もし 神様 が 本当に いる と したら。 もしかしたら警告かも?警告を意味するスピリチュアルメッセージ一覧

神さま仏さまは実在している!ご神仏のメッセージを受け取れる尼僧が教える、見えない存在を実感した、本当にあった不思議な話

もし 神様 が 本当に いる と したら

~???~ ここ、どこよ。 俺が真っ先に抱いた感想は、多分日常生活で使う機会のないそんな一言だった。 ・・・いや、迷子になったり電車に乗り間違えたらそういう言葉を使うかもしれないがそんなことは今はいい、重要な事じゃない。 取り敢えず周囲を見渡してみると、何所まで続いてるんだかわからないくらい続く本棚と乱雑に積み重ねられた本の海が広がっていた。 なんなんだこれ?よく見たら雑誌やら資料の束やらファイルやら、とにかく紙で出来た情報媒体で足元が埋め尽くされていた。 ジャンルなんかは良く分からないが、普通の文学作品からマンガまでいろいろあるように見える。 「紙だらけだな」 『神だけにね!』 「・・・・・・え、何々? 聞こえなかったからもう一回言って?」 『やめてよね!自分でも言ってちょっと後悔したんだから!』 じゃあ言わなきゃいいじゃない。 どうして自分を傷付けるの?貴方が悲しいと、私も悲しい。 みたいな標語的な文章を考えつつ声がした方を振り返ると一人の男が立っていた。 『全く・・・もういっそ面白くないって言ってくれればその方が楽だよ』 「面白くなさ過ぎて白けた」 『うん、ちょっとは歯に衣着せようか』 図書館の司書さん・・・うん、そんなイメージの人だと思った。 威厳もないし、特別目を引く特徴も無い。 人の姿をしながらもどこか現実から切り離されたような感じ。 本当にただ直感的に、「この人は変な司書のおっさんだ」と感じた。 と、司書が呆れた顔で俺を見る。 どうした?もしかして俺ってばシャツのボタン掛け違えてる?と思ったが、全然違った。 『君は何故自分が此処にいるか分かっているかい?』 「え?何で?」 唐突にかけられたその声に、俺は馬鹿正直に聞き返した。 この夢の中みてぇな現実味のない空間に来た理由なんていくら考えても心当たりなかったし。 それとも俺に図書館へ向かえとガイアが囁いているのか?それは何と言うか、いやなお告げだな。 と考えていると、そこで司書さんから衝撃のカミングアウト。 『まぁ簡単に言うと君は死んだんだ。 いくら呼んでも帰っては来ないんだ。 もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ』 「・・・・・・死んだのぉー!?」 超展開である。 だが二次創作とかでは割と良くあるパターンだったりもするが。 内心「そうだこれは夢なんだ。 眼が覚めれば夏休みが待っている」とか考えていただけの俺の衝撃は大きかった。 というか死んだのにまた人生と向き合うのか?よく分からん事を言う。 どことなく哲学的な気がするが、高確率で気のせいだ。 司書は西洋人みたいに両肩をすくめてヤレヤレとジェスチャーを取った。 何か特に理由はないがイラッとするな、こういう仕草する奴。 『しかも死因が何というか・・・聞きたい?』 「その言い方されると聞きたくないなぁ・・・」 『お風呂で居眠りした結果溺死しました』 「結局言うのかよヲイィィィィィィィ!!」 まぁ確かにその死に方は、何というか・・・ない。 せめて誰かをかばって交通事故で死んだとか病死ならまだ恰好がついた。 だが風呂で溺れるってのは日本では結構多かったりするんで生々しい死に方でもある。 居眠りでもしたのか、それとも血糖値か。 よく知らんがどうにも俺は考えている以上に不健康な生活を送ってたらしい。 んー・・・いかん、脳味噌が働いていない。 寝不足のまま深夜に突入して思考の悪循環に陥った時みたいな感覚ある。 自分が死んだとか何とかがよく分かんなくなってきた。 るーるるっるるるるーるるー・・・と何処からか音楽が流れそうな名前になることは回避されてしまった。 「時に、あんた誰?」 『誰に見える?』 「・・・取り敢えず、見た目は司書かな」 『じゃ、それで』 ・・・そのちょくちょく上から目線の物言いが気に入らないんだが。 