ロハコ 手 ピカ。 【販売情報】ロハコ:手ピカジェル 健栄製薬

【比較】「手ピカジェル」と「手ピカジェルプラス」の違いとは?

ロハコ 手 ピカ

手ピカジェルプラスの特徴• エタノール濃度76. 9~81. ベタつかず、サラッとした使用感• グリセリンの配合で手に優しい• 液だれしにくい• いつでもどこでも消毒できる• 無香料• リン酸が配合されており、エタノールのpHを弱酸性にしている• ノンエンベロープウイルスにも有効的 引用: 使用感やエタノール濃度は、通常の手ピカジェルと同じですが、大きな違いは 「リン酸」が配合されているかどうかです。 アルコール手指消毒剤の有効成分であるエタノールは、 pHを酸性にすることで抗微生物効果をより高めることができます。 「通常の手ピカジェル」は中性ですが、「手ピカジェルプラス」は、リン酸を配合することで酸性にしているのです。 酸性になると、より幅広いウィルスへの効果が期待されます。 手ピカジェルプラスの強み 引用: ウイルス類には、外殻にエンベロープを持つもの(ウイルスル類の80%)と持たないものがあり、 エンベロープを持たないウイルスの方が強靭です。 エンベロープとは、脂肪・タンパク質・糖タンパク質からできている膜で、ウイルスが増殖して細胞から飛び出してくるときに細胞の成分をまとって出てきたものです。 一般的なアルコール消毒では、強靭なノンエンベロープウイルスは効きにくいのですが、 酸性アルコールにすることで、より幅広いウイルスに対応できるのです。 リン酸 phを酸性にする成分• グリセリン スキンケアにも優れた保湿成分• アラントイン 傷の回復を促進する効果がある保湿成分• ミリスチン酸イソプロピル 皮膚への浸透性に優れた成分• グリセリン脂肪酸エステル 食品用乳化剤• パラオキシ安息香酸エチル 食品・医薬品・化粧品などの防腐剤成分• N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル アミノ酸系保湿成分• DL-ピロリドンカルボン酸塩 アミノ酸系保湿成分• ヒドロキシプロピルセルロース 医薬品錠剤の結合剤やコーティング剤に使われる成分 アルカリ度や酸性度が強ければ強いほど、タンパク質変成作用が強くなり人の肌は傷みやすくなります。 中性の「通常の手ピカジェル」より手荒れしやすいリスクがあるため、 より多くの保湿成分を配合しているのです。 仕事上、1日平均60回手洗い(らしい)してアルコール消毒もしないとだから、もちろん手荒れはするけど手ピカジェルプラスは本当にわたしに合っている。 しみないし保湿成分配合🤟 — chiii yagichiiiii 手洗いの正しいやり方• 洗いやすいように腕時計や指輪は外しておきます。 爪は短く切っておきましょう。 はじめに流水で手全体を濡らします。 (泡立ちを良くして手全体に石けんを広げるためと、皮脂を奪いすぎないようにするため)• 手に石けんを付け、手のひらで十分に泡立てます。 30秒以上かけて丁寧に洗いましょう。 指先 爪 を入念にこすります。 親指をねじり洗いします。 手首も忘れずに洗います。 ぬるま湯以下の流水で十分にすすぎましょう。 清潔なハンカチやタオルなどで水を十分拭き取って手を乾燥させます。 普段の手洗いと見直してみるとどうでしょうか? 正しい手洗いは、 指先・指の間・親指・手首まで念入りに洗っていきます。 最後に水気を拭きとる タオルも清潔なものを使いましょう。 乾いた手に付ける アルコール濃度が薄まってしまい、除菌効果が落ちてしまう• アルコール消毒後は乾かす 消毒液に含まれる水分が残ることで雑菌が繁殖するケースがある• 揮発性が高いため、密閉して保管する• 火気に注意する• 刺激があり、肌の弱い人は荒れやすい• 蓋が少し固い アルコールの使用前後は 乾かすことが重要です。 手を洗った後や、雨でぬれたときは特に意識しましょう。 手軽なアルコール消毒(エタノール)ですが、特に 火気には十分注意が必要です。 発見が遅れたり、消えたと思っても実は消えていなかった、という事例もあるので気を付けて使用しましょう。 また、通常の手ピカジェルより 「手ピカジェルプラス」の方が蓋が固いという意見もあります。 今までずっと通常の手ピカジェルを使用していた方やお子様には少しだけ使いづらいかもしれません。 まとめ• 「手ピカジェル」は、サラッとした使用感、手に優しいく、いつでも消毒できるのが特徴• 除菌力が高い要因は「リン酸」が配合されて酸性になっているから• 酸性のアルコール消毒はノンエンベロープウイルスにも効果的• アルコール消毒の前に手洗いすることも大事• 乾燥させることと、火気に注意 より幅広いウイルスに対応できる「手ピカジェルプラス」ですが、大抵のウイルスは通常の手ピカジェルでも効果はあります。

次の

その他

ロハコ 手 ピカ

値段:約750~850円• 容量:300mL• 匂い:特になし• 粘度:サラサラ• 特徴:低pHでウイルスに効果あり 300mLで約800円は結構高いですね。 効果が高いので、値段も頷けますが日常的に使うのにはちょっと、、、という感じです。 家族がインフルエンザや風邪をひいてる時に感染を予防するのに使いたいですね。 この手ピカジェルプラスは他の手ピカジェルにはない「ウイルスや細菌にも効く」という効果があります。 アルコール手指消毒剤の有効成分であるエタノールは、 pHを酸性にすることで抗微生物効果を より高めることができます。 1)、2)、3) 手ピカジェルプラスは、リン酸を配合することで エタノールのpHを弱酸性にしています。 1)小堺博:食品の殺菌手法-原理・特徴・現状・課題8化学的手法(5)食品のアルコールによる殺菌. 防菌防黴36(12):859-867,2008. 防菌防黴37(12):913-922. 2009. 3)山崎謙治:各種ウイルスに対する新規速乾性すり込み式手指消毒薬の有効性評価. 医学と薬学71(1):117-125. 2014. 健栄製薬HPより引用 ( ).

次の

その他

ロハコ 手 ピカ

マスクの品薄・売り切れに次いで アルコール消毒液も売り切れています。 医療機関でも深刻化しています。 ある人がこう言っていました。 国内にアルコール消毒液はあるけれど 中に入れて販売するボトルがなくて売れないのだと。 ボトルは中国製のため輸入できない状態なのだと。 これがアルコール消毒液が入荷しない原因なのだと。 何という事でしょう。 もしこれが事実だとするなら 安い中国輸入に頼りすぎていたツケなのでしょう。 いずれにしろ 個人の責任に任されるウェイトが高くなっているのは事実で 国は個人を助けてはくれない、レベルまで 行きつつあるのかもしれません。 手ピカジェル・アルコール消毒液の在庫についてリサーチしてみました。

次の