東京 都 日野 市 コロナ。 京王電鉄の30代駅員が感染 日野・百草園駅で窓口業務 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

中小企業支援|日野市公式ホームページ

東京 都 日野 市 コロナ

ページID1006437• 市では、新型コロナウイルス感染症による影響で売上高が減少している中小企業者を対象に運転資金(家賃等)の用途として「新型コロナウイルス感染症対応運転資金」を金融機関にあっせんします。 なお、下記取扱金融機関による代理申請もできます。 日野市では、市内の中小企業経営者に有利な条件での事業資金融資あっせんを行っています。 市内で商業を営む方を対象とした補助金です。 集客や売り上げをアップさせるための新しい取組を支援します。 市内商業者による連携を対象とした補助金です。 複数の市内商業者による連携事業を支援します。 自社の課題解決や新製品・新技術の開発などを支援します。 市内ものづくり企業の皆様を対象とした補助金です。

次の

日野市特措法新型コロナウイルス対策本部について|日野市公式ホームページ

東京 都 日野 市 コロナ

ガイドラインは、都福祉保健局の指導や、これまでにコロナ禍で選挙を実施した自治体などの例を参考にしながら、都選管が作成した。 各区市町村に向けてコロナ対策に必要な方針を示すもので、実際の対応は各自体に委ねられている。 ガイドラインには、どのようなことが書かれているのか。 まず、投票所や期日前投票の会場については、次の3つの条件を満たす施設が望ましいとしている。 投票所の有権者の間隔が2m程度(最低1m)確保できること• 換気が行えること、または換気の設備を備えた施設であること• 投票所外の順番待ちの有権者の間隔が2m程度(最低1m)確保できること なるべく、狭いエレベーターを使わなければならない施設などは避け、もしどうしても使用する場合は、貼り紙や職員の誘導で「3密」を避ける工夫をするよう求めている。 会場を設営する際には、投票用紙を交付する担当者などの席には、飛沫感染防止のためのビニールの障壁を設置する。 職員はマスクを着用した上で、聴覚障害のある人にも対応できるよう、口元が見えるフェイスシールドや透明な素材を使ったマスクの着用も推奨している。 また、出入り口にはアルコール消毒液を配備し、順番待ちの列には約2mおきにビニールテープなどで線を引いて、間隔を開けるなど、細かく具体的な対策が書かれている。 有権者への呼びかけ 有権者に対しては、次のようなことを周知するよう求めている。 投票所へ行く際はマスクを着用• ティッシュやハンカチ、上着の袖などで鼻と口を覆う「」の徹底• 来場前や帰宅後の手洗い• 投票所では周りの人との距離を確保する• 混雑する時間帯を避ける• 自分で持参した筆記用具を使うことも可能 具体的には、投票当日の混雑を回避するために、期日前投票を推奨し、自治体のホームページで期日前投票所の混雑状況を棒グラフで示すなどの取り組みをするよう呼びかけている。 有権者が筆記用具を持参する場合は、投票用紙の材質上、ボールペンだと文字がにじむ可能性があるため、鉛筆が推奨されている。 東京都を含む7都府県に緊急事態宣言が発令された4月7日以降、都内では目黒区、福生市、奥多摩町、港区の4自治体で首長選挙が。 各自治体での投票率は以下の通りだ。 (4月19日投開票)=33. 33%(前回26. 02%)• (4月26日投開票)=31. 29%(前回38. 31%)• (5月17日投開票)=73. 13%(前回は無投票、前々回70. 83%)• (6月7日投開票)=30. 04%(前回24. 25%) 新型コロナウイルスの影響で投票率の低下が懸念された中、福生市以外の3自治体では、前回よりも投票率が上がった。 港区長選で投票率が30%を超えたのは、目黒区長選では2004年以来だ。 都選管の担当者はBuzzFeed Newsの取材に「他県の事例を見ると、新型コロナウイルス以降に行われた選挙は、軒並み投票率が下がっている傾向にあるが、都内の結果を見るとなんとも言えない」と話す。 安倍晋三首相はで、「民主主義の根幹である選挙については、言わば不要不急のものではない」と述べている。 都選管担当者も「民主主義の土台を守るために、有権者の方にはしっかり権利を行使して、投票していただきたい。 私どもも考えうる限りの対策を講じて、安全安心にご投票いただける環境を整えてお待ちしています」と語る。 一方、コロナ対策として「インターネットネット投票」の実現を求める声もあるが、選挙制度は、国会が議論すべき問題だ。 都選管の担当者は「そうした声はよくいただきますが、現在の公職選挙法では認められていません。 ネット投票のニーズに対応するために、法改正が必要ということであれば、国会で議論していただくべきだと考えています」と話した。 東京都選挙管理委員会の都知事選特設ページはこちら()。

