生 もみじ まんじゅう。 広島定番お土産「もみじまんじゅう」11種を徹底比較!

これさえ買えばOK!広島のもみじ饅頭がおいしいお店9選

生 もみじ まんじゅう

こんなことは言いたくないが、もらってもあまり嬉しくないご当地みやげは実際に…… ある。 名前は挙げないが、食べてみても「まあそこそこ」というくらいのおみやげは実に多く、そうしたおみやげはいつまでも残ってしまうものだ。 ・もみじまんじゅうも美味しいが 広島県の大定番みやげと言えば、ご存じ「もみじまんじゅう」だ。 誤解を恐れずに言うならば、もみじまんじゅう自体は大変おいしい。 おいしいのだが、 おみやげにはあまり向いていないスイーツだと個人的には思う。 これはもみじまんじゅうに限らず、 人形焼系の焼き菓子の宿命と言えるだろう。 だがしかし、今回ご紹介する『生もみじ』は パサつき感ZERO。 『生もみじ』は昭和26年創業の広島県の老舗菓子メーカー「 にしき堂」のオリジナル商品で、デパートはもちろんのこと空港や駅など、広島県の至るところで販売されている。 生地に広島県産の餅粉と米粉を使用していることで、皮がモチモチしっとりとした食感になっているのだ。 ズバリ『生もみじ』とは、 皮がモチモチしたもみじまんじゅうである。 その完成度とウマさは、冒頭でお伝えした白い恋人などと同レベルで、あんこ系のみやげならば、伊勢の「赤福」と双璧を成すと個人的には考えている。 配りやすさを考慮すれば、赤福をも凌ぐ「 国内最強あんこ系みやげ」ではなかろうか? 生もみじを知ってから5年くらいになるが、以来広島に出かけたらおみやげは『生もみじ』と決まっている。 1個130円。 こしあん、つぶあん、抹茶あんと3種類の味があり、生もみじに関しては「 こしあん」が俄然オススメだ。 普段は絶対的つぶあん派の記者が言うのだから間違いない。 ・もっと知られていいポテンシャルの高さ 今回は「こんなに美味しいのに知名度が低すぎてやるせない」という思いから、筆を執った次第である。 なお、生もみじをおみやげで渡した全員が「 これはウマい」「 ガチですね」「 知らなかったけどかなり上位」などと、話していたことを記述しておこう。 とにもかくにも、広島みやげで『生もみじ』を外すことはあり得ない。 それほどのウマさだから、広島にお出かけの際は『生もみじ』をお忘れのないように。 また、広島に縁がない人は にしき堂のホームページで通販をチェックしてみよう。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

広島県【生もみじ もみじ饅頭 にしき堂】

生 もみじ まんじゅう

この商品美味しい!!! と思ったら 飽きることなく その商品をひたすら食べ続ける タイプの人間なのですが 今週またまた見つけちゃいました!! 香月堂さんの新商品 「生キャラメルもみじ」 私の好きなもみじまんじゅうは 生地がしっとりしていて 中に入ってるのも クリームやチーズといった 洋風なものが大好きなんです 先週発売されたばかりで 試してみると 生地がしっとりしていて 一口かぶりつくと 生キャラメルがトローーーんと出てきて サイコーーーーーーー!!!!! 基本的に甘いものは 食後にお酒と食べたいタイプなので いも焼酎のソーダ割と 一緒に食べたんですよ 何度も言うけど サイコーーーーーー!!!!! 広島県出身。 京都外国語大学卒業。 大学時代まで太りやすく肌荒れしやすい体質であったが、タンパク質が豊富な練り物重視の食生活に変えることで自らの体質を改善。 人間の体で水分の次に多いタンパク質を多く摂取できる練り物の可能性に魅了され、両親が経営し創業90余年の出野水産へ入社。 大学時代に培った語学力や接客ロールプレイング大会全国大会準優勝の経験を活かし、練り物の魅力を伝えるコンシェルジュとして活動中。 広島市に「ザ・広島ブランド」として認定され、出張帰りに広島駅で途中下車をしてまで買う人が多い自社ブランドの練り物商品『あなご竹輪』は多数のメディアに取り上げられた。 1,000日以上毎日更新しているブログ、YoutubeなどのSNSツールで練り物の魅力を世界に発信中!!.

次の

香月堂さんの新商品・生キャラメルもみじが美味しすぎる!!

生 もみじ まんじゅう

ドラえもん人形焼、宮島限定(ミヤトヨの向かい側)• 2003年 3月 店が無くなっていた。 もみじまんじゅうの絵の個数は、正確な数ではなくイメージです• シリーズ化されてる場合、シリーズ名を書く場合があります• 季節品=定期的に季節で販売されている、不定期販売等• スグ食=スグ食べることを想定されている商品で、お土産物としての箱詰め等はないと思います• 他薦め=もみじ饅頭とは違うかなという商品も気になって写真を載せた場合書いておきます• 他写食=上に書いてる他に写真を撮ったり食べたりしたものです• 現地だけでなくホームページも参考にしてリストを編集しています• 宮島餡=宮島独特の製法で作られたこしあん使用• 検索用ワード関連の商品名などは文章ではなく邪魔な文字列なので、目立たないように白っぽい文字にしています。 自分自身用、友人へのメッセージ用のメモ書きもページに書いてます。 読み飛ばして下さい 2014年ページの更新について考え方を変えました、 最新の情報に管理するには相当の労力を必要とするのです。 ページの更新ごとに、全店舗の有無、販売の種類の最新情報を確認するのもむずかしいです 特に小さなお店の確認をとるには趣味の範囲では不可能と感じました。 リストはこれまで見つけたお店商品という考えで作ることにしました。

次の