のこと)、長寿(単なる長生きではなく健康を伴う長寿)の三徳を具現化したものである [ ]。 8月21日遷化 第73代 等古建淳 塔頭寶光院開創、その他不詳 第74代 無文梵章 不詳 第75代 龍江元度 不詳 第76代 雲溪禅龍 不詳 第77代 潤花思澤 不詳 第78代 春浦周潮 不詳 第79代 春江廣昕 不詳 第80代 不詳 第81代 龍江全澤 塔頭東来庵開創、その他不詳 第82代 春溪昌温 不詳 第83代 栄宗瑞英 不詳 第84代 大通禅徹 不詳 第85代 謙翁思益 不詳 第86代 梅僊宗林? (鎌倉市天然記念物) (開山栄西の茶書) (開山栄西の木像) (鶴岡八幡宮伝来) (一本の木の仏像) (あきる野市) は明治の神仏分離後、の総神主となり、初代宮司となった人物。 ~1416 応永23年2月26日示寂 第99代 錦江栄文 不詳 第100代 無涯亮倪? 塔頭継光庵創建 貞和5年 1349 5月7日示寂 世寿67歳 第23代 月窓元暁 圓光禅師 塔頭寶珠院創建 第24代 石室善玖 1294~1389 顕孝寺、聖福寺住し、京都の萬壽寺、天竜寺、鎌倉の円覚寺、建長寺住し、金龍庵に退居。 ~1379 塔頭瑞光庵開創後、崇福寺14世 康暦元年4月5日示寂 第27代 天翁 不詳 第28代 南嶺子越 1285~1363 東隆寺開創 延文4年 1359 8月 聖福寺に住持、後東隆寺へ隠退 貞治2年 1363 9月11日遷化 世寿79歳 第29代 月篷圓見 1295~1370 康安年中 1361~62 に肥前壽勝寺に住し、聖福寺、京都の建仁寺に住した。 ~1695 寛文8年 1669 住職 諸堂の修造 仏殿の大修理、輪蔵設置、書院創建、 志摩郡の観音堂を移築し山門とする 泰清寺 丹州 を中興 天和元年 1681 法喜庵に退休 元禄8年 1695 8月2日示寂 第116代 丹巖義誠 1644~1710 天和元年 1681 住職 元禄12年 1699 6月1日 妙心寺に視篆 宝永7年 1710 9月14日示寂 世寿67歳 第117代 1678~1739 宝永7 年 1710 住職 享保2年 1717 虚白院退休 元文4年 1739 8月22日示寂 62歳 第118代 圓珪祖應 1682~1762 享保2年 1717 住職 享保17年 1732 退休 禅居庵、光国寺、泰清寺 丹州 等で19年間隠栖 第119代 實巖素快 1696~1742 享保17年 1732 住職 寛保2年 1742 8月21日示寂 世寿47歳 第120代 鶴州禅壽 1712~1750 寛保2年 1742 11月9日 住職 寛延3年 1750 2月16日示寂 世寿39歳 第121代 圓珪祖應 1682~1762 寛延3年 1750 再住職 宝暦5年 1755 廣福庵に閑居 宝暦12年 1762 4月11日示寂 世寿81歳 第122代 盤谷紹適 1714~1792 宝暦5年 1755 6月13日 住職 宝暦6年11月1日 妙心寺転位 天明9年 1789 禅居庵に閑休 寛政4年 1792 7月6日遷化 世寿79歳 第123代 1750~1837 寛政元年 1789 住職 寛政2年 1790 妙心寺転位 寛政10年 1798 開基源頼朝公600年遠諱 享和2年 1802 禅堂再興、松壽君200年遠諱、大通院殿雲澤宗龍禅定門 文化元 1804 年唐門普請 文化8年 1811 仙厓堂隠栖 文化9年 1812 元旦 虚白院へ居を移す 文政7年7月14日 幻住庵を三年間仮住 第124代 湛元等夷? [ — ] は「オン マカシリ ソワカ」 [ ]。 ~1599 永禄6年 1563 兵火に見舞われ消失 永禄11年 1568 5月住職 元亀 元年 1570 再興 天正 2年 1574 堂宇伽藍ことごとく消失 天正14年 1886 乱にて消失 天正15年 1887 小早川隆景、筑前に封じられる 再興に着手 太閤町割 天正17年 1589 仏殿の再建、方丈再建 名護屋から移築 慶長4年 1599 9月16日示寂 慶長 6年 1601 3月 黒田如水、長政により方丈の大修理 慶長8年3月1日 松壽君亡、九皐宗疇導師、住職問題 第111代 九皐宗疇? 寿 福 寺 =源氏ゆかりの地= 編集: 寿福寺(正式には「壽福寺」と書く。 ~1376 聖福寺から、建仁寺に住し、永源寺に陞座、晩年東山定慧院退休 永和2年7月27日示寂 第33代 無隠法爾 塔頭東漸庵開創 第34代 玉田元英 塔頭祥壽庵開創 第35代 南堂元周 塔頭羪正庵開創 第36代 定翁以禪 崇福寺21世 第37代 象外宗越 崇福寺18世 妙楽寺に住した。 寿福寺 鎌倉十三仏霊場巡り第四番札所 御朱印 鎌倉十三仏霊場巡り 第四番札所の寿福寺の御朱印はこちらです。 所在地 〒981-0931 宮城県仙台市青葉区北山1-13-1 交通アクセス 1 北仙台駅北1出口から徒歩約12分、北山 宮城県 駅出口から徒歩約15分、仙台駅バス9番乗場、北山1丁目下車徒歩約10分• 塔頭瑞應庵創建 弘元元年正月6日示寂 世寿70歳 第17代 獨照祖輝? なお、背後の山麓 さんろく には さねとも 、北条政子のと伝えるを納めたやぐらがある。 亀谷壽福寺悟本庵に退休、元弘元年 1331 7月23日示寂 世寿80歳 第16代 鐵庵道生 1261~1331 本源禅師 山形の人、鎌倉の建長寺の大休正念の下で参究する。 応安3年 1370 12月2日示寂 世寿76歳 第30代 秀崖宗胤? 応永20年4月5日示寂 第47代 梅隠居芳 不詳 第48代 大疑性信 不詳 第49代 洪山宗範 1318~1396 浄智寺に住持、筑前崇福寺32世 その後聖福寺に入る 塔頭光福院、天得庵開創 天得庵に退休 応永3年9月16日示寂 世寿79歳 第50代 日峯法朝 建長寺89世 第51代 無價掌珎 不詳 第52代 可菴崇悦 不詳 第53代 龍章清扆 不詳 第54代 在室普現 不詳 第55代 清隠慶一 崇福寺37世 第56代 積翠至柏 不詳 第57代 無方宗應? 正平22年 1367 2月17日示寂 第32代 頑石曇生? ・ビャクシンの大樹 市指定天然記念物 ・ 北条政子の五輪塔 北側のにの墓と言われているがある。 ~1468 崇福寺64世、応仁2年 1468 11月10日示寂 第87代 用中周本 不詳 第88代 固巖全鞏 塔頭一枝庵開創、その他不詳 第89代 玄室稚籌 不詳 第90代 東伯希元 不詳 第91代 悟溪曇省 不詳 第92代 同古宗徹 不詳 第93代 龍室道渕 不詳 第94代 伊峰周猊 不詳 第95代 清遠奇穆 不詳 第96代 心應宗甘 不詳 第97代 元仲全亨 不詳 第98代 英仲元俊? 新清山観明院 壽福寺(寿福寺) 所在地 〒153-0051 東京都目黒区上目黒5丁目16番6号 T E L 03-3713-0639 交 通 東急バス/渋谷発下馬一丁目循環バス 開 創 元和元年 西暦1615年 本 尊 阿弥陀三尊 壽福寺は正式には新清山観明院壽福寺といい、元和元年 1615 、大阿闍梨鳳算大和尚によって現在地に創建されたと伝えられていますが、その草創は更に朔り、室町時代末期の頃にはすでに草庵が結ばれていたと推察されます。 