そして結局この司書さんは何がしたいのだろうか。 僕が君に何の用があるのかそろそろ聞きたいんじゃない?取り敢えず本降ろして話しようよ。 適当に腰掛けて』 「本の上に座るのは行儀が悪いと思うが・・・ま、アンタの本っぽいからいっか」 『なかなかにいい性格してるね』 取り敢えず近くのバランスが良さそうな本の山に腰掛ける。 主導権を握られてるのはどうにも気に入らないが、話が進まないからな。 腰を据えると、司書はぺらぺらと喋り出した 「で?茶々を入れるのは好きだけど、入れられるのは嫌いなんだ。 本題は?」 『勝手だねぇ・・・・・まぁ実は君が死んだことでエントロピーがネゲントロピーして思いがけず大変なことになってしまったから、解消するために君をどっかの平行世界に送っちゃおうという話だよ。 いわゆる神様転生って奴だと思ってくれ』 「アンタから急にネット界の住民臭がしてきたのは気のせいか?」 俺が死んだことより神様転生よりそれが一番気になる。 っていうかアンタ神なのか?正直威厳とかオーラとか、そう言うスゴイ人オーラは感じない。 むしろなんかウザい人オーラは感じるけどな。 しかしエントロピーがネゲントロピーって意味わかんないな。 おい貴様、神ならもっと分かりやすく説明しろ! 『残念ながら君が考えるような全知全能の神ではないんだよね、僕は。 役に立たねーな」 『本当に減らず口だね君は・・・まぁいいや。 僕はね、他の二次創作みたいに沢山特殊能力を上げたり願いをかなえることはしないんだけど・・・』 妙に芝居がかった声で両手を広げるその司書相手にリアクションに困っていると、急にこっちを見た。 見つめ合うと素直にお喋りできなくなったりはしないのだが。 『さっき言ったように劇物を放り込むわけだから、平行世界に送る際には劇的と言える何かを君に与えることが出来る。 さあさあ、何が欲しいかいってご覧!お兄さん何でも叶えちゃうよー?』 うわ、無駄にテンション高くて超ウゼェ。 こういうひょうきん者気取りみたいなやつって嫌いなんだよな。 学校に必ず1人はこういうのいるもん。 しかも教師に。 あーやる気無くなったっつーか白けた。 もういいや適当になんか頼んじまおう。 「じゃあ従者にさいきょーのどらごんくださーい」 『・・・君ってば全体的にテンション低いね。 具体的にはどんなの?』 「考えるのめんどいからデカくて強くて俺の身を守れるのがいい」 『おk、把握した!じゃ、君が今手に握ってる本の世界に送り込むよー。 戸籍だの家族だのは用意しないんで現地調達でなんとかしてねー!』 「え、そんな無人島生活みたいに軽く言われても困・・・ぎゃー!?」 え?と思った時には時すでに遅し。 俺の足元にはスキマだかクロスゲートだかなんのこっちゃ解らん空間が広がり、そのままフリーフォール。 落下直前に見えたのはネット住民司書さんの殴りたい笑顔と、手に握った「魔法少女リリカルなのは 設定資料集」ってな感じの事が書いてある本だった。 『あ、その本サービスであげるからー!!あとドラゴンは呼べば来るよー!!』 「せめて漫画か小説にしろよオレリリなのは本編見たことねーんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・」 こうしてなんのこっちゃ良く分からないまま、俺の視界は真っ黒ォ! にブラックアウトした。 『・・・あ。 そういえばここの本は外部に持ち出せない仕組みだったの忘れてた。 設定資料集渡した意味が全然ないねぇ』 てめーいつか必ずぶん殴る。 = = = = = = ・・・・・・二度目となるが。 ここ、どこよ。 本日二回目の疑問と共に起き上がった俺は周囲を見渡す。 なんか町の上にある丘みたいなところにいるらしいことを把握。 ついでに自分の格好も確かめてみる。 「・・・あれ、何か俺小っちゃくね?」 記憶が正しければ俺は二十歳過ぎのちょいメタボな男だったはずだが、靴のサイズとか確認してみたら靴のサイズが18センチくらいしかねぇ。 小学生サイズである。 鏡が無いから確認できねえけど、俺多分小っちゃくなってるわコレ。 