日産 子会社 リストラ。 日産のリストラ人数は?退職金はいくら?その後再就職への影響はある?

日産のリストラ人数は?退職金はいくら?その後再就職への影響はある?

日産 子会社 リストラ

0%減となった。 国土交通省の出入り検査で、工場出荷前の完成検査に資格を持たない従業員が従事していたことが発覚。 10月20日までに国内の6つの完成車工場で国内向け車両の生産と出荷を止めた。 販売店への新規の車両供給をストップしたため、10月の登録車の販売は52. 8%減の1万2745台と急減した。 外部に生産を委託している軽自動車は出荷を続けたものの、ブランドイメージの低下から10月の販売台数は20. 4%減の9304台へと落ち込んだ。 11月3日までに国内6つの完成車工場で再発防止策の導入を終え、順次、国交省の確認を受ける方針を示している。 全6工場の生産が完全に軌道に乗る時期は見通せない。 国内向け車両の出荷停止は、部品メーカーにも影響が広がっている。 日産と親密な部品大手、 カルソニックカンセイの森谷弘史社長は10月26日、自社の生産停止に伴う休業補償費を日産に請求する方針を明らかにした。 費用請求の方針を示した部品メーカーは同社が初めてだ。 日産系の最大手のディーラーである日産東京販売ホールディングスの酒井信也社長も11月2日の決算発表の席上、無資格検査に伴う販売減の補償について日産本体に請求する方針を示唆した。 今後も追随する動きが出てくる可能性がある。 カルソニックは日産の追浜工場(神奈川県横須賀市)に自前の生産ラインを設け、計器板など運転席まわりの複合部品を組み立てて日産に供給している。 追浜工場内では派遣社員などを含め340人のカルソニックの従業員が働いている。 追浜工場が生産を中止したためカルソニックのラインも止まった。 生産停止が長引けば、休業手当を支払って自宅待機させている従業員の人件費や機会損失の補償を日産に求めるという。 カルソニックは日産の国内工場に専用ラインを設け、売り上げの8割が日産グループ向けだ。 日産の生産停止が長期化すると、経営への影響は避けられない。 カルソニックは今年初めまで日産の子会社で東証1部に上場していた。 手切れ金をふんだくられたカルソニックカンセイ 「日産から独立すれば、他メーカーとの取引拡大など発展の余地がある。 サプライヤーは強くあってほしい」 当時日産の社長だった カルロス・ゴーン氏(現会長)は、カルソニックを米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却することを決めた理由をこう説明した。