壽福寺周辺の地は武蔵野の一角とはいえ、無人の原野ではなく、縄文・弥生時代から人びとの生活が営まれていた土地で、中世時代には相当な生産力のある素朴な文化をもつ地域でした。永禄2年の「小田原衆所領役帳」に「江戸廻目黒本村」と記されていますが、この江戸廻目黒本村とは、のちの上目黒・中目黒・下目黒の三村を指すもので、後北条氏の時代には村落が形成されていたことを物語っており、当寺境内から板碑も発見されています。 寛永7年、三代将軍家光の外護により瀧泉寺が中興され、天海大僧正によって護国院と瀧泉寺の両寺一主の令書が下されましたが、壽福寺が瀧泉寺と本末関係を結んだのはこの頃と思われます。 青面金剛木造 本堂に安置される青面金剛木造は、寛文3年鎌倉の仏師、法橋三橋靱負と弟子伝之丞によって刻されたもので、寛文6年10月建立の庚申供養が、周辺地域における庚申信仰の中心となっていた事を如実に物語っています。 門前に安置される相生地蔵や石像の多くに第五世智皎と刻され、智皎代の寺運隆昌が偲ばれます。 明治に「神仏分離令」が公布され、壽福寺も子の権現、烏森稲荷の別当職を解かれ、境内地は官有地となり宗教活動に支障をきたす状態に陥りました。 明治8年2月本堂、庫裏を焼失しますが、明治13年12月孝乗和尚によって、行人坂、明王院の念仏堂を移し本堂としました。ここから壽福寺の現代史が始まります。良勉、良雄代に大正大震災と戦災の二大災害を乗り越え、昭和50年10月本堂、庫裏・山門を良文代に新築落慶、由緒ある「念佛堂」の扁額は今も掲げられています。.

  • 神奈川県鎌倉市 おうぎがやつ にある臨済 りんざい 宗建長派の寺。 022-234-5730 最近の編集者 じゃらん 2018年3月19日 新規作成 滞在時間• の木造地蔵菩薩 じぞうぼさつ 立像、紙本墨書『 きっさようじょうき 』は国。 ~1449 文安6年6月2日示寂 第101代 華海慈巖 不詳 第102代 文明曽修? 康応元年 1389 京都の萬壽寺に住し、建仁寺67世、天竜寺32世、応永8年 1401 7月に南禅寺 57世 となった。 正安元年 1299 浄智寺へ 徳治元年 1306 5月15日示寂 世寿73歳 第11代 虚庵祐圓 不詳 第12代 桃溪徳悟 1240~1306 宏覺禅師 鎮西の人、蘭渓道隆の法を嗣ぐ。 寿福寺 鎌倉市扇ガ谷1-17-7 0467(22)6607 鎌倉駅西口より徒歩10分 鎌倉:寺社・史跡めぐり 鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷 大きい地図を見るには・・・ 右上のフルスクリーンをクリック。 ~1657 正保2年 1645 住職 明暦3年 1657 示寂 跡継ぎの物源休公座元が先に亡くなった由、5年間塔頭が輪番 第114代 唯堂玄識 1605~1690 正保4年 1647 10月28日 妙心寺に瑞世 寛文元年 1661 住職 寛文8年 1669 円覚寺に退休 元禄3年 1690 7月29日示寂 世寿86歳 第115代 萬水性源? 後に聖福寺に住し、塔頭普光庵を創建 文保2年 1318 7月20日示寂 世寿85歳 第15代 嶮崖巧安 1252~1331 佛智圓應禅師 長崎の人、鎌倉の建長寺の大休正念に参究する。 料金 その他:無料 バリアフリー設備 特に無し 飲食施設 6月末の紫陽花の時期になると資福寺境内の小書院に有料でお抹茶の席が用意されます。.

  • [菅沼 晃] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 「寿福寺」の解説.