「・・・これからどうしようか」 超展開に次ぐ超展開に俺の精神的な感覚はすっかり麻痺しきっていた。 うーん、あれだ。 取り敢えずドラゴン呼んで町まで降ろしてもらおう。 何という特典(?)の無駄遣い、と思うかもしれないが使えるものは使えるときに使うのが俺の主義!というわけで・・・ 「来ーい!ドラゴーン!!」 ・・・・・・・・・・・ あれ、来ない。 呼べば来るって聞いたから呼んだのに来ない。 「な、何事!?」 もしやドラゴンが来たのかと周囲を見渡すがいない。 というかよく見ると周囲どころか町まで暗くなっ、て、・・・・・・・ その時、俺はそれを見てしまった。 街を見た時に、気付いてしまった。 空が、見えない。 いや、正確には、見上げる空のすべてが、青くて鱗のようなものが全体を覆った「何か」によってすべて隠れている。 敵が七分で、黒が三分とか、そんなチャチな割合ではない、完全なる十分。 「おい・・・おい。 もしかして、あの万里の長城よりでかそうなお空のあれが、俺の呼んだドラゴンなんて言わねえだろうな・・・!?」 その声に応える様に、空から龍の顔が姿を現した。 俺は、『もっと謙虚な願いにすればよかった』と心底後悔した。 これ、冗談抜きに攻撃一発で地球がヤバいよね? ~そのころ時空管理局艦船アースラ~ 「艦長!!第97管理外世界にロストロギア反応が!」 その報告に、ブリッジにいる全員の顔色が変わった。 ロストロギア、それは異世界に存在した高度な魔法技術の遺産の総称であり、その危険度によっては宇宙一つが滅んでしまうこともあるとてつもなく危険な代物なのだ。 「なんですって!?それで、その反応の大きさは!?」 「な、な、なによ・・・これ・・・」 オペレーターであるエイミィ・リミエッタはその事態に、報告も忘れてただ茫然とした。 先も言ったようにロストロギアは宇宙そのものを滅ぼすこともある危険なものだ。 だからこそその反応を逃すまいと次元航行艦には常に最新鋭の魔力レーダーが積まれている。 そしてそのレーダーは本来、世界という大きな空間にある一粒の砂の様なロストロギア反応を拾うための物だ。 その計器が弾きだした結論が、測定不能。 「・・・なんて、事」 それはすなわち、時空管理局の歴史上に一度も出会ったことがないような、間違いなく最大のロストロギアが、たった今発動していることを意味していた。 そして、それだけの総エネルギー量を誇るロストロギアがもしも悪しきものだったとしたら。 危険度はもはや、Sを越えて、存在しないXランク。 冗談や誇張抜きに次元世界丸ごとすべてを脅かしかねない。 そんな存在が、たった今地球という惑星にある。 「・・・なんて、事」 もう一度、全く同じ言葉を紡ぐ。 これはもはや、自分たちだけで扱える案件ではない。 そして・・・これはもはや、管理局という一組織が収集できるレベルを超えていると言わざるを得なかった。 いい子じゃないからねんねはしない。 どうしてこうなった!?どうしてこうなった!?日照権とか領空侵犯ってレベルじゃねーぞ!! もうね、いろいろやばいよ。 街ではありとあらゆるサイレンが鳴ってるし、自衛隊の飛行機がびゅんびゅん飛んでるし!! 街どころか日本大パニックだよ!!! そりゃそうだよな、どう見積もってもあれゴジラよりでかいもんな!!!! もう本当に、心底思う。 真・五行器(永久機関) 自己修復能力(ウン千年レベルでのメンテナンスフリー) 念動フィールド(所謂バリア。 強度は機体サイズから推して図るべし) 雷、竜巻などの自然災害を起こす(規模は自然に起きるものと桁違いに大きい) 相手は死ぬ 龍鱗機(所謂ファンネルの類。 但し数は応龍皇の鱗の数だけあり、しかも1つに付き全長約70m)相手は死ぬ 自ら直接雷を放つ(最大出力ならば恐らく惑星の一つや二つは軽く粉砕する威力がある) 地球は死ぬ 竜玉(超大型五行器。 無限力を発生させそのエネルギーはイデオンにも匹敵する) 宇宙は死ぬ 操縦にはとてつもなく強力な念動力が必要なため、操従者は必然的にサイコドライバー。 どんなに小さく力を振るっても海鳴市は滅びます。 これが本当のチートだ・・・.

