瓜 漬物。 夏野菜たっぷり! 「瓜の鉄砲漬け」レシピ

初心者の方でもOK! 瓜の奈良漬(かす漬)の作り方とレシピ

瓜 漬物

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

瓜の種類と特徴|おいしい食べ方や漬物も

瓜 漬物

新型コロナウィルスの緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ安心して出歩ける状況ではありません。 おうち時間が余りすぎて、何をして過ごそうか. ?とお悩みの方もいらっしゃるようです💦 そこで、師岡青果からのご提案です! 普段は忙しくて漬物を作る暇なんて!と思われているかもしれませんが、いまは例外。 ページの最後に、この記事を印刷用にまとめたものがございます。 ご利用ください。 10月くらいまでの暑い時期にたくさん出回ります。 できるだけ鮮度の良いものを選んでください。 水洗いした瓜の両端のヘタを切り落とし縦二つ割りにします。 種とわたをスプーンなどでくり抜きます。 くぼみに塩をいっぱいに詰め込み、少しだけ こそぎ取ります。 瓜の重量の20%の塩を使ってください。 カリッコリの歯ごたえは塩漬けの塩加減です。 漬物樽に瓜の切り口を上にして並べます。 落とし蓋をして、瓜の重量の2倍くらいの重石をのせます。 充分に水があがってきたら、重石の半分を取り除きます。 1週間ほど漬け込みます。 重石を取り除き、漬かっていた樽の中の塩水で瓜を軽く振り洗いして、引き上げます。 乾いた布などでふき、水気をしっかり切ります。 ザルなどに並べて風通しのよいところで半日 陰干しします。 瓜と同じ重量の酒粕に瓜の40%のザラメをいれて混ぜます。 漬物樽に漬物用のポリエチレン袋を敷きます。 漬物樽の底に2cmくらいの厚みでザラメを混ぜた酒粕を入れて、たいらに広げます。 瓜同士が触れ合わないように切り口を下に向けて並べます。 瓜の上に酒粕を敷きます。 4と5を繰り返し、最後に一番上を酒粕できっちりと蓋をするようにして漬け込みます。 袋の中の空気を抜きながら、酒粕と密着させるように袋の口を絞り、輪ゴムで閉じます。 漬物樽の上に新聞紙をかけて冷暗所で保管します。 発酵がすすんでいくと、だんだん塩気が抜けていきます。 半年を過ぎたころから食べることができます。 アルコール濃度が濃くて、べっこう色の風味豊かな味わいに仕上げるには漬物に適した柔らかい酒粕が出回る4月以降に漬け直しをおこなってください。 瓜についた古い酒粕を手でぬぐって取り除きます。 瓜と同じ重量の酒粕に瓜の20%のザラメをいれて混ぜます。 漬物樽に漬物用の新しいポリエチレン袋を敷きます。 下漬けの 3~8と同じ内容をやります。 漬けなおして約2カ月後には格別の味わいの風味豊かなべっこう色の奈良漬けが出来上がります。 漬け終わった酒粕は、胡瓜や人参・お肉や魚貝の粕漬け、来年の瓜の奈良漬の塩抜き下漬け用として再利用できます。 また、お味噌汁に少量を溶くのもオススメです。 奈良漬って、こんなに手間暇かけて作るんです! どおりで美味しいわけですね。 おうち時間を上手に活用して、是非この機会に格別の味を手に入れてください。 手で粕をぬぐってから5ミリ幅に切りましょう。 筑前もろおかの天然っ娘シリーズの 「瓜粕漬け、そのほかの漬物」もよろしくお願いいたします! 長い文章、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました💦.

次の

白瓜/しろうり/シロウリ<瓜の品種:旬の野菜百科

瓜 漬物

夏真っ盛り、この季節だけ出回る瓜を見かけるようになりました。 この瓜を使って、みょうが、青しそ、青唐辛子など夏野菜をたっぷり入れた「瓜の鉄砲漬け」を作りましょう。 この季節ならではの漬け物を美味しくいただきましょう。 瓜の鉄砲漬けの作り方 瓜といってもスーパーで売られているものには代表的なものとして、緑色の濃い「はぐら瓜」、黄緑色ですべっとした「白瓜」などがあります。 「はぐら瓜」はその名の通り、実が柔らかく甘味があり、「白瓜」はしゃきっとした歯触りが楽しめます。 漬け物になる瓜ならどんなものでもできますのでお好みで選んでください。 太めのきゅうりでもできます。 今回は「はぐら瓜」で作ってみました。 /瓜の両端を切り、切り口から小さめのスプーンで種を丁寧に取り除き、筒状にする。 外側に穴が開かないように丁寧に 2. /1にまんべんなく塩をまぶし、ビニール袋に入れて口を結び、2リットルのペットボトル2本程度をのせて1日程度下漬けする。 塩はきつめにふっても、水分で出てしまうのでOK。 まんべんなく塩をして漬ける 3. /中に入れる野菜を用意。 みょうがとにんじんは千切りにする。 青唐辛子はヘタをつけたままにしておいて、密封袋に入れ、軽く塩をふって1日冷蔵庫で寝かせしんなりさせる。 唐辛子はヘタつきで塩漬けに 4. /3が1日経ったら、茎を取った青しそを広げ、その上にヘタを取った青唐辛子、みょうが、にんじんを並べてくるっと巻く。 しんなりして巻きやすくなる 5. /下漬けして1日経った瓜に4を詰める。 瓜が大きいようなら、2セットずつ詰めてもよい。 1日下漬け。 まだ丸みがある 6. /5に再び塩を全体にまぶし、下漬けしていたビニール袋に再び入れて2リットルペットボトル2本程度をのせて3~5日程度冷暗所で漬けて出来上がり。 水分が抜けて驚くほどペチャンコになる。 色も飴色になりペチャンコに! 7. /塩気がきつい場合は、食べる際に丸のままで水に浸け、お好みの塩気まで塩分を抜いてから切って盛りつける。 ピリッと辛口、パリパリで美味!.

次の