  • 応永9年8月26日示寂 世寿71歳 第44代 梵西清瞿 不詳 第45代 寰中長齢? ~1855 文化8年 1811 住職 天保7年 1836 退任の命 天保8年 1837 大島へ流罪 17年間 安政2年8月29日 示寂 第125代 仙厓義梵 天保7年 1836 再住 天保8年10月7日遷化 世寿87歳 天保9年29日 方丈の屋根崩落 看坊 廉道 第126代 龍巖禅初 1807~1848 天保9年12月15日 住職 天保12年正月 妙心寺転位 弘化2年 1845 方丈着工 弘化4年 1847 方丈落成 嘉永元年 1848 8月21日示寂 世寿42歳 この間 7年 看坊徳門寺の廉溪元貞 第127代 愚溪自哲 1819~1885 安政2年 1855 住職 慶應2年 1866 1月8日 山門消失 明治10年7月8日 妙心寺に視篆 明治18年9月8日遷化 世寿66歳 第128代 東瀛自関 1848~1921 明治6年4月10日 住職 明治14年2月 再行脚 明治16年秋 帰山 明治19年 禅堂再開単 僊厓50年忌、愚溪1周忌 明治42年3月1日 妙心寺に視篆、庫裏、書院改築 明治44年 山門の復興 大正元年 1912 開山700年遠諱 大正10年8月6日遷化 世寿74歳 妙心寺より歴住追贈 萬寿寺足利紫山兼務住職 第129代 謙道承迪 1874~1942 明治31年7月 天福寺住職 明治36年8月 荘厳寺住職 明治42年11月 大光明寺住職 大正10年9月 相国寺副住職 大正11年11月1日 晋山式 大正12年3月 住職 昭和14年12月15日 閑栖 昭和17年 1942 1月1日遷化 世寿69歳 第130代 戒應自禅 1902~1966 昭和6年10月 常楽寺住職 昭和14年12月15日 入寺、4月28日 晋山式 昭和18年12月18日 花その保育園 覇臺保育園 発足 昭和20年 聖福病院、聖福寮、聖福市場 昭和23年2月22日 謙道和尚7回忌、開基源頼朝公750年忌遠諱 中興耳峰和尚350年忌遠諱、 開基源頼朝公750年忌遠諱 昭和29年5月15日 県指定史跡 昭和30年10月 開山750年忌遠諱、東瀛和尚33年忌、謙道13年忌 昭和41年4月16日示寂 第131代 博道自淳 1922~1969 昭和25年5月1日 塔頭瑞応庵住職 昭和40年2月18日 副住職 昭和41年4月22日 住職 昭和44年8月24日 示寂 昭和44年11月7日 国指定の史跡 この間平林寺白水敬山兼務住職 第132代 善来宗永 1926~2017 昭和48年8月25日 入寺 昭和50年4月6日 晋山式 平成7年 1995 開創800年遠諱 平成9年7月31日 退山 第133代 白峰宗慧 1947~ 平成 2年 1990 玉川寺住職 平成 9年10月24日 入寺 平成10年11月6日 晋山式 平成15年より、平成26年の開山800年遠諱の為、諸堂整備にかかる 平成15年 鐘楼 瓦葺替 平成16年 開山堂改修 三世仏(弥陀仏)造立着手(18年仮開眼) 平成18年 山門 瓦葺替 平成19年 三世仏(弥勒仏)造立着手(21年仮開眼) 平成22年 仏殿増改築着手 平成24年9月 8日 三世仏開眼法要、仏殿落慶法要 平成25年 聖福寺展 4月20日~6月16日 平成25年9月 寂光堂上棟 平成26年1月 興禅護国の碑建立 平成26年4月20日 栄西禅師800年遠諱慶讃四頭茶会 平成26年7月17日 栄西禅師800年遠諱報恩大授戒会 平成26年9月 4日 千光祖師栄西禅師800年遠諱 宿忌 平成26年9月 5日 千光祖師栄西禅師800年遠諱 半斎 平成28年12月 鹿児島寿蔵氏歌碑建立 平成30年3月 倉庫改修 令和2年4月8日 日月庭完成 茶筅観音開眼.




2022 nvcdn.answerstv.com