次の

神様系 : 【閲覧注意】怖い話まとめ【怪談ch】

もし 神様 が 本当に いる と したら

悟東あすか 東京都三鷹市生まれ。 高野山真言宗尼僧であり、漫画家。 一児の母でもある。 幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。 尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。 受明灌頂授了。 2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。 同年伝法灌頂授了。 2007〜2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。 漫画家としては、吾妻ひでお氏と巴里夫氏に師事し、さいとうちほ、竹本泉、ささやななえこ等各氏のアシスタントを経て、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。 同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。 その後、毎日中学生新聞等で4コマ漫画や取材漫画等を連載する他に、『大法輪』をはじめとする仏教系雑誌や複数の宗派の機関紙に漫画やイラストを連載。 著書に『幸せを呼ぶ仏像めぐり』(二見書房)、『教えて! 仏さま』(じゃこめてい出版)、イラストを担当した著書に『仏さまカード 秘密のメッセージ』(北川宥智・解説/文 じゃこめてい出版)などがある。 神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと 幼少期より「見えない存在」を感じ取り、やがて真言宗で得度してからは不動明王(お不動さま)をはじめとする様々な神仏からのメッセージを受け取るようになった尼僧が、そうして神仏から教えてもらった「神仏とつながってご加護をいただく方法」「いつでも幸運に生きる秘訣」「日常生活で身近な神仏に助けていただくコツ」「神仏の存在を感じてご利益をいただく方法」「主な神仏のご利益の得意分野」などを紹介します。 真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。 そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介したから一部を抜粋し、再構成してご紹介する。 この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず! 誰もが例外なく、神仏とつながっている 悟東あすか(ごとう あすか) 高野山真言宗尼僧であり、漫画家。 幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。 尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。 受明灌頂授了。 2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。 同年伝法灌頂授了。 2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。 漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。 同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。 あなたは、ご神仏のご加護を得るには、人間が一生懸命努力して歩み寄っていかなければならないと思っていませんか? もしそうだとしたら、それは勘違いです。 ご神仏に守られるためには、人より抜きん出ていたり、一生懸命がんばったりしなければならないわけではありません。 また、ご神仏とつながるためには、特別な修行や訓練はいりません。 私たちは全員ひとりの例外もなく、ご神仏とつながっています。 私たちが心の中で神さまや仏さまを思えば、そこにその思ったご神仏が現れます。 願いをかなえたい時や困った時、心の中で「神さま!仏さま!」と思いを向けるだけで、その思いに呼応して迅速にやって来てくださいます。 そして、肩を抱くように寄り添い、ずっと守ってくれます。 逆に、どんなに神さまたちが手助けしたくても、私たち自身が心を通して縁を結ばなければ、なかなかその力を借りることはできないのです。 観光がてらのお参りでも、神仏とのご縁は結べる もし今、あなたが「そう言われても、そんなに神さまや仏さまを身近に感じたことはないな」と思っていても、大丈夫です。 自覚の有無にかかわらず、誰もがご神仏とご縁を結び、見守られていることに変わりはありませんから。 たとえあなたがご神仏の存在を感じたことがなかったとしても、初詣や七五三、厄除け、法事などで寺社にお参りしたことはあるはずです。 また、仏壇や神棚に手を合わせたり、観光で神社仏閣を訪れたりしたこともあるはずです。 たった一度お参りしただけ、手を合わせただけでも、そこに思いがこもっていれば、ご縁はしっかり結ばれます。 ある日、友人の奥さんが、「不思議な夢を見た」といって私に電話をくれました。 それは、お寺でカレーライスを食べた夢だそう。 「お寺でカレーライスを食べるために、私は列に並んでいました。 どうもカツカレーのようです。 でも、私はカツカレーが嫌いだから、『ほしくない』って言ったんです。 すると、お地蔵さまが現れて、『好き嫌いすると怒るよ。 食べなさい』と言われました。 『ちゃんと食べないといけないよ。 食べれば大丈夫だから』 そう言われたので、私は仕方なく食べたんです」 それを聞いて私は、 「もしかして、お地蔵さまにお参りしなかった?」 と尋ねると、彼女は、「そういえば」と言って、 「『怒るよ』って言ったお地蔵さまとよく似たお地蔵さまに、お参りした気がする」 と答えたのでした。 彼女は、時間ができるたびに鎌倉に行って、観光がてらお参りをするのが好きだったそうです。 鎌倉は、とりわけお地蔵さまが多いところです。 お地蔵さまをご本尊としてお祀りしているお寺が多くあり、当然のように彼女もいくつものお地蔵さまにお参りしてきていたのでした。