次の

国内リストラが続く、自動車部品の苦悩

日産 子会社 リストラ

Contents• リストラする企業が急激に増えている 昨今、リストラをする企業が非常に増えています。 名だたる大企業もリストラを実施しています。 今回は実際にリストラを実施した企業をまとめました。 リストラ=早期退職希望 最近では、リストラという言葉が使われることはほとんどなく、早期退職希望と表現されることが多いです。 この早期退職希望に関しては、 ・退職金を多めに払い、年齢の高い社員に早く退職してもらうように促す ・経営難による人件費削減のため、対象社員選定し、退職をお願いする など企業や状況によってやり方が異なります。 過去リストラを行った企業一覧 では、早速、リストラ企業をまとめます。 リストラ実施企業1:味の素 リストラ実施企業1社目は、味の素です。 味の素は、50歳以上の管理職の中から100人程度の希望退職者を募集すると発表しました。 対象となるのは、退職日に設定している2020年6月30日時点で満50歳以上になる管理職です。 募集期間は2020年1月6日~3月13日までの約3ヶ月間で、通常の退職金に加えて特別加算金を上乗せし、再就職も支援するとのことです。 コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(HD)は、約700人の希望退職を募集すると発表しました。 資材や物流費が高騰しており、人件費削減に踏み切った形です。 日本コカコーラグループ会社に在籍し、勤続1年以上で45歳以上の社員が対象で、退職加算金を上乗せするとのことです。 希望退職に伴う費用として約50億円を想定しています。 富士通(グループ会社含む)の早期退職者の応募は、2850人で他の企業と比べて、最多になりました。 NECは、3度ほど、過去に早期希望退職を実施しています。 毎回、応募枠は、3000人程度で、希望退職者には、退職金に加えて再就職に向けた支援金や支援サービスを提供予定とのことです。 45歳以上の人は、用済みなのか? リストラ実施企業5:アルペン リストラ実施企業5社目は、アルペンです。 「スポーツデポ」「アルペン」「ゴルフ5」などのスポーツ用品店を展開するアルペンが、45~64歳未満の社員を対象に、社員(アルペンと子会社ジャパーナ)の約1割に相当する300名程度の希望退職者を募集すると発表しました。 売り上げが落ち込んだことによる人員削減が大きな理由の1つとされています。 通販サービス「ベルメゾン」を運営する千趣会は、2018年に、業績不振からの立て直しを図るための構造改革の一環で、同社とグループ3社から計280人の希望退職者を募集すると発表しました。 それに伴い、社長は辞任、本社も移転することも決定しています。 希望退職者を募るのは、千趣会、千趣会ゼネラルサービス、千趣ビジネスサービス、千趣会サービス・販売に配属されている45歳以上の正社員と契約社員です。 退職者には特別退職金を支給するほか、希望があれば再就職支援会社を通じた再就職支援も行うとのことです。 NTTのリストラについては、元々NTTの社員だった方のブログから引用しましたので、抜粋してそのまま掲載します。 もし、興味のある方は参考記事に詳細があります。 NTT東・西会社は、純粋持株会社NTTの11万人リストラ計画「NTTグループ3ケ年経営計画」を具体化して、2002年5月東・西会社の100%出資の地域子会社を新設し基本業務を外注化し、51歳以上の社員を「退職・賃下げ再雇用」で強制的に地域子会社に移行させました。 NTTを退職しなかった社員に対して、本人の状況や家庭状況を全く無視して異職種・遠隔地配転を強行しました。 NTTの「50歳退職・賃下げ再雇用」制度は、改正「高年齢者雇用安定法」や60歳定年制の就業規則に反するものです。 また、「退職」に応じなかった社員に対する不必要で一方的な異職種・遠隔地配転は、 会社のいいなりにならない社員に対する報復人事であり、 見せしめ・嫌がらせそのものであり人権侵害です。 私は「退職」に同意できないので、「雇用形態選択通知書」を提出しませんでした。 このことで会社は雇用継続を意味する「満了型」選択者とみなして「退職」に応じなかった社員としての仕打ちを行ってきました。 その結果が本人同意無しの、『遠距離通勤』、『異職種配転』、『単身赴任』を伴う東京への強制配置転換でした。 JALは過去に経営破綻をしており、東京地方裁判所に会社更生法の適用申請をして更生手続の 開始決定を受けるとともに、企業再生支援機構から支援決定を受けました。 その際に、人件費を大幅に削減することでこの支援で確実に企業が再生するように努めた結果がリストラ施行の大きな理由です。 衣料品大手のオンワードは「23区」「組曲」「J. プレス」などの有力ブランドを展開しておりますが、主力販路の百貨店での売り上げ不振などで業績が悪化し、国内外約3000店のうち数百店規模が店舗閉鎖に追い込まれました。 その結果、2020年1月7日、希望退職者の募集を始めました。 対象者は、40歳以上の勤続3年以上の社員です。 募集人員は全従業員の約7%にあたる350人程度で、応募者には規定の額に特別退職金を上乗せするとのことです。 オンワードは「23区」「組曲」「J. プレス」などの有力ブランドを展開しておりますが、主力販路の百貨店での売り上げ不振などで業績が悪化し、国内外約3000店のうち数百店規模が店舗閉鎖に追い込まれました。 日本IBMのリストラについては、元々日本IBMの社員だった方のブログから引用しましたので、抜粋してそのまま掲載します。 もし、興味のある方は参考記事に詳細があります。 最後はやっぱりリストラですね。 「1週間後に辞めてくれ」と、48歳の時にクビになって(苦笑)。 あまりにも衝撃的なことが起こって、明日食べていけないような状態になるとホントに「絶望」するんです。 当時は死刑宣告された気分でした。 売り上げや事業規模に応じた人員体制にするために、早期退職制度として350人の募集を実施しました。 350人の早期退職枠に対して414人もの人達が手を挙げたそうです。 キリンホールディングス(HD)と傘下のキリンビールが45歳以上の社員を対象に早期退職の募集を行ったことが分かりました。 目的は、バブル入社組の処理が主な様子で、50代でも部下を持たない人間が飽和してきたため、そこの人員削減とのことです。 主力市場での販売低迷やシェア減少、カルロス・ゴーン会長の事件などが影響し、前年同期に2,000億円以上あった営業利益は85. 0%減の300億円台に下落しました。 その結果、2019年7月に1万人超のリストラ計画を発表しました。 1社に長らく勤めた人ってその会社での居心地がなんだかんだ良いので、勤続しているのだと考えます。 そのため、希望制リストラを受け入れる社員はあまりいないのではないかと予想していたのですが、記事を見ると、募集の枠に対して、それを超える応募もあるので、予想は外れました。 人が辞めない大企業は高齢のリストラ ある程度、名の知れた大企業であれば、福利厚生などもしっかりしてるので新卒入社した社員がすぐに辞めることはないでしょう。 若い層が退職することなく、そのまま全員昇進するので上が詰まってきちゃうんですよね。 そうなると、必然的に管理職、マネージメント層はそんな大人数必要ではないので、何人かにリストラを促すしかないです。 人が辞めないことがリストラに繋がるって残酷です。 時代の流れについていけない大企業の50代 申し訳ないですが、現在50代の方で現代のデジタル社会の波についてこれている人ってかなり少ないです。 実際、僕の親も55歳になりますが、未だにiphoneの使い方を聞いてきますし、インスタ?twitter?youtube?なにそれ?って感じです。 まだまだネット系のサービスには疎い印象です。 これからもっとネット系の知識が必要になるので敏感にならないと厳しいです。 ここに敏感にならなければ会社でもできる業務が限られてきてしまうのでリストラの対象になりやすいです。 これは僕がまだ若いので他人事のように記載していますが、僕が50代になる頃には別の波が来るはずなので、この波にのれるようなおっさんになりたいです。 リストラ行なっているの企業はIT系以外が多い 最近、appple社のCEOティムクックがapple表参道店に顔を出したのが話題になっていましたが、appleやgoogleのようなゴリゴリのIT企業がリストラ勧告を行なっているのはあまり聞かないですよね。 そもそもIT系の企業は長くても創業30年程度ですし、会社の平均年齢も若いのでリストラなんて考えないですよね。 逆に、IT系以外の企業は、これから事業を広げていく事は難しく、どちらかというとITの勢いに押されて収縮していくことがほとんどでしょう。 その結果、人も必要無くなります。 うまくIT系の事業に着手できるかが今後の鍵になるかもしれません。 まとめ:大企業がリストラが本格化しているのが現状です ここまで、過去にリストラを行った企業をまとめてきました。 ご覧いただいた通り、大企業でもバンバンリストラする時代になりました。 僕も目の前で事業が畳まれたり会社が潰れたり、、、といった様子を何度もみてきました。 ある日、突然リストラの日はやってくるかもしれません。