次の

新型コロナウイルス感染症(COVID

東京 都 日野 市 コロナ

13101 45 13102 121 13103 349 13104 617 13105 101 13106 178 1 13107 157 15 13108 235 13109 197 13110 179 13111 259 13112 522 17 13113 200 6 13114 273 13115 272 13116 181 13117 103 13118 85 13119 168 13120 296 31 13121 169 18 13122 141 3 13123 158 7 13201 49 1 13202 18 13203 22 13204 30 13205 10 13206 79 13207 10 13208 37 13209 57 1 13210 34 13211 27 13212 20 13213 16 13214 14 13215 8 13218 2 13219 26 13220 8 13221 15 13222 16 13223 2 13224 38 13225 11 13227 5 13228 10 13229 52 13303 2 13305 1 13382 1 X1都外 246 5 この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 2020年 [ ] 1月 [ ] 1月24日、から来日した在住の40代男性旅行者が、東京都内で初めての新型コロナウイルス感染症患者と確認された。 1月15日にで確認された感染者に続いて、国内2例目となった。 この患者は来日前に医療機関を2度受診していたが、の診断はなく経過観察となり、来日後の1月20日に日本国内の医療機関を受診した際も診断は変わらなかった。 しかし、発熱と咽頭痛が続いて1月22日に再受診したところ、肺炎像を認め、都内の医療機関に転院し、入院した。 入院中に症状は落ち着き 、その後、退院した。 2月 [ ] 2月13日、東京都内在住の70代の運転手の男性について、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことが判明した。 都内で4例目の感染事例で 、東京都在住者および日本国籍者としては初めての感染者となった。 外国への渡航歴はなく 、中国人客の乗車もなかったという。 3月 [ ] 3月24日、東京都内の感染者は18人増えて累計で171人となり、それまで感染者数で1位だったの162人を抜いて都道府県別で国内最多となった。 3月26日、東京都はに基づき、「東京都新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置した。 3月28日、新たに63人の感染が確認された。 東京都では27日まで3日連続で40人以上の感染者が確認されており、感染の拡大防止のため外出を自粛するよう要請している。 3月29日、新たに68人の感染が確認され、1日の感染者数で過去最多となった。 そのうち20数人は台東区の病院の関係者である。 同日深夜、同月23日に感染が確認されたタレントのがで死去。 3月31日、新たに78人の感染が確認された。 そのうち49人は、感染経路不明である。 4月 [ ] 4月1日、新たに66人の感染が確認された。 そのうち38人の感染経路が不明である。 4月2日、新たに97人の感染が確認された。 そのうち33人の感染経路が不明である。 4月3日、新たに89人の感染が確認された。 そのうち55人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人の死亡が確認された。 4月4日、新たに116人の感染が確認された。 そのうち81人の感染経路の不明である。 また、の患者3人など5人の死亡が確認された。 4月5日、新たに143人の感染が確認された。 そのうち47人は感染者の濃厚接触者、4人は海外からの帰国者で、92人の感染経路が不明である。 これで、東京都での感染者数は1000人を超え、1033人となった。 4月6日、新たに83人の感染が確認された。 そのうち73人の感染経路が不明である。 また、首相が4月7日に 緊急事態宣言を出す方針を示した。 4月7日、新たに79人の感染が確認された。 そのうち57人の感染経路が不明である。 また、の入院患者である90代女性1人の死亡が確認された。 4月8日、新たに144人の感染が確認された。 そのうち95人の感染経路が不明である。 また、の入院患者3人など4人の死亡が確認された。 4月9日、新たに178人の感染が確認された。 そのうち122人の感染経路が不明である。 また、70代男性1人の死亡が確認された。 4月10日、新たに187人の感染が確認された。 そのうち147人の感染経路が不明である。 また、4人の死亡が確認された。 4月11日、新たに197人の感染が確認された。 そのうち152人の感染経路が不明である。 4月12日、新たに166人の感染が確認された。 そのうち87人は中野区のの関係者で、64人の感染経路が不明である。 また、2人の死亡が確認された。 4月13日、新たに91人の感染が確認された。 そのうち76人の感染経路が不明である。 4月14日、新たに161人の感染が確認された。 そのうち105人の感染経路が不明である。 また、の入院患者4人など5人の死亡が確認された。 4月15日、新たに126人の感染が確認された。 そのうち45人は濃厚接触者、2人は海外帰国者で、79人の感染経路が不明である。 また、6人の死亡が確認された。 4月16日、新たに148人の感染が確認された。 そのうち103人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 4月17日、新たに201人の感染が確認された。 そのうち134人の感染経路が不明である。 4月18日、新たに181人の感染が確認された。 そのうち124人の感染経路が不明である。 また、5人の死亡が確認された。 4月19日、新たに107人の感染が確認された。 そのうち67人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 4月20日、新たに102人の感染が確認された。 そのうち77人の感染経路が不明である。 また、の入院患者3人など6人の死亡が確認された。 4月21日、新たに123人の感染が確認された。 そのうち42人は濃厚接触者で、残りの81人の感染経路が不明である。 また、4人の死亡が確認された。 4月22日、新たに132人の感染が確認された。 そのうち52人が濃厚接触者で、77人の感染経路が不明である。 4月23日、新たに134人の感染が確認された。 そのうち85人の感染経路が不明である。 