次の

#もし神様が本当にいるとしたら videos on TikTok

もし 神様 が 本当に いる と したら

何かに導かれるとはどういう状態でしょうか? たとえば、以下の内容は実際にあった話です。 ケース1:資格を取りたいと思った。 これから勉強をしよう!と覚悟した矢先、たまたまタダで図書カードが手に入った。 ケース2:いつもは行かない道を通ったら、具合の悪い人を見つけた。 助けてあげたら、それをきっかけに交際することになった。 ケース3:ふと美容関係の仕事がしたいな…と心に思った。 翌日、本当に美容関係の仕事が舞い込んできた。 上記のように、自分を後押しするかのように物事が運んだり、偶然による人との出会いが起きたりします。 1度だけなら「ただの偶然だ」としか思わないでしょう。 ですがこうした偶然が何度も続いたら、何かに導かれていると感じませんか? 実は私も日ごろからよく経験するのですが、こうした「導き」が何度も重なることを、 神がかり といいます。 神様があなたの体について、物事をスムーズに進めているのです。 よく、活躍しているスポーツ選手を見て、 「あの人は神がかっている」 なんて言いますよね。 これは神がかりの集大成を見ているのです。 決してスポーツをしている瞬間に神様が降りてきたのではなく、その選手は練習中からずっと神がかりで、導かれているのです。 もちろん体を動かしているのは紛れもなく本人の意思ですし、努力したのも本人です。 ですが努力しただけの成果がしっかり報われる…それが神がかりによる導きなのです。 世の中には努力したのに報われない人や、の邪魔が入って不運に見舞われたり、ツキのない人もいるのです。 ですが神がかり状態で努力すれば、頑張っただけの成果が得られるし、運の良さもプラスされて何事も良い方向へ動きます。 これはスポーツ選手だけでなく、起業家も主婦も学生も同じです。 仕事も恋愛も、どんな状況でも神がかりはあります。 一度神がかりを経験した人たちは、みんないかにして神がかり状態を維持するか?を考えていると思います。 それが自分を戒めたり、自分と向き合うことにつながります。 成功者ほど、見えない力の影響力をよく知っています。 だからこそ、うまくいったときの法則を覚えて、自分だけのルールを作ったり、神様の力にあやかって縁起を担いだりします。 神様は、あなた個人の幸せはもちろん、周りの幸せも望んでいます。 そのため、あなたが世の中に貢献して幸せをまき散らすことを望んでいるのです。 だからあなたに活躍させようと、力を貸すのです。 もしあなたが「何かに導かれている」と感じたら、それは神がかりの始まりです。 あなたはいま、これからどんな行動に出るのか、神様に試されています。 神様にもっと頑張れと言われているのです。 わたしの行動は正しい…そう信じることで、ますますあなたは導かれ、いつしか自分でも神がかりを実感できるようになります。 