次の

日産自動車が大規模リストラへ~削減規模は1万人、対象となる国内工場はどこか?

日産 子会社 リストラ

1999年、経営危機に直面していた日産に出資した仏ルノーから送り込まれたゴーン前会長は「」を発表。 国内5工場の閉鎖とグループ全体の14%にあたる2万人超の人員削減などを打ち出したが、今回のリストラはそれに次ぐ規模となる。 東海東京調査センターの杉浦誠司アナリストは電話取材に、自動車業界を巡る環境が厳しさを増す中、米フォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)なども大規模なリストラに着手しており、日産の決定は「その流れに乗っている」ものだと評価。 ただ、人員削減に必要なコストをすべて引き当てていないとみられることなどから、巨額の赤字を一度に出して臨んだゴーン改革と比べて「V字回復は限定的なものになるだろう」と述べた。 業績回復の専任役員を務める関潤専務は会見で、18-19年度に予定する6400人強の人員削減に必要は費用は昨年度までにほぼ引き当て済みとする一方、残りについては順次引きあてるとした。 出典:ブルームバーグ 西川社長は現在の低迷の原因としてゴーン体制で高すぎる目標を設定したことから販売奨励金やレンタカーなどの法人向け販売を増やして安売りを進めたこともあるとし、是正を進めることを表明していた。 4-6月の米国販売台数は3. 7%減の35万1000台。 北米事業の営業利益は6億8800万円と前年同期の495億円から大きく減少し、回復の兆しは見えていない。 西川社長はディーラー在庫は着実に減少しているとし、第2四半期の滑り出しは想定に近く、今期末までの挽回は可能との考えを示した。 一方、電動化や自動運転など新技術への対応で増えている開発費は今後も膨らむ見通しで22年度までに足元から10%の増加を見込んでいると述べた。 4-6月期の世界販売• 6%減の123万1000台• 日本:2. 6%減の12万6000台• 中国:2. 3%増の34万4000台• 北米:6. 3%減の45万2000台• 欧州:16%減の13万5000台• その他:13%減の17万4000台 米国と中国の二大市場で新車販売が低迷する中、他の自動車メーカーも苦しんでいる。 三菱自動車の4-6月期の営業利益は前年同期比86%減の39億円と最も低い市場予想を下回り、経常損益は赤字に転落した。 車種構成など販売内容が悪化したほか為替のマイナス影響も受けた。 独ダイムラーも今月、過去1年余りで4回目となる利益予想のを発表。 世界的な需要低迷に対応するためコスト削減の取り組みを強化し、車種のラインアップを縮小するを公表していた。 ゴーン体制の反省を踏まえて、日産では指名委員会等設置会社への移行など社外取締役を強化して権力の集中を排除する取り組みを進めている。 西川社長は「果たすべき責任の大きなマイルストーンは越えた」とし、今後は「できるだけ早い段階で指名委員会で後継の議論をしてもらいたい」と話した。

次の