また、のなど6人の死亡が確認された。 4月24日、新たに161人の感染が確認された。 感染者の濃厚接触者86人のうち26人はのの関係者で、残りの75人は感染経路が不明である。 また、の入院患者4人など6人の死亡が確認された 4月25日、新たに103人の感染が確認された。 そのうち42人は濃厚接触者で、61人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人など7人の死亡が確認された 4月26日、新たに72人の感染が確認された。 そのうち52人の感染経路が不明である。 4月27日、新たに39人の感染が確認された。 そのうち15人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人など6人の死亡が確認された。 4月28日、新たに112人の感染が確認された。 そのうち69人は濃厚接触者、1人は海外帰国者で、42人の感染経路が不明である。 また、の入院患者1人など2人の死亡が確認された 4月29日、新たに47人の感染が確認された。 そのうち17人は濃厚接触者、3人は海外帰国者で、27人の感染経路が不明である。 また、9人の死亡が確認された。 4月30日、新たに46人の感染が確認された。 そのうち31人は濃厚接触者で、15人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 5月 [ ] 5月15日、東京都の累計感染者が5000人を超えた。 6月 [ ] 6月2日、東京都は5月下旬ごろから再び感染拡大の兆候があるとして独自の警戒情報である「東京アラート」を発動した。 同11日、発動の目安を下回ったことから「東京アラート」を解除した。 集団感染(クラスター)発生事例 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 本節では、集団感染が疑われるケースも記載する。 屋形船での新年会 [ ] 2020年2月14日、前月18日にで行われた都内の組合支部のの出席者から複数の感染者が確認された。 うち2人は2月13日に感染が確認された70代のタクシー運転手の男性の関係者だった。 新年会の数日前、屋形船の従業員がからの旅行者を接客したという。 病院(院内感染) [ ] 永寿総合病院 [ ] 2020年3月25日、で最も規模の大きいで、入院患者および看護師十数人の感染が判明した。 東京都によると、院内での集団感染が疑われるケースは都内で初めてだという。 台東区の区長は、医療機関の関係者で構成される台東区新型コロナウイルス感染症対策協議会を設置し、また同病院の受診者や区民を対象とした専用相談電話を、それぞれ病院および区に開設すると発表した。 なお、このも屋形船に由来する可能性があると見られる。 それ以降も相次いで関係者の感染が確認され、5月9日の時点で、患者131人、職員83人(常勤医師8人、看護師・看護助手60人、事務員・技師・委託業者等15人)の計214人の感染と患者42人の死亡が判明している。 都立墨東病院 [ ] 東京都のでは、2020年4月9日に患者1人と委託職員1人の感染が確認され(発表は14日)、4月28日までに患者13人、職員27人、委託職員3人の計43人の感染と患者4人の死亡が確認されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト. 2020年6月26日閲覧。 2020年3月26日閲覧。 2020年1月24日. 2020年3月26日閲覧。 2020年2月13日. 2020年3月26日閲覧。 東京都. 2020年3月26日閲覧。 東京都防災ホームページ• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 瑞穂町• 日の出町• 御蔵島村• 越谷市• さいたま市• 茨城県• 2020年3月26日閲覧。 オンライン 2020年3月25日. 2020年3月26日閲覧。 、NHK. 2020年3月28日閲覧。 、テレ朝NEWS. 2020年3月29日閲覧。 日本経済新聞, 2020-03-30. 、NHK. 2020年3月31日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 2020年4月5日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月28日閲覧。 、テレ朝ニュース. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月6日閲覧。 、NHK. 2020年4月6日閲覧。 NHk. 2020年4月28日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月13日閲覧。 NHkニュース. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月12日閲覧。 NHkニュース. 2020年4月12日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月14日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月30日閲覧。 NHK. 2020年4月16日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月28日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月29日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月30日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月30日閲覧。 毎日新聞. 2020年5月16日閲覧。 日本経済新聞、2020年6月3日閲覧。 日本経済新聞、2020年6月15日閲覧。 オンライン 2020年2月15日. 2020年3月26日閲覧。 2020年2月16日. 2020年3月26日閲覧。 デジタル 2020年3月26日. 2020年3月27日閲覧。 2020年3月25日. 2020年3月27日閲覧。 news. tv-asahi. jp 2020年4月2日. 2020年4月4日閲覧。 2020年5月13日閲覧。 東京都病院経営本部 2020年5月12日. 2020年5月13日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 東京都• - 東京都• - 東京都感染症情報センター• - 東京都福祉保健局• - 東京都• - 提供.

次の