信じれば信じるほど、見えない力が働いているのを感じて、自分が怖いと感じるはずです。 怖いとは恐怖心からくる怖さではなく、 「この先も自分が行動を起こせば、何か大きな力が働いて、新たな道が開かれるだろう」 という期待と興奮です。 体が震えることもあります。 武者震いとも言うかもしれません。 正しい行動や心をもてば、神がかりは強くなります。 正しくない行動や心をもてば、神がかりは終わります。 神がかりは悪霊でもありえる 神がかり現象は、悪霊がそうさせることもあります。 悪霊による神がかりとは、低級霊や動物霊などによるです。 悪霊たちは、人間が浅ましい欲望を持っていると、そこに力を貸してくれます。 たとえば、もしあなたが、 金がほしい。 他人をだまして、他人を踏みつけてでも金がほしい そう思っていると、悪霊が力を貸すので、あなたは憑りつかれたように金稼ぎに一生懸命になります。 そして他人を騙せば騙すほど、他人を陥れるテクニックに磨きがかかり、神がかりとなります。 そのまま努力を続ければ、あなたは大金持ちになれるでしょう。 ただし、悪霊にはかならずしっぺ返しがあるため、あなたは悪い人間とつながりますし、誰も信じられなくなります。 らに、ここぞという場面で病気になったり、突然の裏切りを経験するでしょう。 また、かならずといっていいほどを見ます。 悪霊の神がかりになっている人は、おそらく毎晩のように悪い夢を見ているはずです。 それはです。 悪霊の力を借りた人間は、今は楽しくても、あとで苦しみます。 死後の世界なんてあるわけないだろ! 死んだら終わりだ! 天国も地獄もない! そう思うならそれでよいでしょう。 ですがそう思う人は、なぜを見るのか、もうすこし考えたほうがよいと思います。 人間には善悪の判断が必要なのです。 善と悪、どちらを取るかは人間にゆだねられています。 判断力がなく、わけもわからず悪の道を生きている人もいます。 悪をとれば、それなりの末路が待っているだけです。 いまからでも、天国行きの切符は取れます。 何かに導かれている…そう感じたら、神様か?それとも悪霊か?誰があなたに力を与えているのか考えてみてください。 物事の始まりが悪いと、悪霊がつきやすくなります。 「始めよければ終わりよし」という言葉があると思いますが、これは神様の世界でも通用します。 卑しい、汚い心で始めたものには悪霊がつき、清い、誠実な心で始めたことには、良い神様が宿ってくれます。 最初からツキがないと感じたら、仕切り直して1からやり直してください。 もしあなたがすこしでも「導かれている」と感じたら、神がかりのチャンスです。 自分を信じて、毎日自分のすべき作業を地道にやりましょう。 死にもの狂いでやる必要はありません。 焦らず、できることをやればよいのです。 それだけで、ちいさな導きが、やがて本物の神がかりになり、あなたは幸運に守られるでしょう。 無料のスピリチュアル鑑定.

次の